219938 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ネット文芸館 木洩れ日の里

PR

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

リュウ@ コメントありがとう 悲しい男さんへ  皆同じような経験がある…
悲しい男@ Re:子供用の自転車(12/06) んんんんん、、、、、 辛い、その気持ち、…
リュウ@ Re:はじめまして(11/26) 小枝(https://aiyoeienni.at.webry.info/…
小枝(https://aiyoeienni.at.webry.info/)@ はじめまして はじめまして、小枝と申します。 にほんブ…
mac0924@ ありがとうございました。 こんにちは。 わざわざ、おいでいただきコ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Headline News

Archives

Free Space

このサイトに掲載している「文章と絵手紙画像の著作権」は、当サイト管理人に帰属しています。従って、無断で転載することをお断りします。

2018.12.06
XML



 そのころ自分専用の自転車を持っていたのは、同級生の男子の1/3にも満たなかった。ひろし君の家は決して裕福ではなかったし、むしろケチだった紘一郎がひろし君に子供用の自転車を買ってあげたのは、ある魂胆があったからなのだ。つまりそろそろ和菓子の出前や仕入れの仕事を、ひろし君に手伝わせようと考えていたからである。

 もちろん商売用の頑丈で大きな黒色の自転車が2台あったのだが、余りにも大きくて重いため、子供が乗るのはかなり難しい。それをひろし君が乗りこなせるようになるには、少なくともあと3~4年はかかってしまうだろう。それでは家業の手伝いも広がらないし、お使いなども制限されて何かと不便である。そう考えた紘一郎は、ひろし君が3年生になったのを機会に、22インチの子供用自転車を買い与えたのである。
 ただそれほど身長の高くないひろし君には、20インチのほうがぴったしなのだが、少しでも長く乗れるようにと、やや大きめのものを選んだのである。だからひろし君は少し運転し辛くて、時々ころんでは膝をすりむいていた。

 それでもひろし君はこの自転車を見せびらかしたくて、用もないのに同級生たちの家に自転車で乗り付けたものである。そんな同級生の一人に山城君という背の高い男子がいた。
 例によって自転車を見せびらかしに山城君の家に行くと、自転車を持っていない山城君は「ちょっと乗せてくれ」と言って、無理矢理ひろし君から自転車を奪い、周囲の道路をグルグル回ってから戻ってきた。そして近くに住んでいるマドンナの野添小百合を誘って、美人母が美味しいお菓子を出してくれる吉永君の家に行こうと言うのだ。
 
 しかしひろし君は、いきなり小百合を誘ったり、さほど親しくもない吉永君の家に三人で押し掛けるのは図々しいと思ったので、もじもじしていた。だが「全部俺が手配するから」と言う山城君の強引さに負けて渋々承知してしまった。
 突然なので小百合には断られると思ったのだが、なんと二つ返事で同行してくれることになったのである。さてここから吉永君の家まではかなり遠いので、自転車の後ろに小百合を乗せて行くことになったのだが、ひろし君は二人乗りをしたことがない。
 
 そんなひろし君の心情を察したのか、間髪を入れず山城君が「俺が運転する」と言い、ひろし君を自転車から降ろそうとした。だが自分の自転車を他人に貸して、その後をずっと走って行くのはとても耐えられない。それでひろし君はハンドルをしっかり掴んで離さず、小百合を乗せ生まれて初めて二人乗りを決行することにした。

 ひろし君の背中には、小百合の身体がピッタリと引っ付いている。優しい微風がとても気持ちよい。そして両手でしっかりとひろし君の腰を掴み、背中にピッタリと顔を埋めている小百合の息づかいと甘い匂いにドキドキしてしまう。ちらりと後ろを見るとハアハア言いながら、山城君が走ってくる。やっぱり僕が運転して良かった。

 ひろし君はとても快い気分で走っていた。この瞬間が永遠に続くと幸せだなと感じながら・・・。ところが吉永君の家までの半分近く走ったところで、道路に沢山の砂利が撒かれている場所があった。なんとなく嫌な予感がしたが、あっという間に砂利に巻き込まれてハンドルをとられてしまった。
 「ガシャーン」あっという間の転倒。もちろん後ろに乗っていた小百合も一緒に地面に投げ出されてしまった。
 「痛てってててっ、あー野添さん大丈夫、ごめんごめん」ひろし君は小百合の手を取りながら謝ったが、小百合はびっくりしたのか痛かったのか、今にも泣きだしそうに顔を歪めた。

 そこへ走ってきた山城君が割り込んできた。
 「だから俺が運転すると言っただろ下手くそめ、今度は俺が運転するぞ」と言うなり、倒れている自転車を起こし、不安げな小百合の手を取って強引に後ろに座らせてしまう。そしてぐんぐん走り始めてしまった。
 ひろし君は仕方なく、その後を走り始めたが、すりむいた膝が痛くてしようがない。だが転倒してしまった以上、山城君の言うなりになるしかなかった。そして悲しいことに、帰りもずっと山城君が運転する後から、痛む膝を庇いながら走り続けたひろし君なのであった。

作:五林寺隆


※下記バナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ。
またこのブログ記事が面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ







Last updated  2018.12.06 20:25:38
コメント(2) | コメントを書く
[ひろし少年の昭和ノスタルジー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.