1428047 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

神谷ちづ子・ついつい・一言

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Archives

Comments

わびたん@ Re:マスコミも国会も、末期症状的におかしい。(08/11) いつも読ませていただいてます。 日本の不…
こちづ@ Re[1]:新国立競技場の建設進捗状況(08/05) にびらさんへ: そうなんですか?美しい建…
こちづ@ Re[1]:マスコミが疑惑だけで罪人を作る3つのテクニック(07/27) 念のためさんへ: 脇が甘いのは確かです。…
にびら@ Re:新国立競技場の建設進捗状況(08/05) 前の競技場は、老朽化と耐震性に疑問があ…

Favorite Blog

デンマークのアレコ… ひより510さん

オリジナルTシャツを… Baldinaさん

団塊世代の楽天活用… magomago55さん
Welcome BASALA'S … ske芭沙羅さん

Freepage List

全469件 (469件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >

政治の世界に物申す

2017.08.14
XML

若狭勝氏率いる日本ファーストの会がすでに迷走を始めている。
小池新党への期待高いマスコミのおかげで、若狭氏、
あちこちの番組からお呼びがかかっているようですが、
口を開くごとにボロが出ている、という印象です。しょんぼり


 
まず、「日本ファースト」という名称にクレーム発症。
日本ファーストって、トランプ大統領のいう
アメリカファースト、
自己主義的スローガンじゃないか、とか、極右のグループみたいだ、とか、
国民主体のようには聞こえない・・となどなどと。
で、どうも評判悪そうだと察すると、あわてて、
「いやいや、あれは政治団体の名称で、政党を作る時は、まったく違う名称にする予定」
だと言い出した。何を言っているんだか、という感じ。
全く別の名称にするための命名、ってなにそれ? じゃないですか。
 
何を目指す政党なのか、安全保障、憲法、経済、外交にどういう立場をとるのか、
と聞かれると、いやいや、それはこれから政治塾に集まった人たちにアンケートを取って
議論してから打ち上げる・・と言い出す始末。
同じ志の人が集まってこその、政治団体だろうに。
 
最初は「しがらみのない政治」を目指す、と言っていたのに、ここにきて
「二大政党制を目指す、自民党に対抗する受け皿になる」と言い出して、テレビで
長々と二大政党制がどう必要なのか、ということを、説明したりしている。
 
そんなこと、これまで何度も目指す人たちが繰り返し出てきて、
結局、力不足で失敗している、その歴史があるのに、何を今更、
中学生のようなことを言っておるのだ・・とびっくりですよね。ほえー

たった一人の政治団体を立ち上げたこの段階で「自民党の受け皿になる二大政党制を目指す」
とあっけらかんと言ってのけてしまう、その勇気というか大胆さというか、
現実を見ていないノーテンキぶりに、のけぞってしまう・・。しょんぼり
 
民進党をおん出た細野氏と対談した、とマスコミは大騒ぎしていますが、
細野氏は、若狭氏と組むことが得か損か、探っているのでしょうね。
すぐにも手を組みそうだと前評判の高かった、長島氏や渡辺喜美氏や松沢氏と、
いまだ手を組んでいないというのは、彼らも、得か損か、見極めようとしているのでしょうかね。
下手すると、はしごを外されて、大恥をかきかねない。
 
それでもマスコミの「日本ファースト」への期待は高く、ことあるごとに、
「小池都知事か関与するピンクハート」「小池さんと連携するピンクハート」というのを枕詞みたいに使って、
若狭・新政党のイメージアップを図ろうとしています。

若狭さんを支持するとおまけに小池さんが付いてきます‥的な。
 
しかし、どうなんでしょ。小池氏も強かな人ですから、当分は「都政に集中」ととぼけて
様子を見るのじゃないですかね。なんだか、最近の発言を見ると、そんな感じです。
 
今朝の産経新聞に「話は『旗』を立ててからだ」と
日本ファーストの会を、応援したいけど、このままじゃあ、応援しようがない・・
的社説が書かれていました。
 
産経新聞って、これまで気味悪い位「小池擁護」の記事を発信してきましたが、
さすがに、若狭新党に不安を感じたのか、
小池都知事が距離を置き出したことを微妙に感じ取ったのか、
あるいはこれでも精一杯、擁護しているつもりなのか・・。
どうなんでしょ。
 
まあともかく、マスコミも政治家さん達も、若狭氏と細野氏がどう動くか、
注目!、という
ことなんでしょう。
政党交付金のことを思えば、組むしか選択肢はないようにも思うし、
といって、風向きはどうも、怪しくなってきた風でもあるし。
 
ま、私的には、しょうもない風がまた吹かないことを、
願うばかりでありますが。

四つ葉
 
ところで、ネットのコメントに「若狭、まずは髭をそれ!
というのが、多々見られ、思わず笑ってしまった。

髭を生やすも剃るも、その方の自由ではありますが、
それでも私も思いますね「まずは髭を剃れ!」って。

あの髭を見るたび、苛つく人、案外多いのじゃないかなぁ。ウィンク



 
 






Last updated  2017.08.14 14:11:02
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.08

ああ、やっぱり来たか、嫌だなぁ・・というのが素直な感想。

若狭勝衆院議員が政治団体「日本ファーストの会」を発足させることを発表しました。
まあ、無所属じゃ、何もできないし、年内に政党を立ち上げないと政党交付金がもらえないし、
いつ解散総選挙があるか分からない今、都議選での都民ファーストの勢いに乗るには、
乗り遅れるわけにはいかない・・というのは明々白々だったから、
必ずやこういう動きがあるとは思っていましたが、
それでも「嫌だなぁ~」としみじみ思ってしまう。
 
じゃあ、何が嫌なのか、と考えると、
さしたる政治信念もないくせに(あるようには感じられない)、
小池さんの名前さえ出せば、
政権も取れるぐー、とその気になっているところがまず一つ。


 
この方、豊洲の問題でも小池都知事の言葉のまま「安全安心の安心が担保されていない」
とテレビに出ちゃあ、発言していましたが、そのうち、築地も安心でないことが分かり、
豊洲は法的にも科学的にも安全だ、ということがはっきりすると、何も言わなくなってしまった。
 
法律家出身であれば、法に則っとった意見を発信するかと思いきや、
いつも、世間の動きに迎合したことを、ムニャムニャと言うだけ。
で、自民党に公認貰って、やっとこさ当選しているのに、さっさと裏切って正義漢ぶっている。
 
そういう個人的「気に入らなさ」もあるんですけどね。
 
もう一つ「嫌だな」というのは、しかしそれでもマスコミは総出で、
日本ファーストだかを、推すのだろうな、ということで。しょんぼり
民進党が低迷しているもんだから、とにかく、
自民党を引きずり下ろす勢力が欲しい、ということで。
 
そして国民は、過去から学びもせず、また、「自民党の受け皿に!
「しがらみ政治家らの脱却を!」と、大喜びして票を入れるんだろうな、ということで。しょんぼり
 
先日、70代の男性と話していて「とにかく、自民党がのさばっている、ということが忌々しい。
自民党に代わるなら、どこでもいい」と大演説されるんで、
民主党政権になって、日本がどれほど混乱したか、もう忘れたのですか?
民主党は、それでもまだ、十数年の政治集団としての蓄積があったわけですが、
小池新党なんて
なんの蓄積もない、風だけのものじゃないですか、
そんな政党が政権取ったら、
確実に日本はまた、
大混乱に陥りますよ、それでいいんですか? 
と反論したら、黙ってしまいましたね。
 
でも、こういう風に考えている方は多いのだろうな、と思いましたよ。
マスコミの「安倍政権悪印象操作」は、成功していますし。
 
民主党を推し、失望し、でも、日本維新の会が勢力を持ったら、今度は維新に期待し、
石原慎太郎氏まで、政権取れると期待して都政投げ出して、維新に合流し、
維新がショボってしまったら、今度は、日本ファーストですかい!
 
自民党がベストだとは思いませんし、ちゃんと機能するなら、
二大政党制というのも、いいのかもしない、とは思いますが、
仮に二大政党制が日本の風土に根付くとしても、相当な時間を掛ける必要があるのでは?

国際情勢が厳しい今、政党遊びしている余裕は日本にないと思いますけど。
 
今こそ、日本がひとつにまとまって、世界に対峙していかなくてはならない
重要な場面だと思うんですが、まあでも、マスコミは若狭氏を持ち上げ、
都議選で都民ファーストに、あちこちから流れたように、くっつく政治家も増えるんでしょうし、
国民はまた、マスコミにまんまと乗せられ、「政権交代だ!」と興奮するのでしょう。
 
「嫌だなぁ~」と思う日々がまた始まる・・。
でも、私の力じゃどうしようもなく・・無力感ですよね。しょんぼり
 






Last updated  2017.08.08 11:10:41
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.01
31日のBSフジ『プライムニュース』は、民進党がテーマでした。
蓮舫代表は、何故、このタイミングで辞任したのか、
安倍政権の支持率が下がっているのに、何故、民進党の支持率も下がるのか?
出席者は、民進党・衆院議員の 渡辺周 長妻昭 近藤洋介の3氏と、
また、この人か、の伊藤惇夫氏。


 
蓮舫代表が、突然辞任したことについては、何故だか皆さん口を濁し、
「いろいろ詮索しても、もう辞任されてしまったことだし、
本当の理由は、当人しか分からない」ということにしたい様子でしたね。
 
で、何故、自民党が叩かれているのに、民進党の支持率が下がるのか?
については、蓮舫・小池百合子と2人の女性政治家が注目を浴び、どうしても
比較され、小池氏に比べて蓮舫氏はまだ、政治家として若かった・・
というのが伊藤氏の解釈で、民進党の議員さん達のご意見は、
「国籍問題はあまり、関係なく」
「森友・加計問題は実によく調べて、よく追及したが」
「まあ、党のまとまりがなかった、ということではないか」
なんてことでありましたね。
 
民進党の支持率が伸びないのは、偏に、何ら建設的な政策を提案することも出来ず、
ひたすらモリ・カケ問題で安倍政権を倒そうと、ネチネチ、しょうもない追及に終始し
国会の時間を無駄に使ったことだと、私は思いますけど。
 
野党のネチネチ追求とマスコミの意図に乗せられ、安倍政権を支持できないぐー
と思った国民もいたわけですが、その一方で、彼らのやり方に、
これじゃあ、とてもじゃないが、国政は任せられない、
とうんざりした国民も多かったのでは?

そういうところに気付いていない、気づいているのかもしれないけれど、決して認めない、
民進党のズレたところが、支持率低下の最大の要因じゃないですかねぇ。

四つ葉
 
昨年、蓮舫さんを、圧倒的多数で代表に選んだ時、
私は、「民進党ってバカじゃない?
と思ったものでした。
私から見ると蓮舫女史は「自分がどう映るか」を最優先に行動する人・・です。
国益を考えているとは、とても思えない。
彼女を代表に選んだりしたら、この党の終わりの始まりになるだろうに。

うまくいくわけがない・・と、100%外野の私だって、容易に想像ついたのに、
民進党の方々は、「これで、党勢回復できる」と喜んだわけですよね。
外野の、その辺のおばさんである私よりも、先を見る力のない方々ばかり集まって・・
党が衰えないわけがない。
 
それにしても、どうして突然蓮舫女史は辞任を表明したのでしょう?
・幹事長になってくれる人がいなかった。
・二重国籍問題で、実はもっと重大な問題が露呈しそう。
・衆院に鞍替えすると、落選しそうなので、参院議員に居残る術を考えた。
 
といったことが、巷では囁かれていますが、どうなんでしょう?
ハッと気づいたら、四面楚歌だった・・ということなのではないか?
政治の世界って、簡単に掌返しする人、多いですからね。
 
参院議員会館の地下のコンビニそばで、蓮舫女史とすれ違ったことがあります。
コンビニに買い物にいらしたんでしょうが、そんな時でも眉をひそめて
ピリピリオーラがすごくって、ああ、私ゃ、間違っても関わりたくないと思ったものでした。
 
それだけのオーラがある、というのは、さすがですが、心が通じるお友達、
少ないのじゃないか・・と、そんな気はしました。
 
もう一人、次期代表に立候補される前原氏ともお話したことがあります。
外務大臣でいらした頃、日本の大臣クラスで初めてアルジェリア訪問してくださったのですが、
強行スケジュールの中でも、穏やかで、さりげなく周囲に気を使われ、
「あれ? 思ったよりいい人じゃないの」と、ちょっと評価を変えたものでした。
もっとも、だからと言ってリーダーとしてどうかは、分かりませんが。
 
ま、民進党に関しては「勝手にやってください」というところです。

それより、今度の内閣改造! 安倍さん、くれぐれも、間違った人選、
しないでおくんなさいほえー・・といったところでしょうか。
私がハラハラしたって、しょうもないことですが。
 
 
 
 
 






Last updated  2017.08.01 11:04:37
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.01
 
インターネットの接続トラブル続きで、四苦八苦しています。
パソコン開けて、ネットに繋ごうとすると、プチッと切れてしまう。

メールの受信にも10分ぐらいかけて、それでも出来なかったり、
ネットバンクで送金途中で、プチッと切れてしまったり・・
もう、ストレスこの上ない。
 
我が家はNTTフレッツ光で契約していまして、本来なら無線で
家のどこでもネットに繋がるはずなんですが、どうも、それがうまくいかない。
NTTの担当者や、建築関係の人に言わせると
「家の場所によっては、うまくいかないかも」とのことで、
結局、夢の無線LANは諦めて、
各部屋に設置しておいたLANのコンセントから
ケーブル使ってつなげているんですが、
どういうわけか、私の部屋だけ、繋がりにくくなっているんですね。しょんぼり

すぐ隣の、テイシュの部屋では、サクサクとネット検索出来ているのに、
私の部屋ではトラブル続き・・で、説明書、克明に読んだり、
NTTのサポートセンターに連絡して、あれこれ試してみたり、さんざんやって、
目下、お手上げ状態・・。
 
考えられるのは、コンセントというかLANのケーブルをつなげる接着部か、
ルーターまでの(5m程ある)ケーブルに、問題がある・・ということになってしまった。
でも、これって、「壁、壊して、チェックするのかいね?」という大事でして・・。しょんぼり
 
ということで、どうなるか、分からないのですが、(時々、繋がるんで・・)
四苦八苦です。でも、そんなことで時間を無駄に使っているうちに、
明日は都議選の投票日で、
このままだと、自民党が議席を失い、都民ファーストが過半数を占めそうだとか。下向き矢印

四つ葉
 
都民の皆さん、それでいいんですか?

自民党に、弛みが見えるとしても、不満があるとしても、
だからといって、「豊洲も築地も」という
現実性のない
選挙目当ての小池都知事の政策を、そのまま「そうです、そうです、その通りですピンクハート
と言っていいなりの議会になってしまって・・都政はどうなるねん・・じゃないですか。
 
この先、無駄な出費はどんどんかさんで、豊洲移転はずるずる延期されて、
オリンピック準備はとことん遅れて、しっちゃかめっちゃかになるのは目に見えているのに・・。
でも、肝心の都議会は「小池都知事のおっしゃる通りに」
という人達で動かすことになるんですよ。
 
それでいいのですか、都民の皆さんぐー・・と私は言いたいですよ。
 
しみじみ、微力だな・・と悲しくまりますが、

都民のみなさんの、賢明な投票を、願うばかりです。
 
 
 






Last updated  2017.07.01 22:50:00
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.23
案の定、今朝のニュースは「豊田真由子議員の恫喝騒動」一色。



家計学園騒動で、すっかり影の薄くなった感の籠池氏が、
せっかく百万円持って安倍昭恵さんの居酒屋を訪ねる、
という一大パフォーマンスを仕掛けたのに、
すっかり豊田騒動に持っていかれちゃった・・って印象です。ほえー
 
それにしても、しみじみ思うのは「音声証拠の強力さ」でしょうか。

もし仮にその秘書さんが、音声なしに「こういうこと、されたんですぅ」と週刊誌に訴えても、
桜蔭→東大法学部→厚生省→ハーバードのキャリアを持つ、二児の母でもある女性議員が、
秘書にやくざ並みの暴言吐いたり、叩いたりするとはなかなか想像できないから、
ここまで注目を集めないでしょうに、罵声の証拠をテレビでガンガン流されてしまったら、
もう、これは、どうしようもない。
 
今後、ICレコーダーを持ち歩く人が増えるのじゃないですかね。

四つ葉
 
私が注目したのは、河村建夫議員が「本当に頑張っていたことを知っているから、
ちょっとかわいそうだ。男(の国会議員)だったら、あんなのいっぱいいる。
あんなものではすまない」と発言したこと。
 
まずいと思ったようで、すぐにfacebook上で、
「当時私が党の選挙対策委員長でよく知っているだけに、本当にこんなことがあったのか
と少々同情的に思いを述べたように思います。ただ、一部私の不用意な発言が、
要らぬ誤解をうみ、こちらの場を借りまして訂正をし、発言を取り消しさせていただきます。」
と発言を謝罪・訂正したようですが、あまりに呑気な発言でありました。
 
河村氏とは、一度お目に掛かったことがあるのですが、悪く言えば、影の薄い、
よく言えば、とても官房長官にまで行きつく強か議員には見えない、いい人っぽい方なんですね。
ついつい、ご自身の印象で語ってしまったのでしょう。
 
ただ、この発言の「あんなのいっぱいいる」というのは、
実にうっかり、真実を語ってしまったところではないか。
 
私の拙い経験験から言えば、
「あんなのいっぱいいる」は、真実です。ウィンク

もちろん立派な方もいらっしゃいますが、
「こんなに嫌な奴なのに」という人が有権者の評判はとても良かったりする。
 
で、「こんなに嫌な奴」になるのは、生まれ持ったものもあるのでしょうが、
先生、先生、と持ち上げられて、だんだん勘違いしてしまう部分もあるのではないですかね。
そういう経験がないので、分かりませんが・・
議員同士で「先生」「先生」と呼び合っている光景って、
なんともムズムズして妙な感じです。
 
高飛車にエラソーに振舞って、実は得すること、
あまりないんですよね。

むしろ周囲の人達に気持ちよく働いて貰う方が、
得するに決まっている。

そういうことが分かる大人であれば・・
こんな騒動にはならないわけですけどね。


 






Last updated  2017.06.23 12:12:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.21
小池都知事が、豊洲移転問題の方向性をようやく発表。
豊洲に移転はするが、
築地は借地にして、5年後を目途に、食のテーマパークなど、
築地ブランドを活かした再開発をする・・との案のようでした。


 
ちょっと聞くと、なんだか全ての人にいい、夢のプランのようにも聞こえますが、
要するに豊洲には移転する、ただ、そういうと築地残留派の方達の気が済まないから、
「築地の跡地は売らずに、賃貸で儲かる方法をなにか考える、市場の要素も残して、
希望者は築地に戻って来られるようにしますね、財源をどうするかは、これから考えるけど」
と言っているわけですよね。

築地ブランドは、東京都の膨大な財産です、と。
 
具体的なプランもなく、財源の根拠もない。そもそも専門家委員会だの、
なんたらPTだのがこれまで話し合って出したはずの案とも違う。
 
これ、いったい誰がどこで決めたの?・・って印象。しょんぼり
 
素人目で見ても、築地と豊洲両方に市場を作る意味はないし、
テーマパークだの、ワイドスペンディングだのって、なんとも胡散臭い。

TSUKIJIがブランドであるのは、築地にあるからではなく、
マグロのセリがあったり、良質な食材が手に入ったり、という機能がブランドのわけで。
そんなにツキジが価値あるなら、豊洲を「新築地市場」とでも名付ければいい。

四つ葉
 
おそらく、これだと、移転推進派も残留派も、文句は言わない。
「築地を守る、豊洲を活かす」いい響きの標語じゃないか。
「決められない知事」という批判もかわせる。
 
これで都議選で勝てば都民ファーストの議員が多数になって、今後
議会で叩かれることもない。可能性を精査して、厳しいとなっても、
選挙後なら、どうとでもなる。

一旦豊洲に行ってしまえば、そりゃあ、最新式の設備だもの、皆、ここでいいじゃん、
ということになって、何年も先になって、どうしても築地に戻りたい、という声は
収まっているだろうし、財政的に難しい、とプランを縮小していけばいいだけの話。
そもそも、5年後、都知事やっているかどうか、分からんし
・・とでも考えたのではないですかね。ウィンク
 
こういうことを安倍さんがやれば、おそらく今朝のニュースなんか、
「話がどんどんすり替わる」、「究極の選挙対策だ」と非難ごうごうなんでしょうに、
小池さんとなると、テレビも新聞も、歯切れが悪い。うーん、と思いつつも、
賛成する声もある、とか、「これで都民ファーストはやりやすくなった」とか、
おいおい、キミらの立ち位置は、どこよ?・・って感じです。
 
しかし、なんか、恐っそろしいですよね。
何十年もコツコツと積み上げてきた移転計画を、
やっと引っ越しとなった直前に、ストップさせて、まあ、豊洲移転を決めただけよかったものの、
突然、借地にしてテーマパークだのと思い付きみたいなプランで精査もなく、
諮問機関の意見とも別に独断で出せちゃう・・この政治のしくみって。
 
しかも、どう見ても、ご自身の選挙のためでしょうが。
これで「ああ、小池都知事は、都民のことを第一に考えてくれている」
と思う人がいたら、
ほんと、人が良すぎです。
 
でも、人が良すぎの人、結構、多いんですよね。
都議選が心配です。
 






Last updated  2017.06.21 10:28:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.19

週末も、TVを点ければ、どこもここも加計学園問題一色で、
もう、うんざりでありますよ。



野党の先生方も、マスコミの人達も、これ以上追及したところで、
刑事事件にはなり得ないことは、分かっているのだと思う。
「説明責任を果たしていない」という位しか、突っ込めないじゃないですか。
 
「安倍政権のイメージを少しでも落とせる」という一心で、
大変な疑惑のような風に、騒いでいるんでしょうけど、
無駄に大騒ぎする自分らが、空しくはならないのだろうか?
 
文書の「広域的に」の一言を書き込んだのは誰だ、
これで一挙に加計学園に有利になった、
筆跡鑑定せよ、証人喚問せよ
‥なんぞとも騒いでいますが、それで何かの罪が判明でもするんですかね?
 
「総理の意向」は、お友達有利に権力を行使する安倍総理の横暴だぐー・・
ということにしたいんでしょうが、総理の意向というのは、早くやれ!、ということだ、
と言われてしまえば、それでお終いだと思いますけど・・ね。

巷でも、団塊のオジサマ達が「これは大疑獄事件だ~!」なんぞと言っていたりしますが、
総理のお友達だから有利になった・・だけでは、疑獄にはなり得ない。
 
おまけに「内部告発をした正義の官僚を守ろうとしないのかムカッ」と
森ゆう子議員辺りが、凄みをきかせて国会で迫り、
マスコミも、そうだそうだピンクハートの大合唱ですが、民主党政権時、
中国漁船の体当たりの映像をネットに流し、事実を隠蔽した菅直人政権を告発をした、
一色正春海上保安官をすぐにもクビにしたのは、
目下「内部告発者を守れ!」と迫っている民主党なわけで。
 
あの時、マスコミはどうだったのか?
公務員には守秘義務がある・・とか、言っていませんでしたっけ?
 
とにかく、野党とマスコミがなにがなんでも、
異常な程の勢いで、安倍政権を倒そうとしているようで。
小池都知事に、やたら甘いマスコミの姿勢も、自民党つぶしの一環なんでしょうねぇ。

私は、今のこのマスコミ+野党の勢いの方が、
不気味な感じがしています。

四つ葉
 
その成果か、毎日新聞の世論調査で、安倍内閣の不支持率が支持率を上回ったそうで、
毎日新聞は、狂喜乱舞状態。

昨日のフジテレビ「新報道2001」で、片山さつき議員が、
「でも、支持率はむしろ上がっているんですよ、週明けに分かるでしょうが」
と語っていましたが、こと、毎日の調査では、そうはならなかったようです。
 
世論調査程、いくらでも操作可能で、胡散臭いものはない、と私は思っておりますが、
またこれで、マスコミ挙げて狂喜乱舞し、一強の驕りだ、と口を極め、
国民も「安倍政権の驕りが出だした、よくない」と言い出し、
安倍政権攻撃が進むのだろうな、
とうんざりですが、

国民も、じゃあ、民進党+共産党政権にしていいのか・・
ということをようく考えて、冷静に政治の動きを見、判断して欲しいと、思いますよね~。


 






Last updated  2017.06.19 10:57:08
コメント(2) | コメントを書く
2017.06.04
菅官房長官が、出生数が初めて100万人を下回ったことに、
強い危機感を示した・・というニュースを発見。
「安倍政権としては極めて深刻な問題。そういう中で、
最優先課題としてしっかり対策を講じていきたい」と述べられたそうです。
 
おいおいムカッ・・ですよね。
なにが「最優先課題」ですかい。
出生数は、ここ20年、ずぅ~と減り続けていて、
今更何を危機感かい!・・というレベルじゃないですか。
 
少子化対策大臣ポストを高らかに作ったのは、いつだったか?
でも、その後、いつの間にか、その道の専門家でもない新米大臣が、
しかも兼務でやるようなポストになってしまっている。


 
その一方で、「一億総活躍社会」とか、「女性が輝く社会」などと謳って、
やたら、社会に出て女性を働かせることばかりを後押ししている。
 
女性が自由に仕事ができることは、素晴らしいことですよ。

でも、スローガンの裏に、手っ取り早く、安手の労働力確保をしたい内実が見え見え。
働く人口が減って、経済政策上も、女性に働いてもらわないと困るのは理解できますが、
目先の経済効果を優先して、少子化対策にブレーキを掛けるようなことでは、
元も子もないわけです。しょんぼり
 
政府だけの課題ではない。
野党も入れて、国全体で、取り組まないと、
取り返しの付かない事態になると思いますけど・・。
いや、もう、手遅れなのじゃないかと、私は心配していますよ。

四つ葉
 
そんな事態でありながら、今朝も、政治討論の番組では、
加計学園の獣医学科設立について、安倍総理の個人的人間関係が
働いているのではないか・・ということをヤイノヤイノやっていました。
 
野党は、森友学園を潰したように、来年開設まで来た四国唯一の獣医学科を
潰してしまえば、満足なのだろうか?
 
「新報道2001」では、番組では民進党の野田氏も、共産党の小池氏も
「国民は、文科省の内部で出回ったという書類が
本物だったかどうかのファクトを知りたいのだ」と強調していました。
 
そうですかね? 私はそんなことよりも、
四国の加計学園に獣医学科を作ることが、妥当なのか、
理に適っているのか、そこだけを知りたいですよ。
 
NHKの討論番組では、誰だったか、野党の議員氏が
「国会で証人喚問をして、両者に語ってもらえばいい。
理路整然と説明できるのか、しどろもどろになるのか、そこで真実が分かる」
とか言ってましたが、
そんなことで、真実が分かるかいね。
都議会の百条委員会みたいな、愚かなことを、国会でも展開するつもりだろうか?
 
何かの記事で、安倍総理が「僕が圧力を掛ける気なら、官僚に言わずに、
直接大臣に言うけど。その方がよほど早くて簡単だ」とこぼしていたそうです。
その通りグッドだと思いましたけどね。

四つ葉
 
話を少子化に戻しますが、私は国挙げて真剣に取り組んでもらいたいです。
すでに、非常に深刻な問題になっているのだと思います。

拙い頭で、いろいろ考えましたが、解決策としては、

・子育て支援に、多額の税金をつぎ込む。
・母性の地位向上を図る。
・正規雇用を増やし、男も女も、定時に帰れるようにする。
 
・・を最優先課題として実行することではないか。

そういうことを、それこそ政治主導で実行するプロジェクトでも、
与野党タグを組んで、やってくれいぐー・・と思うんですけどね。
 
本気で危機感を持ってもらいたいものです。
 
 
 






Last updated  2017.06.04 10:45:18
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.02
小池都知事が自民党に離党届を出し、
「都民ファーストの会」に代表に就任した、と大ニュースになっています。
 
そんな、大きなこと?・・どっちみち、都民ファーストの会の親分なんだし、
形式上はともかく、自民党と決裂しているのが現実なんだし。
都議選が近づいて、まあ、こんなことでもしないと、かっこつかないわなぁ、
・・と私なんぞは思うんですが、とにかく、日本中のメディアが騒いでいるわけです。
 
要するに、人は「選挙」が大好きピンクハート、ってことなんですかね。ウィンク
 
都議選のことは、正直、「勝手にどうぞ」という感じです。
都民ファーストの会は、やっぱり胡散臭く、都議会で大多数を占めるのは、
都政にとって、いいことではないように私は今でも思いますが、
これも都民が決めることで、その都民は極めて空気に流されやすく、
今後1か月の、メディアや選挙参謀のやりように大きく左右されるのでしょう。
 
それでいいのかぐー・・とは思いますが。しょんぼり

四つ葉
 
ただ、どうにも気になるのは、都庁という行政の長が、
選挙に奔走しちゃっていいのか・・ということ。
 
課題山積の都政ですから、私としては、都知事には、選挙とは一歩距離をおいて、
行政を粛々と進めてもらいたいですよ。
 
それともう一つ、気になるのが、メディアの論調です。
豊洲移転か築地残留か、それは、投票してくれる人の様子を見て、
都知事は決めるのでしょうオーケー・・と、さも、それが当然のように嬉しそうに
どこの解説者も解説しますが、
小池女史の都合としてはそうとしても、都民として、そんな選挙の動向で、
豊洲にするか、築地にするか、決められてはたまらない。ムカッ
 
この件はあくまでも科学的・経済的判断でもって決めることで、
政局で決めちゃあ、いけないでしょうが。
 
何故、そういうことをいう解説者が一人もいないんでしょ。
どうにも、もどかしい日々なんですが・・。



・・と久しぶりにこの写真を出してきて、これ、
小池知事が、一番最初に知事選立候補を表明した時のものですが、
3つの公約を掲げたんですよね。

冒頭解散と、利権追及チームの立ち上げと、
舛添・前知事追及の第三者委員会設立・・の3つ。

これ、ぜ~んぶ、うやむやになっちゃいましたよね。

余談ですけど。ウィンク
 
 
 
 
 






Last updated  2017.06.02 12:22:09
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.31
 
何故、大騒ぎになっているのか、さっぱり分からないのが加計学園問題。

50
年以上、新設なかった獣医学部を、まだ一校もない四国に新設しましょ、
という話ですよね。10年以上も前から話が上がっていて、
それが、文科省の判断と、おそらくその裏にある獣医学会の反対で、
ずっと実現できなかったこの案件を、今回、ようやく
経済特区という枠にいれることで実現可能にした・・という話ですよね。
 
何の問題もないじゃないですか。
口蹄疫や鳥インフルエンザの流行が、近年多くなっているし、
最近のペットブームを見る限り、なるほど、獣医さんの需要、あるだろうな、
と思います。四国にないなら、ぜひ、と誘致したい地方の希望も分かるし。
 
つまり10年も前から上がっていた案件を、実現させましょ、という今になって、
「いやいや、安倍総理のお友達の学園だから問題だぁ~ぐー」と騒いでいるわけですよね。
「国家権力に対する忖度があった」と。

忖度したのは役人で、官邸ではないのに。
 
で、文科省の前・事務次官まで出てきて、確かに、官邸による圧力があった、
と言い出した・・というのが今の段階なわけです。
 
その出回った書類というのに「総理の意向」とあった、だから安倍さんけしからん炎
ということらしいですが、役人が「いやあ、議員さんがうるさいんで」という言い訳で
いろいろことを動かすのは、常套手段でしょうが。
役所に限らず、どこの世界でも「上がね、前向きなんですよ」と言って
困ったふりして、案件を勧めたりしているではないですか。
少なくとも、この書類で安倍総理が「君、僕の友人のために、この件、
進めてくれないと困るよ」・・と言った証拠にはならない。


 
前川前事務次官は、昨秋、首相補佐官から開学手続きを
急ぐよう要求されたとも公表したそうです。
「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と述べたと。
つまり、ここで分かることは、
安倍総理は一言も言っていない・・ということでしょ。
 
で、今度は、25年も前に安倍総理が、数年間、加計学園の役員に就き、
年間14万円の報酬を受けていたことを問題視しようとしていますが、
私らから見ても「それが、どうした」・・としか思えないですけどね。
 
なんか、小さな小さなことをことさら大げさに取り上げて、
「大問題だぁ~」と騒いでいるとしか思えない。

仮に、安倍総理が、獣医学部を新設したい友人の希望が通るといいな、
と考えたとしても、ここまでの流れで違法性は全くなく、
これで、政権を潰すことは、無理でしょ。
国挙げて、無駄な時間を費やしているとしか、思えませんね。

少なくとも、目下、この件を抗議している最先鋒の民進党・玉木議員が、
獣医学会から寄付金を得ていて、かつ、父親と弟が獣医だ・・という事実以上に、
安倍氏の家計氏とのつながりが、問題ありとはいえないのじゃないか。
 
もう、いい加減にせぃ・・でありますかね。
そもそも、あれだけ大騒ぎしていて、まだまだ終わらせない!
意気込んでいた森友騒動、どこ行っちゃったのよ。
 
ただ、一つ思うのは、最近、やたら激しい「何が何でも安倍政権を潰したい」らしい
世の中の動きの背景には、我々から見えないところでの社会不安が
あるのかもしれません。

その不安を解消するのが安倍政権を潰すこととは思いませんが、
自民党も、やっとなんとか政権を取り戻したあの頃を、
もう一度、振り返ってみても、いいのかもしれません。
 






Last updated  2017.05.31 11:23:35
コメント(4) | コメントを書く

全469件 (469件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.