000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どんどん広がる 幸せな日々

PR

X

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

癌治療

2013年02月23日
XML
カテゴリ:癌治療
色々検討していましたが、ついにウィッグを買いましたよ!

ここ数日は、慣れるため出かける時にはつけているんです。

これともうひとつ、エムコの結婚式用に、留袖に合うようセットしてもらいました。
この会社が、たまたまウチから行ける距離だったので、
直接でかけて、色々つけかたのコツを教えてもらったりして
すごく満足です♪


   私が頼んだのはここです  →  医療用ウィッグ アンベリール



特別につけた写真を公開しちゃいま〜〜す♪
こんな感じになりました。




IMG_6621.jpg



結構自然でしょ?


今日抗癌剤治療だったんだけど、看護師さんたちにも好評で、
今まで帽子かぶってたのと比べて、10歳は若返ったって^^

嬉しいな〜〜〜♪


可愛い服着て、おでかけしよう〜〜〜♪





さて、エムコの結婚準備の方ですが、
新居も決まり、お腹の赤ちゃんも順調です。


お料理作りに燃えていて、今は夕飯はエムコ担当。
昨日の生姜焼きも今日の唐揚げも、すごく上手に手際良くできて、
私の出る幕はないかも。
酢の物も味良くできていました。


毎日が、楽しくて嬉しくて仕方ないこの頃です。



ただねぇ、



今日の診察で、先日受けた骨シンチ検査の結果、胸と頭の骨に転移がみつかりました。
抗癌剤、ゾメタを追加する事になりました。

まぁ、すぐに身体がどうこうなる事ではないので、
全然心配していませんからね。
今の私は免疫力がバリバリなので、転移で動じる事はないですよ。


看護師さん達も先生も、私の顔色も良く、元気一杯な様子を
とっても喜んでくださいました。


ブログのお友達や、古くからのお友達からも、たくさんの応援や美味しい物を
送っていただいています。
本当にありがとうございます。


がんばるぞー!という気持ちでいますから、どうぞ安心してくださいね。








Last updated  2013年02月24日 00時16分29秒
コメント(8) | コメントを書く


2013年02月13日
カテゴリ:癌治療
前回書いた、命のジュースについて、
個人的に興味を示して下さる方が結構いて、
また、ご自分でも作っていらっしゃる方も多いみたいですね。


今日は、丁度頼んでいた果物が3種類届いたのでご紹介しますね。

まずはりんご。


楽天りんごランキング連続No.1!人気品種のふじりんごです。減農薬の特別栽培で皮まで安心なふじりんごが、訳ありだからお手頃価格です♪【送料無料】【特別栽培】山崎さん家の訳ありりんご ~ふじ~ 【5kg】【訳あり】【国産】【長野県産】【減農薬・無化学肥料】【アウトレット】【TK-sspt】


130213_163530.jpg


レモン。国産であることは必須です。


【愛媛産】訳ありレモン5kg。ノーワックス・ノー防腐剤。キズ、シミ、でこぼこ、かさぶたが混ざりますが味は同じです。【送料無料】訳あり愛媛国産レモン5キロ

一杯入ってました。


130213_163419.jpg

そして人参。
今回初めて頼んでみました。



期間限定!ちょっとわけあり!A品B品混載!イキイキ新鮮!人参ジュース・毎日飲んでピカピカに!訳有り・にんじん・ジュース・有機栽培・規格外【送料無料】北海道真狩村産完熟にんじん「向陽(こうよう)」5Kg 有機栽培人参【RCP】【楽ギフ_包装】

人参がでっかい! これは10Kg入りです。


130213_163328.jpg


明日から、また新鮮なジュースを楽しみたいと思います。



ところで、入院中から始めたハラヴェンの副作用が出て来ました。

いよいよ脱毛がはじまりましたよ。

まぁ、そのつもりでいたし、看護師さんとも相談したりしてましたので
至って呑気なものです。
ニット帽をかぶって、抜け毛が散らばらないようにしてますが、
色んなサイトを見て、今カツラを検討中。

おしゃれなのが一杯で、どれにしようか迷ってしまいます。


4月の終わりに、エムコの結婚式が決まりましたので、
その時の、留袖に合うものにしようとは思いますが、
思い切って、若作りにしちゃおうかな〜、うふふ。











Last updated  2013年02月13日 19時47分37秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年02月09日
カテゴリ:癌治療
退院して一週間たちました。


毎朝、目が覚めると、

この上ない幸福感で一杯になります。

まだ夜明け前の暗闇、


これから徐々に明けて行くであろう空を見ながら、

熱のないありがたさ、

どこも痛くないありがたさ、

食事が美味しいありがたさ、

楽しみな事があるありがたさ、

家族がみな、喜びを胸に暮らしているありがたさ、

片付いた清潔な家で、規則正しく暮らせるありがたさ、

可愛いぷーちゃんが甘えてくるありがたさ、

心配ごとがない、と感じるありがたさ、

エムコの結婚準備が、信じられないほどスムーズに
進んでいるありがたさ、

応援してくれる人が、たくさんたくさんいるありがたさ、





自分は、何て幸せなんだろう。



思わず空に向かって手を合わせます。




入院時にはこんな気持ちになれるなんて、思いもしなかった。。。




今日は、退院後初の受診日でした。
レントゲンも、血液検査も結果は上々で、
先生にも喜んでもらえて、
結婚式の準備の心配もしてくださってね。

何せ私は、何もできないから、せめて資料くらいと思い、
入院中は病室でゼクシィを読んでましたから、
看護師さんもドクターも、我が家の事情はみんな知ってる状態^^
入院中に、結婚ほとんどすべてが決定、挨拶なども済んだ、なんて
聞いた事ない、よねぇ、普通は^^。




そんな私の毎朝の習慣を紹介します。



朝一番に「命のジュース」と呼んでいる、しぼりたてジュースを飲んでるの。

色々調べて買ったジューサーはこれ。


空気の混入が少なく、味が濃くおいしい。果肉の多い食材や固い食材など、いろいろ絞れる。素材のもつ栄養素を多く残せます。金属刃を使わず、安心。【ギフト プレゼント 2013】【送料無料】スロージューサー EJ-CP10A レッド ジュースプレッソ SHARP シャープ キッチン家電 低速ジューサー juice presso 石臼式で刃を使わず1分間に32回転の低速で搾りだす 節電
130207_074138.jpg

今だったら、リンゴ2個、レモン2個、みかん2個、人参1本
あとは適当に、ある野菜や果物を、ジューサーにかけて作っています。


去年の秋頃から、熱を加えない酵素が大事とわかり、
うちにあるミキサーで、小松菜とかバナナとかりんごとかを
スムージーにして飲んでいたのですが、
あんまり消化吸収されていない気がして、
色々本を読んで、低速ジューサーで作った方が良いことがわかりました。


ネットで探せば、りんごやレモンなども大量消費できる
自家用の姿の悪いのもお安く手に入ります。


毎朝、エムコと、酸っぱいのが苦手な母とも
一緒に命のジュースを飲んでいます。
すごくいいです♪




まさに、去年までの私は、命のことは考えていたけれど、
その終わりに焦点を合わせていた気がします。


今の私は、これからの命、生まれて来る命に焦点を合わせているんだな〜と思います。



ところで今日は、息子の誕生日。
これからまた大阪から帰ってきてくれるんですよ。


今、本当に私は幸せです。









Last updated  2013年02月09日 23時31分37秒
コメント(10) | コメントを書く
2012年12月30日
カテゴリ:癌治療
今年もいよいよ秒読みですね。

クリスマスの頃から咳がひどく、肺炎の症状でとても体調がすぐれず、
ほとんど寝てばかりいました。
病院で、分子標的薬の点滴に抗生物質も追加してもらい、
マイコプラズマの肺炎なのか検査。高熱もしばらく続きました。

結果、マイコプラズマではないことはわかったのですが、
そうなると、考えられるのは病気が進んでいるってこと。

先月、飲む抗癌剤のゼローダを断ったので、そのせいか、とも考えましたが
今後、どうするのか。
ハラヴェンとか他の抗癌剤に変えて、延命を図るのか、
決めなくてはなりません。


他の抗癌剤で延命できる期間はどれくらいなのですか?
と聞くと、
それは、転移してる場所が複数ある場合や、その部位によっても
薬の相性とかによっても様々です、といわれましたけれど。
それにハラヴェンは認可されて一年ですので、一年以上の記録がないのです、と。

それでも、平均的に、どれくらいのものなんでしょうか?
と聞くと、
大体2年位です。というお話でした。

私は、治したいと思っていますから、
言われたままの、辛い治療を嫌々受けるのは嫌なのです。

治ることをあきらめた訳ではありませんから、
先生に、それだけはわかってくださいね、
先生のアドバイスもうかがいつつ、
私が自分で決めたいのです。
自助療法で治した患者さんもいらっしゃるので、
私はそれをやってみたいのです。

とお話しました。

正確に言うと、先生に直接お話したのではなく、
いつも受診の前後にたくさん話を聞いてくれる乳癌治療専門の看護師さんに話したのです。


薬の処方を待っている間、
私を探してくれて、ソファの横に座ってくれて、
私が何を考えているのかを、じっくり聞いてくれます。


もし、何も薬の治療を受けない、と決めたあと、
私は、緩和ケア専門の先生を探さなければいけないのでしょうか?


一番心配していたことを、その看護師さんに聞いてみました。


そしたら、


そんなことはありませんよ。
それを心配されていたんですか?ああ、ごめんなさいね。。
大丈夫です。今まで通り、Y先生の診察をずっと受けてもらえますよ。
つらい時や何かあった時には、年末年始でも
かまわず連絡くださいね。
KEIKOさんの決められたことは、何より優先されますからね。
まあ、Y先生もしつこく色んな治療を提案してくるでしょうが。


そんな話をじっくりしてくれました。


ずいぶんこれで私は安心できました。
治療方針に従わないなら、他の病院に行ってください、ということでは
ありませんでした。

Y先生は、血液検査の結果や画像ばかりを見て、
私のからだはちっとも見てくれない、という事はありますけれど、
今の医療現場ではそれ以上のことはできないのだなぁ、といつも実感させられます。

ただ、Y先生は、ちゃんと私の顔を見て、できるだけ丁寧な説明をしてくれ、
質問にはしっかり図を書きながら答えてくれ、
肺に水が溜まった時も、
できるだけ早く楽にしてくれるよう、手配してくれました。

入院中も廊下でにこにこ挨拶してくれ、
早朝であろうと休日であろうと、病棟内を飛び回っておられました。


私は、Y先生が取り組んでおられる姿勢が好きなので、
できればずっとY先生に診ていただけたらなぁ、という気持ちでいたんですね。

でも、抗癌剤は受けたくない、という、わがままな患者です。


それでもいいのですよ、と看護師さんが言ってくれて、
とても気持ちが楽になりました。



そんな昨日、学生時代からの、長年の友人から
手作りのパンが届きました。
丁寧に書かれたお手紙も入っていて、

KEIKOさんを思って、心をこめて焼きました、と書かれていました。

私は嬉しくて涙がこぼれました。


心というのは不思議なものです。


自分の物なんだけど、他者からの一言で、大きくベクトルが動きます。


年の瀬を迎え、誰もが自分を応援してくれている事にあらためて気づき、
私は後悔しない生き方をしよう、と思いました。


いただいたパンは、プロのお味でした。


P1040805.JPG


シュトーレンっていうパンは、日持ちするそうで、このように薄く切って食べるのだそうです。
とても味わい深くて、家族で美味しくいただきました。
本当に有り難いです。


明日は大晦日。
自分はこれからどうしようか、自分で決めて行こう、とまた決心した一日でした。







Last updated  2012年12月31日 00時12分34秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年12月05日
テーマ:乳ガ~~ン(1225)
カテゴリ:癌治療
先日、初めて患者会の支部会に参加してきました。

乳癌になって約15年。
再発、転移で合計5回の手術、プラス胸水を抜く入院2回、胸膜癒着術を受けて
現在に至っていますが、
今まで、患者会に所属したことはなく、
自分なりの勉強と工夫と、あとは元々の能天気な性格で
今まで乗り切ってきたような所があります。

実際、ほとんど自分の病気のことは忘れて暮らしていた感じ。


でも、今年3月の再発で、これは本腰入れて自分の身体と向き合う時がきた、
と感じ、様々な情報を調べて入会したのが、ここ

     ↓
ガンの患者学研究所


毎月送られて来る会報を読んで、それなりに実践してきたつもりでしたが、
もう、ひとりで実践するのは無理だと感じ始めていました。


それに、私は、病院で友だちになった人、いわゆるガン友はいるけれど、
「このごろ調子どう?」
「じゃあ、お大事にね、お互いがんばろうね」

程度の会話しか成り立たず、
病院情報なども、あそこは待たされる、とか、駅から近いとか、
◯◯サプリがいいみたい、とか、◯◯キノコが効いた人がいるらしい、など
聞きかじりの中途半端な情報(情報とも呼べないレベル)交換に留まる年月を
過ごしてきました。
本当の本気で治るための情報交換は、したことがなかったなぁ。


私は、重篤な状態だった癌を治した人に、実際に会ってみたくなったのです。
本当の本気で、治そう、としている人にも。


実際に会に参加して、本当に良かったです。
治った方にお会いできた、ということは大きいです。
治った方を、この会では治ったさんと呼んでいます。
この支部の治ったさんは、70代の男性でした。



会の終了後、6人の方とお茶をご一緒したのですよ。
私は、治ったさんの隣になりました。


メニューを見ながら、何を頼もうか迷っている時、
私はその方に聞いてみたんですよね。


乳製品や動物性タンパク質を控える食生活をしているので、

「生クリームたっぷり抹茶ラテ、は頼まない方がいいですかね?」


そしたら、治ったさんはこうおっしゃいました。

「それは自分が決めるのですよ。
 自分の身体をどうしたいのか、何を食べ、何を飲むのか、
 他人に決めてもらうのじゃなく、自分で決めるんですよ。」



ああ!そうだった!

決めるのは自分なんだ、って、ハッと我に返った思いがしました。


支部会でもお茶会でも、たくさんの情報をいただき、
また大いに笑って、免疫力もぐんと上がったみたいです。
みんなでアドレス交換して、本当の本気仲間を作ることができました。
帰りの電車は途中まで一緒の方がいて、いっぱいお話ができました。


本当の本気になるには、良い情報と、笑いと、仲間がいると
きっと持続するのではないかと思えました。

何より、今まで会ったことなかった、治った方に会い、
お話できたことは、大きな励みになりました。


会の代表、川竹文夫さんの著書です。
私も何度も読みました。


【送料無料】幸せはガンがくれた [ 川竹文夫 ]


【送料無料】「ガン・治る法則」12カ条 [ 川竹文夫 ]






Last updated  2012年12月05日 21時36分03秒
コメント(6) | コメントを書く
2012年08月29日
テーマ:乳ガ~~ン(1225)
カテゴリ:癌治療
退院後2週間以上たったのだけれど、
体調はなかなか戻らず。。。
じっと引きこもり生活をしています。

去年の手術後もそうだったな〜。
いくらでも眠れたな〜。
今回もまだまだ回復に時間がかかるんだろうな〜。
という感じのこの頃です。

胸膜癒着術をした右肺は、鳥かごでも入ってるみたいな感覚で
まだあちこちがズキンズキンと痛みます。
特にみぞおちから右にかけて、
肝臓のあたりが始終痛いです。
お酒も飲んでないのに(本当ですょぉ)

いつもいつも胃袋を掴まれているように
気持ち悪くて、横になってるしかありません。
胆道狭窄症もあるので、心配になって昨日また病院に行きましたが、
色々検査しても、何もあやしい事は出てきませんでした。

むしろ、精神的な方が弱っているようです。



さて、


すごく話が前後してしまいますが、
約1年前に、「トリプルネガティブからの変化」という日記を書いたことがあります。
そして今年になって、実はまたまた大きな変化があったんです。

   
  去年の日記はこちら
    ↓
トリプルネガティブからの変化(その1)


それがわかったのは、今年5月に胸水を抜く入院をした後です。
胸水の細胞を検査した結果、『HER2(ハーツー)」が強陽性に変化していました。

ええーーッ!

今まで15年も陰性だったものが、強陽性に?
そんなことってあるのでしょうか。
何で??


と驚いたのですけれど、
先生の話やネットでの情報収集を総合すると
遠隔転移の場合、起こることがあるみたいです。

「HER2(ハーツー)」が強陽性になったということは、
今まで使えなかった分子標的薬「ハーセプチン」が使える、という事になった
と言う事なのです。


「HER2」が陽性、ってどういうことかというと、
がん細胞のまわりを、栗のいがいがみたいな受容体が生えている状態で、
それがあると、それのみを攻撃する分子標的薬が効果を発揮できるわけです。


この説明は、ざっくり一言で言っちゃいましたので、
正確ではないかもしれませんが、まあ、そんなイメージです。


ハーセプチンが使える!
となったら、使う方向になっていきますよね。

私もせっかく使える薬があるんだから使おうかな、
と思ったわけですよ。

ただし、ハーセプチンは、他の抗癌剤(私の場合はゼローダとエンドキサン)
とセットで使うようなんです。
栗のいがいがだけを取ってもだめで、
抗癌剤も飲まなきゃならない。。。


私はこれが嫌で嫌でたまらないわけです。


飲むと気持ち悪くて何にもできない。
できれば飲みたくない。

それもあって、昨日は主治医の先生に
飲みたくないよ〜とダダをこねに行ったというわけ。


待ち合いのベンチで待つ間、
外来の担当の看護師さんが、じっくり話を聞いてくれます。
そして、入院時に担当になってくださっていた看護師さんも
丁度出勤してきて、じっと話を聞いてくれました。
話を聞いてもらえると落ち着きますね。
私の行ってる病院は、すごく話を聞いてもらえます。

結局、先生は、2週間薬をお休みしましょう、と
いうことになり、
そのかわり、精神安定の薬をもらいました。


抗癌剤ってね、気持ち悪いのもそうだけど、
すごく高価なんです。

抗癌剤を続けるためには、仕事を続けて収入を得なくてはならない。
そのために、弱った身体にむち打って、
複数の仕事を掛け持ちして、夜勤などのきつい仕事も入れて、
これじゃ何のために療養してんだかわからない、
という状況も、数ヶ月前、NHKのクローズアップ現代で
放映していました。


何か、色々考えちゃう。
   ↓
するとどよ〜んと胃が気持ち悪くなる。
   ↓
ご飯が食べられない
   ↓
減った体重がさっぱり回復しない
   ↓
体力がないので布団で横になってる
   ↓
何か、色々考えちゃう



とまあ、こんなスパイラルにはまっています。。。


安定剤よ、いい仕事してくれ、という気分です。

あ〜あ、今日はグチっちゃったな〜。









Last updated  2012年08月29日 23時49分28秒
コメント(8) | コメントを書く
2012年08月13日
カテゴリ:癌治療
ワクワクさせてくれたオリンピックも終わってしまった。
この入院生活中、オリンピックがあったおかげで、期間中は朝から毎日世界中の頑張りを見る事ができた。

と同時に選手達を応援する多くの人々や、チームメイト達も見た。

実際にロンドンの会場で応援する人々もいれば、日本の地元や母校で応援する人々。その他の多くは自宅のテレビの前で声援を送った。


私たちみたいに、身体を悪くして病院のベッドで応援してた人々だっている。


応援はエネルギーだ。
最善を祈り、願い、信じる。


そのエネルギーは使う程に湧き上がり、双方を循環する。


だから私が一生懸命応援したからといって、力が枯渇して死にそうになるなんて事はない。


むしろ、選手の躍動する肉体と精神から、溢れんばかりのエネルギーを受け取る事になるのだ。


そう、応援の力はぐるぐると時空を超えて循環するのだ。



翻って、
この入院で私もたくさんの応援をいただいた。

友人達からはメールや手紙や美味しいもの、わざわざ出掛けてくれた神社のお守り、仲間の写真、写メで珍しいお花や動物や似顔絵、自分で失敗してこしらえたたんこぶの写メを送ってくれた人もいた。

もちろん家族も。
高齢の母にはこの猛暑の中、連日洗濯物の運び屋をさせてしまった。
普段は面会時間に仕事で来れないエムコとは、休日たくさん楽しい話で和んだ。


それだけではない。
ブログに立ち寄ってくれる人々。
お会いした事のある人もない人も、応援して下さる。

何て幸せな事だろう。
この至福感が循環して、あなたの元に届きますように!


最後に良いお知らせがあります♪


おかげ様で、14日に退院になりましたぁ~♪

29日間と、予想外に長い入院でしたが、何とか元気になれそうです。
体力はがた落ちなので、気長に養生するつもりです。

皆さん、ありがとうございました。






Last updated  2012年09月10日 23時00分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年08月11日
カテゴリ:癌治療
昨夜、やっと肺の管がはずれました。
やったー♪


熱も落ち着いてきたし、レントゲンでも新たな水の貯溜がない事がわかったからです。


抜く時はまたギャーと声が出る程痛かったけれど、これで長い事相棒として引き連れていたガラガラ(胸水を溜めるケースをくくりつけてた点滴をぶら下げるやつ)ともおさらばです。

脇の下からズルズルのびるチューブもありません。


手ぶらで歩く爽快感は格別です。
まるで身体に羽が生えたみたいに軽やか~。


食事のお盆も自分で持てます。


これで一気に病人気分が消えました。


午後には職場の上司が来てくれました。
話しているうちに、私が休んでいる間に一人女の子が辞めてしまい、老社長が朝掃除機をかけている、と聞いて、泣けて来ました。


社長ぉ~!

こうしちゃいられない!
早く復活しますから、待っててくださいね!






Last updated  2012年09月10日 23時01分11秒
コメント(6) | コメントを書く
2012年08月06日
カテゴリ:癌治療
7月25日に、癒着療法を行って10日目、やっと発熱がおさまり、8月3日に二回目をやりました。
さて今回はどんなかな~と思っていたら、一回目より更に強烈。
高熱と吐き気でよれよれ状態です。
ご飯も水分もとれず、どんどんしなびてくるのがわかるのです。

これって相当恐ろしいよぉ。

だんだん腕とかの皮膚に縮緬じわが寄り、目に見えてカサカサと干からびてゆく恐怖!
o(><)o

下手な怪談よりよっぽど恐ろしいよ。

退院したらお肌のお手入れも頑張らねば…


こんな思いをしながらの癒着療法ですが、これをしたからもう水が溜まらなくなる、という確証があるわけではなく、溜まるスピードが若干ゆっくりになる、かも知れない、という事のようです。
個人差も結構あって、要するにやってみなくちゃわからないのだ、と理解しています。


でも癒着療法をやらなかったら、また二ヶ月足らずで入院して水を抜かなければならず、二カ所の職場に再三迷惑をかける事になってしまうし…。
職場では、気にしないでゆっくり治して、待ってるから元気になってまた来てと、有り難い言葉を頂いて、だからこそもう迷惑をかけたくないし。


そんな訳で、治療を受けるかどうか、本当に悩みました。


大阪の息子にも電話で相談しました。
息子は相談機関を調べてくれたりかなり心強かったです。
結局は息子と話すうちに冷静になれた感じで心が決まりました。
大人になった息子は頼もしいです。


そんなこんなの近況ですが、今の楽しみといえばもちろんオリンピック!


病床でかなり涙腺がゆるんでいますので、選手の皆さんの死力を尽くしての頑張りに、ティッシュがいくらあっても足りません。


特にチームで挑む団体戦が光りますね。
男女競泳陣、男女サッカーのあのかっこよさは何!?

態度も笑顔もコメントも、
日本の男の子って、こんなにかっこよかったんだ!
日本の女の子って、こんなに美しかったんだ!

と日本のおばちゃんは鼻高々でありますよ。







Last updated  2012年09月10日 23時01分48秒
コメント(5) | コメントを書く
2012年07月31日
カテゴリ:癌治療
結局前回もぷーちゃんの写真はアップされず…
またもやがっかりです(;_;)

頂いたコメントにも少しずつお返事書いたのですけれど、こちらも反映されず。。。
どうなってんだ?楽天さんよぉおお。

と思わないでもないですが、今の私は時間だけはたっっっぷ~りございます。
大して腹も立ちません。お返事と写真アップは退院してからさせて下さいね。


さて先週は、入院頭初に肺に入れた管の他に、更に二本の管を刺す治療がありました。水の溜まった部分に部屋ができてしまってて、部屋ごとに管を入れて水を引くためです。これが局所麻酔はするんだけど、本当に痛くてつらかったの。串に刺される焼鳥の気持ちでした。
しかも入れた翌日、やり直しのため、その串差しをぐりぐりされて、うぉーうぉーと吠えまくって、つい野生の本性を出してしまいましたよ。

その後はぐったりと過ごしていましたが、熱や痛みのない時は暇なんですよね。

週刊誌は隅から隅まであっという間に読んでしまうし、鉛筆片手にクロスワードパズルも、解いてしまえばハイおしまいっていう感じで、何かむなしい。。


短編小説が読みたいなぁ、と売店に行ってはみたものの、あまりこれといったものがないし…

そこに、エムコからメールが入りました。
「今から行くね。何か欲しいものある?」

おお!グッドタイミング!
そこで欲しいものを頼みました。


「本屋さんでオール読物8月号買ってきて~(^_-)-☆」


さて、そう頼んだものの、時間の有り余る私は少し心配になってきました。


待てよ。。。

あの表紙は「読」の文字が確か旧字体。
おっちょこちょいのエムコが、ありませんでしたと手ぶらで来てしまったら、私の暇な今後はどうなる?


更に、まさかとは思うが、

「オールどくぶつください」

などととんでもない発言をし、回りの失笑を買いはしまいか。


その上更に、該当する本が存在し、「オール毒物」的な本をぶら下げて来たら、
返品交換するのも恥ずかしい(〃д〃)


私は急いでエムコに
「オール読物(おーるよみもの)」
と送信しました。


案の定エムコからの返事は、

「そんなの振り仮名つけないでも(T_T)」

暇過ぎると、つまらない事を考えてしまうものですね。


オール読物8月号は、私の大好きな怖い話特集で、しばらくは楽しめそうです。


特に宮部みゆきさんの「まぐる笛」
読みごたえありました。


暑さが続きます。
皆様もどうかお体大切に!
何とか乗り切りましょうね。






Last updated  2012年09月10日 23時02分22秒
コメント(2) | コメントを書く

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.