096970 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ陽

2007.03.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
↑光稀(こうき=光ちゃん)とは関係のない話です。

交通の便のよいところに住んでいるので、路線バスには滅多に乗らないけれど、
それでも何かのおりに利用したとき、必ず思い出す話があります。

仕事仲間のカメラマンが話してくれた、こんな男性のこと・・・。

「僕の幼馴染にね、子供の頃からバスが大好きで、
バスの運転手になりたくて、なりたくて、しかたなかった人がいるんですよ。

幼いうちは誰でもそういう身近な職業にあこがれるけれど、
中学、高校と進むにつれて、パイロットだとか、医者だとか、弁護士だとか、
カッコがよくて収入もいい仕事につきたいと思いがちでしょ?

でも、彼は学校の勉強もすごくできたのに、
大学に行くことよりバスの運転手になることを迷わず選んだんです。

そしてね、あまり高くない給料だけれど、
それを貯めて、1年に一度、海外の路線バスに乗る旅行をしているんです。

その彼はね、いつ会ってもすごく幸せそうな笑顔でいるし、
あんな生き方ができる人ってそうはいないんじゃないかなぁ」

人の目を気にしてばかりで自分自身を見失いがちな日々の中、この話はなんて新鮮だったことでしょう。

都区内の路線バスに乗るとき、私は「この運転手さんがその人だったらいいな」といつも思います。
きっとハンドルを握りながら、満面の笑みを浮かべているんだろうな。

幸せって自分自身の中にあるもの。自分にしか量れないもの。
それを再確認したいとしみじみ思いながら、バスに揺られます。






最終更新日  2007.03.10 15:56:22
コメント(9) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


お知らせメール、届きました   かなえ さん
一番乗りできたわ!
以前テレビに、駅のトイレ掃除をしている女性が出て
「公共のトイレをきれいにするのが生きがいです」って言っていました。

はたから見ると「生活に困っているから清掃員になったのかな?」と思ってしまいがちだけれど、
その女性にとっては、誇りをもってできる仕事なんですね。

人を仕事やお財布の中味で差別や区別せずに、その人の笑顔で量れる人間になりたいなあ。
(2007.03.10 16:14:16)

Re:しあわせの尺度(03/10)   Kabocha さん
他人の暮らしや周囲からの目線をモノサシにしないで、自分自身の中にきっちりと自分なりのモノサシを持って、「だから私は今幸せです」と胸を張って言える・・・
そんな生き方が出きたらいいですね。 (2007.03.10 16:40:15)

Re:しあわせの尺度(03/10)   美夢たん さん
こんにちは。
自分のやりたい事に向かってまっすぐに進んでいけるって凄く勇気の要ることだと思います。
少しでも良い生活をするために、給料の高い会社に就職。
学歴社会の中、高学歴じゃないと出世できない。
それがわかっていて、それでも好きな道を歩けるんだもの。

自分にとって何が一番なのか。
その人は良くわかってるんですね。 (2007.03.10 16:40:43)

Re:しあわせの尺度(03/10)   猫乃宮ネリ さん
なかなか自分の好きな職業に就くって難しい事だと思うんですが
最初から諦めたり自分で道を閉ざすのは本当に寂しい事ですよね。
そのカメラマンさんのお友達は本当にカッコイイなあ~♪
実は私、中卒なもので、
ちょっとコンプレクスを感じていた時期もあるのですが~(^_^;)
それでも童話を書いたり、イラストや漫画を描くことが止められなくて
同人誌という形で未だに書き続けていたりします。
(2007.03.10 17:00:26)

Re:しあわせの尺度(03/10)   マルリッキー さん
その運転手さん、立派ですね!
世の中には色々な人がいますが、お金や地位、名誉などを得る為に、上司におべっかを使ったり、家庭を犠牲にしている人たちも沢山います。
でも、お金や地位、名誉等を得られなくても、自分が好きなことが出来る方が幸せですよね。
私も子供の頃から機械いじりが大好きで、機械の修理関係の仕事をしています。いまは、電話でサービスマンのサポートしていますが、それでも直らない時は、日本全国へ出向くこともあります。私は4月で定年を迎えますが、1年間は再雇用でこの仕事を続けるつもりです。
(2007.03.10 17:49:19)

バス   inuorunao さん
子供の歌で「バスごっこ」という歌があります。
幼稚園の先生をしている頃に、園児とよく歌いました。それを幼稚園の送迎バスのなかで歌うのが好きでした。
私はバスに乗るのが結構好きです。
電車などと違い、運転手さんを身近に感じますね。
高校生のとき、たったひとりの乗客になったとき、
運転手さんが寒く無いですか?と気にしてくれたのが嬉しくて、おりるときにホカロンをあげました。

(2007.03.11 02:41:25)

Re:しあわせの尺度(03/10)   どらにゃん3432 さん
 そうですよね。幸せって自分の物差しで決めていいんだって、私も最近気がつきました。 (2007.03.11 16:06:47)

Re:しあわせの尺度(03/10)   ハイちゃんと飼主 さん
なんとなくわかるですワンよ。
飼い主も、そっち系の人間かもですワン!

超大手企業での正社員の道を捨てて、デザインとアートの道を選んだですワン。(デザインで生活していけるかどうかわからないのに・・・・)

こういう系の人間は人と少しズレた価値観を持っている模様なのれ(本人は全く気がついてないれすワン)、なんで、周りが「超大企業を捨てるなんてもったいないなぁ・・」と言うのかわかりません。。。
スキなことやってるということが一番「誇り」に思え、生き生きしてると飼い主は思うからです。
運転手さんは、もしかしたら、飼い主なんかよりもっと、何か別の考えがあったのかもしれないですけど。。。

飼い主は地位とか名誉とか、自己顕示欲とかより、こういう運転手さんみたいな人が好き~~☆”





(2007.03.12 13:59:32)

Re:しあわせの尺度(03/10)   きちはな さん
そうですね 色々なしがらみがあって

なかなか人生思うようには行かないことの

方が多いですね 素敵なお話です (2007.03.19 12:30:24)


© Rakuten Group, Inc.