1864484 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

全16件 (16件中 11-16件目)

< 1 2

スタッフ日記

2011年07月20日
XML
カテゴリ:スタッフ日記
こんにちは。KOMPASスタッフの古川です。

前回の続きです。


美味しいごはんで体も回復し、午後は入洞体験からスタートです。
延長約300メートルの「穴神」という鍾乳洞に、
ドキドキしながら入ります。







穴神は女性の神様で、正体は竜王という蛇。
顔の片方がウロコに覆われた蛇で、
もう片方は美しい女性だとの言い伝えが残るそうです。

この後はしばらく続く急登を黙々と歩き・・・



イノシシのお風呂と呼ばれるダバを発見し、



途中木の実をほおばりながら・・・



「赤蔵池」へ。


ここは標高870メートルの所にある、
湧き水による自然の池です。
農業用水に使われていますが、ヌエ伝説が残る池でもあるそうです。



そして最終目的地の「茶碗淵」へ!!



滑りそうなツルッツルの丸太橋を渡り、
全行程約5時間近くのトレッキングの
最終地点「茶碗淵」へ到着しました!!



小石を投げ入れると茶碗が割れるような音がするということから
その名前がついたそうです。



目の前の景色を、ガイドさんの絵巻と重ね合わせると、
150年前にタイムトリップした気分になれました♪

夕方5時、久万高原町役場にて、
絵巻に描かれた秘境を巡る旅は終わりの時を迎えました。

150年前の絵巻は私たちに、
未だ解明されない絵巻の謎と、
それを解くロマンを残してくれました。
トレッキングは近年盛り上がりをさらに見せていますが、
こういった絵巻とかけたツアーは本当に面白かったです。

日々の喧騒を忘れ、
ゆっくりとした時間と里山の優しい風を満喫し、
充実した1日となりました。






最終更新日  2012年04月10日 15時30分12秒
2011年07月18日
カテゴリ:スタッフ日記
こんにちは。KOMPASスタッフの古川です。

7月3日(日曜日)に久万高原町で開催された
「久万山真景絵巻秘境トレッキング ツアー」に、
サポートスタッフとして参加してきました!

みなさん!
「秘境」と聞くとなんだかワクワクしませんか?!
久万高原町に秘境?!
一体どこに?!
それは・・・。

今から150年前、
松山藩絵師である遠藤広実(ひろざね)が描いた、
久万山真景 絵巻全二十三景の中にあります。
絵巻と絡めたトレッキングツアーは今年で2回目だそうで、
年に1度開催される人気ツアーとのこと。

久万高原町出身・アウトドアーズ・コンパス探検隊の古川が、
地元遊山会の方や参加者のみなさんと一緒に久万の秘境を巡り、
知っているようで知らなかった故郷を再発見すると共に、
体験してきた事をお伝えしていきたいと思います。

朝8時、久万高原町役場前に、
秘境巡りに興味のある約30名の方が
続々と集合 して来られました。
私は受付でみなさんをお迎え♪
小学生も2名参加です。



ミステリアスな秘境巡りにはピッタリなのでしょうか!?曇り空の下、いざ出発です!



まずは絵巻の見学に、珍しい木造建築の久万美術館へ向かいました。
学芸員の方のお話に耳を傾け、
遠藤広実や絵巻の描かれた時代の背景について教えて頂きます。



そしていよいよ150年前の絵巻に描かれた風景へ会いに、
秘境トレッキングスタートです!!!

まず現れたのは、久万で唯一の沈下橋。



もやがかかって神秘的な川を渡ります。



スタートしていきなり倒木の下をくぐり、進んで行きます♪♪



すると最初の秘境、「老憎淵」へ到着。



木々が邪魔をして上手く撮影出来なかったのですが、
雨が少し降った影響もあり、水量が増して、
実際はすごい迫力でした!!

その後、「茶トウラ淵」を巡り、
(秘境という秘境で足場が不安定な為、写真を断念)
昼食の筒城集会所へ向かいます。

集会所では自治会の方による、
心のこもった地元産の山菜料理を堪能しました。
地芋の味噌煮やイタドリ、
山菜おこわのもち米は昔ながらの稲木干しだそうで、
あまりの美味しさに感動の連続でした!



なんとこの秘境ツアー、
ランチ付きで1500円だったんです!
人気の理由に納得!!

次回に続きます!






最終更新日  2012年04月10日 15時29分51秒
2011年05月02日
カテゴリ:スタッフ日記
こんにちは!アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

先日、北九州のトレランイベントにお客様数名と一緒に参加してきました!

「グリーンフロンティア 北九州・平尾台トレイルランニングレース 2011」

20110502_6707

この大会のプロデュースは、
あの有名な世界的トレイルランナー石川弘樹さんで、
日本三大カルストの平尾台を舞台に
トレイルランニングを気持ちよく楽しめる内容は
さすが素晴らしかったです。

レース前日には、私も以前から毎年興味のあった
歴史あるアウトドア映画祭「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」の
上映会もあり、世界のアウトドアエクストリーマー達の命を掛けた
過激かつチョッとおバカな映像の数々を楽しめました!

20110502_6691

石川 弘樹さんによるコースガイダンスや
競技説明会・平尾台の自然環境に関する説明等を受けて、
いよいよ気持ちも高揚してきました!

20110502_6710

レース当日、
ロングコース40キロに出場させていただいたのですが、
練習不足がモロにたたって膝が壊れ、
最後の10キロほどはほとんど歩いちゃいました(汗)

早速、来年のリベンジに燃えてますよー!

当初、完走目指してエントリーしたはずが、
いざスタートするとやっぱり
そこそこ走っちゃいますよね・・・でもって膝が・・・。

20110502_6720

20110502_6731

マラソンも経験ないのに
トレランの40キロに出場してるのは僕ぐらいだったとか?

レースはもちろん楽ではなかったですが、
ボランティアスタッフの皆さんの温かい声援や
エイドコーナーでのもてなしのおかげで、
なんとか制限時間にもゆとりをもって完走できました!

(ちなみに、私のタイム6:27:49・・・
ついでになんと、トップのタイム3:04:02!!!)

20110502_6722

広いエイドコーナーでは餅つきや焼き芋、
果物なんかもイロイロと用意され、僕らゆっくり
ランナー達は味わいながら楽しめましたよ。

最近のトレラン人気は急上昇中、
本当にブームなカンジで全国から愛好家が集まってました。

ロードランナーさんやトライアスリートさんの参入が多く、
レースタイムもどんどん早くなっているそうです。

それにしても自分的には、
スカート姿のおねーちゃん達にどんどん追い抜かれていったのは、
情けなかったです。

今回の経験は地元愛媛でのトレランレースイベントの計画に、
とても参考になりイイお勉強ができました。

さあ、どんどん走りますよ~!

20110502_6741

マラソンかんのてつマラソン






最終更新日  2015年05月22日 18時10分39秒
2011年02月13日
カテゴリ:スタッフ日記
こんにちは!アウトドアーズコンパスの店長菅野です。

最近少し暖かくなったかなー、って思っていたら
また寒波がやってきましたね!

まだまだ冬将軍さん頑張っていますね!
なんだか嬉しいです。

さて、先日久々にバックカントリースキーに出かけてきました。

とは言っても、ストレス解消のための近場日帰りですが・・・

20110214_019

今年の冬はやっぱり寒いのか、
南国四国の割にはそこそこ楽しく滑って遊べました!

スノーボーダーのお客様と一緒に、
美川スキー場下からハイクアップ開始。
(四国でも良質のゲレンデが
今年から営業クローズになったのは、残念ですね)

誰もいない静かなゲレンデを
最初からスキーシールを付けて快適に歩行。

20110214_008

ゲレンデ上部から四国カルスト大川嶺方面へハイクアップ。

下界は曇りでしたが、山の上はピーカンで汗ばみました。

2時間半ほどハイクして、遠くに石鎚山を眺めながらランチ。
トラブルでお湯が沸かせずに、
暖かい食事はおあずけ・・・トホホ。淋しくパン1個のみ。

20110214_025

帰りはお待ちかねの楽しいオスベリタイム!

雪崩の心配は少なかったので、
広いバーンはおもいっきり滑れました!

日陰はそこそこ雪質も良く、快適に遊べました。

20110214_028

20110214_034

最後は無人のスキー場を滑って、
林道のマイカーの横で板を外して終了。

プチ幸せな休日でした。
あと1ヶ月くらいは、パウダーも狙えるかも?

注:バックカントリーでは、危険リスクを伴います。しっかりとした装備でムリの無い計画を!

20110214_036

ちなみに余談ですが、
アウトドアーズコンパスのスタッフは
スキー&スノーボードも結構できちゃったりします。
信州白馬ステイ経験者も3名おり、また
飛び系フリースタイラーまで揃っておりますので、
スキー&スノーボード方面のお話やご相談も可能ですよ!
(あっ、店内であんまり話し込むと社長の目線がコワイですが・・・笑)

冬は冬らしく、寒いうちに皆様遊びまくってくださいねー!

20110214_011

ぺんぎんかんのてつぺんぎん






最終更新日  2015年05月22日 18時10分18秒
2010年12月04日
カテゴリ:スタッフ日記
こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの店長菅野です。

先日、四国初上陸のトレールランニングのイベントが
石鎚山系で開催され、お勉強がてら参加してきました。

当店も正規ディーラーをしております「パタゴニア」と
パワーバーで有名な「パワースポーツ」が主催の
Patagonia Happy Trail in 四国で、
日本の第一人者であり世界的に活躍されている
トレイルランナー石川弘樹さんが、
トレラン普及活動の伝道師として、トレランの楽しさを伝えに開催されました。

20101206_6415

当日は、霧氷が一日中溶けないような冷え込みでしたが、
雲ひとつ無い青空の下、
全国から集まった愛好家の方々と、
笹ヶ峰から伊予富士までのループコースで気持ちのいいトレイルを
18kmほど走って楽しかったです!

トレイルの要所要所で、石川さんによるクリニックがあり、
トッププロのアドバイスに参加者全員で耳をダンボにして吸収しました。

20101206_6429

20101206_6432

自己流では、知らなかったコトもたくさん学べ、
目からウロコのイベントでした。

20101206_6438

20101206_6441

参加者の中には
全国のトレランレースやイベントに参加されている方々も多く、
温泉後の交流会ではいろいろな情報交換も出来て、
充実した内容に本当に勉強になりました。

Patagonia Happy Trail in 四国の詳細はhttp://www.powersports.co.jp/happytrail/10_shikoku/report.htm

トレールランニングは、四国ではまだまだ馴染みが薄いですが、
全国的にはかなり人気急上昇中のスポーツです。

シティーランナーさんが急増している昨今、
自然派の方やアスファルトに飽きた方など、
少しでも興味が増えればいいなーと思っています。

2011年、アウトドアーズ・コンパスでも、
トレランのイベントを企画予定ですので、楽しみにしてください。

トレランはじめませんか!
四国のトレイルランナーさん募集中でーす!!

20101206_6426

マラソンかんのマラソン






最終更新日  2015年05月22日 18時10分04秒
2010年11月07日
カテゴリ:スタッフ日記

こんにちは!アウトドアーズ・コンパスの菅野です。

肌寒い日が増え、
冬本番もすぐそこまでやってきたカンジですねー。

今年の冬はラニーニャ現象の影響で寒くなりそうな予報です!
やっぱり、冬はしっかり寒くないと面白くないですよね!
いっぱい雪遊び計画したいですね!

さて、アウトドアーズ・コンパス店頭では
あったか肌着や、ぽかぽかフリースが日々売れておりますが、
機能的なおすすめウェア類も、数年間愛用していただいた
最後はゴミとなってしまいますよね・・・

しかし!今は捨てなくていいんですよ!
正確には、実はとっくに5年前からですが。

はい、リサイクルですOK

2005年にパタゴニアが「つなげる糸リサイクルプログラム」を発足、
お客様が着古したキャプリーン製肌着のリサイクルが可能になりました。

現在では、パタゴニアの製品に限らず、
ポーラテック製のフリース・パタゴニアのコットンTシャツ・メリノウール製品・
ポリエステルおよびナイロン製のウェアなども
リサイクルできるようになっています。

20101109_01

本日も、アウトドアーズ・コンパス倉庫に溜まってきた役目を終えた
古着たち(ほとんどがKOMPASスタッフのパンツですが・・・)を、
パタゴニアに返送いたしました。

良い未来のために、自分たちの衣類の使い方を変えることで、
協力できる世の中になっています。

ちなみに、パタゴニアをはじめアウトドア専門店の製品は
決してお値段は安いとは言えません。

環境を第一に考えたブランドの着心地や機能性で
満足していだだき、トコトンご愛用いただき、
最後の最後にリサイクルする。

アウトドア派のみなさま、
そんなアイテムを吟味して愛用してみませんか?

テレビCM等で大型量販ブランドのカラフルな
安価ウェアを見ると、
少し心が痛むのは私だけでしょうか。。。

「つなげる糸リサイクルプログラム」についての詳細はhttp://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=6491
をご参照ください。

四つ葉かんの四つ葉







最終更新日  2015年05月22日 18時09分48秒

全16件 (16件中 11-16件目)

< 1 2

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.