1045415 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のんびりおまかせ60代

PR

フリーページ

慶應通信復習のページ


日本史(総合)


保健衛生、体育理論(総合)


社会科学概論(総合)


社会学(総合)


政治学(総合)


文学(総合)


社会学史1、社会学史2(専門)


国語学(専門)


哲学(総合)


教育学


史学概論


都市構造論


教育思想史


西洋史特殊1


心理学1


思い出・・一期一会


一期一会


思いがけない再会


痴呆について(祖母を思い出しながら)


K君へ・・人はみんな同じではないよ


手を出さないで、見ててね


北の国から・・私の吹雪体験


Yちゃん


長倉洋海さんとアフガニスタン


生き急いだNさんへ


卒業仲間


沖縄の戦跡巡拝


旧友とのおしゃべり


学生無年金障害者訴訟判決/Yさんのこと


他生の縁


法事にて /「義兄」のこと


Mとの思い出


縁は異なもの


映画「ハッピー」とTさんのこと


同じ父なのに・・


かつてのヤンキーボランティア


阪神淡路大震災こと


叔母の「死」に思う


悪夢の思い出


進化する父


早世した友の思い出


障害を持つ子の親の思い


Nちゃん(中学のクラスメート)との再会


出会いの不思議


N先生の思い出


「あの子の笑った顔を見たいんです」


「シュウ君」


数学の思い出


思うことイロイロ


青春や若さって、そんなにいいもの?


NHK「フリーター漂流」を見て


団塊シッポのつぶやき


結婚って何だ?


若者のボランティア活動について思う


笑わなくたっていいんだよ


不倫って、「ひめごと」だと思っていたのだけど・・


普通って、何だろう?


やりたいことは、とにかく手をつけよう


成人式と着物


子どもに不正をそそのかし、見逃す大人たち


「『迷惑をかけない人』を望む母親が増加」に思う


人の心にも「地雷」がある


教師の体罰ニュースで思い出したこと・・


里親について


体罰事件で思い出したこと


「いじめ」は殺人になる


若い頃の苦労は買ってでもせよ。その前に、「子供の失敗は買ってでもさせよ」


読書、映画、観劇など


映画「裸足の1500マイル」


本 「カンボジア 運命の門」


レンタル映画「パウダー」


レンタル映画「タイタンズを忘れない」


本 「大地」パール・バック


本「揺れる子どもの心と発達」高垣忠一郎著


「奪還 」 蓮池透著


「逆さメガネ」養老孟司著、PHP新書


「死ぬにはいい日」


「"It"と呼ばれた子」


「あの世 この世」


「二人目の母親になっている日本の男たち」


パティニョールおじさん (レンタルビデオ)


映画「オリバー・ツイスト」


映画「スタンドアップ」


蟻の兵隊


映画「ハンナ・アーレント」


「引きこもり狩り」 芹沢俊介◎編


印象に残った絵本色々


映画「誰も知らない」


映画「白いカラス」


映画「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」クリント・イーストウッド監督


映画「愛を読む人」


2017年09月14日
XML
テーマ:つぶやき(4452)
カテゴリ:音楽
10年近く前からコンサートなどでつながりを持ったヴァイオリニスト伊藤光湖さんのご実家が、
6月30日未明に火災で全焼し、ご両親が亡くなられた。
第一発見者となった光湖さんは、ご本人の言葉によれば「なぜか生き残り」
重度の一酸化炭素中毒と重症の気道熱傷で集中治療室での辛い治療と、その後遺症に苦しみながらも、
ご両親の「お別れの会」の日を迎えた。
火災のことは新聞やテレビの報道で知り、その後の経過がとても気になりながら日が経ち、
一か月以上も経ってからご本人からのメールをいただいた。
私はさほど近しい関係でもないのであまり深いことを問い合わせることもせず、
ホームページで火災のことやご本人の体調のこと、その後の経過などを気にはしていた。
「全焼」ということで、彼女のヴァイオリンやご両親の写真などもほとんど焼失したようで、
ご両親亡き後の様々な手続等にも大変な思いをされているのではないかと案じていた。

合同メモリアルは、札幌パークホテルのチャペルで行われた。
別会場で受付を済ませ、チャペルに入ることのできる約80人が案内されたのだが、
とても大勢の参列客がいたので、多分会場に入ることができずに別会場でのモニターでの参列になっていたのだろう。
私は幸いに、少し早く会場に着いたことや諸々のタイミングで、
チャペルで光湖さんのご挨拶や演奏を直に聞くことができた。

お母さまは書道の先生としか知らなかったのだが、今回のお別れ会でご両親それぞれ
版画と書道では有名な人と初めて知った。
ご家族はクリスチャンで、そのホームページの情報とお別れの会での経歴紹介によれば、
お父様伊藤一雄さんは、教師を続けながら版画でも国内外で受賞され、海外の美術館にも数多くの作品が収蔵されているとのこと。
またお母さまの伊藤龍子さんも、お若いころから書道での展覧会で受賞を重ね、
現在では審査員としての活動もされていたようだし、亡くなるまで大麻高校で高校生への指導をされていた。
つまり、家族三人とも芸術家のご一家だったのだ。
きっと、ご自宅には数々の作品もあったのだろうと思うと、なんだか切なくなってしまう。
火災の原因は「マッサージチェアからの自然発火」だそうだ。
そんなことがあるのかと驚くと同時に、この世には本当に思いがけないことが起きることがあるのだと思う。

ご両親とご実家を失った光湖さんの心身の状態がとても心配だったのだが、
信仰を持っているということは、このような場合には大きな支えになるのだろう。
私は特定の宗教には所属していないので、信仰があるとはいえない人間だ。
だからきっと、このように理不尽と思えることが起きたら、
怒りと悲しみを乗り越えるには七転八倒するのかもしれない。
(いや、彼女だって当然七転八倒の心身の苦しみの日々だろうが)
ご両親手を取り合って神のところに旅立ち、それを最愛の娘が素晴らしい演奏で葬送する。
なにかとても荘厳な気持ちになり、そのご冥福を心から祈った。
今までもご両親は一人娘の光湖さんを全力で愛し、励まし、支えてきたことだろうが、
これからは今まで以上にすぐそばで見守り支えてくださることだろう。
どんなに強い信仰や信念があっても、事実としてご両親のいない世界で生き続けることは、
やはり寂しく辛いこともあろう。
その経験が彼女の音楽の芸術性をさらに高めることを信じて、これからも応援したいと思う。







最終更新日  2017年09月15日 08時52分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


みらい0614

カテゴリ

お気に入りブログ

札幌でもやっと桜が New! 札幌からのたよりさん

旧友を高級老人ホー… New! ぼちぼち7203さん

弁護士懲戒請求「余… New! maki5417さん

『ナンギやけれど・・・… New! Mドングリさん

改元に思う New! 七詩さん

コメント新着

みらい0614@ Re[1]:近親〇〇の実態は?(04/11) msk222さんへ msk222さんのような方が、…
みらい0614@ Re[1]:「殿様の通信簿」磯田直道(04/15) maki5417さんへ >当地は城下町ですが…
msk222@ Re:近親〇〇の実態は?(04/11) いつの間にかこの仕事に深入りしてとみに…
maki5417@ Re:「殿様の通信簿」磯田直道(04/15) 当地は城下町ですが、藩主の評価を知りた…
みらい0614@ Re[1]:近親〇〇の実態は?(04/11) ショコラさんへ >児童の性虐待は日本…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.