144984 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

毎日ニコニコ

2010.06.23
XML
カテゴリ:教えてもらった事
HVプレミアム8 <人物> 100年インタビュー 特集 免疫学者 多田富雄
7月15日(木) 午後8:00~9:30

今年4月、世界的な免疫学者で東大名誉教授の多田富雄さんが
前立腺がんのため亡くなった。多田さんは、9年前に脳梗塞で倒れ
右半身の自由と言葉を失ってからも懸命のリハビリを続け、左手で
キーボードを打ちながら「生命とは何か」をテーマに意欲的に「発言」
を続けてきた。闘病の中での活動の柱は 科学のあり方を問い直すこと。
自ら立ち上げた「自然科学とリベラルアーツを統合する会」には、
亡くなる10日前にも車椅子で出席。この場で多田さんは、科学の抱える
問題は科学だけでは解決できないという視点から、「農業を基礎にした
文化、文明を作る方法はないのか」と音声合成装置で訴えた。また、
混迷極まる文明の未来について質問された多田さんは「長い闇の先に
希望が見える。寛容の世界が広がっている」と語った。これが最後の
言葉となった。番組では、最後のメッセージと、そこに込められた思いを
著書の朗読や関係者の証言も交えて探る。

NHKより~

●多田富雄氏 
2001年に脳梗塞で倒れられ、
2010年4月21日 前立腺がんによるがん性胸膜炎で永眠。享年76歳。

「寛容」:免疫学での考え、うまく説明できないけど
   ウイルスをただやっつけるだけでなく、それもいる状態でうまく共存しようじゃないか
   と言う考え。民族間紛争、争いでも置き換えて平和に向けて、考え行動できるのでは。
   こういう考え方もあるんだなー。






最終更新日  2010.06.23 22:01:10
[教えてもらった事] カテゴリの最新記事

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.