2640997 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


こちづ

Category

Archives

Comments

不意の訪問者@ Re:IOCの言いなりになる必要があるのだろうか?(05/22) ちづ子さんの言う通りです。無能で無責任…
KTX@ Re:韓国のTVニュースを覗いてみると・・。(08/29) おそらく韓国側がまず英訳を「韓日」と双…
無記名でいいですか@ Re:変異種拡大の可能性にも向き合わないと(01/24) ほかに見るものもないなら、テレビなどご…
こちづ@ Re[1]:森氏引きずりおろしを仕掛けたのは?(02/13) ともパパさんへ; ですよね。森さんの「…
ともパパ@ Re:森氏引きずりおろしを仕掛けたのは?(02/13) ちづ子さんの文章にはいつも感心しますが…

Favorite Blog

夏休みの食卓にも!… New! ひより510さん

団塊世代の楽天活用… magomago55さん
Welcome BASALA'S … ske芭沙羅さん
暮らしの中の、陶磁… BBビーさん

Freepage List

2021.05.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
もしも・・の話だが。ほえー
日本で新型コロナのワクチンが開発・生産されていたら、
今頃は、日本在住者全部がワクチン接種し終わって、
マスクなしでの生活を取り戻し、世界に向けて誇れ感謝され、
大儲けできていたかもしれない。
 
オリンピック開催も、歓迎出来ただろう。
 
もしも、日本の保健所や入管の管理システムが機能していたら、
感染者の見逃し防止や、濃厚接触者の割り出しを、
もっと、精緻にスムーズに進められていたかもしれないし、
変異種の侵入も抑え込めたかもしれない。
 
もしも、日本の政治家と官僚が、もう少し
科学的分析力と判断力を持っていたら、
今回のコロナ禍を、もっと科学的に抑えられていたはずだと思う。
 
もしも、TVの番組制作者やコメンテイターが、
しっかりした科学的知識と考察力を持っていたら、
今のような、感情的に煽るばかりの
浅くて薄いコロナ報道にはなっていなかったはず。
 
日本の教育が、科学に力を入れてこなかった、
その弊害が今、はっきり表れているのではないですかね。
 
理系に進まない限り、大学受験に物理も化学も生物も必要なかったり、
高校の授業でも、科学系は選択制になっていたり、
社会に出ると、文系の人の方が重用される世の中であったり、
大学院に進んでも、学位を取っても、逆に就職に不利になるような
社会になっていたり、いつの間にか、そういう日本になっている。下向き矢印
 
他国で出来たワクチン開発が、日本では出遅れているのも、
地味な科学分野の研究に、国が投資してこなかったせいだろうし。下向き矢印
 
全て、「今更遅い」でありますが、潜在的能力では負けないと思うのに、
なんとなく、体たらくな国になっている感が否めないのは残念至極ですよね。しょんぼり



 
塩野義製薬が開発中のワクチンの、実用化の見通しがたってきたそうです。ピンクハート
変異株に対応したワクチンも開発中だとか。
さらに、治療薬も実用化に向け、開発を進めている、とのこと。
 
もしかして、ですが、
まだまだ、日本はやれるのかもしれない。
 
今度こそ目指せ、科学大国日本! でありましょうかね。
 
 






Last updated  2021.05.11 13:52:14
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.