1896282 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

全22件 (22件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

└海外トレッキング

2012年12月12日
XML
ナマステ~

こんにちは!アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

KOMPASトレッキング愛好家8名のお客様と一緒に、地球のてっぺん・エベレストを眺めにネパールまでトレッキングツアーに行ってきました!

お天気も良く、世界各地から集まったトレッカー達と6日間のトレッキングコースを楽しみました!
世界の最高峰エベレストをはじめ、神々しい山々に囲まれ幸せなひとときでしたよー!

6日目

朝4時起床で、ルクラからカトマンズ行きの出来るだけ早いフライトに乗れるように、ヘッドランプを点けて出発した。

20121212_01.jpg

暗い中、思ったよりペースも良く、1時間ほどでルクラ空港着。
ここで、ポーター、シェルパ、サーダーと再会を願って笑顔でお別れ。

20121212_02.jpg

20121212_03.jpg

思えば、あっという間のエベレスト街道トレッキングたった。
皆、世界の屋根の神々しい山々をしっかりと目に焼き付けて、思い出いっぱいの山行となったことでしょう。

20121212_04.jpg

20121212_05.jpg

ひっきりなしに忙しく往復してくるエア4番機に乗り、一気に首都カトマンズへ。
天気も良く、フライト中の景色も楽しめた!

20121212_06.jpg

20121212_07.jpg

久々のカトマンズの雑踏と砂ぼこりの中、ホテルにチェックインしてゆったりバスタイム!
濁ったお湯も日本の入浴剤でごまかして、のんびりリフレッシュ!

下山後の初ランチは、ちょっぴり贅沢にジャパニーズレストラン「古都」にてスキヤキテイショク!美味い~!食べすぎました。

20121212_08.jpg

食後は、世界遺産の市内観光。
「スワヤンブナート」は、郊外の丘にあるカトマンズ最古の仏教寺院、盆地を一望でき見晴らしも素晴らしかった。

20121212_09.jpg

20121212_10.jpg

20121212_11.jpg


「ダルバールスクエア」は、旧王宮広場で、ハヌマン・ドカと呼ばれる旧王宮や少女の行き神様クマリの館、周辺の寺院などを散策しました。

20121212_12.jpg

20121212_13.jpg

そのまま歩いてタメル地区へ抜けて、皆でたくさんお土産を物色しながらホテルまで帰った。
夕食は、エベレストホテルにて美味しいチベット鍋をいただきました!

20121212_14.jpg

20121212_15.jpg


最終日も、遊覧飛行のオプショナルツアーやお土産ショッピングの後、世界遺産観光に出掛けました。
カトマンズ盆地の中でも最古の都「バクタプール」では、古いレンガの歴史のある建物やとても精巧な彫刻の数々に見入ってしまいました。
20121212_16.jpg

20121212_17.jpg

20121212_18.jpg

20121212_19.jpg

ツアー最後の夜、ネパールダンスを見ながらの食事を楽しみ、山での思い出話で盛り上がりました。

トレッキング中の山岳地でも観光地でもネパールの文化に触れることができ、また素晴らしい世界一の山々の神々しい姿を見ることができ、とても感動の多いツアーとなりました。
全てに感謝。

ダンニャバード(ありがとうございました)

おわり






最終更新日  2012年12月12日 11時47分32秒
2012年12月08日
ナマステ~

こんにちは!アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

KOMPASトレッキング愛好家8名のお客様と一緒に、地球のてっぺん・エベレストを眺めにネパールまでトレッキングツアーに行ってきました!

お天気も良く、世界各地から集まったトレッカー達と6日間のトレッキングコースを楽しみました!
世界の最高峰エベレストをはじめ、神々しい山々に囲まれ幸せなひとときでしたよー!

5日目

朝食後、シャンボチェの丘からナムチェの街へ下る。

20121208_01.jpg

20121208_02.jpg

丁度、バザールをやっていて色々な物が並び、売る人買う人で賑わっていた。
昔から、山のあちらこちらからナムチェバザールに集まり、商売や情報交換をして部族どうしが交流していたのだろう。なんとなく温かな変わらぬ営みを感じることができた。

20121208_03.jpg

20121208_04.jpg

20121208_05.jpg

エベレストはじめ、ヒマラヤの山々のラストビューポイントも通過し、谷沿いを一気に下山する。

20121208_06.jpg

20121208_07.jpg

20121208_08.jpg

20121208_09.jpg


ジョサレ、パクディン、モンジョを通り、今夜の宿泊地チュプルンに到着したのは、17時半だった・・・朝から9時間近くも歩き続けて皆様お疲れモード。

20121208_10.jpg

ロッジというか村自体に電気がなく、ソーラー発電の薄暗いLEDライトのみの食堂で最後の同行キッチンボーイの料理をいただいた。
ヘッドランプを付けて、サーダー、シェルパたちと一緒に日本から持ち込んだ泡盛でラストトレッキングの乾杯をした!

20121208_11.jpg

荷物を運んでくれたポーターたちは、なんと全員10代の若者だった!
山の中の民族は、10代でも結婚して頑張って仕事していた。

翌朝は4時起きで出発なので、早く寝た。

20121208_12.jpg


「チュプルンゲストハウス」泊

つづく






最終更新日  2012年12月08日 14時12分05秒
2012年12月06日
ナマステ~

こんにちは!アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

KOMPASトレッキング愛好家8名のお客様と一緒に、地球のてっぺん・エベレストを眺めにネパールまでトレッキングツアーに行ってきました!

お天気も良く、世界各地から集まったトレッカー達と6日間のトレッキングコースを楽しみました!
世界の最高峰エベレストをはじめ、神々しい山々に囲まれ幸せなひとときでしたよー!

4日目

エベレスト・ビュー・ホテルのあるシャンボチェの丘からクムジュン村へ下り、イエティ(雪男)の頭皮を奉ったゴンパ(僧院)やエベレスト初登頂のヒラリー卿がつくった学校などを見学しながら散策。
登校中の子供たちと楽しくお話しながら歩きました。
お家の壁には、ストーブの燃料にするためにウシの糞をいっぱい干してありました。

20121206_09.jpg

20121206_10.jpg

20121206_11.jpg


村のロッジでティーブレイクの後、クンデピーク(4,200m)4,000メートルの世界へむけて出発!

20121206_12.jpg

20121206_13.jpg


石楠花の森を登り、クンデ村やタムセルク(6,623m)、アマダブラム(6,812m)を眺めながら絶景ビューポイントにてランチタイム。

20121206_08.jpg

20121206_15.jpg

20121206_01.jpg

エベレスト(8,848m)をバックに皆で撮影をしまくりました!

ビューポイントからは、ターメの村やアイランドピーク(6,160m)など広範囲に望むことができました!

20121206_14.jpg

20121206_02.jpg

20121206_14.jpg


下山途中、何度も何度も「これ、めちぇ絶景でしょー!」というポイントがたくさんありすぎて、写真取りすぎていました・・・

20121206_04.jpg

20121206_03.jpg

20121206_05.jpg

ホテルに戻り、とても美しいサンセットショーに感動!幸せでした。

20121206_06.jpg

和食ディナーの後は、参加メンバーさんのバースデイお祝いパーティー!
サプライズケーキに感激していただき、嬉しかったです。

20121206_07.jpg

さらになんと!僕も知らされていなかったサプライズその2があってビックリ!
ホテルのスタッフさんたちによる、お祝いの生バンド演奏のプレゼントでした。
ネパールの民族音楽を2曲、とても気持ちよーく聴かせていただきました。

部屋に戻ると、月が昇るまでとても素晴らしい満天の星空を堪能できました!
全てに感謝して就寝。

つづく






最終更新日  2012年12月06日 13時07分25秒
2012年11月22日
ナマステ~

こんにちは!アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

KOMPASトレッキング愛好家8名のお客様と一緒に、地球のてっぺん・エベレストを眺めにネパールまでトレッキングツアーに行ってきました!

お天気も良く、世界各地から集まったトレッカー達と6日間のトレッキングコースを楽しみました!
世界の最高峰エベレストをはじめ、神々しい山々に囲まれ幸せなひとときでしたよー!

3日目

朝食後、出発までの間にナムチェの街を隅々まで散策。
本当に有名アウトドアブランドのコピー商品が満載で複雑な気分・・・

2012ネパールエベレスト街道ツアー 159.jpg

次の宿泊地へ向け、ナムチェの街を見下ろしながらゆっくりと登り坂を出発。
クワンデ(6,187m)とロッジ街がマッチして、とてもイイカンジの風景だ。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 162.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 168.jpg


1時間ほどで、山の上のシャンボチェ空港通過、快晴のもとタムセルク(6,623m)、アマダブラム(6,856m)、タウツェ(6,501m)などカッコよすぎる山々を眺めながら、幸せなトレックが続く。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 172.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 191.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 185.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 187.jpg


更に一段上がると、ついに!エベレストが見えました~!!
地球のてっぺん・世界の最高峰(8,848m)です!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 176.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 202.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 214.jpg


皆様、テンションが上がる!揚がる!!
登山愛好家が自らの足でたどり着いた絶景!
神々しい世界の屋根に、感無量、感動です!

そんな素晴しい場所に建つホテル・エベレスト・ビュー(3,880地点)にチェックイン!
和食ランチの後、展望サンルームにて贅沢なティータイムを過ごしました。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 216.jpg

世界一級の眺めの幸せに、感謝!

コースディナーをいただき、暖炉でまったりしてから、アマダブラムから昇る月にうっとりして眠りについた。
久々の大きなベッドと布団で爆睡!

つづく






最終更新日  2012年11月24日 16時47分59秒
2012年11月18日
ナマステ~

こんにちは!アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

KOMPASトレッキング愛好家8名のお客様と一緒に、地球のてっぺん・エベレストを眺めにネパールまでトレッキングツアーに行ってきました!

お天気も良く、世界各地から集まったトレッカー達と6日間のトレッキングコースを楽しみました!
世界の最高峰エベレストをはじめ、神々しい山々に囲まれ幸せなひとときでしたよー!

2日目

シェルパのモーニングティーで目覚め。
今日も天気は良さそうだ!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 071.jpg

同行のコックさんが、おかゆやネギ入り卵焼きを作ってくれ、みんなで美味しく頂いてから出発。

快適なトレックが続き、タムセルク(6,623m)が見え始めた!
とてもカッコイイ山だ!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 091.jpg

行き交うトレッカーの数も本当に多く、流石はエベレスト街道、世界中から人が集まっていました。それにしても、ポーターさん達はすごく元気だ!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 092.jpg


モンジョ(2,840m地点)にてランチタイム、クスムカングルやクワンデ(6,187m)を眺めながらドゥードコシ(乳の川)沿いの道をジョサレ(2,805m地点)へと巡り、サガルマータ国立公園のゲートで入園手続きを終え、一度谷底まで下り、長くて高~い吊り橋もたくさん渡りました。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 104.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 109.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 115.jpg

途中、エベレストが初めて少し見える場所があり、万国共通でみんなビューポイントに集まって嬉しそうでした!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 128.jpg

標高差600mの坂をゆっくり登りきると、シェルパの里として有名なナムチェバザール(3,440m地点)に到着!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 136.jpg

ティーブレイク後、街の中を散策しお土産屋さんがいっぱいあるのでなんだかとっても楽しかったです。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 142.jpg

ナムチェはエベレスト街道のあるクーンブ地方最大の町でロッジも沢山あり、外国人はもちろん多くの日本人ともお話ができました。
ちなみに、私の地元の山仲間とも現地で合流しビックリしました!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 148.jpg

ツアー参加のみなさまも連日少しずつ高度順応していきました。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 152.jpg
「シャングリラゲストハウス」泊

つづく




















最終更新日  2012年11月19日 20時02分55秒
2012年11月16日
ナマステ~

こんにちは!アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

KOMPASトレッキング愛好家8名のお客様と一緒に、地球のてっぺん・エベレストを眺めにネパールまでトレッキングツアーに行ってきました!

お天気も良く、世界各地から集まったトレッカー達と6日間のトレッキングコースを楽しみました!
世界の最高峰エベレストをはじめ、神々しい山々に囲まれ幸せなひとときでしたよー!

1日目

タイ・バンコク経由でネパールの首都・カトマンズへ

国内線でエベレスト街道トレッキングの基地・ルクラへ
ちなみに、ルクラは世界一危険な空港としても有名ですが・・・

2012ネパールエベレスト街道ツアー 005.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 016.jpg

今回のトレッキングでは、なんと、僕ら9名に対して、現地スタッフが9名も付きました!
とは言っても、ネパールトレッキングツアーでは普通です。
トレッキングリーダー役の「サーダーさん」、案内役の「シェルパさん」、僕らに合わせた料理を作ってくれる「コックさん」、調理アシスタント「キッチンボーイさん」、荷物運搬「ポーターさん」と、大所帯での山行です。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 024.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 030.jpg

エベレスト街道の玄関口・ルクラ(2,840m地点)には世界中からトレッカーが集まってきます。
最近は、スタバやWi-Fiなど街とあまり変わらず便利になってきました。
空港周辺のロッジをうろうろ散策した後、いよいよトレッキングスタート!!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 090.jpg

2012ネパールエベレスト街道ツアー 039.jpg

ポーターさんだけでなく、ウシ←ゾッキョと呼ばれています、やウマ(ロバ)も沢山の荷物を運びます。トレッカーや高所登山の遠征隊のほか、ロッジの荷物なども運んでいます。
てゆーか、ポーターさんの強力に脱帽・・・

2012ネパールエベレスト街道ツアー 048.jpg

ネパールは乾季で空気が乾燥しており、ものすごく土ぼこりが上がります。
薄手のネックゲイターが大活躍しました。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 069.jpg

山の上へ行くほどに、現地の人々の顔立ちが日本人に似てくるので、なんだか安心します。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 044.jpg

最初の高峰・クスムカングル(6,367m)が見えてきました!

ガットまで歩きランチタイム。初日はカトマンズから持ってきたOnigiri Bentoでした。
もう少し歩いて、本日の宿泊地パクディン(2,610m地点)に到着。

2012ネパールエベレスト街道ツアー 058.jpg

「シェルパエコホーム」泊
ティータイムに、全員で山の話で盛り上がりました!

2012ネパールエベレスト街道ツアー 062.jpg

夕食は、キッチンボーイによる日本風料理。カツ丼もあってビックリ!
生野菜もおいしくいただけました。

薪ストーブと湯たんぽサービスでシュラフでぐっすり眠れました。

つづく










最終更新日  2012年11月18日 18時01分55秒
2012年06月02日
こんにちは!
アウトドアーズ・コンパス店長の菅野です。

今回はトレッキングツアーイベントのご案内です!

突然ですが・・・みなさま、標高世界一の山はご存知ですよね?
はい、そのとおり!8,848mのエベレストですよね。

では・・・みなさま、エベレストご覧になったことはありますか?
はい、そのとおり。ほとんどの方は未確認物体ですよねー!(笑)

冗談はさておき、世界の屋根・世界一の眺めをご一緒に楽しみませんか。
もちろん、登頂じゃなくて、
世界最高峰エベレストを眼前に望む、サガルマータ(エベレストのネパール名)国立公園を
のんびーりとトレッキングです!

きっと、世界一の思い出になりますよー!

20120604_01.jpg

エベレスト街道をのんびりトレッキングしながら、
標高3,880mにある”ホテル・エベレスト・ビュー”へ向かいます!
早朝、お部屋の窓に広がるヒマラヤの白い峰々を眺め、
昼はシェルパの村々などの散策、夜は満天の星空にヒマラヤのシルエット!

この機会に、是非!
ご自身の目で本物の世界最高峰をご覧下さいませ!



■出発日
2012年10月28日(日)~11月7日(水)

■ご旅行代金
¥367,000(お1人部屋利用追加料金¥24,000)
※上記料金の他に、ネパール査証代、各空港税・燃油サーチャージ等必要です。

■発着地
松山空港

■スケジュール

【1日目】10/28(日)
松山空港/NH1650/19:05→伊丹空港/19:55→シャトルバス→関西空港/22:00
空路、大阪へ。 ご到着。 シャトルパスにて関西空港へ。 関西空港にて搭乗手続き。

【2日目】10/29(月)【機機夕】
関西空港/TG673/0:30→バンコク4:20→バンコク/TG319/10:15→カトマンズ/12:25/専用車
空路、バンコク経由でネパールの首都カトマンズへ向かいます。 ご到着。 ホテルへご案内致します。 カトマンズ泊

【3日目】10/30(火)【朝昼夕】
カトマンズ/国内線/午前→ルクラ/(2,827m)/トレッキング/午後→パクディン(2,652m)
国内線で、サーダーと共にルクラへ向かいます。 エベレスト街道のトレッキングをお楽しみ頂きます。 トレッキングスタッフと合流し、パグディンへとトレッキングを開始します。 ドゥード・コシ(乳色の川)の谷沿いの道をゆるい登り下りを繰り返しながらパグディンへ。 <歩行約4~5時間> パグディン泊

【4日目】10/31(水)【朝昼夕】
パクディントレッキング/終日
ナムチェ(3,440m) ドゥード・コシ沿いの道をシェルパの故郷ナムチェバザールへと向かいます。 途中、国立公園の入園手続き。 高度差約600mの坂をゆっくりと登りきるとナムチェへ到着です。 <歩行約6時間> ナムチェ泊

【5日目】11/1(木)【朝昼夕】
ナムチェ/トレッキング/午前→ホテル・エベレスト・ビュー(3,880m)/ 午後
早朝よりナムチェの市(バザール)を見学の後、ゆっくりとホテル・エベレスト・ビューへ。 <歩行約3時間>ホテルよりエベレスト(8,848m)をはじめクーンブ山群の眺めをお楽しみ下さい。ホテル・エベレスト・ビュー泊
※高所ですので、ご体調に気をつけて下さい。


【6日目】11/2(金)【朝昼夕】
ホテル・エベレスト・ビュー/終日
ご体調に合わせて、周辺のご散策で、大展望をお楽しみ下さい。ホテル・エベレスト・ビュー泊
*クンデピーク(4,200m)へのトレッキングもお楽しみ頂けます。


【7日目】11/3(土)【朝昼夕】
ホテル・エベレスト・ビュー/トレッキング/終日→チュプルン
朝食の後、往路をチュプルンへと下ります。 <歩行約6時間>チュプルン泊

【8日目】11/4(日)カトマンズ泊【朝昼夕】
チュプルン/トレッキング/午前→ルクラ→ルクラ/国内線→カトマンズ/専用車
早朝に出発し、ルクラへ。<歩行約1時間> 空路、カトマンスへ戻ります。 ご到着後、ホテルへご案内致します。 ごゆっくりとお過ごし下さい。

【9日目】11/5(月)【フライト予備日】【朝昼夕】

カトマンズ/終日→自由行動。
各種、オプショナルツアー等でお楽しみ下さい。 夕食は、ネパールダンスを見ながらネパール料理をご賞味下さい。カトマンズ泊

【10日目】11/6(火)【朝機】
カトマンズ/専用車/午前→カトマンズ/TG320/13:50→バンコク/18:25→カトマンズ/TG622/23:30
空港へお送り致します。 空路、バンコク経由で帰国の途へ。機中泊


【11日目】11/7(水)【機】
関西空港/7:00→シャトルバス→伊丹空港/NH443/9:55→松山空港10:50
ご到着後、入国手続き。 シャトルバスにて伊丹空港へ。 国内線で、松山へ。 ご到着後、解散。


上記日程は天候その他の事情により変更になる場合があります。

■最少催行人員:10名様

■利用予定航空会社:タイ国際航空(TG)、全日空(NH)
※フライト時間は現行のものでご案内しています。

■食事:朝食8回 昼食7回 夕食8回

■利用予定ホテル
カトマンズ(ホテル・ヒマラヤ)
シャンボチェ(ホテル・エベレスト・ビュー)

■お申込からご出発まで

お申込み
ご参加がお決まりになりましたら、まずお電話でお知らせ下さい。
参加申込書とお申込金5万円を現金書留またはお振込みにてお送り下さい。

渡航手続き
正式にご予約いただきますと、渡航手続きのご案内をお送り致します。

旅行代金のお支払
旅行代金のお支払いは、ご出発の10日前までにご請求書をお送り致しますので、
指定の口座にお振込み下さい。

出発のご案内
最終案内につきましてはご出発の10日前にお送り致します。

ご出発当日
最終案内でお知らせした集合場所へお集り下さい。
空港では係員が搭乗手続きのお手伝いを致します。


■詳しいパンフレットは下記にご用意しております。

PDF形式
エクセル形式

なお、このツアーは「ヒマラヤ観光開発株式会社扱い」となっております。

ツアー詳細のお問い合わせにつきましては
当店089-922-6457・担当かんの までお電話でお問い合わせ下さい。

※ここに掲載している写真は2007年に開催された同様のツアーのものです。






最終更新日  2015年05月22日 17時07分06秒
2010年09月16日
こんにちは!アウトドアーズ・コンパスのスタッフ松本です。

韓国半島の南方に浮かぶ,済州島に聳える
韓国最高峰の漢拏山(ハルラサン1950m)に登ってきました!

前回の続きです。


下山してまたまた次へ

済州民族村博物館を見たり



世界遺産 漢拏山の噴火によってできた、
世界最長の(13,4km)の溶岩洞窟「万丈窟」
歩いたのは、わずか数百メートルですが・・・



そして今日も済州島をたっぷり楽しんだ1日になりました。


1日の締めのディナーは

カルビ、冷麺、チジミ ですね!





この写真の冷麺、激辛を頼みました・・・
ガイドさん曰く、「韓国人もあまり食べないですよ~」
・・・まあ、大丈夫やろ~って、

・・・後悔しましたね
・・・ガイドの言う事は聞かないといけません!!!
半分しか食べれませんでした~(笑)(笑)



美味しい韓国料理三昧にて(韓国だから当たり前ですが・・・)
旅の最後の夜を楽しみました~!


結構遅くなってからホテルに戻り、さあもう就寝・・・
と思っていたら、元気な女性陣達は韓国エステにお出かけです♪

翌日、皆さん肌艶よかったのは言うまでももありませんね!
評判良かったみたいです♪


7月6日  済州島とお別れです。



ハルラサンをはじめ、韓国、済州の歴史や文化を肌で実感し、
また地元の人達との触れ合いで、国境こそあっても、
世界の繋がり感を改めて実感する旅になりました。

ツアーに参加頂いた皆様、いい旅をありがとうございました!!!

また、今回の旅のプラン、サポートをして頂いた
ヒマラヤ観光開発様、ありがとうございました!

アウトドアーズ・コンパスでは今後も参加の皆様にとって
魅力ある海外ツアー計画を企画していきますので宜しくお願いします!


担当:松本 博幸(マツモト ヒロユキ)






最終更新日  2015年05月22日 18時01分03秒
2010年09月15日
こんにちは!アウトドアーズ・コンパスのスタッフ松本です。

韓国半島の南方に浮かぶ,済州島に聳える
韓国最高峰の漢拏山(ハルラサン1950m)に登ってきました!

前回の続きです。

7月5日 オルレ街道ウォーキング

オルレとは「大通りから民家に至る小さな路地」を表す済州の方言だそう。

今回のウォーキングでは全部で18コースもある中から、
ウェドルゲという海岸沿いを歩くコースです。



距離約15km、所要約4時間です。

海を眺めながらのウォーキングスタート♪



山を楽しんだ翌日は海を眺めてのウォーキング。
気持ちいいです。
あ、でもハルラサン疲れが残ってる~(汗)  
良くは見えませんが、
済州の漁業文化である海女の方達が漁をしています。
頑張っています!



済州島の守護神「トルハルバン」 
可愛い顔した守護神と豚  
済州では豚は大事にされているそうです。



で、本来は4時間コース・・・のはずでしたが、
観光スケジュールも後が押しているので、
2時間半足らずでウォーキングは終了し、
城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)へ



済州十景のひとつで標高182mの火山。
頂上までは30分で登れます。



頂上からみた火山入り口側の風景。
気持ちいい場所です。




次回に続きます。

担当:松本 博幸(マツモト ヒロユキ)






最終更新日  2015年05月22日 18時02分04秒
2010年09月14日
こんにちは!アウトドアーズ・コンパスのスタッフ松本です。

韓国半島の南方に浮かぶ,済州島に聳える
韓国最高峰の漢拏山(ハルラサン1950m)に登ってきました!

前回の続きです。

大休止の後、城板岳コースへ 9,6km 所要約3時間30分 
下山スタート~♪ 
大展望の利くコースですが・・・ガスが・・
しかし、地元の人達はめちゃ軽装です。
殆ど手ぶら状態ですが(笑)



こちらのコースは花も多い  
オダマキやオオヤマレンゲその他、多数
・・・名前は分からないが(汗)





ツツジ畑待避所 
有人小屋であり、カップラーメンや飲み物を販売しています。



こちらのコースも整備が行き届いています。
ドンドンドンドン下ります。しかし・・・長い!(笑)



平坦な道になってもまだまだ長い!



トイレの設置もありがたいですね!



18時 城板岳口登山口    

長~い城板岳コースのゴール!
たっぷり歩いた達成感と安堵感に包まれました~!

とにかく長い道のりを皆さん元気に歩ききりました!
お疲れさまでした!

気候や、花や木の植生、景色などなど、
日本の山の風景と変わらないハルラサンは親しみやすく、また
たっぷりと歩いた故の達成感に浸れる山でした。


さて、今夜のディナーは、海鮮鍋です。
ハードに歩いた身体に栄養補給~!うまい~!



次回に続きます。

担当:松本 博幸(マツモト ヒロユキ)






最終更新日  2015年05月22日 18時02分37秒

全22件 (22件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.