1380601 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Archives

Comments

32/57EUR@ Re:家計学園騒動で、内閣不支持率が増えたと、狂喜乱舞?(06/19) 大平内閣の時も大平首相が天狗になってる…
こちづ@ Re[1]:ねえねえ、加計学園騒動の何が問題なの?(05/31) ところてんさん: はい、私もfacebook経由…
ところてん@ Re:ねえねえ、加計学園騒動の何が問題なの?(05/31) 獣医が足りなくて口蹄疫のとき困ったと愛…
こちづ@ Re[1]:ねえねえ、加計学園騒動の何が問題なの?(05/31) わたしもさん: よかった!賛同者がいて。…

Favorite Blog

山形の美味しいもの… New! ひより510さん

シーグラス テープ… Baldinaさん

団塊世代の楽天活用… magomago55さん
Welcome BASALA'S … ske芭沙羅さん

Freepage List

全1276件 (1276件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2017.06.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
パキスタンの30歳の男性が、facebookへの投稿を理由に、
死刑判決を受けた、というニュースを発見。

イスラム教の預言者・ムハンマドに関する、冒とく的な内容を投稿したからだ、
ということですが、
BSニュースでは、
シーア派とスンニ派の抗争に巻き込まれ、狙われていたらしいです。


 
恐ろしいことではないですか。
調子に乗って投稿した文章で、死刑になることもある・・という。ほえー

四つ葉
 
日本でもつい最近、ひざの上に乗せた子どもにハンドルを握らせ
運転させた父親が逮捕されましたっけ。
わざわざその様子の動画をネット上に投稿したために、
「何やらせているんだ!」と大炎上し、
テレビでも取り上げられ、逮捕されるに至った・・という
何を考えているのだ、的愚挙ですが、
SNSには、あまりに手軽なために、ついつい、銚子に乗って無思慮な投稿をしてしまう、
という危ないところがあるわけです。
 
逮捕に至らないまでも、これは雑誌に出ていた話ですが、
SNSに、不倫相手と一緒にいる様子を、
動画に投稿し、
夫にばれ、乗り込まれ、ぼこぼこにされた・・人もいるらしい。
そういうの、公表するかね?・・と理解に苦しみますが、人間というのは、
ついつい、銚子に乗ってしまう生き物なんですかね。
 
同じ記事にあった別の話ですが、21歳の女子大生は、彼氏との別れ話でもめて、
今までの不倫相手とのやりとりを全部facebook上にアップして拡散、したのだそうです。
 
彼氏って、妻帯者だったんですね。

相手の会社の“問い合わせ先”にもやりとりのキャプチャー画像を送信、
インスタグラムを検索して、奥さんのアカウントを見つけ、
『あなたの旦那に犯されました!』と書きこんだりもしたのだとか。
 
「こっちは学生で、失う社会的信用もないし。彼はその後、離婚したようですが、
知ったこっちゃないですよね(笑)」・・とか。
 
凄すぎる・・。しょんぼり
 
まあ、この話はあまりに出来過ぎで、本当かいね? というところもありますが、
SNSというのは、使い方によっては、恐ろしいツールだということ、
お互い、肝に銘じておきたいところでありますね。
 
 






Last updated  2017.06.22 11:10:50
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
 
なんだか、忙しくって、久しぶりの投稿です。
・・ま、それがどうした、って話ですが。スマイル
 
今朝、TVで速報のピンポンが鳴って、何事かと思ったら、
「テロ等準備罪」が成立した、というニュースでした。
徹夜でやっていたんですね。いろんな意味を込めて「お疲れさんでした」です。
 
新聞の見出しを見ると、朝日は『「共謀罪」法が成立 採決強行』と毎度の調子で、
毎日は『<共謀罪>賛成多数で成立 午前7時46分決着』と意外にもやや、穏やか。
産経は『安倍内閣不信任決議案は否決 「テロ等準備罪」成立へ』でしたね。
 
同じ事実を伝えるにも、随分と印象が違う。
 
それにしても、朝日は強行採決、って言い出すと思ったけれど、やっぱりね。
蓮舫さんも怒ってましたね「強行採決の最たるものだ」って。
民主主義の原則が、多数決なのだから、これはしょうがないような気がしますが。
 
朝日なんかが「共謀罪」と言い通すこの法案、正式には、
『改正組織的犯罪処罰法』なんですね。
こういうことって、正しい名称で報道して欲しいです、あまりに印象操作的。

四つ葉
 
国連特別報告者のケナタッチ氏という方が、この法案に対し、
「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」として、
政府に書簡を送付したそうです。
 
世界の大半の国が制定している法律を、ようやく日本が決めるとなって、
「プライバシーと表現の自由が・・云々」と言って来るって、よく分からんことです。
日本だけ他国と違うのか? 違うとしたら、どこが違うのか?
 
この手の法案が出るたびに、マスコミと野党で「自由が制約されるぐー」と大騒ぎしますが、
じゃあ、日本の表現の自由が制約されたことが、ありましたっけ?
・・と思うわけです。いろんな国で暮らしてきましたが、
日本ほど、マスコミが言いたい放題、政権を批判できる国って、
そんなにないのじゃないか。
 
むしろマスコミは「政権寄りの庶民の意見」を、敢えて取り上げず、
一方的な自分らの意見を「国民の声」として発信している、ってのが現状でしょうが!

四つ葉
 
話はガラリと変わりますが、我が家の前に植えたプリペット。
これ、ふろ場の小窓の目隠しに植えたんですが、白い花が咲くというので
楽しみに待っていたのに、
咲く気配は全くなく、
ひたすらグングン伸びちゃって、手に負えなくなって、
植木屋さんにお願いして、剪定してもらいました。


 
なにしろ、近所は、みなさん、庭木をきれいに手入れしているので、
肩身が狭くって・・。
 
ビフォー・アフターの写真を載せておきますが、
なんだか、ボウボウだったのが、スカスカ・ハゲチャビンになったって印象。



道路に突き出した分がなくなって、ひとさまの迷惑は解消されたのでしょうが、
お金掛けた割には、なんだかなぁ・・という感じ。しょんぼり
 
植木屋のオジサンに「花、咲きませんよムカッ」って文句言いましたら、
「いやあ、調べてみたけど、咲くまで数年かかるものもあるらしいよ」ですって。
 
ほんまかいね?

人間も思うように動いてくれないですが、
植物も、なかなか思うようには、育ってくれないものでありますね。
 
 
 






Last updated  2017.06.15 10:28:30
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
ものには、欠かすわけにはいかない脇役、というのがある。
豚骨ラーメンの紅ショウガ、イワシの刺身におろしショウガ、
すき焼きの生卵に、パエリャのレモン・・などなどと。
 
鮎の塩焼きに蓼酢、というのも、その一つだと確信しています。
塩焼きだけでも食べられるし、レモンかポン酢を掛けてもなんとかなるけれど、
やっぱり、何が何でも、鮎の塩焼きを食べる時は蓼酢を付けていただきたい。


 
で、鮎好きです。ピンクハート
魚の塩焼きの中で一番美味しいと思っています。
 
ようやく、季節到来で、毎日食べたっていいような気分ですが、
物価上昇の折なのか、かつてはスーパーのパックでも、
鮎を買うと蓼酢の小さな袋が付いてたのに、
最近は、ないんですね~。泣き笑い
 
仕方ないから、蓼酢だけ別途、買おうと思っても、これがまたない。
安手のスーパーにはもちろんないし、ちょっと高級スーパーでも、
KALDIのような、なんでもありそうな専門店にも、置いていない。
 
今日日、お酢類は、世界各地のさまざまな物が並んでいるし、
エスニック料理のかなりマニアックな調味料も、南米の特殊な料理の食材も、
中華・韓国料理のほとんどの調味料も、
簡単に見つかるというのに、日本古来の、蓼酢がない。ムカッ
 
これは由々しきことではないですかね。ムカッ
鮎の塩焼きなんて、日本の夏の風物詩でしょうが。
それになくてはならない蓼酢がないなんて・・世間の人はどうやって鮎を食べているんでしょ?
 
しかたない、自分で作ってみるか、とレシピを調べてみましたら、
蓼を用意して、ご飯粒と一緒にすりこ木で潰すんですね。
そこに、お酢と塩をちょっと加える・・
面倒そうだし、そもそも蓼をどこで手に入れるんだ?
 
自家製はあきらめて、デパ地下を探し歩き、ようやく、西武のデパ地下のザ・ガーデンで発見。
やれやれ・・でありました。スマイル
 
私と同じ思いをしている人って・・少ないんでしょうか?

四つ葉

蓼酢もそうですが、最近、どうにも気になっていることがあります。
日本の食卓、貧弱になっていませんかね?

我が家の近くにかなり大きなスーパーLIFEがあるんです。
西落合という、高級住宅地のすぐそばにあるのに、
最近、品ぞろえが、どんどん貧相化しているんですね。

例えば、ちょっと上等のモッツァレッラチーズがなくなって、
プライベートブランドの安物だけになってしまった。

骨付き鶏が、ほんのわずかしかない。

黒毛和牛肉よりも、アメリカ産の牛肉が多く並ぶようになっている。

魚類は、安物しかない。

質のいい食材が、どんどんなくなっているんですね。

大丈夫なんだろうか・・と時々心配になります。


 
 
 
 
 
 

 







Last updated  2017.06.11 10:14:35
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週の日曜昼「TVタックル」では、共謀罪法案、
つまりテロ等準備罪法案を取り上げていました。
 
一応、専門家を招き、世界水準に持っていくには、法案成立が必要なこと、
いまのままでは、条約批准も出来ず、他国との情報共有もままならない等の
解説はしていました。
 
私なんぞは、なるほど至極ごもっとも、グッド
オリンピックを前に、今、法案を通さないと
かなりまずいじゃない
・・わかりやすい解説をしてもらって・・と思ったものでしたが、
番組はそうは、進まない。ほえー
 
大切なことは、分かった!
でも、わずか30時間の協議というのは、あまりに少ないではないか。
国民にちゃんと説明していないじゃないか。
この法案は、思想や言論弾圧ができる可能性が多分にあり、今はともかく、
将来的にとんでもない政権ができ、この法案を悪用して言論弾圧されるようになっては困る・・。
 
私たちは戦前の思想・言論の自由が侵された時代をよく知っている。
だからこそ、たった30時間の協議じゃ、ダメなんだ・・という流れだったんですね。
 
あれあれ? そうなるの?・・という印象。
この法案を成立させようと、もう、何年も長いこと議題にあげてきたのではなかったか。
今期、国会での議論が少ないというのも、野党が森友学園問題やら
加計学園問題やらを持ちだして、しょうもない質問を毎日のように
議会の場で続け無駄に時間を費やしていたからじゃないなかったか?

そもそも、マスコミだって、内容について丁寧に読み解こう、という
姿勢を見せたことがあったかね?
 
TVタックル、結構好きなんですけれど、疑問に感じた回でしたね。

四つ葉
 
羽鳥さんのTV朝日「モーニングショー」では加計学園問題を
このところかなりしつこくやっていて、この番組が相当に「朝日」的なことは
分かっていることではありますが、それにしても、
「獣医は余っているんです、そこは確かなんですぐー」という
極めて断定的な解説をしているんですね。
 
そうなんだろうか?・・と。
獣医は不足していて、四国では、何年も前から獣医学部の新設が悲願だった・・
という意見も数字も資料も、他方で、しっかりあるのに、この断定的な報道って、
どうなんだろ?・・とついつい思ってしまったわけです。

マスコミとして、あまりに一方的じゃない?

四つ葉
 
TBSの「昼おび」では、今度は「豊洲と築地両方を使う案」というのを
PTが出して来た、とこのバカバカしい案を、長々とまじめくさって解説していました。
 
「今更どうして、こういう案が出てくるのか?」と誰も疑問を呈さないし、
「こうしている間にも、一日500万円もの補償費が消えて行っている」
という現実を誰一人、口にしないんですね。しょんぼり

たまに常任コメンテイターの田崎史郎氏(安倍寄りだと、叩かれていますが)が、
小池政治に
批判的な意見は言いますが、彼も番組の空気を読むのか、
ふんわりとしか言わないし、
必ず、そのあとで、
いつも一緒に出ている伊藤惇夫氏が、小池知事寄りの意見を言って、
話が終わりになるんですね。
 
昨年夏の知事選以降、ずっと小池支持でやってきた番組で、
豊洲市場についても、あることないこと、散々、批判してきた番組ですから、
今更、路線変更はできないのかもしれませんが、一応、天下の大マスコミですしね。
もう少し、客観的なコメントを目指して欲しいと思うわけで。


 
今更ですが、ともかく、最近のTVの姿勢は、あまりに異常です。
いったい、どんな力が後ろで蠢いているんだろう・・と
いぶかりたくなるぐらいに。

・・と思いつつ、TVを視ちゃう私も、どうかと思うのですけど。

でもね、見張っていないと、ますますおかしくなるのじゃないか、って
気もしますしね。私が見張ったところで、世の中は変わりませんが。

しかし・・このままだと、まずい。
それだけは、言えると思いますけどね。

 






Last updated  2017.06.08 11:29:34
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
 
義妹(つまり弟の妻ですが)が抽選に当たり、お寿司の会を開くことになりました。ピンクハート
この夫婦、何故か、よく、いろんな賞に当選するんですよね。
 
その当たった賞というのは、10万円相当の出張寿司を堪能できるというもので、
ただし、会場は都内に限り、10人分なんだという・・。
母以下、弟夫婦、姪たち、その伴侶、姉である我が家族で、ちょうど10名。
4歳の孫が一人いますが、そこは、おまけになるという。
 
ということで、親戚一同がその出張寿司を堪能することになりました。
弟家族は、千葉県在住なので、会場は、「アネゴの所」と私の家。

四つ葉
 
で、当日。時間ぴったりに、スーツ姿の若者が到着しました。
マネージャーか営業担当かと思ったら、寿司を握る当人なんだと。
 
そして、食材の入ったたくさんの荷物を我が家のキッチンに運び込み、
さあて、寿司パーティーです。きらきら
 
黒澤さんという、乙武さんに似たその方は、一人でやっているようでしたが、
実に礼儀正しく丁寧で、誠実な人柄を感じました。
 
実家が農業をやっていて、だから美味しい野菜も紹介したいと、
野菜・創作寿司と、今朝収穫したという、焼きソラマメのおまけつき。


(写真は、創作野菜寿司。HPから紹介させていただきました)
 
一人10寛と巻物少々、というのがメニューのようで、
次々と握ってくれるのを、一同集合しているテーブルに運び、
それを、ワインやビール飲みながらワイワイしゃべっている我々が、
ガツガツと我先に食べる・・という流れ。
 
シャリがまず、いいんですね。「自ら収穫した自慢の米」なのだそうで、
ほんのり色の付いたシャリは、赤酢を使っているのか、深いお味で、
かつ、私の口でも一口で入るぐらいの小ぶりの握り具合は、
これが、正しい寿司!・・という印象でありました。
 
また、その日の仕入れで変わるというネタも、上等でした。
トロがないとか、ウニがないとか、アナゴがないとか・・各自の不満はありましたが。
回転寿司とは、やっぱり、大違い・・って当然ですが。ウィンク
 
コースが終わって、黒澤氏はきれいに片づけて去っていきましたが、
あとから丁寧な電話もいただき、恐縮でありました。

四つ葉
 
義妹のおかげで、家に居ながら高級寿司を堪能する・・という至福を味合ったわけですが、
黒澤氏に「また、ぜひ、ご贔屓に」と言われたように、
次回、自腹を切ってこういう会が
出来るかどうか・・?
 
基本料金が54000円、それプラス5400円×人数分・・
なのだそうですが、
10人集まって10万円。

これだけじゃあ、済みませんからね。お寿司だけじゃあ、集まった面々は満足しないから、
結局、いつも我が家に集まるように、あれこれ、料理は用意するわけです。
もちろん、アルコール類も、別途用意しなくちゃならない。
で、大勢が帰ったあとは、それなりの後片付けもある。
 
つまり、出張寿司パーティーを家でやるには、確実に「プラスお寿司の分」
10万円ほどを予算にいれなくてはならない・・ということになるんですね。
 
おそらく、私らクラスの庶民にとっては、
だったら、寿司屋に繰り出した方が、安上がりだし、簡単だよね~・・となるかも、だし、
あるいは、お寿司はくら寿司かなんかのデリバリーで、
他の料理を揃えた方がいいかもね~、10万あったら、あと3回ぐらい
パーティーできそうだし・・ということになりそう。ほえー
 
ホリエモンクラスのお金持ちなら、あ、10万円、たったそれだけいいの?
楽勝楽勝・・ということになるのでしょうけど。
 
悲しいかな、庶民・・でありますよね。下向き矢印
 
でも、こういう「本格寿司を身近に」という志のビジネスが、
発展していける世の中であって欲しいもの。
 
久しぶりに安手の回転寿司とはやっぱり大きく違う、
「正統派・日本の寿司」文化に触れて、
本来、握り寿司ってのは、こうじゃなくちゃ、いけないよなぁ、と思いましたし、
子供達も、こういうものが本物の寿司だと、知るべきだなんだと考えますし。
 
我が家が「黒沢寿司」を贔屓にするのは難しそうですが、
余裕のある皆様、一度、お試しいかがですか?
 
・・と今日は、出張寿司のご紹介です。
 
参考までに、HPのご紹介を。
 
 
 
 






Last updated  2017.06.06 13:41:27
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
2日間、京都方面に行っている間に、宮里藍ちゃんが引退を表明し、
文科省の元事務次官が、政権攻撃のための資料をリークし、
かつ、新宿歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に通っていたことが判明していました。
世の中、次から次へと、いろいろなことが起こるものです。
 
しかし、その元事務次官・前川氏が、信念に生きる正義漢なのだかどうかは分かりませんが、
仮にも文科省のトップまでやった人が、若い女の子相手の怪しいバーに通い詰め、
(どうも、数年にわたって、週に何回も通っていたみたいですが)
それを「視察」だの「調査」だのと弁明するなんて・・凄い時代になったものです。

四つ葉

さて、京都ですが、 今は修学旅行のシーズンだそうで、
(確かに京都駅には大勢の修学旅行生が、
列作っていましたっけ)
タクシーの運転手さんが、
京都中に子供たちが溢れて、大変ですほえー、と言っていました。
 
昔は、大型バスで、ゾロゾロとみんな一緒に観光したものでしたが、
今は、中学生や高校生でも、数人単位でタクシー乗って、
それぞれの行きたい所を回るのだそうです。「自主性尊重」ってやつですかね。
 
そうなると、俄然、テレビで紹介されたとか、大河ドラマ関連の史跡に行き先が偏在し、
新選組をやっていた時は壬生に、八重の桜の時は、新島襄の旧邸にドドドーと人が集まり、
翌年には、スーッと忘れ去られてしまうのだとか、
 
「例えば、東寺なんて、駅からも近いし、見どころ多いいい所なんですが、
あまり人は来ないんですね。残念ですよ、
一方で、抹茶のなんとかというスィーツのお店が人気らしくって、
遠くからはるばる京都に来て、そのスィーツひとつのために何時間も並んでいる
・・もったいないですよね~」運転手さん、嘆いていましたっけ。しょんぼり
 
京都のタクシー運転手さんって、熱く語る人、多いような気がする・・。
 
今回は宿が北方面だったので、大徳寺だけ散策したのですが、静かで人が少なくて
なるほど、ここまでは人は(修学旅行生も)、なかなか足を運ばないようでした。


 
いい所なんですよ。戦国時代の有名な武将にもゆかりが深いし、「茶面の大徳寺」と言われ、
たくさんある院のそれぞれに味のある茶室があって、大事にされている。
見学可能な院には、ボランティアらしいガイドさんが必ずいて、丁寧に説明してくれますしね。
どこもここも隅々まで掃除も行き届き、
これぞ京都ピンクハート、というべき京都を満喫した思いでした。
 
まあしかし、これでいいのかな、とも思います。
日本の若者も、修学旅行ぐらいから少しずつ京都に触れて、
いずれ私らぐらいの年になって、ようやく、ことの本質と、
ものの価値を知るようになるのかもしれません。
私も、そうだったし。
 
日本の社会も、ワ~と大騒ぎしては、ス~ッと忘れ去りを繰り返し、
いずれ事の本質と価値を知るようになるのでしょうか。
ウーム、そこはどうかな?・・とはなはだ疑問ですけどね。ウィンク
 






Last updated  2017.05.27 14:35:08
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
高齢者のアクセルとブレーキ踏み違いによる事故が多発して、
社会問題となっています。
AT車は止めさせて、マニュアル車にしたらいい・・とか、
いろいろな意見が出たりもして。
 
いずれ高齢者となる身としては、今更マニュアル車なんか運転する気もないし、
動かす自信もないので、そういう意見は止めてくれ~・・でありますが、
「左足ブレーキ」を推奨したらどうか、という記事を発見。
 
ほう、左足でブレーキ踏んでいる人が、他にもいたんだぁ・・と
嬉しくなったのでありました。赤ハート


 
実は私、ずっとブレーキは左足で踏んでいるんです。ウィンク
運転免許は大学生の時、ちゃんとマニュアル車で取ったんですが、
家の車はその頃からAT車で、気が付いたら、右足でアクセル、左足でブレーキを踏んで
ずっと運転して来たわけです。
 
危ない、と思ったらすぐにブレーキ踏めるように、左足を準備して運転していますので
結構疲れるんですが、それでも、この方が安心だし、運転しやすい。
というか、もう、これでしか運転できないし、マニュアル車なんて、乗れません。しょんぼり
 
こういうの、おかしいのかな・・と思って、ずっと内緒にしていたのですが、
なあんだ、世の中、左足ブレーキの人、結構いたんですね。ちょき
 
記事によると、左足ブレーキなら、アクセルとの踏み間違いは起こらないけれど、
何故、普及していないかというと、マニュアル車とAT車が混在している以上、
マニュアル車を動かすには、
左足ブレーキというわけにはいかず、
よって混乱を避けるために、左足ブレーキを教えてこなかったのだそうで。
 
また、ドライバーの中には、左足ブレーキは「危険運転」だ、と考える人もいるらしい。
 
かつ政府や企業は、今、「安全運転サポート車」を開発・普及させようと計画していて、
そのためには、左足ブレーキを敢えて勧めるメリットがないのだとか。
 
ふうん・・という印象。

まあ、長年、右足でブレーキ踏んできた人に「明日から左足でブレーキを踏みなさい」
と指導したところで、混乱を招くだけでしょうし、
事故なんて、アクセルとブレーキの踏み間違い以上に、
様々な要因があるわけで、左足ブレーキを推奨することで、
交通事故が大幅に減るってわけでもないでしょうし。
 
自動運転車時代を待つ方が効果は大きいような気はします。
 
ま、でも私としては、この記事によって、左足ブレーキは、
決して、おかしな運転ではなかった・・
ということが分かって、ほっとしたと言いましょうか。ウィンク
 
この記事に付いたネットのコメントに、「ブレーキランプ点いたまま走っている車を時々みるが、
なるほど、左でブレーキ押しながら走っていたんだぁ」というのをいくつも見まして、
なるほど、世間の人にこんな風に笑われないように、私も気をつけましょ・・
と自戒した次第です。

 






Last updated  2017.05.23 11:08:51
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
秋篠宮家の眞子さまが婚約を決められました。

お相手は、大学時代の同級生で、いかにも誠実で優しそうなナイスガイながら、
母子家庭の一人息子で、目下、パラリンガルとして法律の勉強中、という
今どきの芸能人なら選ばないような、あまりお金には縁のなさそうな青年で、
そういうお相手を長い交際を経て選ばれた、その迷いのない姿勢は、
多くの人々の共感を呼んだのではないでしょうか。
 
素敵な家庭を築かれていただきたいと願います。

四つ葉
 
同時に言われだしたのが、女性宮家のこと。
眞子さまのような優れた方が、皇籍を離れ、皇室外交をなさらなくなるのは、
あまりに残念、日本の国益の損失ではないか。
ここで、思い切って、女性宮家創設を考えては?・・という。
 
昨年20169月に眞子さまはパラグアイを訪問されているんですね。
日本人移住80周年記念式典に参加されるのが主な目的でしたが、
大統領表敬訪問のほか、様々な行事に参加され、パラグアイでは、
なんと洗練されたプリンセスだと、連日トップで大きく報道され、人気沸騰となったのでした。


 
少し前までアスンシオン在住だった私のところにも、
眞子さまのニュースの載った新聞などが
届いたりもしたのですが、
どこでも堂々と気品に満ちた立ち居振る舞いを披露され、
特にキリリと着こなされた着物姿は「衝撃的な気品!」と大絶賛されていたものです。

日系の方々の貢献もあって、もともと親日的な国ではありますが、
眞子さまが数日、訪問されただけで、格段に日本の評価が上がる・・。
 
眞子さまが結婚により皇籍を離れて、今後、こういう活動をされなくなるのは、
やはり、しみじみと、残念ではあります。
 
かつて清子さまがブラジルを訪問された時も、暑い中、長時間続く式典でも、
着物をお召しながら汗一つかかず、涼やかな顔で臨まれた清子さまは、凄い!
地元の日系のみなさんが、絶賛されていました。
 
皇族として生まれ、特別の教育を受けて来られた方々の覚悟、というのでしょうか、
それは我々なんぞには計り知れないものがあるのでありましょう。
 
女流が宮家を継ぐのは、男系で繋がっている皇室にとって、様々な問題もある、
と言われていますが、何らかの形で、例えば、準皇族というような、
そういう新しいお立場を作ることはできないのか?・・
 
皇室の話題というのは、憲法の話題と同様に、なんとも国全体が
ナーバスになるところがありますが、女性活躍の意味でも、
眞子さまには元プリンセスとしてますます活躍いただく、
なんらかの道が開かれるといいな、と思うところです。スマイル







Last updated  2017.05.18 14:36:29
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
5月になって、一斉に花が咲き始めた日本。
花が咲くっていいな赤ハート・・としみじみするのですが、その中で
やや不穏な
情報がfacebookなどで飛び交っています。


 
オレンジ色のかわいいケシ系の花。
ナガミヒナゲシというのだそうです。
外来種で、可憐な様相とは裏腹に、強力な繁殖力を持ち、さらに
アレロパシー活性が強く、周辺の植物の生育を阻害するのだとか。
 
ネットでは、ナガミヒナゲシを見つけたら、すぐ駆除してください、
という情報が流れる一方で、いやいや、アルカリ性の土壌にしか生えず、
よって道路のコンクリの脇に咲くだけ。最初盛大に繁殖して不気味だが
数年で落ち着いてしまうので騒ぐようなものじゃない。
アレロパシー物質についても恐るるに足りないレベル・・という意見も飛び交っている。
どうなんでしょ?

四つ葉

このナガミヒナゲシ、1960年に東京・世田谷で初めて確認された、という
南米に多い外来種で、おそらく、観賞用として導入されたのが最初だろう、とのこと。
小さな粒粒の(ドイツ系パンに乗っているようなヤツ)種がたくさんできて、
それが飛散するので、
繁殖力は、ものすごく強いのだそうです。
今や、日本中に分布し育っているのだとか。


 
アレロパシーというのは、周辺の植物に影響し、生育を阻害する作用ですが、
ナガミヒナゲシを栽培し検定した結果、レタスの根の伸長に対して強い生育阻害活性を示し、
葉にも周辺の植物の生育に影響する物質が含まれていることが推定されたそうです。
 
レタスは感受性が高い検定植物として検定用によく使われるのだとか。
他の外来種と比べてどうこう、というのは、分かりませんが。
 
専門的なことは分かりませんが、昨年と比べても、
我が家の周辺でこの花は急速に増えていて、
決して、コンクリのそばだけではなく、あらゆるところに生育している。
確実に、かなりの繁殖力を持っていることは分かります。

そして確かに、昔はなかったなぁ・・ということも。
かわいい花なんで、愛でていましたが、そのかわいらしさの裏で、
どうも、在来種をジワジワと陥れているらしい・・。ほえー
 
もしかして、このままいくと、弱っちい古来の植物が淘汰され、
日本は強かでやたら増えるこの花ばかりになる・・??

なんだか、移民問題に似ている・・と思った私は不謹慎でしょうか。







Last updated  2017.05.10 14:17:24
コメント(2) | コメントを書く
2017.05.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は子供の日。・・と2年前も同じ書き出してブログを書いたのでした。
「少子化をいかに食い止めるか」というタイトルで。


 
2年前、冒頭で「15歳未満の子どもの数は、34年連続の減少だ」
と書いているのですが、今年は
36年連続で減少し、ピークだった54年(2988万人)の
ほぼ半数まで減った」
という政府の発表。
 
少子化をなんとかしないと、と言いながら、
何の手立ても出来ていない日本・・
が現実ということです。しょんぼり
 
少子化対策をぐー、と言いながら、目先の労働力確保のために、
女性が輝く社会ピンクハートだなんだと、政府は女性の社会進出ばかりを推し進め、
一方で社会は保育園が邪魔だの、子供はうるさいだのと言っているわけですから、
少子化を食い止められるわけがない。ほえー
 
この記事に付いたネットの反応は、大半が「収入が少ないんだから、
子どもなんか持てるわけがないムカッ」というものでした。
 
それは一面、事実ではありましょうが、日本人の生活は、世界の国々と比べ、
決して貧しくなんかないんですよね。
道端に物乞いもいないし、貧乏だと言いながら、ワンルームマンションに住み、
スマホで何でも調べ、無駄にゲームにお金を掛け、外食を続けている。
私なんかよりよほど、高級なスマホやDVDを、みなさん、持っていますよ。
 
私は多くの国で暮らしてきていますが、世界はもっとずっと貧しくて、
保育園も少ないし、支援制度も貧弱ですけど、
それでも、子だくさんで、人々は家族が一番ピンクハート、だと確信している。

四つ葉
 
私の親の時代、結婚した時は、三畳一間で、持ち物と言えば、
汚い布団が一組だけだった、と母が語っていました。
そういう時代でも子供はどんどん生まれ、育って行ったのです。
今、生活が苦しくて子どもなんか作れない、というのは詭弁でしかない。
 
じゃあ、何故、少子化が進んでいるかと言えば、
家族を作ることに魅力を感じなくなってしまったからなんだと思います。
一人の方が面倒でないし気楽だし、働いたお金も自分だけで使えるし・・と。
周りもそんなだから、ちっとも寂しくないし。
 
生物体は、上質なDNAを残そうと進化し、種の保存のために生きる生き物だ、
と習ったものでした。生物体が生きる最大の目標は、即ち、種の保存と繁栄なんだ、と。

人間も少し昔までは、家を守るとか、家族の繁栄のために尽くすとか、
そういうことが当然のように言われ、実行されてきたものです。
そこには当然、束縛もあり、犠牲になることもあったわけですが、
人は「そういうものだ」と思い込んできた。
 
ところが今や現代人は、「今の自分の満足」に重点を置くようになって、
「個人」がなにより大事になって、それは止められないことでしょうが、
こうやって人類は滅びていくのかなぁ・・という気はします。しょんぼり
恐竜は大きくなりすぎて滅びたらしいですが、人類は「個人の生活」
を最優先にすることで、滅びていく??
 
2年前のそのブログでは、少子化を食い止めるには、
「家族っていいね赤ハート」という価値観を盛り上げることだ、と書いたんですが、
そういう価値観って、どうやったら日本人の手に取り戻せるのでしょうね。
 
最近は、あきらめの境地になりかけておりますが・・。
 
 
 






Last updated  2017.05.05 10:44:17
コメント(2) | コメントを書く

全1276件 (1276件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.