208116 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ネット文芸館 木洩れ日の里

PR

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

mac0924@ ありがとうございました。 こんにちは。 わざわざ、おいでいただきコ…
朽木一空@ Re:忍草2 表裏の巻 4(10/03) ポエムの欄に時代小説の乱入ごめんなさい…
秋梅雨@ 忍草シリーズ素晴らしいですね ブログ村のランキングがトップクラスなの…
五林寺隆@ 応援ありがとうございます。 無名作家さん コメントありがとうございま…
無名作家@ Re:寄稿 晩秋の俳句5選(01/11) 冬なのに、一遍に秋の気配のなかに吸い込…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Headline News

Archives

Free Space

このサイトに掲載している「文章と絵手紙画像の著作権」は、当サイト管理人に帰属しています。従って、無断で転載することをお断りします。

2018.07.11
XML
カテゴリ:ショートショート


曲町のボランティアセンターで、掲示板に老人施設への慰問募集のポスターを見た。
「都心の老人ホームなら、様々なボランティアの方が、訪問してくれて、楽しい時間を作ってくれますが、交通不便の山間部の老人ホームは見捨てられ、訪れる人も少なく、職員が工夫して色々やってはいるのですが、どうしてもマンネリな日常になってしまい、刺激が少なく、痴呆症になる確率も高いと言われています。
 入所している老人たちも、これではまるで、姥せて山のようだと嘆いています。どなたか、こんな田舎の施設の老人たちを励ましていただけませんか、、、担当島倉千代子」

--こんな俺でも、何かの役に立つべえか?、---
---隣村のカラオケ大会で優勝した幸男、おしゃべりと冗談で明るいキャラの輝彦、ギター伴奏程度なら得意の一夫、懐かしの青春歌謡曲で老人たちに、在りし日の青春を感じてもらおう、、ということで、意気投合、幸男、一夫、輝彦の三人は、『旧御三家』というグループ名をつけた。

 デビュー初日公演の「せせらぎ老人施設」へ向かった。車でもだいぶかかった、なるほどここは山の中、聞こえるのは虫の声と、鳥の鳴き声くらいだ。随分淋しいところだ。なるほど、姥捨て山といわれてもしょうがない。

---さてさて、みなさん、こんにちは、眠っていないで、元気に唄いましょうね、あの唄が、この唄が皆さんを青春のひと時にお連れしますよ----いいぞ、輝彦、名調子!、、

「私の彼は左きき」麻丘めぐみさんですね、、、知ってますね、 、、、、
わたしのわたしの彼は バンバン、、 左利き~
えっ、?わたしのわたしのジイさん、左しびれ、、ですか、、

「次は、誰もが知っている「高校三年生」を歌いましょうね、
赤い夕陽が校舎をそめて、~ニレの木陰に弾む声~
えっ、うちの婆さん、三年前から痴ほう症で「徘徊三年生」になっちまったがね、、、、
ぼくら、離れ離れになろうとも、仲良し夫婦はいつまでも~

「つぎはレコード大賞受賞曲、橋幸夫、吉永小百合さんの「いつでも夢を」唄いましょう、
星よりひそかに、雨より優しく~いつでも夢を~いつでも夢を~
わたしゃ、死ぬまで夢をですよ、おらあ、いつでも助平な夢をみてるなあ、、いやだよ、、

「あの、可愛い顔でドスの効いた声で歌う、新宿のマドンナ藤圭子の
「夢は夜ひらく」を唄いましょうか、、」
あかく咲くのはけしの花~白く咲くのは百合の花~
どう咲きゃいいのさ、うちの婆さん、股は夜開かねえっ、、、てか、、、

「お色気たっぷり、スタイル抜群、山本リンダの「どうにもとまらない」を元気に唄いましょう、
えっ?おしっこがどうにも止まらないって?困っちゃうな~、、職員さんお願いします、、、」

「可愛い三人の女の子、キャンデーズの「年下の男の子」もいい曲ですね、
あいつはあいつはかわいい 年下の男の子~」
ジイさんは八十二かい?あたしゃいくつだったかな、八十も過ぎるとね、どっちが年下だかわかりゃあしねえよ、ってか、、、

「ダカーポの「結婚するって本当ですか」を唄いましょう。」
「あのさ、この八十過ぎのジイさんがよ、結婚するってさ、嫌だよ、スケベだよ、頑張れるのかよ、、、
ジイさん、結婚するって本当ですか?
オメエ、嫁に来ないか~(新沼謙治) 瀬戸の花嫁~(小柳ルミ子)でよ、
結婚しようよ~(よしだたくろう)、、、ジイさん、まだ役に立つのかい?

「しんみりと、布施明の名曲「シクラメンのかほり」を歌いますね、、、」
真綿色した シクラメンほど 清しいものはない~
匂ってくるのはシクラメンの香りじゃなくて、真綿色の紙おむつの香りだってさ?、、」

「爺さん、何を歌ってるんですか?えっ、おニャン子クラブの唄ですか?」
セーラー服を脱がさないで、~
今はダメよ我慢なさって~嫌よダメよこんなところじゃ~
「おじいさん!!お風呂ですよ、さっさと、早く脱いで下さいね、、」

「黒沢年男さんの名曲を歌います、」
ときには娼婦のように 淫らな女になりな~
バカバカしい人生より、バカバカしいひとときがうれしい~
看護婦さんも時には、娼婦のようにお願いしますだ、、そうすれば刺激を受けて元気になるだ、、

「中村雅俊さんの「恋人も濡れる街角」もいい唄ですよね、」
愛だけが 俺を迷わせる~?恋人も濡れる街角~
過活動膀胱炎が俺を悩ませる~ズボンも濡れる街角~

「沢田研二の「勝手にしやがれ」を歌いましょう
朝までふざけよう、ワンマンショ―で、アア アアア アアア アア アアア~
わがままジイさん!消灯時間とっくに過ぎてるのよ!、もう知らない、勝手にしやがれ!!

 フィナーレは水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」です。
元気よく、立ち上がって、体を動かして、歌いましょう。

しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね~
一日一歩 三日で三歩  三歩進んで 二歩下がる~

じいさんばあさん元気よく、それ、ワンツー ワンツー休まないで歩け
 あらあら、じいさんばあさんパンツまで下がりっぱなしで、尻だして、、、まっいいか、、

ああ、永遠なれ昭和青春歌謡スペシャル、元気になりましたか?  曲町旧御三家より、


作:下肥 流行


※下記バナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ。
またこのブログ記事が面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ







Last updated  2018.07.11 13:59:48
コメント(0) | コメントを書く
[ショートショート] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.