2591002 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

X

全3003件 (3003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.05.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
もしも・・の話だが。ほえー
日本で新型コロナのワクチンが開発・生産されていたら、
今頃は、日本在住者全部がワクチン接種し終わって、
マスクなしでの生活を取り戻し、世界に向けて誇れ感謝され、
大儲けできていたかもしれない。
 
オリンピック開催も、歓迎出来ただろう。
 
もしも、日本の保健所や入管の管理システムが機能していたら、
感染者の見逃し防止や、濃厚接触者の割り出しを、
もっと、精緻にスムーズに進められていたかもしれないし、
変異種の侵入も抑え込めたかもしれない。
 
もしも、日本の政治家と官僚が、もう少し
科学的分析力と判断力を持っていたら、
今回のコロナ禍を、もっと科学的に抑えられていたはずだと思う。
 
もしも、TVの番組制作者やコメンテイターが、
しっかりした科学的知識と考察力を持っていたら、
今のような、感情的に煽るばかりの
浅くて薄いコロナ報道にはなっていなかったはず。
 
日本の教育が、科学に力を入れてこなかった、
その弊害が今、はっきり表れているのではないですかね。
 
理系に進まない限り、大学受験に物理も化学も生物も必要なかったり、
高校の授業でも、科学系は選択制になっていたり、
社会に出ると、文系の人の方が重用される世の中であったり、
大学院に進んでも、学位を取っても、逆に就職に不利になるような
社会になっていたり、いつの間にか、そういう日本になっている。下向き矢印
 
他国で出来たワクチン開発が、日本では出遅れているのも、
地味な科学分野の研究に、国が投資してこなかったせいだろうし。下向き矢印
 
全て、「今更遅い」でありますが、潜在的能力では負けないと思うのに、
なんとなく、体たらくな国になっている感が否めないのは残念至極ですよね。しょんぼり



 
塩野義製薬が開発中のワクチンの、実用化の見通しがたってきたそうです。ピンクハート
変異株に対応したワクチンも開発中だとか。
さらに、治療薬も実用化に向け、開発を進めている、とのこと。
 
もしかして、ですが、
まだまだ、日本はやれるのかもしれない。
 
今度こそ目指せ、科学大国日本! でありましょうかね。
 
 






Last updated  2021.05.11 13:52:14
コメント(0) | コメントを書く


2021.05.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
アスリートの方々や開催に向けて努力して来られた
関係者には申し訳ないですが、私はスポーツ観戦には興味が薄く、
オリンピックもTVで見れば十分。ムキになって
日本で開催する必要もなかろうに、と思っていた方です。あっかんべー
 
オリパラよりも、普通に友人と会い、食事し、旅行もし、
子ども達が自由に遊びまわり、マスクなしで過ごせる
ごくごく普通の生活を、一日も早く取り戻したい。ぐー
 
感染爆発のリスクが非常に高いオリパラ開催には、
よって、強い不安を抱いています。
オリパラ開催出来ました!右矢印 感染拡大でますます自粛
なんて事態は絶対避けたい。
 
おそらく、大半の日本人が同じ考えではないでしょうかね。
 
そんな中で、菅総理の「オリンピックの開催はIOCが権限を持っております。
IOCが東京大会を開催することを、既に世界のIOCで決めています」
には、がっかりでしたし、
 
安倍さんの「オールジャパンで対応すれば何とか開催できると思う」
発言も、情けなくなりましたね。



 
「オリンピックを開催してしまえば、
あれこれ言っている国民も、皆、しっぽを振って感動し、
開催に持っていったことに拍手喝采するだろう」と
この人たちは舐めてかかっているのか?・・って思いますもん。
 
なんで、不用意に言っちゃったんでしょうかね。しょんぼり
 
単純にそう考えているのなら、視野が狭すぎだし、
周りに言わされているのだとしたら、思慮に欠けているし、
立場上、そういうしかないのだとしても、一国のトップとして、
無責任すぎでしょう。
 
もちろん、運よく、開催しても感染拡大にはならないかもしれない。
そして、物理的には、オリパラは開催可能なわけです。
中止・延期にすることなく、このまま、予定通り進めればいいだけのことで、
それが一番、楽といえば楽ですしね。
利権もいろいろ絡んでいるのでしょうし。
 
でも、常識的に考えて、リスクが非常に高いことは明白なわけで、
これで、9月になって、爆発的に感染が広がったら、誰が責任を取るのか?
「オリパラのせいでなく、変異種のために拡大した」とか言い訳するのかしら?
誰も信じないし、
確実に政権は吹っ飛ぶと思いますけどね。
 
吹っ飛んで、どうなる?
旧・民主党政権再来は、ごめんですよ。
小池政権も、とんでもない話。
 
その可能性を、政権の重鎮の方々は考えていないのだろうか?
 
不安ですよね。
感染拡大も、政権の行方も。しょんぼり
 






Last updated  2021.05.05 10:35:43
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年12月、イギリスのジョンソン首相が国民に向け、
変異種が広がり出して、大変だと宣言した時、
私は、これは由々しき事態に突入しているのでは? と
大いに心配したものです。ブログにも書いたし。

変異は、よくあることなのに、
わざわざ一国の首相が記者会見する、
それは事態が相当に深刻なことを示していましたしね。
 
でも、日本の政府は「まだ面的拡大になっていない」と
緩い入国制限のまま、動こうとしなかった。



 
それが、今の変異種による大阪の惨状ですよ。
今も各地に怖いくらいに広がっている。

そこまでになって、今頃「人が動くからいけない」と言い出している。
感染対策をしっかりやっている映画館も劇場も、デパートも閉めさせ、
「人流を止めなくては」と。

あの頃、菅総理も尾身会長も、
「人の移動では感染しない」と断言してましたよね。

さすがにかつての発言との整合性のなさを恥じてか、
「変異種が異常な感染率だから」と変異種のせいにしている。
 
素人の私ですら12月の段階でなんとかしないと・・と焦ったのに、
今頃になって、ここまで変異種が広がった中で慌てている。ほえー
 
東京都もそうです。
豊洲移転の時、「安全でも、安心ではない」と言って、
2年も開場を遅らせ、多大な税金を無駄に使い、多くの人に迷惑を掛けたくせに、
都知事は、今回、誰が見ても安心どころか安全でもないオリンピックを
何が何でも実現させるために、感染対策まで操作している。
 
一都三県は、運命共同体だから連携しないといけない、
とあれだけ言っていたのに、今回、東京都だけ緊急事態宣言で
「東京都に来ないで、出ないで!」と叫んでいる。
 
医師会も言うだけだし、メディアは、身勝手この上ない。
規制が緩すぎる、ロックアウトするべき、と言いながら、
罰則を科そうとすると「人権が~ぐー」という。
他国の成功例を散々上げながら、しかし、どれほど強制力を
持ってやっているかには絶対触れない。
 
日本全国、右も左も、矛盾だらけ。
 
そんな中で、国民はよく頑張っているなぁ、と思いますよね。
みんなで我慢し、ひたすら自粛して。泣き笑い
 
国を動かしている人達は、その「人の好さ」につけこんでいると、
必ず、しっぺ返しを受けると思いますけどね。
 
ところで、目下、インドは変異種が猛威を振るって、
一日の感染者数が30万人だ、35万人だ、と言われています。
恐ろしい数字ですが、インドはそれだけの検査をやれている、
ということなのだろうか?
感染者数がそれだけというのは、その数倍は検査している、ということでしょうに。

ワクチン接種が大幅に遅れている日本。
まさか、検査システムまでインドに大幅に遅れている、
なんてことではないでしょうね・・。

なんだか、不思議です。






Last updated  2021.04.27 14:48:30
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
開幕まで、あと3か月となったオリンピック。
21日、IOCの理事会が行われ、橋本聖子会長、武藤敏郎事務総長らが
記者会見をしたようです。



その中で、海外メディアから「もし大会中に緊急事態宣言が出されていたらどうなるのか?
との質問が飛び、武藤事務総長は「仮定のご質問への回答は控える」、
「我々は徹底したコロナ対策を講ずることで開催に向け準備している」と回答したとか。
 
コロナの変異種がかなり広がって、緊急事態宣言がまた発令される事態下で、
「仮定の質問」と逃げるのは、無責任すぎる。ムカッ
仮定じゃないでしょ、目前にある現実問題です。
まあ、そういうしか、ないのでしょうけど。
 
全世界でコロナ禍が収まらず、むしろ感染率の高い変異種まで増えている中、
選手だけで1万人、関係者を含めると何万人もの人が世界中からやってきて、
迎える日本側も大勢が関わって、一斉に右往左往するオリパラが、
どう「万全な対策」とオエライさんが言おうが、
感染拡大リスクが大き過ぎることは誰の目にも明らかでしょう。
 
そもそも「万全の対策」なんて、この日本で出来っこないのは、
オリンピック関係者だって、周知のことだろうし。
 
ただ、物理的にこのまま開催に突き進むことは出来る。
このまま、誰も何も言わなければ、予定に沿って突き進むだけですしね。
 
家にいろ、人と会うな、店を閉めろといわれ、
1年以上、国民が日常生活を制限される中で、
オリンピックパラリンピックを開催する意味がどこにあるのか?
・・と私なんぞは思いますし、そう思う人が大半でしょうが、
しかし、誰も「止めましょう」と言えない状況になっているのでありましょう。
 
あの愚かな戦争も、こうやって、突き進んでしまったんですよね。

開催後、確実により多くの変異種が日本に入り込み、
感染者数が増加するのは、素人目で見ても間違いない。
運が良ければ、それは抑え込めるぐらいの規模で済むかもしれないし、
悪いと、急激な拡大になる・・ぐらいの違いで。

それでも、開催に向かって、まっしぐらなんでしょう。
様々な人の沽券と保身と利権と意地が絡まって。
 
唯一、「中止」を決断する方法があるかもしれない・・
と仲間内で話が出ました。
これはもう、玉音放送のように、
天皇陛下に中止を宣言していただくしか、ないのではないか・・と。
 
そうよねぇ。と思ったものでしたが。
ま、無理でしょうね。しょんぼり
 
 

 

 







Last updated  2021.04.22 11:46:59
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
眞子さまとの結婚が国民的関心事となっている小室圭さんが、
とうとう、文書を公表したようです。
それがなんと、A4サイズで28枚分!



 
しかし、巷の評判はすこぶる悪い。
ネットのコメントを見る限り、批判・反感しか見当たらない。しょんぼり
 
早速出回った内容を私もざっと読んでみましたが、
「なんで、こんな文書を出しちゃったのかな?」でありましたね。
元婚約者とのいきさつを長々、説明しているのですが、グダグダ回りくどい文章で、
結局言いたいことは「借金ではないから、名誉のためにも返さないぐー」ですかね。
 
そりゃあ、世間の反感は余計買いますよね。
世間は「皇室の関係者になるのであれば、身ぎれいで潔く、
誠実で、「人のために」を考え、お金に汚くない人であってもらわないと」と思っている。
ところが小室さんは「僕達母子は、法的に悪くはない。むしろ被害者です」
とその正当性を長々、弁明することに終始している。
 
元婚約者である方の間で、いろいろあったのかもしれない。
借金ではない! と断固、主張したいのかもしれない。
小室さんサイドに立てば、世の中に対し腹立たしい思いもあるのでしょうし、
間違った情報が流布されている、という怒りもあるのだろうとは思います。
 
ただ、最大の目的が「国民の理解を得る」「国民から祝福される結婚に持って行く」
であるならば、これではダメ、完全に逆効果でしょう。
伝って来るのは「自己主張ばかりで大人の判断が出来ない人」の
イメージだけでしたしね。
誰かアドバイスしてあげる人はいなかったのかしらん?
 
ましてや文中にある「証拠となる録音」というのは、最悪でした。
国民は、こっそり会話を録音して、その一部を「証拠」だと世間に晒すような人を、
皇室の関係者として、絶対認めたくないでしょうから。
 
ところがこの文書が出てすぐ、宮内庁の西村長官は
「非常に丁寧に書かれている」「金銭トラブルに関する事実関係、
話し合いなどの経緯についても理解ができた」と絶賛したそうです。
 
今朝のTV朝日モーニングショーでも、コメンテイターが揃って、
「丁寧な説明で、理解できた」「小室さんの強い思いが伝わる」と
褒めていましたね。
 
どうも「小室さんと眞子さまの結婚を、この際認めましょう」
という動きがあるのではないか。
今回の文書発表も、裏で動いている人達がいるのでしょう。
 
しかし、お二人がどうしても一緒になりたい、というのであれば、
それは認めるしかないのではないか。
結婚は、両性の合意でするもので、例え国民の声だとしても止める権利はないわけですから。
 
ただ・・とは思います。
メ―ガンさんを受け入れたための、英国王室の混乱を見てしまうと、
日本の皇室も、妙な方向へ揺すぶられなければいいけど、
という不安は、大いに感じるところで。ほえー
 






Last updated  2021.04.09 10:51:01
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
国軍のクーデターで混乱状態のミャンマー。
軍は、強引だろうが、国際的非難を浴びようが、ここで一挙に
統治権力をものにしようとしているのでしょう。
治安部隊による、デモ参加者への弾圧がエスカレートしていて、
家にいた子ども達まで犠牲になっている。
武力で抑え込みながら、無力のデモ参加者を「テロ」呼ばわりするところ、
何をかいわんや、です。



 
おそらく中国が後ろで動いているだろう軍隊に、
市井の市民の抵抗が敵うわけがない。
なんとかならないのか、と心を痛めていますが、
世界の動きは、もう一つ、緩慢です。
 
40年近く前、ミャンマーで暮らしていました。
その頃はビルマと名乗っていて、今も貧しいですが、当時も貧しい国でした。
駐在の商社マンの方々の話では、その25年前は
自由で盛んな国だった、ということでしたから、
大きく衰退していたわけですね。
軍事社会主義国ということで、軍の関係者だけ利用できる店があったり、
相互監視制度があったり、初めての海外生活でしたが、
「社会主義というのは、不平等でどうしようもないものだ」としみじみ学んだものです。
当時、日本は社会主義への夢があって、社会党に勢いがあった時代でしたが。
 
その頃もミャンマーは貧しく、人々が生きにくい国でしたが、
その後益々混乱は増し、弾圧は進み、人々の生活は全然よくならなかった。
それは、長い期間、ずっと続いたものです。
 
親しくしていた弁護士氏も、娘さん達を海外に逃していましたが、
当人は訳の分からない理由で何度も拘束され、どこに収監されているのか家族にも知らされず、
結局、家族が父親と会えたのは、亡くなってからでした。
医学部を出て、日本とインドネシアで医者として生活していた三女は、
父の収監を知って慌てて帰国しましたが、その後パスポートは取り上げられ、
医師免許もはく奪され、通訳として細々生計を立てていると聞いています。
 
スーチー女史の一党が力を得て、ミャンマーがよくなったのかどうか、
その辺はよく分かりませんが、少なくとも多くの企業が進出し、
国力も生活も、少しずつ上昇していたのだと見ています。
日本の期待も大きく、ANAなんか、ローマ直行便を廃止して、
ミャンマーへの直行ルートを新設したくらいで。
 
でも、長年、やりたい放題だった軍部は、
いずれ権力を取り戻そうと、狙っていたのでしょうね。
身に付いてしまった権力の旨味というのは、手放しがたいものなのでしょう。
 
一方で、人々は、軍による恐怖政治は二度と御免だ、と強く拒否している。
穏やかな性格のビルマの人々の激しい抵抗は、それゆえでありましょう。
 
さて。日本。
今朝も朝から、桜の開花で人手が増えている話題や、
森元会長の「女性というにはお年」発言の問題視や、
ズズズと啜るのはいかがなものか、という問題提議や、
「はだいろ」という言葉は差別用語じゃないか、という話題や、
コンビニスィーツの話題で華やかでありましたっけ。
 
それらの話題がいけないとはいいませんけど、
なんともおめでたい。
もう少し、世界の悲惨な現実に目を向けるべきでは・・
と、そこは思いますね。私達もですが、政府やメディアも。
 






Last updated  2021.03.29 11:10:30
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
一都三県の緊急事態宣言2週間延長も、ようやく解除となりました。ピンクハート
しかしこれ、結局、無駄でしたよね。
感染者数を減らすどころか、増やしただけだった。
政治家さん達の意地やメンツや勢力争いに、国民が振り回されただけだった。

それでも解除となり、ようやく平常の生活を取り戻せるのか
・・と期待したいけれど、
そうじゃないのですよねぇ。しょんぼり
 
相変わらず、時短制限は続き、花見はするな、会食は控えろ、
大勢で集まるな、マスク会食だ、ステイホームだと言われている私達。
で、ちょっと外出すると「気の緩みだ」と非難される。
 
「気の緩み」なんて言われて腹立ちません?
気の緩みじゃないですよ。
当たり前の人間らしい生活に、
ちょっと戻ろうとしただけのこと。
 
感染拡大を防ぐには、人が動かないことが大事、ということは分かります。
一人一人の注意が必要だと言うことも分かる。
しかし、コロナ禍が始まって1年以上経つのに、政治も行政もメディアも、
何をやって来たのか‥といい加減国民は怒ってもいいような気がしますね。



感染者との接触を知らせるCOCOAは、相変わらず役立たずのまま。
随分、時間があったのだから、有効なシステムに直すことは出来たはずでしょうに。
 
一律6万円の協力金だって、当初こそ「時間がないから」と不公平な分配に
目を瞑ったとしても、もう随分と月日を経て、いまだ、改善する兆しもない。
あれだけ細かく税金を徴収するのだから、そのシステム使えば、給付金だって
公平・的確に配ることは出来るはず。
 
コロナ専用の病院を作る話も全く進んでいないし。
PCR検査数も他国と比べて増えていないし、
変異株の調査も、お粗末な限りでしょう。
入国制限だって、ザル状態らしいし。
今日、用あって銀座に出向きましたが、
あちこちから中国語が聞こえていたのは、気のせいだったのだろうか?
 
この無駄だった2週間の延長期間に、例えば「カラオケ禁止」や
3日間、家にいよう運動」や「「ゲームセンター禁止」などなど、
「実行は辛いけれど数日なら出来そう」な対策をやっていれば、
感染者数も、かなり減少に持って行けたはず。
何もせず呼びかけだけで、結果、感染者数を増やした状態で解除だと。
 
なにやっているんだムカッ、とさすがの私も思います。
 
日本を動かしている人達の頭、もしかして悪いんだろうか?
あるいは本気で解決しようとは思っていないのかもしれない。
もしかして、コロナ禍が続いている方が得する人もいるのかもしれない。
・・などなど、あれこれ疑ってしまう。
 
パリで6000人の人達がマスクを外してパーティをやった、とニュースがありました。
もう、人々はがまんの限界に来ているのでしょうね。
「ステイホーム」を呼びかけるだけでは、
すでに制御できない段階にきているのでは?
政治家さんやお役人さんやメディアで発信している人達には、
その辺を真剣に認識し、もう少し頭を使って欲しいと思いますね。
 
 
 






Last updated  2021.03.23 17:17:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
お下品な言葉で恐縮なんですが、久々「胸糞悪い!」と思いましたね。
メ―ガンさんの独占インタビュー。



 
英国王室での話を、
思わせぶりたっぷりに自分がいかに辛かったかと語り、
オプラがまた、「信じられない!」てな顔して答えている。
息子の肌の色について触れている時には、
カメラはオプラを正面から写し、カメラ目線のオプラは「・・・what!?」と驚いて見せる。
なんというか、シナリオ通りって感じじゃないですか。
whatの前の間も、計算通りって感じ。
これ、周到に打ち合わせしていたと思う。
 
で、「私って可哀そう」を公言する人の常套句の
「死にたいと思った」「自殺を考えた」が案の定出て来る。
 
この言葉を出されるとメディアは大騒ぎするしかないですからね。
 
世界中に衝撃が走った、ということですが、
しかしインタビューの内容は「キャサリンを泣かしたのではなくて、
私が泣かされたのよ」というどうでもいいことや、
「アーチ―に王子の称号を与えなかった」という、
どうやら王室の習慣を知らないらしい、間違った情報や。
(称号を貰えないのは、アーチ―だけではないらしい)
どれもこれも「内輪で解決できるでしょ」ないしは、
「家族で話し合いなさいよ」レベルの話じゃないですか。
 
世界を巻き込んで「ねぇ、ねぇ、聞いて!」と問題視することではない。
 
一歩引いて、客観的に考えてみるともっとよく見えてきます。
英国王室はメ―ガンとハリーのために巨大な予算を使って
盛大な結婚式を行い、しかも、メ―ガンの希望のまま、
異例のスタイルを押し通させたわけです。
 
キャサリンとフラワーガールのための靴下を穿かせるか、穿かせないかで
言い争ったようだけれど、結局メ―ガンの意思が通って素足で歩いている。
彼女は自分の思い通りにやらせてもらっているわけです。
 
エリザベス女王の横で堂々と足組んで座わり、
ハリーにべったりくっついて、デレデレぶりを世界に見せつけて、
王室の行事すっぽかしてテニスの試合を見に行くわ、
ブランドのドレスは買い放題だわ、プライベートジェットで好きなように旅行はするわ、
何億円使ってお城を改修させるわ、出産の時もこれまでの慣例無視して、
自分のやり方を押し通し・・それで「死にたかった」って・・。しょんぼり
終いには2年もいなかったのに「耐えられなかった」、公務はもうしませんぐー
とカナダに行って、今は「王族」の肩書を武器に大金を稼ぎ豪邸に暮らし、
で、「私は辛かった」の涙目インタビュー。
フツー、なんだ、それはムカッ・・って白けません?
 
しかし、この一方的なインタビューに、
「メ―ガン可哀そう!」「黒人差別だ!」と企画意図そのままに
受け取る人も多いんですね。そこがさらに腹立たしい。
どうしてこの見え透いた演技を見破れないのだろう?
ヒラリー・クリントンなんて、王室側の反論も検証しないまま、
脊髄反射的にメーガン支持のコメント出したりして、底が浅すぎ。
この人がアメリカの大統領にならなくて、ホント、
世界のために幸いでした。
 
ともかく、胸糞悪いのですけど、
世間は「英国王室の差別体質」と糾弾し、
メ―ガンとハリーを「自由」のシンボルみたいに
チヤホヤ当分、持ち上げるのかもしれない。
 
最近、付いていけないことが多くて困ります。
 






Last updated  2021.03.10 11:43:42
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.07
カテゴリ:メディアの話
菅総理の息子さんが関与していた、ということで、
メディアと野党で大騒ぎしていた「東北新社」の総務省幹部接待問題。
 
菅総理の息子がいるなら、官僚は断れるわけがない、と
どうしても菅総理の責任にしたがっていましたが、
NTTがもっと高額の接待をしていたことが判明してしまって、
振り上げた手の行き場がなくなってしまっ段階、ですかね、今は。ウィンク
 
私は当初から、トップの高級官僚が、菅氏の長髪息子がいるからって、
そんな理由でしかたなくヘイヘイと宴席に参加するわけないじゃない。
接待慣れしていただけでしょ、と冷ややかに見ていましたが案の定。
東北新社程度の会社が報道にあるような高額接待をしていたとしたら、
他の大手企業がやっていないわけがない。ぐー
 
もう少し突けば、AUもソフトバンクも放送局も新聞社も
もっと巧妙に頻繁に接待していた事実が出て来るのではないか。
文春さんに期待赤ハートでしょうかね。
 
騒いでいたメディアは、そうなったらどうするつもりなんだろ?
現にTBS出身の杉尾秀哉参院議員も「テレビ局の幹部は(総務省幹部と)
ずっと会食している。私も立ち会ったことがある」と今頃になって
ばらし出してますが。
 
四つ葉

 
今回の騒動で改めて思ったのは、
日本はそういう「接待文化」で動いて来て、
今でもそのまま続いている、ということでしょうか。
建前はともかく、接待したりされたりすることが当たり前な地盤がある。
 
もっとも「公務員倫理規程」があるので、公務員がそれをやっちゃうとアウトです。
すっかり渦中の人となった山田真貴子内閣広報官も脇が甘かったというしかない。



 
山田氏とは一度だけですが、お会いして歓談したことがあります。
社会的に上り詰めた女性の中には、
私のような一介の主婦を
見下げている(だろう)人が割と多く
「あんたなんかとまともに話す気なんてないわよ」
みたいな態度をあからさまに示されたりするものですが、
山田さんはそんな感じは全くなく、気さくで上品でしかも頭の回転が速く
なるほど、こういう人が出世していくのね~、と感心したものです。
 
色白で肌がきれいで明るくて、そりゃあ、若い頃からモテたでしょうし、
オジサマ達からも気に入られて来たに違いない。
でも、そこが落とし穴だったのではないか。
 
つまりどこかに「ゴチされるのは私が女性として魅力的だから」
と思い込んでいた所があったのではないか。
世の中って、若くてかわいい女の子や美人さんは奢られて当然、
魅力ある女程、お金を掛けて貰える・・という価値観がありますでしょ。
 
まあしかし、アウトはアウトです。
いい方だっただけに、残念。
 
さあて。野次馬の私としては、これから続々と、
メディアと総務省との癒着ぶりが表に出て来ることを期待するわけです。
だって、新聞料金の軽減税率や、テレビ局のやりたい放題ぶりは、
どう考えたって、後ろにナアナアな関係があるとしか思えないもの。

もっともワイドショーは、急に静かになるのかもしれませんが、ネ。
 
 






Last updated  2021.03.07 11:16:21
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近、心からがっかりした、というより怒りに燃えたことがあります。
新型コロナ感染対策アプリのCocoaの不具合ですよ。ムカッ

新規開発された時に、これが日本全体で活用するようになると、
感染対策に大いに役立つはずだピンクハートと喜び、
周囲には「ちゃんとダウンロードしなさいよね!」と
厳しく押し付け、期待していたのに、4か月も使えないまま放置されていたなんて。
しかも陽性者の話によると、保健所からパスワードはなかなか来ないは、
いい加減だは、で役立たずみたいらしい。下向き矢印




 
もうひとつがっかりしているのがマイナンバーカード。
これが機能するようになれば、今後の行政手続きは大いに簡略化されるはずピンクハートと、
大いに期待し、これまた周囲に強く勧め、真っ先に面倒な手続きを経て取得したのに、
ほとんど役立てる機会がないまま、パスワード再更新の時期を迎え、
また面倒な手続きを強いられている。
 
確定申告に役立つのかと期待したものの、特に役に立つことはなく、
ワクチン接種に役立つのかと期待したのに、どうもそういうわけでもなく、
結局、まじめにカード取得したメリットなんて、ほぼなかったじゃないムカッ・・という現状。
 
で、今回また新たに、オリパラ関係者の健康を管理するアプリの開発を急いでいるのだそうです。
なんと、びっくりなのは、開発を始めたのが今年の1月になってから。
コロナ禍に襲われてからもう、1年以上も経っていて、オリンピックをどう開催するかは、
ずっと日本のは大問題だったのに、今頃開発を始めている・・って、
考えられないじゃないですか!
 
しかもこのアプリのリリースは6月の予定だそうで、ほぼぶっつけ本番状態となる。
これで「残念でした、不具合が起こってうまく機能せず、結果、感染拡大しちゃいました」
じゃ、済まないでしょうに。
 
そしてさすがの私ですら「これも役立たずに終わるんじゃない?
としか思えないわけです。
ともかく、これまで上手く行ったシステムなんか、この国はなくて、
今だってメガバンクのキャッシュカードがATM機に吸い込まれて
出て来なくなる、というとんでもないトラブルが起こっているわけで。

で、アプリの開発費用はクラウド基盤とサポートセンターの構築を含めて約73億円ですからね。
また、どぶに捨てるようなことになるんかい!・・と突っ込みたくもなりますよ。
 
なんかなぁ。
故国の技術力を信用できないって、
国民としてこれは、不幸でしかありませんです。下向き矢印
 






Last updated  2021.03.01 18:28:57
コメント(0) | コメントを書く

全3003件 (3003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.