2612081 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

X

全136件 (136件中 131-136件目)

< 1 ... 9 10 11 12 13 14

パラグアイ便り

2011.11.05
XML
カテゴリ:パラグアイ便り

 

パラグアイは、イグアス・エステ方面に、行ってました。車

パラグアイが南米のどこにあるかも分からない友人が多々の中、

説明いたしますと、パラグアイの西の端、南北で言えば、

真ん中よりやや南にあるアスンシオンから、真横に国を横断し、

右端、すなわち、最東側に行ってきた・・ということです。

アルゼンチン、ブラジルの国境沿いでもあり、

さまざまな意味で、興味深い地域でもあり、

そういうことで、発見も多々であったわけですが、

それらはおいおいに書くとして、戻ってパソコンを開けたら、

西岡武夫参院議長が肺炎のため都内の病院で死去、という

 ニュースが入っておりました。75歳だったそうです。

人は死ぬものであり、75歳まで十分に政治家人生を生きられた、

西岡氏であれば、それはそれで、一つの区切り、

なのかとも思うわけですが、今の日本で、

政権に正論をまっとうにぶつけられる、

もしかして、唯一無二の方だったかと思うと、

この問題多々の日本の未来を占うに、あまりに残念な死でありました。 

私は、ショック、がっかりで仕方ないのですが、

ネットのコメントを見るに実に大勢の方が、同じ思いのようで、

ああ、そうなんだ、と少し驚き、少し、ほっとしましたね。

誰でしたかTVで解説していましたが、庶民というのは、

意外と「漠然とした勘が鋭く」、いくら政府が、安心だといっても、

政府発表の放射能線量や影響を信じないのは、

『それが実はまっとうな感性』だからなんだそうで・・。

そういう観点から見ても、西岡氏の死を、とても無念に思う、

一般庶民の感性というのは、ひとつの、シグナルなのかもしれません・・。

もっとも、亡くなってしまった以上、どうしようもないわけで・・。

しみじみ、残念。ただただ、合掌です。しょんぼり

 







Last updated  2011.11.05 09:48:25
コメント(2) | コメントを書く


2011.11.03
カテゴリ:パラグアイ便り

 

アスンシオンに来て、驚いたのは、

「食材が豊富!赤ハート」ということでした。

市場に行けば、新鮮な野菜が山積みになっているし、

やや高級な食材店に行けば、デュチェコのパスタも、

ディジョンのマスタードも、新鮮なブルーベリーもぶっ太いアスパラガスも

フツーに並んでいる。

もちろん、チリワイン、アルゼンチンワインは、豊富かつ廉価であり、

フランスワイン、イタリアワインだって、気楽に購入できます。

日系企業の卵を選べば、新鮮で安全、生卵でも食べられるし、

日系の方達が頑張って生産してくれているので、

お米も醤油も味噌も、豆腐も納豆も、コンニャクも

和菓子も日本風カレーパンやアンパンも手に入ります。ハート

大根もゴボーもシソも、売っているし、

もう少し経つと、ミョウガのシーズンになるのだそうです。スマイル

「無いものは、マツタケぐらいだぐー」と

日系のオジサマが豪語していましたっけ。

かつてパラグアイ人は野菜をほとんど食べず、

よって、出回る野菜も少なかったそうですが、

日系人の努力で、いつの間にか野菜豊富な国になっている・・。

四つ葉

私、ゴボウ好きなもので、制限ある手荷物の中に、

ゴボウを何本も潜ませて来たのですが、

なんのことはない、そんなもの、簡単に手に入るのでした。

まあ、日本に住んでいれば、「それが、なにか?」の話ですが、

外国にいると、食材が手に入る入らない・・は

生活の質とストレスの多寡に大きく影響するものなのですよ。

「もう、感動ですよピンクハート」と地元の人に話しましたら、

「いやいや、無くて困っているものもある」と。

それ・・ゴルフの時、スコアを記入する鉛筆えんぴつなんですって。

だから「チビた鉛筆は大事にとっておいて、ゴルフ用にする」そうです。

あの、日本のゴルフ場にいくらでも置いてある、

芯だけついたプラスティックのエンピツは、貴重品なんだそうです。

たまに日本に行くと、ゴルフ場のあの鉛筆を、

しっかり集めて、お土産に持って帰るのだとか。

知らなんだ~・・でありますよね。

所変われば、価値変わる・・というのですかね。

人生、発見が多いです。ちょき

市場1

市場2

 








Last updated  2011.11.03 06:20:35
コメント(2) | コメントを書く
2011.10.28
カテゴリ:パラグアイ便り

 

先週末、アスンシオン市のややはずれにある、

『Centre Paraguay Japones』、

日本名では「日本・パラグアイ人造りセンター」に行ってみたんですね。

ここは、日本政府の無償資金協力によって、建設されたもので、

いまは、アスンシオン市の管轄となっていますが、

各種教室や、催し物など、日本語や日本文化の紹介を、

熱心にやっているところなんです。ピンクハート

たまたまその時期、大きな催しがあったようで、

いつもは静かな界隈らしいのですが、やたら賑わっているんですね。

「なにをやっているのだろう?」と思って、

何気なく看板をみたら、なんと「Otaku Weekend」と書いてある。

Otakuって、あのオタク??と思って覗いてみると、

なにやら、猫の耳みたいなの付けた若い子たちが、ウロウロしているんですね。

プログラム見てみたら、ComicsとかKosupre、

Maid Cafe なんて文字まで踊っている!

なんなんだ、これは??と思いましたよね。

日本からはるか遠くの、この街の郊外で、

こんな、催し物に若者が大勢集まって盛り上がっていたんですね~。

地元の方に聞きましたら、日本の漫画はもちろん大人気だけれど、

「Otaku」というの、みんな、大好きなんですって。ピンクハート

へぇ~~~・・って思いましたねぇ。

かつて麻生政権時代に、マンガの資料館だか伝道館だかを、

作ろうという案が持ち上がって、メディアから散々「無駄」だと非難され、

潰されたことがありましたけれど、

がっしり作っておけば、それこそ、観光客誘致の、

ひとつの大きなスポットになったかも・・ですよね。ウィンク

日本はもしかしたら、大きなミスをしたのかもしれない・・。

四つ葉

しっかし、あんなコスプレやらメイドカフェやらが、

どうして世界の若者に受けるんでしょ?

さっぱり、理解できないところが・・年ってことですかね。

★写真は、受付にいた女の子。

こんなかっこうした子が、ウロウロしていましたっけ。

一緒に行った日本の若者(男)は、すっかり喜んじゃってましたけどね。ウィンク

otaku

 







Last updated  2011.10.29 04:02:46
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.27
カテゴリ:パラグアイ便り

 

相変わらず、Outlookのメール送信ができないまま、でいます。下向き矢印しょんぼり

プロバイダー会社の、この道10年というオニーサンが来て、

あれこれ、試してくれるんですが、ちっとも改善されない。下向き矢印

終いに面倒になったようで、彼は言うのですよ。

「Web経由のメールでやりとりすれば、送受信できるグッド」と。

そうですよ、知ってますよ。

だけれど、キミが言うことではないだろう!ムカッじゃないですか。

メール送信できないプロバイダーに、

高いお金払って契約する意味がない。

さらに言うわけですわ。

「容量の強力なものに変えて、オフィスの方から送ればいい」と。

実は、何度やっても送信できないので、

すぐそばにあるオフィス(別会社のプロバイダー)で試してみたら、

シュシュシューといとも簡単に送信できたのですね。

つまり、私のパソコンの問題ではない、ということが分かったわけですが、

料金水増しして、強力電波?のモバイルにして、

オフィスの別会社プロバイダーから送信したら?・・って、

プロバイダー会社の技術者がいうことかいね!ムカッと思うでしょ。

当然「あり得ないでしょ」と、却下したのですが。

四つ葉

そういえば・・と思いだすわけです。

この国に来るのに、サンパウロからTAMという、

ブラジルの最大手エアライン会社を利用したのですが、

たまたま最後の方で乗ろうとしたら、

係のオニーサンが我々の荷物を見とがめ、

「すでに棚はいっぱいになって、その大きな荷物は乗せられない!

というのですね。

なにしろ当方、引っ越し途中ですから、確かに手荷物は多めでしたが、

もちろん、大きさも重量も規定内であって、

文句言われる筋合いはない。ムカッぐー

荷物がいっぱいになったのは、他の客みんなが大荷物だったからで、

我々のせいでもなんでもないし、

たまたま、後の方で乗ろうとした我々の分だけ、

「乗せられない」などと言われるのは、どう考えてもおかしいじゃないですか。

だもんで「冗談じゃないぐーそれは我々のミスじゃないムカッ」と言い張り、

立ちはだかったオニーサン押しのけて、乗り込んだのですけどね。ウィンク

たまたま幸い、席は格安ものながら「ビジネス」だったので、

さらに「プライオリティーがあるでしょ、我々にはぐー」と言い張り、

相手はさすがに、ひるんで、なんとかスペースを探してくれて、

一部の荷物だけは、棚に収まったのでありましたが。

(残りの荷物は、我々の足元でした下向き矢印

しっかし・・弱気な人だったら、

相手のメチャクチャな理屈の言いなりになって、

大事なキャリーバッグを手放したかも、と想像すると、

なんとも「強気な女でよかったわい」と思うばかりでありまして。あっかんべー

しっかし、こういうのが、南米気質なんでしょうかね。

いやあ、もう、この大陸で暮らすには、

気持ちを強く持たないと、生きていけんなぁ

・・と思い始めているんですけどね。ウィンク

 







Last updated  2011.10.27 23:45:07
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.26
カテゴリ:パラグアイ便り

 

ようやく、我が家にも、ネット接続業者が来てくれました。ピンクハート泣き笑い

で、やっと、繋がった・・はずなんですが、

Yahooにも繋がるし、Googleにも繋がるし、

メールの受信もできるのに、

なんどトライしても、メール送信が出来ない!!

最新式のWifiなのにねぇ。しょんぼり

そういえば、と思うわけです。

おととい、ネットカフェに寄って、高いレモンジュース注文して、

さあて、メールのチェックだと意気込んだのですが、

数十本目のメールで、フリーズしちゃって、

あとのメールは受信できなかった。下向き矢印

次の日、ショッピングセンターに寄って、

そこは、全館どこでもネットが出来るらいしのですが、

「今度こそ!」とわざわざカフェに座ってトライしたものの、

メールの受信こそできたけれど、送信がさっぱり出来なかった。

それで諦めて、本日、我が家が繋がるまで待ったわけなんですが、

何故か送信が出来ない・・。!ショック

何故なんでしょう?? さっぱり分からん。

聞くところに寄ると、雨が降ったりすると、送受信がままならなかったり、

何かの具合で、なかなか、動かなかったり、

停電も多いし・・とみなさん、言うのですね。

そこがパラグアイなのかなぁ・・なんて、

すぐに思ってしまうわけですが、

アルジェリアでも、何日も繋がらなかったり、

送信できなかったり、いろいろあったなぁ、なんて思いだして、

日本の便利さに慣れいる私たちって、

海外生活は辛いわよね、としみじみしてしまう。

四つ葉

それにしても・・はてはてどうしたものか?

サクサクとメール送受信ができる日は来るのでしょうか?

苦労は続く・・なのでありますよ。しょんぼり

 

★関係ないけれど、大統領府の写真です。

ベルサイユ宮殿を真似たそうですが、

浦安のディズニーランドのシャトーの方が、

大きいかもしれません。

ここで大統領は執務をされるそうですが、

副大統領は、また別のところにいるらしい。

庭への侵入は禁止となっていますが、

そのすぐ横の遊歩道を、人々はのんびり歩いています。

いいのか、こんな警備で?と、ちょっと思いましたけれど。ウィンク

大統領府








Last updated  2011.10.27 03:59:56
コメント(2) | コメントを書く
2011.10.24
カテゴリ:パラグアイ便り

 

しばらく、更新できませんでした。泣き笑い

というのは、日本を発ち、ここパラグアイはアスンシオンに

引っ越ししていたからで・・。

物理的、身体的、環境的理由で、ネットを使えなかったわけです。


日本の我が家を、19日の朝8時半に出て、成田→ロンドン、

→サンパウロ→アスンシオン・・と延々乗りついで、

アスンシオンの新居に落ち着いたのが、20日の朝11時。

時差12時間を考えると、40時間近くの長旅でありました。ほえー


今も夕方になると、死ぬほど眠くなる・・。下向き矢印眠い..

四つ葉

アスンシオンって、思った以上に都会でありまして、

プラッと歩くと、ショッピングセンターやスーパー内でも

Wifiの環境が整備されていて、

なんと、公園内ですら、使えるようになっているのに、

アスンシオンの新居はまだインターネットが繋がらず、

よって、市内のネットカフェで、これを書いています。下向き矢印

なんなんだ!ダッシュ これは?!ムカッ・・なんですが。

四つ葉

パラグアイ。

広さは、およそ日本の1,1倍。

人口は約600万人で千葉県人とほぼ同じ数。

首都・アスンシオンは、おっとりと穏やかで、

木々に囲まれた一戸建てが、ゆったりと並んでいます。

それが、お洒落な家が多くって。ピンクハート


さらに驚いたことは、スーパーなどどこもきれいで、物は豊富、

日系の方の開発で、卵も生で食べられるんです!赤ハート



とまあ、まだ、右も左もさっぱり分からない状況なんですが、

なにやら想像していた以上にいい所の印象です。


もっとも、アルジェから送ったはずの26個の荷物は、

ほぼ1カ月経った今でも、アルジェの空港にあり、

(信~んじられないが!)

いったい、我が家の財産はどうなっちゃうの??とか、

無事、届く日が来るのだろうか?とか、

様々な不安を抱えつつの、前途が暗いのか明るいのか、

判断付かないとっころなんですが・・とりあえず、

ブログをアップ出来た、ということは、

ひとつ前進ではありましょうかね。

ということで、当分は、南米・アスンシオンから

よろしく~!ピンクハート・・なんでありまする。

 

★写真は、公園にあった、「WIFI使えるよ」表示。

進んでる!!

wifi


















Last updated  2011.10.24 23:35:37
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全136件 (136件中 131-136件目)

< 1 ... 9 10 11 12 13 14


© Rakuten Group, Inc.