1448727 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Archives

Comments

学歴おたく@ Re:国立大付属校の非エリート化は、愚かな行為でしかないでしょ。(09/06) New! 神谷さんは、附属高校には行かれなかった…
おやおや@ Re:北朝鮮を核保有国として認めるなんて、とんでもない発想で。(09/16) アメリカ、ロシア、中国は、核兵器を持っ…
つらつら@ Re:平沼氏引退でつらつら思うこと(09/24) 大きい政党ならいろいろな考え方の人がい…
こちづ@ Re[1]:どうする、日本! ミサイルが北海道を通過(08/29) 三宅 茂さんへ: ご賛同、ありがとうござ…
三宅 茂@ Re:どうする、日本! ミサイルが北海道を通過(08/29) あなたの言う通りです。弾道ミサイルの制…

Favorite Blog

IKEA × HAY コラボ商… New! ひより510さん

<br>【訳アリ】【50%… Baldinaさん

団塊世代の楽天活用… magomago55さん
Welcome BASALA'S … ske芭沙羅さん

Freepage List


このブログは、世界の片隅にこそっとささやかに生きる、

小豆のようなちっぽけな存在の一日本人が、

それでもついつい、一言言いたくなって、勝手きままに発信しているものです。

あくまでも、神谷ちづ子という一個人が、一庶民として語っているもので、

おばかなことを書くかもしれず、間違った記載があるかもしれず、ですが、

私や、家族の所属する会社や団体とは、全く、何ら関係がありませんので、

その辺はご了承いただき、お叱りやご意見も(厳しくない程度に)

私個人にお願いします。

2017.09.26
XML

昨日の投稿の訂正をしなくてはなりません。

中山恭子代表が小池都知事の新党に参加するのは、
「日本のこころ」商店を小池新党が居抜きで買い取るようなものだ
・・と書きましたが、事実は違うようです。
 
中山恭子氏は、「日本のこころ」に代表辞任と離党を申し出、
議員総会(ったってお二人しかいませんが)を経て承認され、
中山氏・離党、代表代行に中野幹事長就任、が決まったそうです。
 
つまり、中山恭子氏と夫の成彬氏は、お二人だけで党を去られたわけですね。
「日本のこころ」の政党ごと、小池陣営に入ったわけではなかったようです。
「日本のこころ」は、今後、国会議員・たった一人になって、はて、どうするのか?
 
言い訳ですが、私が間違えたのは、新聞記事にそう、書いてあったからで、
かつ、TVでも、政治評論家の伊藤淳夫氏が「いわば5億円の持参金付き、というわけです」
と解説もしていて、へぇ、そうなんだ、と思ったからなのですが、
世の中の報道って、いかにいい加減か、ってことですよね。‥いいわけですが。
 
とすると、中山恭子氏が記者に語った、
「党の若手支部長等のことなども考え」
というのは、どうなっちゃったの?
・・でありますが、まあ、経過をみるしかないですね。
一人減り、二人減り、気が付いたらこそっと党ごと、
小池陣営に移っていた、という作戦かもしれませんし。
 
若狭氏が政治塾を立ち上げたのを追うように、「日本のこころ」党でも、
選挙のための急ごしらえでなく、じっくりと政治を学んでもらうため・・と謳って、
政治塾が開催される予定だったのですが、それも、どうやら、無期延期?らしい。
 
振り回されるのは、いつも、末端で。
世の中の政治家先生方のやることも、マスコミも、実に無責任。

四つ葉
 
無責任と言えば、昨日記者発表して、希望の党を立ち上げた小池百合子氏。
「これまでをリセットして、私が党を立ち上げるぐー」とたったお一人、都庁で会見して、
まあ、マスコミは大喜びですが、若狭氏や細野氏には、
記者会見することを知らされてもいなかったらしい。
 
その上、これまで彼らが主張してきたことは、呆気なく、リセットされちゃったんだぁ
若狭氏、細野氏、立場ないだろ・・と他人事ながら気の毒だし、
おいおい、都政に集中すると、ついこの間言っていた口でこれかいムカッ、とも思うし。
今回は「国政にかかわることは都政のためになる」ですって。
とてもそうは、思えんですが。


 
小池氏の記者会見をみながら、ああ、前に見たぞ、デジャヴューだぞ、
と思い出したのは、
昨年6月に都知事立候補を宣言した時の記者会見。
その時もフリップ持って「公約」として、
都議会冒頭解散、 利権追及チーム、舛添問題の追及の3つを上げましたっけ。

都議会を解散できないことがすぐにも分かって、いい繕っていましたが、
かなり、いい加減な公約でしたっけ。いまや、誰も触れないけれど。
 
今回の「希望の党」の政策も、その辺で言われていることを集めてみました‥的、
ほとんど、なんら深慮・研究・議論をしていないだろう内容で、
急ごしらえが明らかですが、おそらく、小池女史とその子分で慌てて作ったのでしょうね。
 
そんないい加減なやり方で、国政が左右されていいんかい!・・と思いますが、
世の中は、小池さんに期待するんでしょうねぇ。
恐ろしいこっちゃ・・です。
 
 
 

 

 

 

 







Last updated  2017.09.26 10:28:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.