1516370 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


こちづ

Category

Archives

Comments

こちづ@ Re[1]:子連れで議会出席を、どう見るか。(12/04) New! ともパパさんへ: おっしゃる通りです。個…
ともパパ@ Re:日韓議員連盟。「約束は守ろう」がどうして言えない?(12/12) 本当におっしゃるとおりです! このブログ…
ともパパ@ Re:子連れで議会出席を、どう見るか。(12/04) こちづさん 返答ありがとうございます。 …
こちづ@ Re[1]:子連れで議会出席を、どう見るか。(12/04) ともパパさんへ: そうなんです、私もそこ…

Favorite Blog

Tiffanyのイベント・… New! ひより510さん

白元アース レンジ… Baldinaさん

団塊世代の楽天活用… magomago55さん
Welcome BASALA'S … ske芭沙羅さん

Freepage List

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

イイオトコの条件

2013.10.15
XML
カテゴリ:イイオトコの条件

 

TVのインタビューコーナーに、脚本家の大石静香さんが出ていました。

彼女のドラマって、「こうすりゃあ、視聴者は他愛なく喜ぶのよグッド

という意識がここかしこに垣間見えるような、

なんだかあざとい感じがしてあまり好きではないんですが、

今やっているNHKの「ガラスの家」にしろ、

以前やった「セカンドバージン」にせよ、

人はまんまと乗せられて、私も見ちゃっているわけです。ウィンク

四つ葉

ドラマについてはそうなんですが、

司会者の思惑に合わせず、おもねず、淡々と自分を語る姿に、

私は強い女性を見て、好きになりましたね。ピンクハート

「あさイチ」の、全国の主婦層が見ている番組で、

「夫はいるけれど、婚外恋愛している」と

さらっと言ってしまえる、その潔さ。!

出会いの順番と言うのは残酷で、結婚してから出会ってしまったとしたら、

それは婚外恋愛でしょう・・。

それを不倫と呼ぶのは、自分は好きではない、と。

なるほど。グッド

大石女史に抜擢されて、無名の俳優さんが、

あっという間にスターになるケースが多いのだそうですよ。

女史の男を見抜く「ポイント」は、4つあるそうで、

1.清潔感

2.空間の占有度

3.口角が上がっている

4.後ろ姿に品がある・・だそうです。

空間の占有度と言うのは、その場の雰囲気を圧倒するオーラでしょうかね、

どんなに魅力的に見えても、去っていく後ろ姿が貧相であれば、

その人は、ダメなんだそうですよ~。

口角があがっていなけりゃ、見込みなし・・ですと。

なるほどね~・・です。

さすがに多くの男を見て来た人だけある。

62歳だそうですが・・敵わんなぁ。スマイル







Last updated  2013.10.15 23:19:10
コメント(2) | コメントを書く

2013.10.12
カテゴリ:イイオトコの条件

 

雑誌「プレジデント」にちょっと面白い記事を発見。

『ヘッドハンター10人が実感する「役員に昇る人」の小さな共通点』ピンクハート

へぇ~・・と思いまして。

それによると・・

1.初対面の人に対して

 「平」 好きなようにふるまう
 「部長」 上下関係で態度を変える
 「役員」 腰が低く、懐が深い

2.お世話になった人に対して

 「平」 困った時だけ連絡する
 「部長」 適宜、お礼メールを送る
 「役員」 丁寧にお礼し、仕事を運んでくる

3.話し方は

 「平」 自分の話したいことを話す
 「部長」 専門用語を羅列する
 「役員」 相手に合わせて言葉を選ぶ

4.上司に意見を聞かれたら

 「平」 上にひたすら合わせる
 「部長」 正論を言う
 「役員」 バランスの取れた正論を言う

5.仕事を選ぶときの優先事項は

 「平」 待遇と福利厚生
 「部長」 肩書と年収
 「役員」 そこで何ができるか

6.二十代の頃の評価は

 「平」 何の実績もない
 「部長」 優秀なマジョリティである
 「役員」 優秀なマイノリティである

7.人間の器が

 「平」 誰が見ても小さい
 「部長」 大きく見せようとする
 「役員」 自然に大きくなっていく

8.海外では

 「平」 海外に興味がない
 「部長」 語学力や相手の肩書を気にする
 「役員」 日本語でも渡り合える

9.食事のときは

 「平」 「食」に興味がない
 「部長」 よく飲み、よく食べる
 「役員」 好き嫌いなくきれいに食べる

10.身だしなみは

  「平」 好きなものを身につける
  「部長」 時計にこだわる
  「役員」 靴やペンにこだわる

11.趣味

  「平」 仕事より趣味が優先
  「部長」 「仕事が趣味」という
  「役員」 一つの趣味を極める

12.SNSでは

  「平」 思ったことを発信する
  「部長」 ほとんど発信しない
  「役員」 戦略的に発信する

四つ葉

これにより、自分が「役員」になれる器かどうかを考察すると、

いつも「マイノリティー」だったけれど「優秀な」ではなかったし、

お世話になった人に「適宜、お礼メール」はするけれど、

仕事を運んでくるような力はないし、

上には媚びませんが、戦略的ではないなぁ・・。ほえー

趣味を極める程の才能もなし・・。下向き矢印

・・と要するに器じゃない、ってことが分かりましたよ。ほえー

四つ葉

で、さらに私がこれまで会った「出世した人」を振り返るに、

・私にも丁寧に接してくれる。

・姿勢がよく、でも腰は低い。

・相手の話を面白がって聞く。

・にこやかな顔が出来る。

でしたね。

靴やペンにこだわっているかどうかは分かりませんが、

安っぽいスーツは、着ていませんでした。

ある本に「社長になる人は、長尺財布を愛用する」とあって、

我が家一同、長尺財布に替えたんですが、

彼らがどういうお財布を所有していたか・・

も分かりませんでした。

調べてみたいところなんですがネ。ウィンク







Last updated  2013.10.13 04:50:02
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.26
カテゴリ:イイオトコの条件

 

日経新聞のおまけの冊子に

「雑誌『LEON』はこの10年で何を変えたか?」

という特集記事があったのです。

これが、なかなかに面白い。スマイル



『LEON』というのは、パンツェッタ・ジローラモ氏をモデルに、

かっこいい中年男を目指す・・が目的の男性雑誌でありまして。


「ちょい不良」とかいて、「ちょいワル」と読ませる言葉を

流行させた雑誌・・といえば、もっと分かりやすい。


この『LEON』が流行らせた用語・・がまとめてあったのですが、

それを見ると、中年を自覚しだした男たちが、

どういう言葉に救いを見つけているか、というのが分かるんですねぇ。ウィンク


「ちょい不良」・・所詮、ワルにはなれないけれど、

ちょっとしたワル風なら、出来るかも・・という安易な期待なんでしょうね。


「必要なのはお金じゃなくて、センスです」・・

「金がなくちゃ、始まらないでしょ」じゃあ、身も蓋もないわけで。

ああ、わずかなお小遣いの俺だって、まだ行けるかも・・と

センスがあるかどうかも怪しいのに、

嬉しく思わせてくれるフレーズだったのでしょうね。

しっかし、この雑誌で紹介されているものって、どれもお高いですけどね。


「ハゲたらヒゲを」・・なるほど。受けると思う。グッド


「ちょいムチ」・・少しぐらいムチムチしていた方が

安心感、信頼感、余裕を感じさせるから、いいのだ・・

と言いきって、多くの男たちを、救ったのでしょうね。ウィンク


「モテるオヤジ」・・いまだに「モテる親父の作り方」などの企画の時は、

部数が増えるのだそうです。

デキる男じゃなく、キレる男でもなく、魅せる男でもなく、

モテる・・だと「俺でも可能かも・・」と思わせるワードなんでしょうねぇ。


要するに「こんな俺でも、ちょっとの工夫でかっこよくなるかも」

と思わせる所が、雑誌を売るポイントなんですねぇ。


しかしね、現実にモテるオヤジというのは、

こんな雑誌に頼らずに、独自に迷わず、

自分の世界を持っている男であり、

「モテたいなんてゼ~ンゼン思わない」男・・なんだと思うのだけれどなぁ。


・・どうでっしょ。スマイル










Last updated  2011.09.26 11:39:58
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.27
カテゴリ:イイオトコの条件

 

麻木vs大桃vs山路・・スキャンダルで賑わってますね。

「世間をお騒がせして」と気の毒に、ご当人達が謝っていますが、

マスコミは、ひと様の揉め事が商売になるんで

勝手に騒いでいるだけで、本来は謝る必要なんか、ないんですけどね。スマイル

ま、しかし、男女の揉め事というのは、

「自分に一切関わりない限り」において、実に面白いピンクハート!

ワイドショーで盛り上がるのは、そりゃあ、分かります。スマイル

四つ葉

で、3人目の当事者、ジャーナリスト山路徹氏が会見して、

世間の目は、一挙にこの男性に傾いてしまったようです。

渋い風貌、ソフトな語り口、ジャーナリストという肩書き。

まあ、知性派を自認する女ほど、

コロッと惹かれちゃう、タイプではありますよね。

彼は真っ先に言うんですね、「僕が全て悪いんです」と。

「僕の気持ちの中では(結婚は)破綻していたのだけれど、

それを言い出せなかった、僕が悪い・・」と。

こういう言い方って、一見、潔さそうに見えるけれど、

ずるいんですよね、「僕が悪い」と尻まくられたら、

女はその後、なにも言えなくなりますもんね。

青ハート

山路氏の会見見ながら、

「ああ、こういう男って、時々いるんだよなぁ」

しみじみ、思ってしまいましたよ。

インテリで、物知りで、結構かっこいいこと言うんですよね、

で、「頭のいい女性にしか、惹かれないんだよね」とか、

「どんなに美人でも、男に頼って生きる女性は、僕は生理的にダメだなぁ」

なあんて、きっと言うんです。

だから、女は、彼の心を引きとめたいがために、

しゃにむに頑張っちゃうんでしょうね。

でも、こういう男って、すぐに、次の女に目が行くんですよ。

絶対、一人の女性には留まらない。

一人、モノにしたら、すぐに新しい方に目が行くんですよね。

それが、なんというか、こういうタイプの男の、

もう、性みたいなところで・・。

アハ。分かったようなこといってますけど。ウィンク

で、本当に優しい男は、とことん嘘を突き通すけれど、

こういう男は中途半端に嘘をつく。

それで、女性をよけい傷つけちゃう・・ということに、

思い至らないんですよね。

今回の騒動と、山路氏の会見で、大桃女史は、

余計傷ついたのではないのかなぁ。

ツィッターして自分から撒いちゃったタネではあるけれど、

なんか、男としてもう少し、言いようがあったように思いますけどね。

この手の男性に引っかからない方法は・・

さあ・・近づかないことですかね。







Last updated  2010.12.27 14:37:18
コメント(3) | コメントを書く
2010.09.29
カテゴリ:イイオトコの条件

 

世間の人には、2種類の人種がいる。

名刺を出し惜しみする人と、しない人と。

例えば、夫婦で出席するような集まりがあったとしますね。

仕事関係でもいいし、旧知の仲間が集まるような時でもいい。

初めまして、とご挨拶で名刺を出す。

実は仕事、替わりまして、と名刺をだす。

今度、こちらの部署にかわりまして・・と名刺をだす。

いろいろ、ケースはあるのだけれど、そういう時、

妻には渡す必要がないもの・・と頭から信じている人、

結構、多いんですよね。

ご主人に渡しておけば、それで十分だろう、と思うのか、

家庭の主婦に渡したって、無駄だ・・と思っているのか、

どうせ相手は名刺、持ってないだろうし、と思うからなのか、

とにかく、奥さんには渡さない、家庭の主婦には渡さない・・

という人って・・世の中、いるわけです。

長年の経験から言うと、女は家庭に・・の価値観から出られない、

 やや頭の固い、でも仕事は意外とやり手だったり、エリートだったりする、

中高年男性に多いですけどね。ウィンク

私は、その「渡してもらえない、妻ないし、主婦の立場」
で入ることが多いので、もう、慣れっこになっていて、

いまさら、怒りも感じないし、ああ、またか・・で気にもなりませんが、

たかだか、数十円の、僅かな額の名刺一枚で、

キミら、もったいないことしているなぁ・・と思うわけですよ。

私は、キツイ女でありますので、

名刺を下さる方、あえて私には下さらない方を、

きっちり区別して、のちのちの付き合いの参考にしてますよね。

表向きニコニコし、「私なんぞ、ただの主婦ですから、

どうぞ、お構いなく、気にしませんよ」
・・という顔をつくろいながら、

「この人は、我が家の住所録に入れないし、

名前も覚えるつもりはないし、これっきりの付き合いよね」


腹の中で、仕分けしてますもん。

他方、「奥様もどうぞ、よろしくピンクハートなんて

丁寧に名刺を差し出してくださる方には、

私も自分の名刺をお渡しし(いらない、と思われているかも、ですが)、

いただいた名刺はきちんと整理し、次回、お目にかかるときは、

正しくお名前をお呼びしようピンクハート・・と思いますもん。

そして、同じ気持ちでいる女って、世の中に多いと思うのだけれど。

四つ葉

そういうことで、ビジネスパーソンにアドバイスです。

名刺は出し惜しみせず、むしろ、

相手の奥様に、真っ先に差し出しなさい・・と。

うまく行けば、よりスムーズに商売は進むでしょうし、

少なくとも、好感情は、持ってもらえて、

絶対に、損はしないのにな。

なのに、なかなかそれが出来ない人が多い日本の世間って・・

私は不思議です。わからん







Last updated  2010.09.29 15:06:15
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.22
カテゴリ:イイオトコの条件

 

若い連中と話をしていて、「セクシーな男って、どういう人よ」

という話題になりました。

そう、なんとなく、「彼はセクシー」とか言ってましたが、

改めて考えると・・フム?となる。


顔がいい、というわけではないんですよね。

かっこいいから・・というわけでもない。

ホストクラブのホストみたいな男でもないし、

お洒落だから、ということもない。


じゃあ、どういう男に私たちはセクシーと感じるんでしょ?

その条件って、何だろう?



その時は、うまく答えられなかったんで、

あとから、考えてみました。

・・って、私も相当ヒマですが。ウィンク


・頭がいい。

・マイペースである(自分の世界を持っている)

・言い訳をしない。

・得意にならない。

・自分なんか、大した男じゃない・・と思っている。

・若い女にガツガツしない。

・潔い。

・いざという時に、逃げない(と思える)。



かなぁ・・と。


どうでっしょ。ぽっ










Last updated  2009.12.22 19:01:06
コメント(4) | コメントを書く
2009.12.04
カテゴリ:イイオトコの条件

 

女同士で、もっと詳しく言えば40歳以降のオバサマ仲間で、

身近な「イケメン」に関する話をしておりまして、

あれあれ、イケメンと判断する座標軸が、

人によって違うもんだぁ・・と思い至ったのでありました。ショック

だもんでその晩、静かに考えてみました。

イケメンの定義・・・。

イケメンって、ある雑誌編集者が思いついた言葉で、

イケテル「面」あるいは、「men」から来ているそうなんですが、

思うに、美男、ハンサムとイケメンはちょっと違う。

美男ないしハンサムは「イケメン」と言われるかもしれないけれど、

「イケメン」=必ずしもハンサム・・ではない。

ジャニーズの子たちなんか、誰彼なしに「イケメン」とチヤホヤされてますが、

必ずしも、みんなが美男ではないですし。

イケメンの範囲って、せいぜい「ちょっと、かっこいい」ぐらいではないか。

イケメン=イイオトコ・・とも限らない。


女が「いいオトコよねぇ」とため息付く相手って、

頼もしくって、男らしくて、知的で、渋くて、

すがりつきたい気持ちにさせる男・・なんだろうと思うんですが、

彼らは、たまたま、ハンサムかもしれないけれど、

別に、美系である必要はないんですよね。


むしろ「イイオトコ」に「イケメン」という軽い言葉は、

使ってはいけないような気持ちもある。

それと、美系であってもオジサマ達に

「イケメン」という言葉は合わないような気もします。


「イケメン」が、割と最近出来た言葉、ということもあるのでしょうが、

いい年して「イケメン」なんて言われているようじゃ、

しょうがないでしょ・・という暗黙の価値観もあるような気がする・・。


また、筋肉系の男にこれまた「イケメン」はなじみにくいのじゃないか。

「イケメン」というのは、華奢で、あごの細い、三角形の顔でないと・・

という気もします。

あごの張った四角い顔は「イケメン」と呼ぶにはちょっと違うような。



ともろもろ考察していきますと、イケメンとは、

・背がひょろっと高くて、ちょっと見栄えのいい華奢な顔で、かっこつけてて、

よって、なかなかお洒落でカッコもよく、自他共に、「かっこいい」と

認めている、若手の軽めの男・・・。

と言うことになるんですね。

すなわち、「イケメン」って、そう価値ある言葉でもない・・わけで。

「イケメン」でない男性たち、よかったねピンクハート・・なんですが、

ま、どーでもいい話といえば、まさにその通りです。ウィンク












Last updated  2009.12.04 18:00:31
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.19
カテゴリ:イイオトコの条件

アルジェに来て、すでに数回、

いろいろな方とお会いする機会を得たわけですが。

「ああ、そうだった、またこの世界に来たのだった!

改めて深く思うことがあります。

妻の立場だと、名刺はもらえない!

「どうも、始めまして」・・とごあいさつしますでしょ。

テイシュには、みなさん、丁重に名刺を出してくださるのですが、

その名刺が、私へ向けられることは一切ないのです。

私の前を素通りして、名刺はあっちへこっちへと行きかうのです。

日本にいますと、私もささやかながら仕事がありますし、

夫の配偶者としての会合は極力避けておりますので、

どこへいくにも「神谷ちづ子」という個人でまかり通っていたわけです。

人は私個人に名刺を差し出し、私は私の名前の名刺を差し出し・・。

そういうことで、しばらく、この感覚は忘れていたのでしたが、

夫の海外駐在に付き合って、妻として外国に暮らす、ということは、

ああ、そうだった、こういうことだった・・と、

今回、改めて思い知らされた、というわけです。

2000年にだした「オバ道」という拙著で、

その名刺をもらえない不満を書いたのですが、

10年近く経っても、世の中の男たちのアタマは、

変わっていなかった・・ということですね。

四つ葉


それにしても・・と思います。

名刺なんて、安いもんでしょ。

会社が作ってくれて、自分は一銭も出していなかったりもする。

そんなものを、一枚余計に、目の前にいる女性に渡したところで、

相手に名前を覚えてもらうことになりこそすれ、

損なことはひとつもないだろうに・・と。

でも、彼らはそうは、考えないのであるのですね。

「ひとさまの奥さんなんて、とりあえずは丁重に扱いはするけれど、

所詮、置物か付属品のようなもの、

名刺を差し出すなんて、オレのメンツにかかわる・・」

と、そんな風に思っているのでありましょう。

こういう男って、「おれは出来るんだ」的商社マン、

あるいはお役人タイプに多いです。

でも、オバカですよね。

人間ができていますから、観音様のように穏やかに微笑んで、

その名刺をくれない彼らを眺めてはおりますが、

妻たちは「ようし、いずれこの扱いの仕返しはしてやるぞ!

とひそかに思っているのでありますのに。

女って、結構影響力もあり、怖い存在であるのにねぇ。

ということで、今日のイイオトコの条件34.

・名刺を出すのに、わけ隔てしないオトコである。

ほんのちょっとの気遣いきらきらなんですけどね。

それが出来ないオトコが、あまりにも多い。

オトコって、不思議です。しょんぼり












Last updated  2008.12.19 19:06:27
コメント(4) | コメントを書く
2008.11.21
カテゴリ:イイオトコの条件

どうも最近、周辺に偏屈な男が増えているような気がしています。

でも、増えているのじゃないのですね。

年と共に、男って、偏屈になる傾向がある。
私も回りも年を取って、よって、必然的に「偏屈な男」が増えている・・だけなんですね。

不思議なもので女は、偏屈にはならないのですよ。
ただ、女は、「人の話を聞かなくなる」。
自分の話だけ、するようになる。花

男は、一応は聞くんです。
でも、聞く端から「そんなこと、百も承知で、オレはもっと深いことを理解している」

みたいな顔をしているんです。
あるいは「いや、そうじゃなくて、真実は・・」なんてすぐに言いたがる。
自分はなんでも知っていて、一番、世の中を見ている・・とどうも信じている。

・・とそんな傾向があるのではありませんかね。

だから、面白くない。
オジサンが嫌われるのは、そういう面もある。

そういう中で、人の話を目を輝かして聞いてくれて、
「へぇ・・それって、面白いねぇピンクハートといえる男がたまにいたりすると、

こちらも「へぇ・・こんな心地よい男もいるんだなぁ赤ハートと思います。

人間の評価なんて、所詮、そんなところにあるのじゃないですかね。

もっとも、なんでもかんでも「面白いねぇ」と目を輝かしていては、
頭がよろしくないのじゃないかと思われてしまうので、
その辺の、ほどあい・・というのは、ビミョーでありますが。

よって、今日のいいオトコの条件33:
「それって、面白いねぇ」と素直に目を輝かすことの出来る、男である。

だって、あんたらオバサンの話に、面白いことないだろが!
と、今、思った男性・・いるのでしょうねぇ。

でもね、些細なことにも面白さを見出す・・これ、大切なんだと思いますけどね。

★写真は、東京・新宿はサザンクロスのイルミネーション。

もうすぐクリスマスです。







Last updated  2008.11.21 16:20:44
コメント(4) | コメントを書く
2008.08.26
カテゴリ:イイオトコの条件

昨日夜中放送のNHK「トップランナー」観てしまいました。
何故って、その日のゲストが、瑛太ハート(手書き)だったから・・。

ひと様にはドーデもいいことなんですが、私、密かに彼の大ファンなんですぅ。手書きハート

初めて彼を知ったのは、篠原涼子主演ドラマ『アンフェア』再放送。
安藤役の瑛太君は、孤独な男の、優しさと素直さと悲しみと
狂気と色気を、実に見事に演じ分けて、
ああ、こんな役者さんがいたんだぁ!!とカンドーしたものでした。

イチロー選手を一目見てファンになった・・それ以来でありましょうか。

その後、アンフェアのDVD借りて、何回も観ちゃったもんね。ウィンク

彼のよさに気づくのは、私だけではなかったようで、
いまや、テレビに映画にCMに、瑛太君の活躍は、目覚しいものがあります。

その彼の、実像はどんなものなのか?
そんな興味がありました。

スタジオに現れた瑛太君は、すでに十分に高収入の人気役者でありながら、
その辺でアルバイトやってるおニーチャンのような、
モソーッとした姿・物腰でありました。

「のだめ」の峰龍太郎、「篤姫」の肝付尚五郎のイメージからははるか遠く、
人前で話すのは苦手なのだけれど、懸命に耐えながらここにいる・・というような
物静かでシャイな人物が、そこに、いたのでした。

こういう番組に出るとき、中途半端な芸能人は、思いっきり気取って気負って
やたら、かっこつけてきたりするのですが、彼は、その真逆というのか、
モソーッと、普段着のまま。

かっこよく見せようとか、スターを気取ろうとか・・
そんなところに生きる価値なんか欠けらも置いていない・・そんな風情でありました。
それこそが、彼なりのかっこつけ・・だったのかもしれませんが。

司会者の質問にも、淡々と答えるばかりで。

最後に、司会者から
「どんな俳優になっていこうと思いますか?」と聞かれたんですね。

彼は、しばら~く考えて、まるでボソッとつぶやくように答えたものでした。

「例えば、仕事に行く途中で、お婆さんが困っていたりするのに出会ったりしますね。
そういう時、これからセリフをしゃべらなくちゃいけないのだから、と
見て見ぬ振りして通り過ぎるのではなく、時間に遅れても、
困っているお婆さんを助けてあげられる、そういう俳優でいたいですね」
と。

ある意味、「なんじゃ、それは?!」・・というようなトボけた答えであるわけなんですが、

私は彼の、有名になるとかスターになるとか、そういう俗っぽいものを目指すのではなく、
演じることにも人としても、誠実に淡々と生きたいという、
そんな芯を見たような気がして、なんだか、ますます、好感持ちましたね。

まあ、ファンですからね。
何でも、よく、解釈しちゃうんですけれど。スマイル

そこで思った、今日のイイオトコの条件32:

『自分をアピールすることに、力を入れすぎない男である。』ちょき

どうでっしょ。ウィンク







Last updated  2008.08.26 18:52:16
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.