1910670 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

全2件 (2件中 1-2件目)

1

└三宅英太郎

2017年09月10日
XML
カテゴリ:└三宅英太郎
こんにちは!アウトドアーズ・コンパス社長の三宅(英)です。

当店は2017年9月13日におかげさまで創業31周年を迎えます。
これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深くお礼申し上げます。
いつも本当にありがとうございます。

今日は当時の貴重な写真とともにおぼろげな記憶を辿りながら、
開店当初の店舗の様子をお伝えしていきたいと思います。



サラリーマンだった私は前職を退職し、創業準備には1年を要しました。
1986年9月13日愛媛県松山市山越で産声をあげた当店は、
当時は喫茶店を併設したアウトドアショップでした。
店舗面積も現在と比べると3分の1のこじんまりとしたものでした。

世の中では多くの人がコンピュータに携わるようになる時代。
緻密な作業や営業現場の喧騒など仕事に追われて一日を終えた後、
駐車場まで帰ってきて自分の愛車に乗り込むとほっとする、
そんな気持ちを大切にしたいと漠然と感じていた当時の私。
自分自身の趣味でもあった釣りや登山を通じて、そんな思いを
体現できる場所を作ろうと、思い切って脱サラして創業することを決意しました。



開店時には多くのメーカー様をはじめ関係者の方々に祝っていただきました。



丸太とレンガの壁で山小屋風をイメージした店舗。
「ミスタータラス」ことあの重廣恒夫さんをイメージしたと思われる
タラスブルバのキャラクターも今となっては懐かしいものですね。





レジ周りも温かみ溢れるログハウス風のインテリアで統一しています。



当初は私の趣味の磯釣り道具も取り扱っていましたが、
残念ながらあまり売れなかったので取扱をやめてしまいました。





人気アウトドアブランドのパタゴニアやノースフェイスも
当時から取り扱い、正規ディーラーとして経験を積んでおります。
パタゴニアのシンチラ(フリース)は「ペットボトルが服になるんやとー」
と不思議がっていたのを思い出します。



また、開店から4年半ほどは、お客様とのコミュニケーション図る場所として、
10数席の小さな喫茶店を併設して営業しておりました。



ハマヤさんで特別焙煎してもらったサイフォンで入れた深煎りコーヒーと、
ボリュームたっぷりのホットサンドが売りです。
コーヒーは殻つきピーナッツとともにお出ししていました。
人気のホットサンドはポテトとツナと玉子が選べました。
エディーバウアーのコーヒーカップを使っていました。
常連のお客様の回数券がずらりと並んでいます。





壁にはアウトドアにまつわる写真を飾っていました。
四角いテレビがなんだか時代を感じさせますね。



喫茶店を切り盛りしてくれたママさんこと私の妻の当時の写真です。
昔もそうでしたが、今でも頭が上がりません(笑)。



当時の私も今と比べると若々しい印象ですが、まだまだこれからも頑張りますよ。
最後までお読みいただきありがとうございました。






最終更新日  2018年12月28日 16時26分39秒
2011年01月20日
カテゴリ:└三宅英太郎
こんにちは。アウトドアーズ・コンパス三宅英太郎です。

「この頃三宅さんの顔を見ないが,元気かいな?何しよんぞな?」

などお声がけを頂き、どうもありがとうございます。

決して、サボっている訳でもなく、仕事一筋で頑張っておりますのでご安心ください。


先日、寒波の中初釣りに行ってきましたので、元気なことろをご報告いたします。


納竿は厳しい寒波のため行けておりませんでしたが、

年が明けて先輩のSさんより初釣りのお誘いを受けすぐに決行して参りました。

20110120_01


1月10日(月)愛南町中泊の磯に行くため、夕方松山を出発。

途中、津島やすらぎ温泉に入浴。

夕食をとったあと、中泊のひので渡船へ20時半に到着。

前泊は少し贅沢ですが、同行の先輩Sさんも74歳。無理はできません。

「明日はどうか風が吹きませんように」と祈りつつ、22時には就寝。



1月11日(火)5時20分起床。

洗面のあと港へ移動。

風はあるもののまずまずの天候。

まだうす暗い中、クーラー、竿袋、餌を渡船に積み込み、6時45分出港。


「今日は、どの磯になるのか」

中泊へは、もう30年位通ってはいるが、今なお心踊る一瞬である。

船中で話しているうち、船は横島のインキョの前で停泊。

同乗のお客さんの他に、他船にもインキョ希望のお客さんがいたので、

お客さん同士がじゃんけんで決める。

同乗のお客さんが勝ったので、その内2名はインキョに、隣の磯にも1名渡磯する。


私の番がきたので、小横島のイキツキへ行きたい旨を伝える。

この日は昼前くらいから風が出るかもしれないので、風裏となる磯を選んだのだ。

すぐにイキツキへ渡磯する。


早速、釣りの準備を始めるが、寒い。

雲が低くたれこめ、雨か雪がいまにも降り出しそうな天候である。


この日の潮は小潮で、満潮は11時。

このイキツキ磯は中泊を代表する名磯の1つだが、

引潮の釣り場なので、10時ころまでは、あまり期待が持てない。

仕掛けを作りながら、パラパラと餌をまいてみるも、餌取りさえ出てこない。


仕掛けはSさんと打ち合わせ、針はグレの6号、ハリスは2.5号、

道糸は3号、ウキはB、ウキ下は2.5尋ではじめることにする。

釣り方はフカセ釣り。


7時半、いよいよ釣りを開始。

潮は左へとかなり早く流れている。

5回程餌を付け直すが、餌は少しかじられた位でウキに当たりはでない。

偏光レンズのサングラスで海面を見ていると、海面から約5m下方で、

魚の種類までは分からないが、撒き餌を捕食しているらしい様子が覗えた。

ウキ下を1m深くし、口錘を追加して、当たりを待つこと10分、

激しい当たりがあり、まず最初に釣れたのは32cmのイサキ。

さらに30cm程ウキ下を深くし、待つこと5分、

今度は38cmの狙いのグレが釣れた。


その後、潮も少し落ち着いてよくなり、

12時頃までには38~46cm程のグレが11匹釣れた。

グレの2桁釣りは久しぶりだ。


Sさんも、35cm~45cmのグレを7匹ゲット。

13時半には納竿し、磯の清掃をして迎えを待つ。

14時半に中泊港に着き、証拠写真を撮ってもらう。

うっかりデジカメを忘れてしまったため、携帯で撮影。

20110120_02


松山への帰途、津島のやすらぎ温泉で疲れをとり、19時松山着。



というわけで、まずまずの初釣りとなりました。

20110120_03

今年も元気に遊び仕事も頑張りますので、

皆様、どうぞ変わらぬご指導、ご鞭撻を賜らんことを!


(三宅英太郎)






最終更新日  2015年05月22日 16時22分36秒

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.