011117 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

kolibriのガーデン&ちくちくクロスステッチな日々

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

kolibri3@ Re[1]:もう、ダメかも。(10/16) かなみさんへ ありがとうございます<(_…
かなみ@ Re:もう、ダメかも。(10/16) あの、もし良かったら、私のリアルの連絡…
kolibri3@ Re[1]:楽天市場の対応とその後(09/07) かなみさんへ 来てくれて嬉しいです♪ ご…
かなみ@ Re:楽天市場の対応とその後(09/07) 深夜にお邪魔します。 お元気そうで良か…
kolibri3@ Re[1]:改・お義母さん、初めての〇〇Part2( ・_・;)(08/29) かなみさんへ いらっしゃいませ~♪ そう…

サイド自由欄

◆私がバラ苗購入するお店
鈴木バラ園芸




◆私がコンパニオンプランツやハーブを購入するお店


ハーブガーデン 蒼

ハーブとイタリア野菜の楽天市場店



◆私が宿根草の苗を購入するお店



カレンダー

楽天プロフィール


kolibri3さん

あるがままの人生を豊かなモノと感じたい。

フォローする

ほしいものリスト

お気に入りブログ

かわいいジェントル… New! dreamroseさん

カメムシ臭初めて体… mil-chan1005さん

2017我が家の秋バラ 6thROOMさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

楽天カード

2017年10月16日
XML
カテゴリ:家族
お久しぶりです。
更新なかなか出来ないまま、
夫の就任披露のイベントにかかりっきりの毎日。
そのお披露目が終わりました。

地域の方々からも快く協力を頂き
眠れない夜や
食事する時間もとれない忙しさの中
突っ走ってきました。

本当に私は感動して、イベントの始まりから
涙が出て、感謝の気持ちでいっぱいだったのです。

さぁ、これから頑張るぞという気持ちで
昨日まで過ごしました。

けれど、内容は想像にお任せしますが
夫の隠し事を知ってしまい
今、精神的にダウン。

妹に離婚の相談をされたのです。
妹のダンナさんは、今回のイベントも出席してくれていたのですけれど
突然のことでビックリしました。
けれど、事情を聞いた私は、一度実家に帰ることを勧めたのですね。
ちゃんと話し合うために。

そのことを夫に話していたところ
ひょんなことから、夫の隠し事を知ることになってしまいました。

私、多分いつもはサバサバした性格なのですよ。
バァーッて怒って、ハイ終わりってタイプ。
けれど、あまりにもショックで声も出なければ、涙も出なかったのです。

まぁ、夫にしてみれば
妹のダンナ様に比べたら屁みたいなモノだって
思ったらしいのです。
まぁ、私もうぬぼれすぎていたというか。
夫婦の会話は仕事以外は忙しすぎてないし、
結構お互い自由に行動しているけれど
それは、相手を信用しているからで
どこに行くにも、泊まるにも予定を夫に細々と確認した事なんて
一度たりとも無かったんですよね。
っていうか、夫の隠さなければならない行動を疑ったこともなければ
警戒したこともなかったんだなぁと思うのです。

だから、妹のダンナの話をしている中で、
ふと聞いてはいけない質問をしてしまったのですな。
私のほうから。

そしたら、根が正直な人なので、話しましたよ。自分から、笑。
多分昔のことだから
「あはは」って流してもらえるとでも思ったのだろうか?

聞かなければ良かった。

聞かなければ幸せだったのになぁ。

ノリとか、付き合いとか、まぁあるとは思うのですけれど
そうじゃなくて、とても楽しみながら私を裏切っていたのだなぁと知りました。
随分前の話だし、今うまくいってるし、「へぇ」って流すことも出来たのかなぁ。

でも、今知る自分の潔癖さ!
私、意外と真面目なのかもしれません。
自分が思っている以上に、頑固なのだなぁ。

内容は詳しく書けません。
怖いのです。

昨晩いびきかいてる夫の姿見ながら一晩寝ずに考えました。
この人は、私が悲しんでる事知りながら
こうやって言い訳もしないで寝ちゃってるんだなぁって。
なるほど、そういう人だったのねって。

まぁ、イベントでほとんど眠っていなかったので
疲れてはいたのだと思うのですけれど。

ただ、私は少しも眠れなかった。

朝、子どもたちをいつもどおり見送ってから
仕事に行こうとすると
「元通りにはなれないのかなぁ」と話し始めた夫に
ジワジワとキレてしまいました。

最初は落ち着いて、どういうことか教えてほしいというと
ポツポツと思い起こしながら語る夫。
反省もしているのでしょうし、私がキレる必要も
もしかしたらなく、だまって目をつぶるという賢い選択もあったのかも。

けれど、なぜ隠さなければならないことをしたのかを聞いたとき
私、キレました。

夫は、そのことが私への裏切りだと思っていなかったこと
むしろ、相当楽しい時間を過ごしたということ
その時間の間私の存在は消し飛んでいたということに
気づかされたからです。

キレた後、ひたすら謝る夫の姿を見て
もういいかなと思いました。
赦すとか、赦さないとかじゃなくて
私が夫を信じて過ごしてきた時間は虚構だったという
むなしい思いばかりだったのです。
泣くことすらばかばかしく、まして怒る必要もない「無」です。
私の人生は少々のトラブルや悲しみもあるけれど
いろいろなものが詰まっていると昨日までは思っていたのです。
でも、それは本当の姿ではなかったし
「空っぽ」というのが、今の心の状態にふさわしいかな。

何の感情もわきません。
ひたすら、どうでもいい。
夫は分かりやすい方法で、私に赦しを乞いましたが
それすら、私の心には何も響きませんでした。

それではなぜ、ココにこうやって記しているのか?
それは、残念なことに吐き出すところがココだけだから。
私は、夫のような隠し事を抱えることはできません。
夫をだましたり、裏切ったりすることも、
自分で自分が許せないというか・・・。
だから、報復したいなどとは思っていないのです。
まして、今まで協力してくださった周りの方々の思いを
捨てることも出来ないのです。
だから、今離婚もしないし、誰にも話しません。
一生、私の心の中にしまっておこうと思いますが
今は、どう自分の心と折り合いを付けたらいいのか分からず
文字にすることで、心を整理したいと思いました。

聞いた私が悪いのか?
けれどパンドラの箱は開いてしまったし
無かったことにはできないし
「知る」というのは、怖いことだなぁと思いました。
心はすっかり冷めてしまい、
今、本当に怒りも悲しみもないのです。
今朝までの涙は何だったのだろう。

とりあえず、愛する子どももおり、
彼らを育てる事だけが、これからの目標です。
夫には、子育てが終わったら旧姓に戻りたいと話すつもりです。

もともと友だちだったし、夫婦ではなくパートナーとして
子育てをしていくことも出来るんじゃないかなと
そう思っています。

義母に悲しい思いをさせたりはしたくないので
義母が元気なうちは、なるべく決断を行動にしない方向で・・・。

悲しいかな、私は、私にしかなれないので
隠し事が1つだろうと3つだろうと関係はなく、
他のご夫婦が、どう対処するかなどという一般論は全く関係が無いのです。

ただ、夫には「信頼を築くのは時間が必要だけれど、崩れ去るのは一瞬」という事実を
学んで欲しいと思うし、なるべく子どもにとって尊敬できる父親であって欲しいと
そればかりを願っています。

読んでくださった方、
本当に本当におつきあいくださって
ありがとうございます<(_ _)>

多分、しばらくブログをお休みします。
私のことだから、分からないけれど・・・。
更新出来ない日にも、「どうしているかなぁ」とのぞきに来てくださった方が
たくさんいらっしゃったことも、知っています。
本当に、ありがとうございます。

ちょっと、落ち着いて考えたいと思います。

にほんブログ村






最終更新日  2017年10月16日 14時34分12秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.