2805995 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

西洋陶器を求めて - 内外の洋食器 -

PR

プロフィール


kopanda06

サイド自由欄

【西洋陶器を求めて】
西洋陶器に限らず、様々な話題を取り上げています。

QLOOKアクセス解析

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

LimeGreen@ Re:高くなり過ぎた日本車は・・・(07/10) New! オート三輪は実家にもありましたけど、私…
恭太郎。@ Re:高くなり過ぎた日本車は・・・(07/10) New! (✿✪‿✪。)ノコンチャ♡。。。 え???ミゼットの…
mamatam@ Re:高くなり過ぎた日本車は・・・(07/10) New! 車、本当に高いですよね。 コロナ以降、経…
ザビ神父@ Re:高くなり過ぎた日本車は・・・(07/10) ミゼット良く覚えています。 当時売り出…
トンカツ1188@ Re:高くなり過ぎた日本車は・・・(07/10) こんばんは 懐かしいですね ミゼット …
エンスト新@ Re:高くなり過ぎた日本車は・・・(07/10) こんばんは ミゼット、自分が子供の時に実…
クマタツ1847@ Re:高くなり過ぎた日本車は・・・(07/10) 懐かしい車の映像を久しぶりに見ました。 …
ショウ0330@ Re:鳥獣戯画を楽しむ(07/08) こんばんは〜♪ いつもお世話になりありが…
mimi2385@ Re:鳥獣戯画を楽しむ(07/08) こんにちは キッド覗いてきました おもし…
クマタツ1847@ Re:鳥獣戯画を楽しむ(07/08)  いろいろな楽しみ方があるものですね。 …

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年05月07日
XML
誰もが驚きました。
まさか彼らに逆らう者がいようとは。




彼らは近隣を荒らしていた荒武士達。
彼らに抗議する命知らずは誰でしょうか。




その命知らずは、なんと12歳の少年。
奉公先を逃げ出し、橋の上で寝ていた日吉丸(豊臣秀吉)でした。




日吉丸は一行が彼の頭を蹴ったから、詫びろと行っています。
日吉丸は一行の頭の刀の鞘をつかんで離しません。




血気盛んな荒武士達は、すでに臨戦態勢です。




行く手も阻まれ、日吉丸に逃げ場所はありません。




静かに成り行きを見守る者たちもいます。




一行の後方の者たちは、まだ何が起きたかよくわかっていません。




実は一行の頭は、蜂須賀小六でした。




小六は荒ぶる一行を諭します。




この件で、蜂須賀小六は日吉丸の度胸に感心しました。
そのうえで小六は日吉丸を家来にします。
これが後の豊臣秀吉の出世のきっかけとなりました。




これは「日吉丸 矢作橋 出世の緒」。
愛知県の五色園で、浅野祥雲の最高の力作と私は思います。
なにしろ矢作橋まで作っているのですから。




しかし、五色園という宗教公園に無関係な秀吉の話。
しかも秀吉の時代には矢作橋はできておらず、後の作り話とされる逸話。

想いの読めない祥雲さんの熱意に戸惑いつつ、私も唐突にピクチャー撮影中心でのご紹介でした。

【日記1】 「魅力的なコンクリート像 ― 五色園 ―」
【日記2】 「夏は厄介です ― 五色園2 ―」
【日記3】 「踏みつけては駄目です ― 五色園3 ―」
【日記4】 「迷う道で救いの手が ― 五色園4 ―」
【日記5】 「名古屋の心霊スポット ― 五色園5 ―」 
【日記6】 「森に埋もれて ― 五色園6 ―」
【日記7】 「なにに驚いているの? ― 五色園7 ―」

【爪切り 秀吉モデル】







最終更新日  2020年05月07日 18時04分13秒
コメント(11) | コメントを書く
[*** キャラクター ***] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.