1976659 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

2011年07月18日
XML
カテゴリ:スタッフ日記
こんにちは。KOMPASスタッフの古川です。

7月3日(日曜日)に久万高原町で開催された
「久万山真景絵巻秘境トレッキング ツアー」に、
サポートスタッフとして参加してきました!

みなさん!
「秘境」と聞くとなんだかワクワクしませんか?!
久万高原町に秘境?!
一体どこに?!
それは・・・。

今から150年前、
松山藩絵師である遠藤広実(ひろざね)が描いた、
久万山真景 絵巻全二十三景の中にあります。
絵巻と絡めたトレッキングツアーは今年で2回目だそうで、
年に1度開催される人気ツアーとのこと。

久万高原町出身・アウトドアーズ・コンパス探検隊の古川が、
地元遊山会の方や参加者のみなさんと一緒に久万の秘境を巡り、
知っているようで知らなかった故郷を再発見すると共に、
体験してきた事をお伝えしていきたいと思います。

朝8時、久万高原町役場前に、
秘境巡りに興味のある約30名の方が
続々と集合 して来られました。
私は受付でみなさんをお迎え♪
小学生も2名参加です。



ミステリアスな秘境巡りにはピッタリなのでしょうか!?曇り空の下、いざ出発です!



まずは絵巻の見学に、珍しい木造建築の久万美術館へ向かいました。
学芸員の方のお話に耳を傾け、
遠藤広実や絵巻の描かれた時代の背景について教えて頂きます。



そしていよいよ150年前の絵巻に描かれた風景へ会いに、
秘境トレッキングスタートです!!!

まず現れたのは、久万で唯一の沈下橋。



もやがかかって神秘的な川を渡ります。



スタートしていきなり倒木の下をくぐり、進んで行きます♪♪



すると最初の秘境、「老憎淵」へ到着。



木々が邪魔をして上手く撮影出来なかったのですが、
雨が少し降った影響もあり、水量が増して、
実際はすごい迫力でした!!

その後、「茶トウラ淵」を巡り、
(秘境という秘境で足場が不安定な為、写真を断念)
昼食の筒城集会所へ向かいます。

集会所では自治会の方による、
心のこもった地元産の山菜料理を堪能しました。
地芋の味噌煮やイタドリ、
山菜おこわのもち米は昔ながらの稲木干しだそうで、
あまりの美味しさに感動の連続でした!



なんとこの秘境ツアー、
ランチ付きで1500円だったんです!
人気の理由に納得!!

次回に続きます!






最終更新日  2012年04月10日 15時29分51秒

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.