000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

X

全535件 (535件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >

政治の世界に物申す

2021.01.28
XML
27日の参院予算委員会で自宅隔離中感染者の死去に関して、
「心から大変申し訳ない思いであります」と謝罪する菅総理に対し、
「そんな答弁だから言葉が伝わらないんですよ。ムカッ
そんなメッセージだから国民に危機感が伝わらないんですよ。
あなたには首相としての自覚や責任感、それを言葉で伝えようとする、
そういう思いはあるんですか!」と罵倒したとの記事がありました。
 
この記事に付いた多くのコメントは
「いくらなんでも失礼過ぎるだろう」、
「貴重な国会の場で「言い方が悪い」なんて些末なことで時間を潰すな!」
と蓮舫氏への批難一色で、ああ、国民はまだまだ常識があるんだな、
と少しホッとしたものですが。
 
蓮舫女史としては、最近、自分の評判が芳しくないので、
ここで激しく総理を批判し、メディアの注目を浴び、
世論の賛同を得ようと思ったのでしょうが、逆効果でしたね。
ワイドショーでの空気をそのまま使う所なんざ、レベルも低すぎ。



 
その前の日、掃除しながらTVを点けたら国会中継をやっていて、
立憲の辻元清美女史が質問しているのをうっかり見てしまいました。
オリンピック開催に関わる医療現場についての質問でしたが、
ワイドショーで出てくる程度のものを
「だと思いますけどね」「らしいじゃないですか」と責めるだけで、
この方は、国会で質問するにあたり、きちんとした数値すら
出せないのかねぇ、と驚いたものです。
我々庶民と違って国会議員なら、関係部局からいくらでも資料を集められるでしょうに。
 
政府側からは木で鼻をくくったような答弁しか出てきませんでしたが、
あんな質問じゃあ、答える気にもならないわなぁ・・と思ったものです。
 
しかし、翌日のスポーツ紙では「辻本氏が猛追及」と辻本女史持ち上げの見出し。
蓮舫女史の発言も、今朝のテレビはどこも取り上げていませんしね。

メディアはこのお二人には、何故かやたら甘いのはどうしてなんでしょ。

四つ葉
 
コロナ禍に打ち勝つに必要なのは科学的分析と判断しかない。
もちろんウィルスの広がりには予測できないこと多々ですが、
それでも対策には、感情を抑えた論理的検証の上での
効果とリスクのバランスでもって判断するしかない。

私達は日々の生活をなんとか守りながら、
ウィルスと戦わなくてはいけない、という難しい局面にいるわけですから。

しかし、それにしては国会でも、テレビでも、
一部の数字をことさら大げさに取り上げた感情的論理で、
国民のイライラをいたずらに煽り立てるだけの発言が横行していることか。
 
自分が目立とうとか、かっこよくみせようとか、
誰かを批難しようとか、視聴率を稼ごうとか、販売部数を伸ばそうとか、
そういう計算を捨てて、
冷静に科学的数値に基づいて考察し、提案して行ける人が出てこないものか。
 
日本にだって、そういう人達が多々いると思いますけどね。
どうなんでしょ。しょんぼり
 






Last updated  2021.01.28 11:44:29
コメント(2) | コメントを書く


2020.12.17
菅総理がコテンパンに叩かれていますね。

しゃべりが下手で、誠意が見えないとか。
Gotoをなかなか止めようとしないとか。



そこへきて今月14日、Gotoトラベルの全国一時停止を表明した後、
銀座の高級ステーキ店での、忘年会に参加したものだから大炎上になっている。

感染拡大でみんなで自粛しましょう、と言っているこの時期に、と。
 
しかも参加者は菅首相(72)、二階幹事長(81)、王貞治氏(80)、
杉良太郎氏(76)、みのもんた氏(76)、政治評論家の森田実氏(88
林幹雄幹事長代理(73)、元宿仁・自民党事務総長(75)の計8人。
 
「会食は5人以下で」と国民に指示し、特に高齢者は不要不急の外出は控えて、
と言っている人達が先頭にたって、それも銀座の高級ステーキ屋で会食!・・
となれば、そりゃあ、メディアも国民もカチンと来ますよね~。しょんぼり
 
そのステーキ屋さんは「ひらやま」といって、
代議士先生や売れている芸能人がよく使うお店らしい。
夜のお任せコースは一人36300円で、ワインも飲めば一人6万円ぐらいに
なっちゃうんですって!
 
まあ、総理ともなれば、頻繁に人と会って情報交換をするようじゃなきゃ、
まずいわけで、一般の我々のように「官邸に引き籠っていなさい」とはいえない。
また、このメンバーを見ると「止めましょうか」と言い出すことは、
二階さん以外、できなかったのじゃないか・・とも想像できます。
 
しかも菅首相は2時間遅れの午後9時ごろに参加し、
『体質的にお酒を受け付けない』とさっと食事だけして、
話もほとんどせずに帰られ、席には30分くらいしかいなかった、
ということなので、義理立てして無理して出席した、という感じなんでしょう。
 
それでも、この会合が世間に知られれば、反感を買うことは確実で、
「感染対策が最優先」を謳う政権としては、
世の中を舐めていた、と
言われても仕方ない。
 


四つ葉
 
それより。私が以前からずっと気になっているのは、
毎晩のように行われている政治家さん達の会合。
いずれも高級料亭とか、ホテルのようですが、
一体誰が払っているんでしょ。
 
例えば今回のステーキ会食。みのさんも、王さんも、
杉さんも気にせず支払えるお金持ちですが、
こういうメンバーで割り勘をするとは思えない。
 
毎晩のように外食している政治家さんが、
ポケットマネーで支払うとも考えにくい。
 
人数配分から言って、自民党だろうか?
幹事長権限の交際費なんだろうか?
それともいわゆる「政府の機密費」?

いずれにせよ、我々庶民のお金が
まわりまわってそこへ行っている、ということで、
考えるとイラッとはしますよね。ほえー

それでも菅総理には頑張っていただきたい。
総理に世の中の空気が伝わりにくくなっているのではないかと危惧しています。
あるいは少しわきが甘くなっている。
ここは今一度、気を締めていただきたいと思いますね。
 
 






Last updated  2020.12.17 16:46:54
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.19
国勢調査です、と先日、マスクした、いかにも
シルバーセンター辺りから派遣されました、って感じの
年配の男女がいらっしゃいました。
書類を渡され、エ~、ここは3丁目の・・と住所を確認され、
私が述べた数字を鉛筆で頼りなげにリストに書いて、
107日までに提出してください」とだけ言って引き上げて行きました。



 
封筒を開けてみたら、書き込み欄が4人分しかない。
我が家は二世帯住宅で6人住まいなんですね。
で、封筒にあった総務省かどこかの事務局に電話したら、
「そういうことは区に連絡してください」という。
 
ま、そうでしょうけど、区の連絡先の記載なんてない。
それでも調べて連絡し、別の日、やはりマスクした年配の男性が
もうひとつ、書類を持って来てくれましたよ。
 
「お留守だったんで、郵便受けに入れて引き上げた」と、
このミスはお宅が留守だったから、と言いたげだったので、
「いいえ、ちゃんといらして、私が受け取ったんです、
我が家は二世帯ですけれど、それも確認されず、
家族の人数もなにも聞かれませんでしたよ」と言ってあげました。
ああそうですか、とオジサン、二世帯なら分けて書いてください、
と言って手に持ったリストに「カミヤさん、漢字は?」と聞くんですね。
 
「いいえ、カミタニです。神様の神に、谷間の谷」
と伝えると、鉛筆の頼りない字でリストに書き込んで下の名前は?と聞く。
親世帯の世帯主がこれこれで、子世帯はこれ、と漢字を教えて、
それをまた、頼りない字で書き込んで、
「いやあ、これを見て50軒回っているんですよ」と
地図を見せてくれました。
 
見るとこの辺の住居地図を拡大したもので、
おそらく担当範囲だけ色付けしてある。
地図はかなりいい加減で、家の形が違っている。
で、我が家の所を見ると、「カミタニ」とカタカナ表記。
 
これ、何を見て作った地図なんだ? とはなはだ疑問に思いましたね。
一軒一軒、回って表札見て作っているのかしらん?
我が家の表札はKAMITANIとアルファベットで表記されているんです。
 
住民台帳を見れば、ここに住んでいるのはなんという苗字の人で、
住所はなになにで、家族が何人いるかは、
即座に分かるでしょう。
なんで、こんないい加減な地図を基に
家族構成も確かめもせずに、調査票を配っているんだ??
・・と呆れると言うかびっくりですよ。
 
役人やっていた夫に言わせれば、
「住民台帳に、本来の目的以外の使用禁止という決まりがあるからじゃないか」
とのことですが、国勢調査って国が必要として、やる調査じゃないの?
 
これも縦割り行政の弊害?とつい、
今注目のワードを
思い出したんですが、
国勢調査って、すさまじくアナログなことをやっているわけです。
 
ワイドショーによると、この調査員、報酬は38000円だそうで、
高齢者のいいアルバイトになっているんでしょうけれど、
100年も前から5年ごとに続けて来た調査は、こんな
旧態依然とした、かついい加減で無駄の多いシステムで成り立っている。
 
ちょっとなんとかしたら、
というより、なんとかすべきでしょう・・
とフツーなら思うよねぇ。しょんぼり
 






Last updated  2020.09.19 11:14:01
コメント(4) | コメントを書く
2020.09.17
菅新内閣が発動しましたね。
政治評論家の大方の評価は「手堅い」と及第点のようで、
私の予測通りではありました。スマイル
小泉大臣を外さなかった点は、
「実力者で固めるんじゃないの?」と個人的には不満ですが。



しかし、顔ぶれを眺めて改めて思うのは、
岸信夫防衛大臣 → 安倍さんの弟
加藤勝信官房長官 → 加藤六月氏の娘婿
小此木八郎国家公安担当 → 祖父・父共国会議員で、菅氏はかつて父の秘書
平沢勝栄復興大臣 → 元・安倍さんの家庭教師
梶山弘志経産大臣 → 梶山静六氏の息子
と身内っぽい方々で固め、さらに
平井卓也デジタル担当 → 祖父・父が国会議員
麻生太郎 → 吉田茂が祖父
河野太郎 → 祖父が河野一郎・父は洋平
小泉進次郎 → 小泉家の次男
は、いわずとしれたサラブレッド組。
 
政治家の家系が当選しやすいのは分かるとしても、
大臣にまで出世するのも、やはり家系が物言うのかな、
という印象はフンプンですよね。
 
世襲議員が多い、よって大臣に選ばれる確率も高い、
ということは当然あるのでしょうが、政界に
「血筋に一目置く」という価値観がずっとあるのではないか。
もっと大きく言うと、明治維新で勝ち組になった血筋が、
いまだ日本を支配している、というような。

 

小渕優子さんや野田聖子さんが若くして大臣になったのも、
血筋が大きく影響しているのだろうし、政界挙げて
進次郎氏を「未来の総理」とチヤホヤ特別扱いする空気もそれなんでしょう。
 
で、メディアや国民も、「世襲はけしからんムカッ」と言いながら、
結局、サラブレッドが好きなんですよね。
きっと叩き上げで、苦労してここまで来ました、というストーリーよりも、
血筋の良さの方に、世間は憧れるのだと思う。
 
それは政界に限らず、官僚の世界も医者の世界も芸能界にもそれがある。
表向きは実力主義だと言いながら、
血筋の良さが、大きく幅を利かせているのが現実です。
 
結局、一般庶民はスタートの位置も違うけど、
栄達までの壁の厚さも違うのよね~・・というのが僻んだ感想。
 
ところで総裁選の最中、菅さんの行くところ、
いつも片山さつき女史が周囲でチョロチョロしていて、
映像的にやたら目立っていたのですが、結局、大臣のご指名はなかったですね。
菅さんの評価、低いんだろうか?
・・とちょっと興味深くみていたのですが。ウィンク
 
 






Last updated  2020.09.17 11:27:17
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.08

自民党総裁選に出るぐー と意欲を見せていた
野田聖子氏が、AERAで語っています。



野田さんの、あっけらかんとしたキャラクターには好感を持っていますが、
この記事は、ちょっといただけない・・。しょんぼり
要約すると、
1.今回、出馬を見送ったのは党員投票が見送られ、自由で開かれた選挙でないから。
党員という普通の人々の票あってこその私である。

2.推薦人は前回より集まったはず。
でも、私の推薦人が新総理の下で何らかのペナルティーを受けても困るので、
今回は動かないことに決めた。
3.ポスト安倍候補として、世間の期待が高まっていないのは、
私が女性議員である、ということが一つの原因ではある。
女性ということでアンダーエスティメイト(過小評価)される、一段低く見られてしまう。
4.首相を目指すのは、トップになれば自身の持論を実現できるから。
私にとってそれは少子化対策。

5.社会で一番弱い立場の子どもを大切にすることで、
次に弱い立場である女性も救うことができる。

6.アメリカでさえ、女性は大統領になれなかった。
女性だというだけでアンダーエスティメイトされてしまう現状を打破するには、
まず子ども最優先というだ。

ウ~ム・・という感想。ほえー
トップを目指す女性が一番口にしてはいけない言葉が、
「女性は下に見られてしまっている」という「女だから損している」という言い訳でしょう。
稲田さんの時にも触れましたが、政治の世界では女性はむしろ得していると思いますよ。
少し見てくれがよくて、権力者に気に入られれば、
ポっと出のオネーチャンでも議員さんになれる。

そこに若さと多少の経歴ないし血筋があれば、鬼に金棒でありましょう。
十分「女であること」のメリットを享受してやって来ながら、
こういう時だけアンダーエスティメイトだの言い出すのは、ご都合がよすぎる。

ヒラリーが大統領になれなかったのは、女だからではなく、
彼女がヒラリーだったからでしょう。
むしろ「ぜひここで初の女性大統領を」ということで、推してもらったことは多かったはず。

日本だってそうでしょ。「閣僚に女性が少ない」と必ずマスコミが文句をつける。
だから「女性も一人二人入れておこう」となる。
それこそバカにされているような気がするけど。
・・野田さんのAERAの記事を読んで、失望した人は多いのではないか。

本気で総理を目指すなら、口が裂けてもこんな女々しいことを
雑誌で語るべきではないです。

ただ、野田さんがおっしゃる「少子化問題」は総理でなくても進められるはずですから、
ぜひとも頑張っていただきたいぐー、と思いますね。

政界のオジサン達は少子化対策の重要性と問題の本質がどこにあるか、
お分かりになっていないし、本気で考えようともしていませんから。
尤も「女性だというだけでアンダーエスティメイトされてしまう現状を打破するには、
まず子ども最優先というだ。」というのは、意味不明。

確かに女性というだけで見下される風潮は、まだ社会に残ってはいますが、
打破するには、論理的・客観的に相手を論破する、ということだと、
長年人生をやってきて、思いますが。ウィンク






Last updated  2020.09.08 15:54:02
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.01
安倍総理、辞任表明。残念です。
私は、憲法改正を実現してもらいたかったですね。
まぁ、かなりの難題ではありましたが、せめて国民的議論の
火付けぐらいやっていただきたかった。
 
かくして世の中、一挙に「次期総理は誰か?」一色です。
菅さんが出馬を決め、流れはそちらになりそうですが。
 
週末、テレビに稲田朋美氏が出て、
「女性がリーダーを目指すということが日本の民主主義にとっても、
自民党にとってもプラスになると思いますし、チャンスがあれば挑戦したい」
と総裁選出馬への意欲を述べていましたっけ。



意欲は買いましょう。
しかし、公共の電波に乗せて発言する、
出馬の理由が、女性総理の実現って、そんなこと??

四つ葉
 
昔、私が若い頃、当時働いていたNHKでは
「女が読むニュースは信用されない」なんてことが平気で語られ、
女性アナウンサーの出番は、ソフトな番組だけ。
報道部に女性記者、なんてありえない環境でした。
 
時代は変わり、今や報道番組のアンカー席に、普通に女性が座る時代となりました。
いや、まだまだ女性が活躍するのは厳しい、と言いたい方も多いでしょうが、
政治家なんか、女性の方がはるかに当選しやすいところもあって、
私なんかから見たら、つくづく女が生きやすい時代になったものだと思うわけです。
 
そういう時代下で、総裁選出馬の意欲を語る際に、
「女性もリーダー、総理を目指すことができるということを示していきたい」
を正面にだすのって、イラッと気になるわけです。
 
稲田さんが最初に語るべきは「私は日本をこう変えたい、
こうこうこういう政策を実現するため総裁選に出馬したい」だったのではないか。
女性であることを最初に持ち出すところから、すでに時代錯誤でしかない。
 
かつ、もう少し言わせて貰えれば、稲田氏が辻本議員に責められて、
涙ぐんだことや、防衛大臣の在任中の不手際や、ややズレた洋服のセンスを
むしろ得意気にひけらかしたことなどなど、
国民の多くが、まだ忘れていないわけですよ。
本気で総理大臣を目指そうとするならば、
それらを払しょくするだけの発信をし、「やっぱり出来る人」と世間に思わせ、
日頃から仲間を広げ、強かに根回しし、いざ、総裁選という段には、用意万端、
「稲田朋美をこれだけの人達が支援してくれています」とご披露するくらいでなくちゃ。
 
「女性だって総理大臣になれる」って理屈だけのために
国政を任せようなんてノー天気な国民は皆無でしょ。
 
後のニュースで、結局20人の推薦人を集められず、出馬は諦めるようですが、
それって、一番みっともない不出馬理由だし、
「そりゃあ、推薦人集めるの無理でしょ」と、国民の多くが
見通していたのではないですかね。
 
だから女は甘い、と言われる。
 
なんかなぁ、とかなりがっかりしたのでありました。
 






Last updated  2020.09.01 11:41:40
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.21
感染症対策分科会の尾身会長が日本感染症学会のシンポジウムで、
「全国的に見ると(感染拡大は)だいたいピークに達したとみている」
との認識を示したそうです。
 
そりゃ、そうでしょうね。
感染者数のグラフを見ても、明らかにカーブは下降を示している。
 
そろそろピークを迎えるなぁ、という感じは8月に入った辺りから見えていましたが、
今後、秋冬に向かってさらなる波が来るとしても、
ここは一旦収まって欲しい・・としみじみ願うところです。
 
不思議なのはこういった発言に対し「政府に忖度して政府寄りの発言をしている」
「明日にもどうなるか分からない」「何の対策もしていないのに、
収束するわけがない」と収束することが気にいらないみたいな
発言が多いことでしょうか。
 
マスコミも「でも重傷者・死者はジワジワ増えている」と
収束傾向であることを避け、さらに不安を煽ろうとしている。
 
あの戦争中もこんなだったのでは? と想像します。
マスコミは自分たちの都合のいいようにガンガン煽り、
人々はそれを真に受け、疑問の声は寄ってたかって叩き、
世の中は自粛自粛と、相互で見張り合うようになる。
 
違うのは、当時はマスコミは政府の意のままだったのに対し、
今は、政府の全てが気にいらない・・というぐらいで。
結果は、似たような社会の疑心暗鬼、でありますが。
 
ともかく児玉教授やその他の先生方が言われた、
「このままだと目も当てられない状況」には今の所なりそうもなく、
そこはほっと安心して、次に備えることでしょう。

四つ葉
 
千葉市の熊谷市長が日々、facebookで発信していて、
千葉市もcocoaを推進し、ダウンロードして、濃厚接触があったと
通知された市民には、行政検査が受けられるようにしたそうです。


 
さらに、10月から全市民に対しインフルエンザ予防接種の費用を助成し、
65歳以上の全員の(これまでは5歳置き)肺炎球菌の予防接種を勧めるそうです。
 
熊谷市長は、コロナの感染者数や病状、
人権や防疫対策についても、毎日丁寧な説明付きで発信していて、
あれを読めば、市民は落ち着いて状況把握が出来るだろうな、と羨ましい。
 
彼は8月初めに「東京がそろそろ収束してくるので、全国的にも
もう少しです」といった観測を述べているんですね。
「ほう」と感心したものですが、
実際、そうなっているし。
 
千葉市とパラグアイのアスンシオン市は、姉妹都市でして、
そのご縁で、アスンシオンにいた頃、
熊谷市長とfacebookのお友達になりました。
(お会いしたことはないですが)

以来、市長の発信はいつも目にしていたんです。
こういう非常事態には市長や知事の実力は見えてしまうものですが、

熊谷市長、若いくせに(からか)
かなりやるじゃんちょき・・と言う印象。スマイル
 
東京も、ポーズだけでなしに、それくらいやってくれればいいのにねぇ。
 






Last updated  2020.08.21 18:23:36
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.16
新型コロナの感染状況が一向に収まる様子がなく、
なんとも鬱々とした日々が続いています。

しつこくまた、cocoaの話。
 
「熊本市が新型コロナウィルス接触確認アプリ・cocoaから陽性者との接触が通知された人は、
無料でPCR検査を提供する」という記事が朝日新聞に出たようです。
市長が12日に会見し、発表したとのこと。
 
熊本市のHPを見てみても、その件の告知はまだ出ていなく、
テレビでもどこの番組も報道していませんから、どうなっているのか、と怪訝ですが、
事実であったら、これは、当然で貴重な一歩だと思いますね。
 
今現在cocoaをダウンロードした人は1320万人(814日現在)、
陽性者登録は252人と、増えてはいるけれど、まだまだな状況です。



私の周囲でも、アプリを入れた人はほとんどいない。
どうして? と聞いても「個人情報が心配」とか「政府が信用できない」とか、
「わずかな人数しか登録していないのでどうせ役に立たない」とか。
 
そう言う人に限って「コロナは怖い」と極度に怯えていたり、
国は何もしないと怒っていたり、
PCR検査を全国民にぐーと言っていたりする。
 
感染防止と政府批判は別次元のことあし、
個人情報は洩れないし、そうやって登録しないから、
登録者数が増えないという悪循環なわけで。
 
ほんと、不思議です。しょんぼり
簡便でタダのアプリで、少なからずの「感染経路不明」が解消され、
感染拡大防止が確実に出来るのに。
どうして人は利用しようとせず、マスコミは無視し、
行政も積極的に推奨しようとしないのか?
 
本来なら、陽性反応が出た人全員に、強制的に登録させるべきだろうし、
熊本市のように、アプリで通知されたら優先的・無料で
検査を受けられるようにするべきでしょう。
特に人口密度の高い東京や大阪で、有効率が高いはずですが。

小池さんも、毎日記者会見しているわけだし、
「特別な夏」なんてしょうもない標語を掲げる余裕があるなら、
Cocoaを一緒に推奨すればいいのに。
少なくとも「特別な夏」のフリップよりcocoaの方が実質的に役に立つ!
お国が始めたことだから、嫌なんでしょうかね。
意地を張っている場合じゃないと思うけど。

さて。明日から再開する日常のワイドショーで、
熊本市のcocoa政策、取り上げるところがあるでしょうか。

なさそう・・と思ってしまうのが哀しい現実ですかね。
 






Last updated  2020.08.16 14:38:05
コメント(3) | コメントを書く
2020.07.21
個人的には、まったくもってどーでもいい話なんですが。
立憲民主党と国民民主党は、また合併する方向で動いているようですね。



国民民主党側も、きっぱり断ると思いきや、新党結成に前向きらしい。
あれだけ大モメにモメた解党劇は、たかだか数年前だったでしょうに。

ただ、党名がネックになっているようで、立憲側は、双方が解党し、
改めて「立憲民主党」という透明にする。
通称は「民主党」とする・・の案を出しているらしい。
 
ええ~!! って他人事ながら思いません?
100%自分らだけに都合のいい発案だし。
「民主党」って、あのあまりに酷かった時代を忘れていない人は多いだろうに。
 
それでも国民側の議員さん達は、党首の玉木氏が渋っているだけで
前向きらしい。党に属する誇りとか信念とかは、二の次なんですかね。
党名なんてどうでもいいんでしょう、政治家さん達には。
 
確かに、記憶にあるだけでも数えきれない程の玉石混交の党名が、
出ては消えていってます。
恥ずかしくないのかい!ってくらいに。
どうでもいいっちゃ、国民にとっても、そういえばどうでもいい。
 
はて、立憲と国民は、どうなるのでしょう?
ネットのコメントに
「いっそ『一見民主党』、
あるいは『共に民主党』にしたら?
というのがあって、思わずプフッと笑ってしまった。ウィンク
座布団3! でありましょうか。
 
 






Last updated  2020.07.21 11:15:03
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.30
本日、役所から10万円給付金の申請用紙が届きました。
って・・我が家、夫婦そろってしっかりマイナンバーカード所有で、
とっくの昔に、スマホ使ってオンライン申請済みなのに。

待っても待っても、振り込まれないわからん、と苛立っていたら、
なんとまあ、給付金の代わりに申請用紙が届いたわけ。



 
要するになに? あのオンライン申請は全く無駄ってこと?
あるいはオンラインと郵送申請の照合が出来ていないってこと?
あるいは、オンラインでの申請はややこしいので、もう一度
郵送で申請して!・・ってこと?
 
訳が分からないけれど、明白なことは、
なんとも無駄なお金と手間だ!!・・ということで。

四つ葉
 
コロナ禍で、私達は様々な現実を目の当たりにしたわけです。
WHOが無能だと、世界的なパンデミックを引き起こすこと。
物流を中国だけに頼っていては、危険なこと・・等々多々ありますが、
 
日本のIT化がすさまじく遅れている!、ということもその一つでしょう。

マイナンバーカードシステムがこれほど役に立たないものだとも思わなかったし、
保健所はFAXで報告しているとか、オンラインで申請したものを、役所の職員は、
手作業で住民台帳と照合しているらしいとか・・呆れ返ることばかり。
 
コロナが落ち着いたら、ここは真っ先になんとかしないといけないのではないですかね。
クリック一つで自由に買い物も送金もホテルの予約もできる世の中に、
どうして役所の手続きだけが、こうも旧態依然なのか?
その辺の不思議を、誰かに教えて貰いたいですよ。
 
マイナンバーカードシステムについては、有能なシステム開発専門家に
登場して貰わなくてはいけないのでしょうが、日本にだっているでしょ?・・多分。
それと今度こそメディアは、足を引っ張らないで、
行政手続きIT化を、後押しするような空気を
作り上げて欲しいものです。
ほんと、このままだと日本はとんでもない後進国になりますぜ。
 
安倍総理が、今後の感染対策として、アプリを利用することを提案していました。
どういうものになるのか、定かではありませんが、
TV経由の雰囲気は「どうせ、役にはたたないでしょ」と端から否定的。

でも、せめてここは「安倍憎し」線上の論理だてを封印し、
私達の生活を守るために、より便利で精度の高いアプリを推進して、
大勢の人が使うよう、バックアップするぐらいの姿勢を見せて欲しいもの。

ところで郵送の申請用紙が届いたところで、我が家では、
改めて郵送でも申請しておこうかと考えております。
「オンラインの申請で、振り込まれなかったらいやだから」というのが表向きの理由ですが、
密かに「二重に給付されることがあるかもしれない赤ハート」と期待して。
もちろん、そんなことは口にも顔にも出しはしませんが。
きっと、そういう連中・・多いのではないですかね。ウィンク
 






Last updated  2020.05.30 15:06:20
コメント(0) | コメントを書く

全535件 (535件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >


© Rakuten Group, Inc.