1133790 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のんびりおまかせ60代

出会いの不思議

出会いの不思議

最近親しくしている友人と一緒に、札幌に出かける。
彼女とは8年近く、一緒にある団体の世話人として活動を続けてきた仲間であり、
その経緯の中で親友となった人である。
学生時代には「大人になってからの親友はできにくい」と言われ、
だからこそ「学生時代に友達を作れ」と脅されていたような気がするが、
私のように、40代半ばになってからでも親友はできる人間もいる。
出会いのチャンスは、生きている間ある。
今現在、「親友がいない」「恋人がいない」「伴侶がいない」と嘆いている人に言いたい。
出会いは、今日、これからあるかもしれませんよ、と。

さて、今日会った人は、彼女だけではない。
中学時代の恩師とも、札幌で待ち合わせたのだ。
この日記で何度か書いているが、
私の中学時代は心理的には「真っ暗闇」だった。
当然、担任とだって、そんなに仲良くやっていたわけではない。
ただ、新任の若い教師だったS先生は、
全身をバリアーでガードしているような生徒である私が、
何となく気になっていたようではある。
だから、何かにつけて私の心を開こうとアプローチしてくれたけれど、
当時の私は、先生のそのような声かけすらある種迷惑だった。
でも、生徒の気持ちを何とかつかみたいとする姿勢は理解できたし、
「もしも本当に苦しい時には、先生に言おう」とは思っていた。
それだけを自分の「お守り」のように、
私は孤独な中学時代を乗り切った。

途中経過は省くが、その後の色々な関わり合いの中で、
先生は私にとって大切な「恩師」となってゆき、現在に至っている。
今年は、その先生との関係の中で、あるコンサートを開くことになり、
今日は、その時に一緒に協力してくれた彼女と3人で会うことになったのだ。

待ち合わせの場所で、偶然先生の知人と出会った。
せっかくだからと、少しの間四人でお話をしたのだが、
何と先生の知人と言う人は、私の父とも旧来の仲であった。
それだけでも驚きだったのだけれど、
その後3人で色々と話しているうちに、
今度はまた違う「縁」が、私たちと繋がっていたことを知ることになった。

全く無関係だったと思う人が、実はつながっていたということを知ることが時々ある。
そんな時、私は本当に不思議な思いに駆られ、
「他生の縁」という言葉が、実感として迫ってくるのである。
「縁は異なもの味なもの」というのは、男女関係だけではなく、
友人・師弟・仕事仲間、色々なことにかかる言葉であるように思う。

(2005年12月01日/記)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.