1892647 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

2017年03月17日
XML
カテゴリ:└多田圭佑
アウトドアーズ・コンパス スタッフ多田です。こんにちは。

プライベートの記事を載せるのは何年ぶりだろうか。
アウトドア屋さんの店員ぽく、たわいもない日頃のアウトドア活動の記録を綴ってみようと思う。
とにかく、ここ最近、ボルダリングにはまっている。
意地になっているようにも思えるが、とにかく、頑張っている。
ボルダリングを始めてから、8年か9年くらいは経つが、
ここ数年はあまり成果という成果も出せず、
むしろ始めて2年目くらいの方が登れていたようにも思えてならなかったのが去年の夏頃。

KOMPASに入社後、トレイルランニングやファストパッキングにもはまり、
クライミングとの両立を計ってはきたが、やはり両立は難しい。
と思いながらも、何となく過ぎ去ってきた日々。
両立は可能なのだが、本気で打ち込めるのは、やはり1つであると思う。
8年ほど前に、クライミング、トレイルランなど幅広く活動をされている
業界のリーダー的存在のある方に聞いた「両立は難しいよね」という言葉は、今でも記憶に新しい。
というわけで、今シーズンは、クライミング、特にボルダリングに精を出すことにしたわけである。
他のことを辞めたわけではないですので!!w

日々の自分なりの努力の甲斐あって、本当にたいしたことは無いのではあるが、
それなりに手応えは感じている。体は常に重くて痛いが・・・

思い起こせば、去年11月頭の、ワッキーとの高知遠征から始まったように思う。
この岩、登りたいな、と。



核心部にどうしても手が出せず、鍛えて出直そうと思った岩である。そろそろ手をだせるのか。
その後、いろいろな岩を触ってはきた。
既成課題から、未登の岩まで、いろいろと触ってはきたが、いまいち成果は出ず。
だが、いろいろ触れて、経験できて、良かったように思う。







先日、何となく、愛媛のボルダラーにとっての登竜門的な気がしていた
西ノ川のスノーアタックというラインを、しれっと登った。
ついでに、もひとつ登れた。
とりあえず、このくらい登れないとお話しにならないと思ってきたので、登れてよかった。
成果ということで、良いのであろうか。







仲間に感謝。









そして、道具に感謝。
かぶり用にインスティンクトVSRとエッジ立ちこみ系にブースティックが大活躍してくれた。




スカルパ インスティンクト SC20198(ブラック/アズール)インスティンクトVS R

マットはmetliusのセッションクラッシュパッド10mmと、ペツルのCIRRO12.5mm2枚で安心。
ASANAのスポッターパッドも、広げると畳1畳くらいになり、かなり使い勝手が良い。



手首の違和感には、これが活躍。しまりすぎないのが良い。




ニューハレ テープ HALE4211 クライミングテープ

と、ブログを書きかけていた中、高知遠征第2弾をソロで敢行。
前回の遠征と同じ岩をめがけて、四国の右下の果てを目指して車を走らせる。
結果から言うと、1勝1敗。
欲を言えば2勝したかったが、とりあえず1勝出来たので良かった。
登れたのは、百と八つの流れ星というライン。
高知の開拓クライマーの方々が見い出したラインらしく、シンプルな、美しいラインである。
そもそも岩の形がかっこ良すぎる。



強風でマットが飛んで行くという海ボルダーあるああるを紐と小石で克服。



5時間くらいかけて、前回の到達点までを復習し、前回とまらなかった核心部を、いろいろ試しながら丁寧にトライ。
今日も無理かなと思っていたところ、自分にぴったりのムーブが見つかる。
ぬけは悪くはない。
あとは気持ちで繋げるだけ。







ソロで登ると、集中力がかなり上がり、かつ、一つ一つが丁寧になり、かえって、安全だと思う。
何かあったときには大変だし、あまりオススメは出来ないが、やはりソロは好きである。

動画を撮ったのだが、登っている肝心な部分は、カメラがぼろくて人影さえ映っていない。
代わりに、ええ感じのシルエットが残ってよかった!
その夜は、田野駅屋という、コンビニがすぐ横にある道の駅で車中泊。
トイレもあり、快適すぎる。



2日目は、高知(徳島?)が誇る名課題の塗仏。
これも、奇跡的な安心感のある下地と、程よくちりばめられたホールドど、スタンス。
美しい。



これも5時間以上、あーだこうだ試しながらトライするも、核心がとまらず・・・
トーフックの性能に定評があるドラゴを起用しても、ダメだった。
これは、技量不足なのか、惨敗。

また次回だな・・・

そんなこんなで、今後も精進して参ります。
まだまだ5月くらいまでは、岩場シーズンは続きます。
年中登っている人もいますが。
みんなで情報交換をし、地元のクライミング業界を盛り上げていきましょう。
今春も、各メーカーから、新しい注目モデルが発売されます。
ぼちぼち入ってきますので、またチェックしにきて下さい。
お待ちしております。

ではでは、このへんで、失礼します。

多田







最終更新日  2018年12月28日 20時33分04秒

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.