141888 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

駒ケ根プレモントホテルスタッフブログ

厳冬の中央アルプス 千畳敷



駒ケ岳 冬2
息を呑む美しさ! 究極の銀世界をその目で!

真冬の3000m級の山の景色は、普通は経験を積んだ登山家しか味わえないものです。通年営業の駒ケ岳ロープウェイでその体験がとても手軽に楽しめます。想像を超える白銀の世界は、あまりの美しさに感動の涙を流す人がいるほど!
冬場は晴天率も高く、写真を撮られたい方にもおすすめです。

ご注意!
◆あくまでもロープウェイ終着駅 千畳敷ホテル周辺にてお楽しみください。冬山の重装備がないと歩かれるのは不可能です。千畳敷ホテルからは離れないでください。
◆ロープウェイで登れても、山頂は最高気温がマイナスになります。当たり前ですが、暖かい服装で!
◆アルピニストの皆様は専門機関で正確な情報をご確認ください。



《冬ならでは! 千畳敷カールのおすすめ》

その1 クリッキングサウンド(creaking sound)【鳴き雪】とは?

雪の上を歩いたときになる音 ”鳴き雪”が癒し系の音として、今静かなブームになっています。千畳敷はサラサラに乾いたアスピリンスノーです。日本では数少ない最高音を聞くことができる特別な場所です。

その2 天使の落書き シュカブラ(skovla)【風雪紋】

積もった雪が、風の力によって出来る波状の紋様。千畳敷東側、駒ケ岳神社左右、時にはカール全体に柔らかいシュカブラを見ることが出来ます。毎日見られるわけではありませんので、見れたらラッキー!



その3 雪のチングルマ

稜旋状に舞い上がる小さな竜巻状の雪煙のことです すぐに消えてしまいます。

その4 エビの尻尾

樹木、杭、岩等の風上に向かって成長する雪の塊 見た目がエビの尾?!


その5 ダイヤモンドダスト

マイナス14℃以下になると空気中の水蒸気が凍り、キラキラ輝きます

その6 ホワイトツリー

ロープウェイ沿いで見られる、しらびその木に積ったホワイトツリー



★☆・‥―━―‥・・・冬季ロープウェイ ロープウェイ線バス運行のご案内・・・‥―━―‥・☆★


千畳敷 冬
【ロープウェイ運行  冬ダイヤ】

9:05~16:05  1時間おきに運行

【ロープウェイ線バス運行】

菅の台バスセンター発  8:15~15:15  

駒ヶ根駅前発      8:00~15:00  



★☆・‥―━―‥・・・―━――━――━――━――━――━――━―・・・‥―━―‥・☆★



10月下旬      
初雪が降るころです。いよいよ本格的な冬のシーズンに突入!樹氷が見られるのは雪が積もる前のこの時期です。

              

1月1日、2日   
「ダイヤモンド富士ご来光ツアー」千畳敷から見る御来光は、ちょうど富士山の山頂から昇り、ダイヤモンドが光り輝くように見えるので「ダイアモンド富士」と呼ばれているようです。
1月~2月上旬にかけては晴天率も高く、写真撮影にはもってこいの時期です。
              

2月上旬       
「中央アルプス純白の結婚式」 千畳敷カールでの結婚式。まさに純白!
この時期最低気温はマイナス20℃以下に!最高気温もなんとマイナスです。まさに氷に閉ざされた世界です!
              

4月下旬       
「中央アルプス開山式」 今年一年の山の安全と世界平和を祈願します。アルプホルンの演奏があります。
里では桜も満開に!
              

5月           
千畳敷で春スキーが楽しめます。Tバーリフトが設置されています。

6月           
寒さが和らぎ、残雪を歩くことが出来ます。







◆ロープウェイ乗り場のしらび平駅までは、マイカーでは行けません。ロープウェイバスにお乗換えになります。

ロープウェイ案内図


◆冬の最低気温はマイナス20度以下になります。日中でも10度以下になります。雪が降っても乾燥雪で服にもつきません。山頂では深いところで10m以上雪が積もります。お湯は88℃で沸騰するそうですよ!
 


駒ケ根高原から見る千畳敷

【駒ケ根高原から望む千畳敷 ↑】


    



★★ ☆ お役立ちリンク ☆ ★★

中央アルプス観光

駒ヶ根観光協会


南信州山岳ガイド協会




ブログTOP






ジャンル別一覧
人気のクチコミテーマ

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.