364230 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

komugi5626's room

2013.06.08
XML
カテゴリ:金曜プレステージ
アウトドア&フィッシング ナチュラム



一年前のある日、殴られ、乱暴された被害者、杉田智穂。彼女の証言を元に容疑者として田処真也(林泰文)は逮捕されてしまう。田処は無実を主張するが証言、証拠もそろい逮捕されてしまい、さらには婚約中の妹含め家族までも誹謗中傷の的となってしまう。
 そんなお手柄を立てたのが刑事の佐伯徳馬(名高達男)。昇格も確実と言われていた 矢先、驚きの事実が明らかに。被害者として証言した女性は金目当ての狂言で誤認逮捕だったことがわかる。
 誤認逮捕を警察も認め、田処は釈放される。しかし全ては遅すぎた、この誤認逮捕により田処は外資系エリートだった経歴も何もかも失い、さらには婚約中の妹も婚約も破談、家族崩壊してしまったのだった。
 それから一年、アパ-トの室内である女性の遺体が見つかる。金井美奈子という会社員で、何者かに首を絞められていた。早速事件現場に向かった霞夕子、桜木、そして占部たち。さらに所轄の刑事として現れたのが誤認逮捕後、今は所轄の刑事となった佐伯だった。
 そこへ突如、被害者の女性の上司、加藤義晴という男性が、女性が会議に来ないことをおかしいと思ってやってきた。大事な資料を被害者の女性に預けたままということでいきなり入ってきては、引き出しなどを勝手に開けて書類を取り出し帰ってしまう。しかし、彼が帰った後、加藤の指紋を含め、被害者以外の指紋がひとつも発見されなかった。捜査をかく乱させた疑いのある加藤の取り調べから始めるが次第に夕子は過去の誤認捜査との関係性に気付くことに。田処、佐伯も今回の事件に関連しているのか。夕子の鋭くも温かく、犯人と同じ高さに立って見るからこその視点から、驚きの新事実が明らかとなっていく。

沢口靖子 … 東京地検検事 霞夕子
西村和彦 … 検事事務官 桜木洋一
神保悟志 … 警視庁捜査1課警部 占部明日香
石丸謙二郎 … 警視庁捜査1課管理官 岩瀬厚一郎
林泰文 … グロリア商事社員 田処真也
神尾佑 … グロリア商事・営業部長 加藤義晴
ダンカン … 霞友行
松原智恵子 … 霞彩子
鍋本凪々美 … 霞夏子
藤田弓子 … 桜木栄子
  ・
名高達男 … 世田谷中央署警部 佐伯徳馬

久々の沢口靖子さんバージョンの霞夕子シリーズです。
やっぱり夏樹静子さん原作のドラマって面白いわー
見応えがあります!

一年前の事件で誤認逮捕された田処が
今回の事件の被害者である女性と同じ会社で働いていた。
という面白い設定で冒頭から引き込まれました。
しかも誤認逮捕をした刑事、佐伯が働いている管轄での殺人事件です。
当然、殺人事件を担当するのは佐伯です。

田処が怪しいなーとは思っていたのですが
まさか誤認逮捕された人が本当に殺人事件を起こすの?
という疑問があったし田処の上司、加藤の方が相当怪しかった。。

殺人事件の現場に突然やってきて被害者の机を勝手に触って重要な書類を
持ち帰るっていう行為が、こいつが犯人で決定!と思ってしまった。

でも被害者の家に田処のライターが発見される。
しかも田処が今回の事件の被害者である金井美奈子のストーカーだったという
密告文書がメールで送られてきます。

こうなると田処に事情を聞かなくてはなりません。
しかし昔、誤認逮捕をした警察は躊躇します。
もちろん張本人の佐伯もです。

田処がストーカーをしていた事を密告した人物が判明します。

それは金井美奈子の死体を発見した女性でした。
その女性は金井美奈子の自宅で発見されたライターは
田処も持っていたと証言するのでした。

田処と上司の加藤は大学の同期だったのです。
しかし田処は昔、エリート商社員。
そんな田処に加藤は対抗心を剥き出しにしていました。

田処は誤認逮捕の影響で会社を辞めて加藤の紹介で今の会社に入ったのでした。
加藤は誤認逮捕された田処に対して酷い態度を取っていました。

その後、田処のことを密告した女性も殺害されます。
彼女の家を田処が訪ねていた事が目撃者によって証言されていました。

田処に事情を聞きますがアリバイがはっきりしません。
しかし、その後アリバイを思い出す田処。

自宅に宅配便が来たのです。
サインもしたと証言します。

夕子はアリバイを、なかなか思い出せなかった田処に疑問を持ちます。

アリバイの確認に回る佐伯。
佐伯も田処のアリバイを確認します。

その後、加藤が金井美奈子と不倫関係にあった事が発覚します。
ますます加藤が怪しく見えてきました。

加藤が不倫を解消しようとして金井を殺害し
不倫のことを知っていた第二の事件の被害者も殺害したと
警察は推測します。

加藤を事情聴取する警察。

しかし夕子は第2の被害者の自宅にあった招き猫が気になるのでした。

ラストは予想外の展開でした。
犯人は田処でした。

加藤と不倫関係にあった金井を自分のものにしようとして拒絶され
金井を殺害します。
そして、その罪を加藤に被せようとしたのです。
もちろん第2の被害者を殺害したのも田処。
田処は彼女と付き合っていたのです。
でも田処は全てを知っている彼女が邪魔になったのです。

夕子は招き猫のお陰で犯人が田処だと分かったのでした。
招き猫に願いを書きます。
願いが叶うと招き猫をお寺に奉納するのです。

被害者の女性が願いを書いた招き猫を夕子は探し当てたのでした。

実は佐伯は田処の嘘のアリバイに気づいていました。
しかし田処をまもりたくて虚偽の報告をしたのです。
その事で佐伯は最後、逮捕されていました。

彼も悩んでいました。また一年前と同じ目に遭わせたくないと悩んでいたのです。

しかし夕子は佐伯に「人を守るために思い悩むべき」と言うのでした。
このシーン良かったなー

アウトドア&フィッシング ナチュラム






最終更新日  2017.12.12 19:33:57

PR

サイド自由欄





海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】



4/30



富士通 FMV ESPRIMO DH




4/30



セシール


















アウトドア&フィッシング ナチュラム

































カレンダー

プロフィール


komugi5626

コメント新着

カテゴリ

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.