000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

X

全136件 (136件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 14 >

パラグアイ便り

2013.10.22
XML
カテゴリ:パラグアイ便り
 

先週末の金土と2日間、アスンシオン市の劇場で、

ワーグナー生誕200年を祝うコンサートが催されました。

ドイツ大使館と私立大学Uninorteno主催です。

(ドイツ大使館も、なかなかやりますグッド

ワーグナーの代表的オペラから、いくつかの歌曲を、

バレーや独唱やコーラスで披露するものでしたが、

わずかな招待歌手の他は、演奏もバレーもコーラスも、

Uninorteや、その他大学の生徒達によるもので、

出来の程は、「まあ、こんなもの?」「練習不足かな」でありましたが、

200人もの人数を動員しての意気込みと言うのは、

評価に値するものだと思いましたよ。ウィンク

四つ葉

パラグアイで暮らすようになって2年になりますが、

たまに開催されるオペラや演奏会のレベルは、

確実によくなっているんですね。

ほとんど招待客で、入場料もわずかな額で、

よって、毎回大赤字、Uninorteの大学が

多くを負担しているのだと想像しますが、

もう少し上手に運営できれば、興行的にも

成り立っていくのでは・・と期待しています。

例えば、時々世界的に有名なバンドやグループが来るんですが、

スタジアムで行われるコンサートは、

もの凄く高い入場料でも、即完売の盛況なんですね。

音楽への関心は、高い国民性なんです。

だからオペラも、深く根付く地盤はあるのでは・・と思うのですが。

四つ葉

ところで、歌手たち、イタリアものだとのびのびと歌うんですが、

ドイツ語だとやりにくいのか、ワグナー独特の

荘厳というか理屈っぽいと言うか、重い楽曲は、

ラテンの気風に合いにくいのか、歌いづらそうでした。

みんな、楽譜見ながら、歌っていましたし。下向き矢印

日本だと、どうなんでしょうね。

私は・・イタリア派でありますが・・ネ。

 







Last updated  2013.10.23 00:21:32
コメント(0) | コメントを書く


2013.09.23
カテゴリ:パラグアイ便り

 

パラグアイの超リッチは、150人から165人と増えているのだそうです。

なんだ、その超リッチってのは??ですが、

富裕層の定義、というのが世の中にはあって、

主な居住用不動産、収集品、消費財、および耐久消費財を除き、

100万ドル以上の投資可能資産を所有する人が「富裕層」

3000万ドル以上の投資可能資産を所有する者を「超富裕層」

と呼ぶのだそうですよ。

つまり手元に、いつでも投資に使えるような遊んでいるお金が、

いつも3000万ドル=30億円はありますよ・・という層が、

パラグアイでは、165人となり、南米の中では、

ブラジルの4640人、アルゼンチン1040人、

コロンビア595人・・と比べれば、

かなり少ないけれど、増えている・・のだそうで。

四つ葉

億と聞いただけで、検討もつかなくなる現状ですので、

ふぅ~~んほえー・・という反応しか出来ないんですが、

日本には、じゃあ、どれくらいいるのか、と調べると、

3000万ではなく、純資産5000万ドル以上を持つ超富裕層数

という数字がありまして、日本は、約3400人なのだとか。

これは、アメリカの約3万8000人、中国・約4700人、

ドイツ・約4000人、に続いて世界のトップ5に入るのだとか。

(純資産100万ドル以上の「富裕層」となると、

アメリカが約1100万人とダントツで、でも、日本は2位で約360万人とか)

これまた、ふう~~ん・・という反応しか出ませんけどね。スマイル

要するに、分かることは、世の中にはお金持ちがいっぱいいて、

そういう人達は家を建てるのにも、銀行ローンのことで、

悩んだりすることなく、現金で、ホイと購入でき、

我が家は、超富裕層どころか富裕層にも遠く及ばず、

つまり「貧乏」ってこ??・・ってことですかね。

因みに、パラグアイの超リッチの最近のトレンドは、

個人ジェット機所有だそうですよ。

これまた、ふぅ~~ん・・でありますが。スマイル









Last updated  2013.09.24 00:50:07
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.19
カテゴリ:パラグアイ便り

 

先週末、ゴルフを一緒に回っていたオジサマ友達が、

ホールインワンゴルフを達成したのでした。赤ハート

人生、長いことやっていますが、

目の前でホールインワンが起こったのは初めてで、

ほう~・・こんな風に、飛んで行くんだ~・・とカンドーでしたね。ウィンク

あ、ナイスショットピンクハート、ワンオンですね、あれ?あれ?あれ~?

? え~!! ウォー~!!ぐー・・ってな感じ。

成し遂げたのは、小田さんというHC10の上級者で、

おそらくパラグアイの日本人社会ではトップの腕の持ち主で、

彼にとっては、これが6回目のホールインワン。

よって、さほどの狂喜乱舞はなかったんですが、

まあ、しかしいいもの見せていただきましたよ。

四つ葉

ホールインワンって、誰がどう計算するのか知りませんが、

男子プロで3600回に1回、女子プロで、4700回に1回。

アマチュアだと、47000回に1回の確率だそうで、

そうすると、ショートホールは普通、4か所あるので、

47000 ÷ 4 → 11750ラウンドに1回の確率で起こることになる。

月に10回ぐらいラウンドする人でも、年に120回ラウンドするとして、

11750 ÷ 120 ≒ 98 年・・かかる計算になる。

つまり、ほとんど不可能な確率なんですが、

どうも、そこはおかしい数字のような気がするんですね。ほえー

だって現実に、その小田氏はすでに6回やっているし、

小田さんの奥さんは2回、

数ヶ月前に息子さんも達成して、小田家だけでもすでに9回。

私の友人知人の数は、そんなにベラボーに多くは無いですが、

ホールインワン達成者は、そこにもここにも、やたらいるんです。

上級者もいるけれど、さほど上手くない人もいるし、

かなり下手だよ・・という人にもいる。

ざっと数えても20人はいる・・。

「ホールインワン達成者は4000人に1人」というけれど、

私、4000人も友人、いませんしね。

よって、この11750ラウンドに1回、という計算は、

違うんじゃないかな、という気がするんですが、

でも、1mのパットもよくはずす我が身を振り返れば、

100年やっても、達成できそうもないですしね。

こういう私クラスにとっての11750ラウンド分の1

・・ということなんでしょうかね。ほえー

ところで、ホールインワン達成の最高齢記録は、

102歳の女性だそうです。

私もあなたも、まだまだ、チャンスがある・・。ピンクハート

ま、保険にも入っていないし、

別に達成したいわけではないですが、ネ。スマイル










Last updated  2013.09.20 03:45:32
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.13
カテゴリ:パラグアイ便り

 

パラグアイは、暦の上ではまだ、冬なんですが、

ついこの間まで、3度4度という日が続いていたのに、

今週は、昼間には37度にもなるような、カンペキ夏日。

この気温の変化の激しさが、「パラグアイらしい」ところなんですが、

そんな中、今年もラパッチョが、満開となりました。さくら

この花、ピンクと白、黄色があって、ピンクはほぼ2週間、

黄色は1週間、白い花は半日ぐらいで散ってしまうのだそうです。

その代わり、年に数回、花が咲くらしいんですが・・。

沖縄にもあって、イッペイと呼ばれているそうで。

ここ数年、日本の桜を楽しめないでいる身としては、

ピンクの花が咲き誇る風景は嬉しい。すっごく嬉しい。赤ハート

四つ葉

アスンシオンでは、今、そこかしこで満開ですが、

写真は、アスンシオンゴルフクラブのラパッチョ。

ラパッチョ.jpg

青い空と緑と池とピンクのラパッチョで、平和な風景ですが、

実はこの池、なかなかの困りもの。

5番ホールは、この池を超えないとグリーンに辿りつかず、

しかし、女性にはこの池越え、かなりの難関でして。下向き矢印

よって毎回、ハラハラドキドキのホールなんですね。ほえー

ついていない日は、ここで2個、池ポチャってことも。涙ぽろり

いままで、どれほど、ボールを寄付したことか!

「だから、なんなんだムカッ」って話ですが、

今日は、アスンシオンのラパッチョのご披露、ということで。








Last updated  2013.09.13 23:07:49
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.05
カテゴリ:パラグアイ便り

 

アスンシオンに、シスター山田と呼ばれる女性がいます。

スペイン語では、エルマーナ山田、即ち修道女・山田さん。

このエルマーナが、大金を拾って、正直に警察に届け、

結局、その大金を手にしたことが新聞記事になりました。

記事によると、バスの中でエルマーナの目の前にいた女性が去ったあと、

封筒が落ちていて、そこにはかなりの金額のお金が入っていたのだそうです。

当然のこととして、エルマーナは警察に届けたわけですが、

パラグアイでは、なにか拾って、届ける人はいないそうで、

「こんな正直な人もいるのか」と話題になったわけです。

その後、20人もの女性が「私が落とした」と申し出てきたようですが、

その誰一人として、正しい金額を言える人はいず、

よって、落とし主との特定はできず、結局、

1週間後(パラグアイでは、1週間しか、待たないんですね~)、

警察署長は、拾い主のエルマーナにお金を渡したわけです・・。

そのことも写真付きの新聞記事となり、ネットでは、

妬みや僻みの、罵詈雑言も飛び交ったようですが、

エルマーナ山田は、子供のための施設に、全額寄付したそうです。

四つ葉

エルマーナ山田さんは、移住初期からパラグアイで暮らしていて、

「子どもの頃、幼稚園でエルマーナ山田に随分叱られた」・・

という日系のオジサマ達も、たくさんいます。

日本人のみならず、パラグアイ人からも尊敬されていて、

皇后陛下美智子さまとも懇意で、毎年、美智子さまから、

年賀状が届くのだそうです。

一度、見せていただきましたが、きれいな花の絵の横に、

直筆でお名前が書かれてあって、「オオ!赤ハート」と思いましたね。

まあしかし、そういう出来た女性でなくても、

大金を拾ったら、私のような俗物でもフツーに届けるのが、

日本だろう・・と思うのだけれど、

パラグアイでは、とてもびっくりする行為らしいです。スマイル

20人もの人が「自分のだ」と出てくるのも凄いし、

「警察署長が、ネコババしなかったのは、偉かった!」と噂されるのも、

なんかねぇ・・ラテンアメリカなんでしょうかね。ウィンク

ところで、結局、正しい持ち主が現れなかったそのお金。

どういうお金だったんでしょ?

施設に寄付するくらいあったらしいですから、

結構な大金だったと推測されるんですけどね。

お金って、どこの国でも、

「あるところにはある」ものなんですけどね。







Last updated  2013.09.06 00:59:42
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.03
カテゴリ:パラグアイ便り

 

最近、マイパソコンからのアクセスが、変な感じなんです。ほえー

まず、メールのやりとりをしているOutlookから、

サイトへ飛ぶことが出来なくなってしまった。

メールに書いてあるアドレスをクリックしても、

『このコンピューターに設定されている制約のため、

この操作は中止されました』という表示が出てしまう。

アドレスをコピーして、Yahooからアクセスは出来るんですが、

不便なことこの上ない。

このブログの書き込みも、これまでは、

Outlookに届く「本日の日記」というのに書きこんで送信すれば、

ブログに原稿が届いていたのだけれど、それも出来なくなってしまった。下向き矢印

どうして、こういうことになってしまったのか・・分からないんですよね。

四つ葉

もう一つは、Facebookへのアクセスが、とても難しくなってしまった。ほえー

たま~に、ご機嫌のいい時に、アクセス出来るんですが、

ここのところずっと、何分待っても、開かない状態。

Facebookサイドの問題なのか、パラグアイのネット接続状態の問題なのか、

あるいは天候の問題なのか、はたまた、

私のパソコン内部の問題なのか分からないんですけどネ。

全てのサイトにアクセスしにくいなら、まだ理解できるのだけれど、

Facebookだけ・・というのは、どういうことか?

さらに、何が起こっているんだろ?と思うのは、

最近、LinkedInというSNSへのご招待が、頻繁に来るんですね。

招待者は、確かに私の知人なんですが、しかし、

どうしても「一緒に始めましょう」と誘われるほどの近しい人ではない。

その方達が、私をわざわざ選んで、仲間に入れよう・・と

考えたとは、想像できないわけですよ。

調べてみたらLinkedInというのは、ちゃんとしたSNSで、

ビジネス関係の繋がりを広げるためのSNSで、

英語仏語でやっているけれど、まだ、日本語展開はしていない。

その招待が、次々と届くのですよ。

いったい、どうなっているのだろ?

そういった奇妙なことが続いているんですけどね。

どうしてなんだろ?・・から進めない所が、

情けないことで。下向き矢印







Last updated  2013.09.03 23:59:34
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.19
カテゴリ:パラグアイ便り

 

新大統領就任式の続きです。

15日のその日。早朝から、式典、ミサ、食事会、パレード、コンサート、

レセプション・・とぎっしりのスケジュールだったのですが、

今、我が周辺で話題になっているのが、

「ほとんどの行事が時間通りに始まったんだって!!」ということ。

「どうせ、遅れるに決まっている」と頭から信じて、

遅刻した、南米諸国の大統領が数人いたらしい。スマイル

国の行事が、時間通りに始まらなくてどうする!・・だし、

これだけタイトなスケジュールは、時間通りに進めない限り、

グジャグジャになってしまうだろうけれど、

ことパラグアイでのことだと「へぇ、時間通りに進められたんだぁ」

「今度のカルテス大統領は、ビジネスマン出身だから、

こういうことは、よく分かっていてピシッとやるのかもね」

「今後、パラグアイの変わるのかも」

なあんて、驚異の目で、見られてしまうんですね。

それだけこの国では「時間どおりには絶対始まらないこと」が

フツーになってしまっている。

先日の原爆慰霊式典で、安倍総理の挨拶は、NHKニュースが始まる、

ちょっと前にピタッと終わったけれど、そういうのって、

パラグアイでは、ミラクルのように見えるのでしょう。

四つ葉

ところで、この南米気質というかパラグアイ気質というのか、

時間に関して、なんにも考えていないような国柄で、

たったひとつ、必ず時間通りに始まるものがあるのだそうです。

それは、教会のミサなんですって。

へぇ~・・やればできるんじゃん。

だったらビジネス界出身の新大統領の元、

ピシッと気風も変えると、この国は変わるのにね。ウィンク








Last updated  2013.08.19 22:36:27
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.16
カテゴリ:パラグアイ便り

 

パラグアイの大統領就任式臨席のため、

各国から代表が、アスンシオンの地を訪れました。

アルゼンチン、ブラジルは大統領、スペインは皇太子。

日本からは、若林健太・外務省政務官。

2010年初当選の参議院議員さんです。

大分、位が違うじゃないか・・と思われる向きもあるでしょうが、

パラグアイ政府は実に丁重に迎えてくれ、

若林氏も、見事に知的・精力的・好感度高い対応をされて、

両国のいい関係を、より強く繋げる機会になったのでは、と思います。

議員先生って、エラソーな態度の方が、割と多かったりするんですが、

若林氏は、明るく腰低く気さく、人の話はよく聞かれ、

実にシャープでさわやかな印象を、私たちに残して行ってくださいました。

しかも、実にタフなんですねぇ。スマイル

日本を発って、メキシコで国際会議をこなし、1日かけて

アスンシオンに夜中に到着、翌日の早朝から、

新旧大統領との会見、レセプション列席、日系や企業関係者との親睦、

日系移住者の農場見学などなどをスイスイとこなし、

15日には就任式、ミサ、レセプション、パレード・・

とまたまたぎっしりなスケジュールをこなし、しかもその合間に、

ブログとツィッターで、活動報告まで書いているんですね~。

さらに早朝に起きて、ホテルのジムで、ランニングマシンにも乗っている。

13時間の時差もあるのに・・。

まだ49歳の若さとは言え、タフだなぁ、と感心するばかりですよ。

四つ葉

昔、イタリアにいた頃、海部元総理が来られて、

昼夜昼夜のイタリア料理づくめにも、疲れも見せず、

ガンガン語り、飲み、召し上がる様子を聞き、

総理になる人は、タフなんだな~、とびっくりしたものですが、

あるいは山崎拓氏が「政治家は体力勝負です、僕の同期なんか、

もう数人しか生き残っていない」と以前、語られるのを聞いて、

そうなんだ~・・としみじみ思ったものでしたが、

さらに橋本聖子女史が、1泊4日というハードスケジュールでアルジェに来られ、

タイトなスケジュールをこなし、最後にお付きの連中が、

「出発までしばらく、ベッドで休んでください」と気を使うのを、

「あら、そんなことより、出発まで飲んでいましょうよぐー

と凄まじくお元気だったのを見て、さすがオリンピック選手は違うわい、

と感心したものですが、こういうタフさは、議員先生全部に、

要求されるものなのかもしれません。

若林氏は、出発直前のホテルで、最後の「パラグアイ訪問記」を認め、

すぐにブログアップして真夜中の便で日本に戻られましたが、

写真を見て思うには、本物の方が、もっと若々しくていい男かな

・・ということですね。ウィンク

どうも写真では、やや間延びしたお顔に写りがちなような。

そこが、ちとばかし、残念でありますが・・

今後のご活躍を大いに期待するばかりです。








Last updated  2013.08.17 04:48:46
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:パラグアイ便り

 

8月15日は終戦記念日。

この日、安倍総理が靖国神社を参拝するのか、閣僚が参拝するか・・

が重要ニュースになってます。

国のために戦って散った英霊を追悼するのは、

国を代表する立場の人達として、当然だろうに、

韓国も中国も「参拝したら許さん!ぐー」と脅し威嚇し、

日本のマスコミも、参拝することが罪みたいな報道している・・。下向き矢印

やっぱり、この状況はおかしいと思いますね。ゆがんでますよ。

四つ葉

他方、こちらパラグアイでは、新大統領が就任する日。

4月の選挙で、新大統領は決まっていますが、就任は、

8月15日のアスンシオン創立の日と決まっているのです。

よって、今日は早朝から、セレモニーや警察と軍のパレードがあり、

今頃は、レセプションが行われているはず。

夜中には花火も打ち上げられるそうですが・・街は静かです。ほえー

5年に一度の大行事なのにねぇ。

お祭り騒ぎには、ならないらしい。

新大統領オラシオ・カルテス氏は、

一代で大金持ちになったパラグアイ有数の実業家。

人々は「きっと私財を投じても、パラグアイのために尽くしてくれるだろう、

少なくとも、収賄などはしないだろう」と大いに期待している様子ですが、

金持ちほどお金には汚い・・との説もありますしねぇ。

ま、実業家カルテス氏が、この国をどう変えていくか、

我々も期待しつつ、身守りましょう・・というところです。







Last updated  2013.08.16 09:14:33
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.12
カテゴリ:パラグアイ便り

 

日本は猛暑だそうですね~炎。その上、局所的大雨雨

お見舞い申し上げます。しょんぼり

他方、こちらは寒波です。

先週も、気温が1度、3度なんて日が続いて、パラグアイ中、

凍え上がっていたのですが、ようやく温かくなり34度なんて日もあり、

やれやれ・・春が来たか赤ハート、と喜んだのも束の間、寒さの再来。

昨日今日と、再び冬服引っ張り出して震えています。

こんなに寒くなる冬はこれまでなかったそうで・・

気象の異常は、世界レベルらしいです。

四つ葉

こんな気温の変化の中で、とうとう風邪をひいたようで、

なんと・・声が出ない!!!  jeje下向き矢印

今はまだましですが、夕べなんて、会話すら出来なかった・・。

声が出なくなってしみじみ思うのは、

自分にはどれだけ言いたいことがあって、

日頃、それを口にしているか・・ってことですかね。ウィンク

声にならない・・というのはヒジョーに辛い。

声帯を痛めて声を失ってしまった人の辛さ・・はいかほどのものか。

目下、うがいとトローチと風邪薬で、

声を取り戻すべく努力中なんですが、

世の中、風邪で声が出なくなって困っている人が多いらしい。

ネットで検索したら「困っています、なにか治療法は?

という質問がたくさんが出ていました。

もっとも、回答の方は、さほどのものはなくって、

・イソジンでうがいする。

・のどにスプレーする。

・首にねぎを巻いて温かくする。

・はちみつレモンを飲む。

・空気を乾燥させない。

・緑茶でうがいする。

・梅干しを入れたお湯を飲む。

・漢方薬・響風破笛丸、響声破笛丸を飲む。

・いざとなったら医者に行って、のどに注射してもらう。

・・などなど。

要するに特効薬ってのは、なさそうで。下向き矢印

はちみつレモンでも飲みますか。







Last updated  2013.08.12 05:23:25
コメント(2) | コメントを書く

全136件 (136件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.