000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

近藤整体 中山式自然整体三河支部

先人の言葉

先人の言葉

1.健康は他人任せで済まされるほど安物ではない。
  自ら一番力を注いで守る何よりも貴重なものである。
  住む家の代わりはあっても体の代わりはない。

2.世の中に病気があるのではなく、唯病める人がいるのである。
  人間はもともと孤独で弱いものである。
  特に病気になった時は心身が傷つく、臓器の医学ではなく人間医学が必要である。

3.病は軽症の時に治療すべし。
  罪は小さい時に直ちにこれを後悔すべし。
  末病を治すには無理な我慢は命を削る。

4.万病を治すのは借金の返済と同じである。
  我慢と辛抱と根気よさが必要である。
  体が悪く病気になる時には余程の日数がかかっている。
  治療とは管道を帰る様なもので、同じ日数がかかると思え。

5.病は自然が治す。傷は神が癒し、我は包帯するのみ。
  人間は生きている限り、良くなろう良くなろうとする自然治癒を神から授かろう。

6.病ありて薬をせざる時は中医を得る。
  化学薬品の大量の乱用は効が無くして害多し。

7.人生も一つの旅路である。
  道草を喰ったり迷ったりした苦い旅の方が面白みがある。

  無病短命 一病息災


【注記】
  未病:西洋現代医学では、病気の範疇に入っていない病。
  中医:中国伝統医学(中医学)では、生薬を組み合わせ処方する。


© Rakuten Group, Inc.