3495847 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

西洋陶器を求めて - 内外の洋食器 -

PR

X

全3202件 (3202件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.10.21
XML

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

その仔馬との出会いも偶然でした。




ある時、私は愛知県東郷町の春日神社に参拝しようと地図を見ていました。
すると目的の春日神社とは別に、
あまり知られていない春日神社が近くにもう1社あるのに気づきました。




期待はしていませんでしたが、その神社でこの仔馬に出会いました。
その神社は、傍示本春日神社という名前です。




全長1メートルほどの白馬のコンクリート像。
小柄ですが、高見彰七の作品ではないかと思います。




細部は違いますが、馬の顔は彰七作品の特徴を持っています。
特に鼻の辺りが似ています。




細部や大きさの違いは、仔馬を表現したかったからでしょうか。
仔馬像には基台がなく、もちろん銘もありません。

無銘でも、私がこの仔馬を未報告の高見彰七作品と
推定するのには理由があります。

その理由は、別の記事でご紹介します。





「高見彰七の神馬」

●【八幡社】 「豊田市 八幡社の神馬 昭和20年10月製作」

●【福田神明社】 「みよし市 福田神明社の神馬 昭和31年3月製作」

●【宮口神社】 「豊田市  宮口神社の神馬 昭和33年10月製作」

●【米野木神明社】 「日進市  米野木神明社の神馬 昭和36年10月製作」

●【八柱神社】 「豊田市  八柱神社の神馬 昭和41年4月製作」


【 相馬焼 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.21 23:00:05
コメント(37) | コメントを書く


2021.10.19
カテゴリ:***** 自然 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

野生のキノコは食べない。
そういう御意見をたくさん頂きました。

私もそのひとりで、野生のキノコは食べません。
キノコは販売店で買うばかりです。

私の様な者は、野生のキノコを知りません。
だから、販売店のキノコの野生の姿も知りません。

例えば、エノキタケ。
販売店のエノキタケは、味に癖がない未成熟のエノキタケです。




成熟した野生のエノキタケは、この様な姿です。




販売店のナメコも、傘が開いていない未成熟のキノコ。
未成熟で販売するのは、小さく食べやすくするためです。




野生のナメコはこの通り。
野生もぬめりはありますが、乾燥している場合もあるそうです。




野生のエノキタケやナメコに出会ったら、
はたしてあなたは食用キノコと気づけますか?

(画像出典: Wikipediaと「きのこ図鑑」)


【 明太子なめたけ 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.19 00:00:06
コメント(54) | コメントを書く
2021.10.16
カテゴリ:***** 自然 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

毒キノコ・ツキヨタケでの食中毒事故のニュースが、先日ありました。
ツキヨタケは、食中毒の事故例で日本一になることも多い猛毒キノコ。

ツキヨタケを食べると下痢や嘔吐の症状が続きます。
回復には10日ほどかかり、死亡例もあります。

「ツキヨタケ (出典: きのこ図鑑)」



ツキヨタケはヒラタケなどに似て、一見食用になりそうなキノコ。
しかし、見分ける特徴もあります。

ツキヨタケを縦に裂くと、カサと柄の間に暗褐色のシミがあります。

「ツキヨタケの特徴 (出典: きのこ図鑑)」



しかしこのシミは不明瞭な場合もあります。
怪しければ、食べるべきではありません。

ツキヨタケは発光性で、闇夜で光るそうです。

「ツキヨタケの発光 (出典: きのこ図鑑)」



闇夜の怪しい光には、惑わされないのが良いでしょう。


【 きのこ栽培キット 】
  PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.16 18:02:28
コメント(46) | コメントを書く
2021.10.14

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

路傍の馬頭観音。
それは、みちしるべを兼ねる場合も多くあります。

愛知県刈谷市の馬頭観音も、そのみちしるべの例。




行き先を示す文字が刻まれています。
「ころも」というのは、今の豊田市です。




みちしるべは、地蔵様に多いですね。




この馬頭観音は、これからも長くこの地にあり続けることでしょう。






【 カボチャのランタン 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.14 00:00:05
コメント(42) | コメントを書く
2021.10.11

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

こじんまりとした寺院でも、屋根にシャチホコが乗る建造物はあります。
しかしそのシャチホコが金色に彩色されている例は、
こじんまりとした寺院では多くはないと思います。

これは愛知県刈谷市の遊心寺。




この寺の本堂の屋根には、金色のシャチホコが乗っています。




屋根の上では、獅子も元気に踊っています。




奇麗なシャチホコ。




名古屋市ではなく三河地区であっても、
金のシャチホコを見ると、やはり愛知と感じます。

シャチホコさん、ご安心ください。
かじられる心配はありません。

ここは名古屋市では、ありませんから。


【 ベイクドショコラ 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.11 19:23:19
コメント(41) | コメントを書く
2021.10.09

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

先日ご紹介の磁祖像に続き、瀬戸焼の陶祖像をご紹介します。
陶祖像は、愛知県瀬戸市の「陶祖公園」にあります。




これではありません。
こちらです。




「狛犬を愛でる陶祖の像」です。




作家の銘もあります。




愛知県の瀬戸焼の開祖、鎌倉時代前期の陶工・加藤景正(かとう かげまさ)。
通称、四郎左衛門、または藤四郎。

藤四郎は1223年に道元と南宋に渡り、帰国後に瀬戸で窯を開いたと伝わります。
しかし、瀬戸焼は平安時代中期からあり、藤四郎の伝承とは一致しません。




ダイナミックな造形の陶祖像。
伝説の人物にふさわしい造形です。





【 瀬戸焼 トラ猫アロマストーン 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.09 00:18:31
コメント(46) | コメントを書く
2021.10.06
カテゴリ:***** 科学 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

ダイエット、されていますか?

地球の遠心力は高緯度ほど小さくなります。
そのため、北海道の重力は、沖縄より約0.15%重力が大きくなります。

その結果、1kgのおもりは、北海道より沖縄は約1.5g軽くなります。
それを防ぐため、はかりは各地の重力値で校正されています。

しかし、引っ越しの際に、体重計を校正される方は希少でしょう。
その結果、体重60kgの人が、北海道から沖縄へ引っ越しすると、
下記の体重変化が起こります。

北海道で体重60kgの人 → 沖縄では59.9kg

ダイエットで痩せた気分を味わうには、沖縄への引っ越しをお勧めします。

また、ジャンプ競技などは、沖縄の方が記録的に有利かもしれません。
オリンピックの沖縄開催、一考の余地ありかもしれませんね。

『各地の重力地』

(画像: 国土地理院H.P.)


【 まねまね 豆シバ 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.06 00:00:07
コメント(54) | コメントを書く
2021.10.03
カテゴリ:***** 神秘 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県大府市 常福寺の山門。




屋根を見上げて、ご挨拶。

こんにちは。




こちらにも、こんにちは。




この山門の屋根には、シャチホコが乗っています。




シャチホコは、火災の際に口から水を出すという伝説があります。
つまりシャチホコは、防火の神獣。

奇麗な姿のシャチホコです。




ただ私が探しているのは、シャチホコではありません。
探しているのは、マカラ(摩伽羅)、インド神話の怪魚です。

マカラには、ヒレの代わりに足があります。

「マカラ(摩伽羅)」 (画像: 伝祥應寺 H.P.)




マカラがいるのは、中国様式の寺院。

シャチホコと見間違えやすい、マカラ。
マカラはいつ、出会えるでしょうか。

【 まねまねすずめ 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.03 00:33:32
コメント(53) | コメントを書く
2021.10.01

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県日進市の米野木御嶽社。
御嶽社らしく石像も多くあります。

そして石像の中には、造りの良い馬頭観音もあります。




左の御方、こんにちは。




右の御方、こんにちは。




典型的な馬頭観音の腕は8本。
胸元の手が結ぶのは、「馬口印(まこういん)」。




馬頭観音の持ち物もよくわかります。

向かって左には剣,斧を持ち、下の手は施無畏印を結び、
右には金剛輪、金剛棒、念珠を持つ様子がわかります。

これらは典型的な馬頭観音の持ち物で、
法具により人々の煩悩を打ち砕きます。




馬頭観音に出会う度、私の煩悩は打ち消されていくのでしょう。

それでも、私と馬頭観音との出会いは、終わることはありません。
何億回、何千億回、馬頭観音と出会っても消えないほど、
私の煩悩は、深く心に刻まれているのですから。


【 瀬戸織部 猫 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.01 00:11:40
コメント(38) | コメントを書く
2021.09.28

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県日進市の米野木明神社。
それに隣接して、米野木御嶽社があります。
位置としては日進市東小学校の近く、米野木明神社の裏山辺りになります。

御嶽社特有の人の気配がない寂しい場所。
そこには、浅野祥雲作品と噂されるコンクリート像があります。




弘白龍神とあります。




周囲は木々に囲まれています。




銘板から、昭和11年11月19日に57才で入信した人物を
モデルにしたことが分かります。
また、像は昭和33年3月に建てられたとあります。




作家名はありませんが、作風は浅野祥雲。




おそらく祥雲作品だろうと、私は感じました。





【 ハロウィンゴースト 125cm 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.09.28 00:00:07
コメント(53) | コメントを書く

全3202件 (3202件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.