1936700 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

2014年03月29日
XML
カテゴリ:└多田圭佑
こんにちは、アウトドアーズ・コンパス 多田です。
今回は、前々から気になっていた、小豆島の山々、
寒霞渓は秋においとくことにして、低めの山をいくつか攻めて来ました。
ルートは、某アウトドアショップオーナーK氏のブログを参照し、探りながら決めました。

まずは、橘にそびえる千羽ヶ岳の攻略です。
橘バス停でバスを降り、しばらく山に向かって歩くこと3分、全貌が見えてきま
した。岩好きにはよだれが出そうな、完全なる岩山です。手前にそびえ るピー
クが親指岳といって、5ピッチくらいあるルートだそうです。次回登ってみよう!

20140329_01.jpg

一般道を登ること数十分、見えてきました。

20140329_02.jpg

さすがにこの辺りは確保無しでは登れないです。

景色は抜群に良いです。

20140329_03.jpg

トレイルを駆け上がること数分

20140329_04.jpg

走るにはちょうど良い岩場が出現します。最高です。

20140329_05.jpg

そうこうしているうちに、あっさり山頂についてしまいました。

20140329_06.jpg

景色は100万ドル超えか!

20140329_07.jpg

その後、トレイルを駆け下り、まずは一つ目の山1get!

初日は、遅めのスタートだったので、これにて終了。ロードを数キロ走り、
オリーブ温泉に到着です。休憩室で撮った本日の装備です。

20140329_08.jpg

ザックは結構昔の商品ですが、グレゴリーISO22リッター。
意外と収納力は高いです。

20140329_08_2.jpg

夜は、近くの浜で野宿です。
NEMOのタープにfinetrackのポリゴンシールドでトライしたのですが、朝方は少し寒かったです!
無風でおそ らく10度切るくらいだったと思います。一応ライトダウン系は着てました。
火は相棒のこいつで確保。今回はエスビットの固形燃料。
タープ内ならい けると思ったけど、やはりむせて死にそうになりました。室内ではNGですね。

20140329_08_3.jpg

続いて、クライマーにはおなじみの吉田に移動。

20140329_09.jpg

一番高いところが千畳岳、左辺りが吉田の岩場です。
今回は一般道を使い千畳岳山頂を目指します。登ること5分くらい。巨大な岩肌が出迎えてくれま した。

20140329_10.jpg

登ること30分弱、あっさり登頂しました。
最後の一段、直登しようか迷ったけど、安全を優先して辞めときました。

20140329_11.jpg

ついでに吉田富士も登っときました。

20140329_12.jpg

続いて吉田の岩場を見学することにしました。

20140329_13.jpg

左が吉田の岩場です。
上からの写真です。高度感半端ないです!

20140329_14.jpg

落ちたら死ねますね。
続いて安田に移動し、頭上に広がる岩山、洞雲山と碁石山をめざします。
2.5キロくらいロードを駆け上がり、洞雲山にある寺の裏手をよじ上り、
尾根沿いを移動します。

20140329_15.jpg

尾根に出ると、素晴らしい景色が現れます。寒霞渓や、先日登った千羽が岳方面
も望めます。
高度感もたまりません!

20140329_16.jpg

このような気持ちよいトレイルを走り、

20140329_17.jpg

碁石山手前からひたすら下り、無事下山です。
ちょうどマルキンの近くに降りてきたので、とりあえず定番のしょうゆソフトを
いただきました。いつ食べても、美味です!

20140329_18.jpg

馬木からこの辺りにかけてが醤油の倉が集結しているエリアなのですが、
大豆を蒸したような、いーーーーー香りがしていて、
本気でここに住みたいと 思ったくらいです。

20140329_19.jpg

景色は持って帰れるけど、匂いは持って帰れないのが、残念です。
いよいよ旅の終了です。
今回はダイヤが多いのと、目的地から近いということで、行き帰り共草壁港を利用しました。

20140329_20.jpg

高松まで2時間半、草壁まで1時間。悪くはない。
片道4時間かからず、1dayでもギリギリ行ける距離です。
気軽に行けて、スケールの大きい岩山 を楽しむことができる小豆島。おすすめです。

秋に向けて、もうしばらく通いたいと思います。






最終更新日  2014年03月29日 12時32分29秒
[└多田圭佑] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.