1616221 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2018年2月)

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

└高津美幸

2018年02月05日
XML
カテゴリ:└高津美幸

こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、またまた寒波!
雪たっぷりの地元愛媛県の堂ヶ森(どうがもり・1,689m)へ行き…着けませんでした~!

登山口までは車で意外と難なく行けましたが、小雪の降る中スタート。
今日は誰も入っていないようです。



植林を抜けるとふかふかの雪。
このモコモコに飛び込みたい衝動に駆られますが、下は岩です。



やっとカラ池。ちょっとエネルギー補給。



今日はエナジーバーを作ってきました。
ミューズリー、ドライフルーツ、ナッツなどを混ぜてバターとマシュマロを溶かしたもので固めます。
市販のものよりあっさりして食べやすいエナジーバーになりました。



シャクナゲも今日は雪が咲いていました。



どんどん雪の量が増えてくるのでスノーシューに履き替えます。
傾斜がきつくなるとヒールリフターの効果は大きいです。



午後から晴れの予報を信じて行きます。
雪面がキラキラして目をこらして見ると六角形の雪の結晶が落ちています。
美しすぎてなんと言ったらいいか…。



水呑場手前。雪の角が立っています。



水呑場、埋まってます。
ここから少し上の傾斜のきつい所はなんとか越え、トラバース気味に進むのに足元の雪を固めていると
その雪がひと塊ズザザァー滑り落ちていきました。
我に返り、周囲を見渡し…こらアカンで。



青空見えてるのになあ。
せめて稜線まで…とかしばらく踏ん切りがつきませんでしたが、今日はここまでとします。
そうなったらごっはんごはん~。
落ち着ける所まで下ります。



カラ池の手前の傾斜がゆるやかな所で、雪を崩して調理スペースを作ります。
今日は野菜たっぷりのチャンポンです。



山フライパンは麺一玉が絶妙に入ります。
そして今日も食後のお楽しみ。


上向き矢印ユニフレーム 667651 山フライパン(17cm) 詳しくはこちら


上向き矢印ユニフレーム フライパン UF667606 山フライパン 17cm 深型 詳しくはこちら




ホットチョコレート。
牛乳150ccに板チョコ半枚25gを溶かすだけですが、雪の中で飲むとこれがおいしいのなんの。
濃厚な甘さと温かさが五臓六腑にしみわたります。



カップのぬくもりを手で感じつつ、見上げると青空。
ピークは踏めなかったけれど、雪を存分に楽しめた堂ヶ森でした。
それではまた。







最終更新日  2018年02月05日 12時27分16秒
2018年01月29日
カテゴリ:└高津美幸
こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、地元愛媛県松山市から車で小1時間で登山口へ着ける皿ヶ嶺。
寒波が来た!ダブルハートので皿ヶ嶺でもしっかり雪が踏めました。

積雪期の私の登山靴。
スポルティバのネパールエボウーマンです。
保温性が高く、不安定な雪の歩行でも足をしっかり守ってくれる堅牢さがあります。



風穴から出発。
夏には青いケシが咲いているところ。



登山道を台風で倒れた木が塞いでいますが、下をくぐれます。



雪山訓練中の消防署員の方々とすれ違いました。



皿ヶ嶺山頂。
風も少しあり、山頂の温度計は-4度。
お昼は小屋ですることにします。



竜神平の小屋。
雪をかぶるとかわいいですね。



扉を開けると消防の方達が昼食中でした。

さて、今日のお昼はチーズリゾット。
鶏肉、ベーコン、たまねぎ、ピーマン、人参をバターで炒めて、



冷やご飯とチーズリゾットの素を加えてできあがり。
チーズの塩気が効いています。



そして食後のお楽しみは、大人のココアどきどきハート
今日は純ココアを砂糖でしっかり練って温めた牛乳を注ぎ



香り付けにウイスキー。
身体も温まって、トロトロになったマシュマロにやられます。



今日も小屋で初対面の方々と談笑。
こういう山小屋があってこその出会いですね。

天気は下り坂なので早めに下山します。





それにしても雪を踏むのはどうしてこんなに気持ちがいいのでしょう?

下山すると雪が本降りになってきました。



明日の新雪はいいだろうな~と思いつつ帰路へ。
それではまた。






最終更新日  2018年01月29日 14時57分28秒
2018年01月08日
カテゴリ:└高津美幸

こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

新年明けましておめでとうございます。



本年もよろしくお願いします。

さて、大晦日から元旦にかけて地元愛媛県の石鎚山(いしづちさん・1,982m)へ行ってきました。
初日の出の瞬間は雲が厚く見えませんでしたが、
日が昇ってくるにつれてガスが流れ出し、天狗岳を見ることができました。

白石旅館へ登山届を提出し、成就社の山門をくぐって出発。
雪は少なめです。



31日の下界の天気は雨。
昼頃から山には雪が降り始め、この時期にしては気温も下がらず、
水っぽい雨だったので、前社ヶ森ではザックカバーを付けました。



へこたれそうな天気ですが、お店に入荷して気になっていた行動食で気分を上げます。



チョコレートようかんて、どんだけ甘い?!と思いましたが、
甘さは程よく、雪山でも固くならずに食べやすいです。Good音符


上向き矢印井村屋 チョコレートようかん IMUchocoyokan2 羊羹 詳しくはこちら

夜明し峠は両日ともガス。



ニノ鎖の鳥居はお賽銭箱が見えていました。



午後、わずかな晴れ間もありましたが、夕方頃にはまたガスに包まれました。
小屋で温かい鍋を食べた後、厳冬期でもおいしい温かいスイーツ、
りんごのアップサイドダウンケーキを作ってみました。



砂糖とバターでリンゴを炒めて、密閉袋の中で卵と牛乳で混ぜた
ホットケーキミックスを流し入れて焼くだけです。



温かいうちに即いただきます。
高所のせい!?よく膨らむような気がします。



伊予冨士でも作ったチーズせんべい​。今日はおつまみで。
お腹もいっぱいになったところで、明日に備えてシュラフに入って寝ます。
私はダウン量810のものを使っています。


上向き矢印イスカ 寝袋 ISK150321(ネイビーブルー)パフ810EX シュラフ 詳しくはこちら

他の山友さんに聞くと750~1100と様々。
あとは着るもので温度調整していきます。
今日はベタ雪でアウターもオーバーグローブも湿っぽくなっていたので
シュラフの中に全部入れて寝ました。

御来光に間に合うように起床。
山で寝るといつも目がむくむのでコンタクトレンズを入れるのに一苦労。
ゲイターを付けて、アイゼンを付けるだけでゼーハー。
真っ暗な中を出発。



巻き道の鉄階段の雪はそれほど多くありませんでした。

弥山はすぐそこですが、ガスが濃いです。
今日は見えないかなあと思いました。



弥山で御来光を待ちます。7時前。



あたりが白み始め、ガスが薄くなってきます。
ガスが切れる瞬間は弥山にいる人達から静かな歓声が上がります。
この感じは中毒になります。
やっと天狗岳が見えました。



白い世界が色づく瞬間。



石鎚山ではたくさんのお客様と新年のご挨拶ができて楽しかったです。
山女子Oさんともタイミングよく出会えて一緒に天狗岳に行くことに。



風は結構強いです。

南先峰側には青空が。



再び弥山にもどるとだんだん晴れてきます。





9時頃。



冬の石鎚山頂の絶景を堪能して下山します。

2018年は石鎚山から良いスタートが切れました。
今年もアウトドアを通じてたくさんの方々との御縁ができるといいなと思います。
それではまた。







最終更新日  2018年01月08日 11時25分54秒
2017年12月29日
カテゴリ:└高津美幸

こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、先日冬の地元愛媛県の笹ヶ峰(ささがみね・1,859m)に
下津池登山口から、スタッフ三宅(知)と山トモさんと登ってきました!

登山口までの林道はガッタガタ、ガードレールがない箇所もあります。
意外と雪の少ない登山口を出発。



うっすら雪の下は凍っているので気をつけて歩きます。



平地に出ます。
昔別子銅山に運ぶ木炭の中継地跡だった宿(シュク)。
今日の貴重な日差し。



校舎のような丸山荘が見えてきました。



丸山荘のソーラーパネルの前で。一休憩して出発。



熊がいたらこんな風に見えているのでしょうか。



さて、今回スタッフ三宅(知)はグローブを新調しました。





雪国の本番スウェーデン生まれのヘストラの本革グローブ。
化繊にはない手を包み込むような優しいフィット感と、
暑すぎず寒すぎず自然な暖かさが持続するのは本革ならではで、なかなかの使い心地のようですよ。


上向き矢印ヘストラ 手袋 HESTRA33882 スリーフィンガーGTXフルレザー 詳しくはこちら

山頂に近付くにつれてガスが濃く寒くなってきます。



冬の笹ヶ峰頂上です。
風も強いので丸山荘に下りてお昼にします。



今日はみんなでスタッフ三宅(知)プロデュースのチーズダッカルビ&うどん。
冬はどこでも冷凍庫。



甘辛コチュジャンのたれに漬け込んだ鶏肉と野菜を炒める真剣な二人。



チーズたぷたぷダッカルビ~完成ー!超ハイカロリー!!



そしてダッカルビうどん。



甘辛いタレとチーズが合います。
冬山で元気の出るメニューでした!
エネルギーを充分補給したところで下山します。

この寒い中かわいいコガラがいました。
あまり人を警戒しない鳥だそうです。



雪が少なくて岩や石が氷とミックスになっているようなところは
チェーンアイゼンがピッタリです。
12本爪アイゼンと両方持っていたスタッフ三宅(知)は下りも軽快な足取りでした。


上向き矢印モンベル スパイク 1129612 チェーンスパイク 詳しくはこちら

沓掛山(くつかけやま・1,661m)がきれいに見えていました。



今年もあと残りあとわずかですね。
みなさんはどんな年末年始を過ごされますか?
それでは良いお年を。良いアウトドアライフをバイバイ







最終更新日  2017年12月29日 15時57分25秒
2017年12月20日
カテゴリ:└高津美幸

こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、先日出来たばかりの瓶ヶ森避難小屋に泊まって
地元愛媛県の冬の瓶ヶ森(かめがもり・1,897m)に行ってきました!

冬は瓶林道は閉鎖のため登山口まで白猪谷林道を通ります。
終点まで行くには荒れているので、車高の高い車でないと厳しい感じでした。



出発!



まずは子持権現山(こもちごんげんやま・1,520m)のところまで直登。
歩きやすい道ではありません。



カーブミラーのあるところに出て、林道を歩いていきます。



子持権現山まで来ましたが、ガスが晴れません。



瓶ヶ森の登山口。静かです。



避難小屋に到着。できたてです。



木のにおいがします。
板間は寝袋が4人分並ぶくらいですが、手前の土間は広くとってあります。
2Fロフトもあります。
(詳しくは​西条市観光振興課のホームページ​で)

水を調達したり、ダウンパンツやテントシューズでしっかり防寒対策。


上向き矢印イスカ テントシューズ ISK2232 ダウンプラステントシューズショート 詳しくはこちら


上向き矢印イスカ テントシューズ ISK2241 マイクロライト テントシュ−ズ ショ−ト 詳しくはこちら

私は足先が冷えるので、テントシューズの中にミニカイロを入れています。

ガッスガスで夕日も見られそうにないので、食事の準備。
今日はみんなで鍋を囲んで、身体が温まります。



火の気がなくなると、とたんに寒くなってきて・・・



水も凍ってしまいます。よくこんな所にいますねえ。
20時にはシュラフの中にもぐり込みました。

板間のおかげか底冷えすることなく寝れました。
翌朝5時頃起きましたが、朝日も拝めそうにないので、
昨日の鍋の出汁でうどんを食べて瓶ヶ森に出発。



スノーシューが欲しいくらい、雪がしっかりありました。
交替でラッセルしながら、まずは女山を目指します。



風でガスがとんでいきます。晴れそう!

振り返ると雲の中から石鎚山(いしづちさん・1,982 m)が!
目の当たりにするとその荘厳さに圧倒されます。





この景色に疲れも吹き飛び、瓶ヶ森(女山)頂上に到着。



高知県の海が金色に輝いていました。



寒さも忘れ景色に見とれた後、男山を目指します。
風も強くなってほっぺたが凍りそうです。
バラクラバを装着しました。


上向き矢印ファイントラック バラクラバ FUU0611(BKブラック)メリノスピンバラクラバ  詳しくはこちら

口の部分が立体的に開いているので、呼吸が苦しくなくてgood!



男山着。さぶっ。ガスで何も見えないので下山します。

今回は寒波が下りてきていたので寒かった~。
青い空が見れたのは1時間ほどでしたが、

ドラマチックな景色の中に居合わせられてテンション上向き矢印音符でした。
これがあるからまた行ってしまうんですね~。



無雪期の山しか行ったことがないという方にもぜひ雪山の魅力を知っていただきたいです。
少しでも興味のある方、店頭でまたお話しましょう。
それではまた。







最終更新日  2017年12月20日 15時46分26秒
2017年12月04日
カテゴリ:└高津美幸

こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、今日は地元愛媛県の堂ヶ森(どうがもり・1,689 m)へ梅ヶ市ルートで行ってきました。
梅ヶ市登山口も駐車できるようになったと聞き、
今までは保井野からしか入ったことがなかったので初めてのルートです。
東温市から黒森峠を越えての林道ドライブはカーブの連続。
梅ヶ市の登山口に着くと、整備された駐車場に簡易トイレも設置してあります。
ありがたいです。



今日はソックスを新調しました。
穴が開いたら交換してくれる生涯保証のダーンタフのソックス。
クッションがしっかりしています。




上向き矢印ダーンタフ 靴下 19441908 ブーツソックフルクッション(1908) レディース 詳しくはこちら


上向き矢印ダーンタフ 靴下 19441405 ブーツソックフルクッション(1405) メンズ 詳しくはこちら


上向き矢印ダーンタフ 19441903 マイクロクルークッション(1903) レディース 詳しくはこちら


上向き矢印ダーンタフ 19441466 マイクロクルークッション(1466) メンズ  詳しくはこちら


林道を少し歩いてここから山道へ。
初めてのルートは緊張しますが楽しみです。



植林の中を登り、梅ヶ市ルートも楽ではないなあと思っていたら、



おっと!大きな倒木が。行けるのか?
慎重に木を越えて行きます。



またまたの倒木。
前回の台風は色々な所で爪痕を残していますね。
どなたかが応急処置をして下さっているおかげで、
木をくぐったりまたいだり、迂回しながらも進めました。
ありがとうございます。

ちょっとほっとする道。



やっと植林を抜けて自然林に出ました。
ブナがきれいです。



堂ヶ森の反射板が見えました。



保井野との分岐まできました。
週末の雪が残っていました。



そして堂ヶ森。



ガスで景色はほとんど見えません。
小屋まで下らずに風が弱い場所を見つけてお昼にします。
今日は肉うどんです。



肉は玉ねぎを甘辛く煮てジップロックに入れて持ってきました。
出汁を入れて食材をトッピングして火を入れるだけです。



風に当たって冷えた身体が温まります。
冬の山メシは時短メニューに限ります。



山専ボトルのお湯で作った抹茶でシメ。
晴れる気配もないので下山~。

初めての梅ヶ市、また違う季節に来てみたいと思います。
それではまた。







最終更新日  2017年12月04日 17時30分59秒
2017年11月29日
カテゴリ:└高津美幸
こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、11月某日KOMPASで毎年恒例となる社長杯釣り大会が行われました。
会場は地元愛媛県の宇和島市吉田町にある釣り筏。
私スタッフ高津は初参加、筏釣りも初めてです。

快晴の下、船に乗って筏に到着。



6人分の釣竿、仕掛け、全て社長が下準備してくれています。
早速えさについてレクチャーを受けます。



ゴカイも一度触ってしまえば慣れました。



しばらく釣り糸を垂れていると、

スタッフ楠の釣竿には何度もかかりはじめ、小さな魚や食べられない魚はリリース。
そしてついに鯛が!



次はスタッフしのはらが鯛!



次はスタッフ多田、エイ!



社長はアジの生き餌で



大物を狙います。



そしてスタッフ楠、カワハギ!



釣り上げた魚は見事な手さばきであっという間に処理。



社長の竿が一度ググーンと引き込まれました!
が、糸を切られたようです。



またスタッフ楠
しかしアマダイを目の前で獲り逃しました。
残念~。



今度はスタッフ多田の釣竿が丸くしなるくらいのモノがかかりましたが、
顔を見ることなく逃げられてしまいました。

そして私スタッフ高津はアイゴ!
私は初めて見る魚です。



トゲには毒があるということで即切断。
内臓も処理してもらいました。
きれいな白身で美味しかったです。

筏の上でのお昼は仕出し弁当と、社長の奥さんことママさんのお手製の芋炊き。
海の上でも温かい汁物にほっこりします。



お昼を食べてからはぱったりとアタリが来なくなりました。
店長はお昼寝タイム。



時間いっぱいまでねばりました。
切り上げて陸に帰ります。



今年の社長杯、上位3名にはスノーピークのとっておきのレアグッズが授与されました。



丸ボウズは松本店長~。

楽しい釣り大会、社長ありがとうございました。
来年も参戦しますぐー






最終更新日  2017年11月30日 09時33分48秒
2017年11月19日
カテゴリ:└高津美幸
こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、地元愛媛県内の山でも霧氷の便りが聞こえてくるようになりましたね。
今回のブログはちょっとUPするのが遅くなって10月下旬頃の
愛媛県西条市に位置する笹ヶ峰(ささがみね・1,859 m)です。
一度写真で見た緑の笹原に黄葉を広げるブナの大木をこの目で見たくて、
笹ヶ峰の南尾根のルートを登ってきました。



遠くに冠山(かんむりやま・1,732 m)、紅葉が山を彩っています。

南尾根ルートは急登続き、紅葉を楽しみながらゆっくり登ります。



青をバックに黄葉がまぶしいくらいです。



ブナの大木。





予想はしていましたが、ちょっと遅かった。
もう少し早く、台風の来る前だったら、もっと迫力のある黄葉が見られたでしょうね。

気をとり直し、山頂を目指します。



林から出ると、空と笹だけの世界、気持ちいいです。

頂上は風もなくおだやかでした。
早速お昼にします。
今日の山メシはお好み焼き。





ジップロックに食材を入れて混ぜます。
もう少し小さい袋でよかったです。



豚肉をのせてふたをして焼きます。



今日の核心。
フライ返しなどは無いので、フタに一度のせてからひっくり返します。
なんとか成功!
やっぱりフタ大事です。


上向き矢印ユニフレーム フタ UF667576 山リッドSUS 詳しくはこちら



マヨネーズをラップしてしぼり袋状にして持ってきました。



マヨネーズのトッピングをしてできあがり。

今回はピストンで下山しました。



次来るときは雪の中でしょう、寒いけど楽しみです。

それではまた。






最終更新日  2017年11月19日 15時40分59秒
2017年10月11日
カテゴリ:└高津美幸
こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

さて、10月初めの連休、地元愛媛県ではお天気にも恵まれ、
石鎚山(いしづちさん・1,982 m)へ行かれた方も多いのではないでしょうか?
連休明けの10日(火)私も、土小屋→東稜→墓場尾根→弥山→土小屋
というルートで石鎚山へ行ってきました。



赤い色が効いていますね、早く近くへ行ってみたい!
足が速まります。



瓶ヶ森(かめがもり・1,897 m)をバックに。



所々際立って鮮やかな色の木があって美しいです。



これからまだ色づきそうです。

通称墓場尾根の方へ下ってみます。



きれい~。来て良かった大笑い



自然の作り出す形は見ていて飽きませんね。



墓場側から南尖峰もいい感じです。



弥山から天狗岳、頂上は最盛期は過ぎたようです。

今日はNHKの方がドローンで石鎚山を撮影していました。
人が立ち入ることができない角度からどんな景色が見えるのか、
放送が楽しみです。

それではまた。






最終更新日  2017年10月11日 11時27分09秒
2017年10月04日
カテゴリ:└高津美幸
こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、
霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、
つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。
今から1,000年以上も前にあった言葉です。
雲海を見るとテンション上向き矢印なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。

10月3日(火) 地元愛媛県の西条市で開催されている
第72回えひめ国体山岳競技(リード・ボルダリング)の応援に行ってきました。

1507084951328.jpg

会場にはたくさんの観客がつめかけ、世界的クライマー平山ユージ氏も来場されていました。
愛媛勢が出場するのは成年男子リードの決勝。
予選を勝ち抜いた8チームが競います。

1507084951899.jpg

私達愛媛の応援団は最前列に陣取り、
シミヒロ(左:清水裕登選手)ガンバー!
テンチョー(右:徳永潤一選手)ガンバー!の大声援を送ります。
会場に来られない人からもLINEで応援のメッセージが次々と届きます。

そして結果は、

1507084952660.jpg

1位!!
すでに報道でご存知の方も多いと思いますが、愛媛初優勝!!です。

1507084953043.jpg

両選手おめでとうございます!!
清水選手の達成感に満ちた笑顔と徳永選手の涙に私達も感涙。

感動を分けていただきました。
改めてクライミングができる環境があること、共に楽しめる仲間がいることに感謝しました。

それではまた。






最終更新日  2017年10月04日 12時00分14秒

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


KOMPAS002

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.