208047 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ネット文芸館 木洩れ日の里

PR

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

mac0924@ ありがとうございました。 こんにちは。 わざわざ、おいでいただきコ…
朽木一空@ Re:忍草2 表裏の巻 4(10/03) ポエムの欄に時代小説の乱入ごめんなさい…
秋梅雨@ 忍草シリーズ素晴らしいですね ブログ村のランキングがトップクラスなの…
五林寺隆@ 応援ありがとうございます。 無名作家さん コメントありがとうございま…
無名作家@ Re:寄稿 晩秋の俳句5選(01/11) 冬なのに、一遍に秋の気配のなかに吸い込…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Headline News

Archives

Free Space

このサイトに掲載している「文章と絵手紙画像の著作権」は、当サイト管理人に帰属しています。従って、無断で転載することをお断りします。

2018.09.14
XML



 『わんぱく戦争』の巻で登場したが、梅ヶ丘商店街のガキ大将こと鈴本健二はまだ中学生になったばかりだったが、去年父親が突然亡くなってしまい、家計を助けるために新聞配達をはじめたのである。朝早く起きて朝刊配達をして、中学校から帰ると今度は夕刊配達をしていた。まさに新聞少年だったのだが、人懐っこくて行動派の健二にとっては、単調な新聞配達は辛いというよりも退屈で堪らなかった。

 それで夕刊配達のときは、子分格のひろし君を誘って二人で夕刊を配ることにしたのである。手分けして配るので一人で配るよりかなり時間の節約になるし、二人でお喋りしながら配るので退屈もしない。
 そのうえ手にする賃金はすべて健二のものになる。健二にとってはメリットばかりで楽しい仕事になったのであった。
 一方ひろし君のメリットは、配達しながら健二から怪談話を聞けることだった。健二はいろいろな話を知っていて、かつそれらを声色を使って上手に話すのである。そして盛り上がったところで、暗闇で奇声を発して逃げてしまうのだ。ひろし君は怖くて堪らないのだが、逆にそれがまた楽しくて堪らなかった。

 こんなことが二か月間続いた。だがさすがに怪談話も底をついてしまい、健二は何度も同じ話を繰り返すようになってしまった。また最初は健二の親孝行ぶりを褒めていたひろし君の父母たちも、「いつまでもただ働きをしていないで、家の手伝いもしなさい」と文句を言うようになっていた。
 それで次の日に健二が呼びに来たとき、「親に叱られたので、もうついてゆけない」と断ってしまったのである。さすがの健二も親に叱られたと言われると返す言葉がなく、「そうか」とつぶやいて一人で夕刊配達にむかった。

 その日を境に、健二がひろし君を夕刊配達のお供に誘うことは無くなった。と言うよりも、もう子分格として接することもなくなり、声をかけることさえもなくなってしまったのである。そうして健二とは疎遠になってしまう。
 また小学三年生になったひろし君も、近所の子供たちよりも学校の友達と付き合う割合が増え、健二に対する興味も薄れてしまった。かつ家業の和菓子屋の手伝いが忙しくなり、ちゃらちゃらと遊び呆けてばかりいられなくなってしまうのである。

作:五林寺隆


※下記バナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ。
またこのブログ記事が面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ







Last updated  2018.09.21 10:12:40
コメント(0) | コメントを書く
[ひろし少年の昭和ノスタルジー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.