2935866 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

西洋陶器を求めて - 内外の洋食器 -

PR

プロフィール


kopanda06

サイド自由欄

【西洋陶器を求めて】
西洋陶器に限らず、様々な話題を取り上げています。


にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

エンスト新@ Re:化粧地蔵様、ほほえんで(10/24) New! こんばんは 白い顔、今も美白として美の…
恭太郎。@ Re:化粧地蔵様、ほほえんで(10/24) New! ( ゜▽゜)/コンバンハ。 こういうお顔好き…
じゃここうこ@ Re:化粧地蔵様、ほほえんで(10/24) New! 見ていてもほっこりしますね。 私の実家の…
ザビ神父@ Re:化粧地蔵様、ほほえんで(10/24) New! ですから、公卿衆は、天皇も含めて男たち…
mogurax000@ こんにちは New! >カメラマン、少なめ。 中休みだったので…
じゃここうこ@ Re:死へ誘う光に(10/22) New! 最近は蛍も見た記憶がないです。 自然もな…
クマタツ1847@ Re:死へ誘う光に(10/22)  美しいものには陰がある? そういうこ…
chappy2828@ Re:死へ誘う光に(10/22) こんにちわ~♪ 蛍、もう何年も見てないな…
marnon1104@ Re:死へ誘う光に(10/22) 子供の頃夏の夜に姉や友達と田んぼへ行き …
mamatam@ Re:死へ誘う光に(10/22) さそりって光るんですか? 知りませんでし…

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年09月21日
XML
コンクリート像作家、浅野祥雲。
祥雲の神髄に迫りたいなら、ぜひご覧戴きたい作品があります。




その作品は、愛知県知多郡南知多町の岩屋寺の傍の大慈山 中之院にあります。
それは、他で見る祥雲の作品とは一線を画す軍人像です。




昭和12年、上海上陸作戦が行われ、日本軍は中国軍の大群の眼前に出る愚行を犯しました。
上陸したのは、名古屋第3師団歩兵第6連隊の兵士。







大軍を前に、わずか8日間で150名の兵士が全滅しました。
それは一方的な虐殺出会ったと言われます。




石像は全92体。
このうち、浅野祥雲が81体のコンクリート像を、11体の石像を4人と石職人が作製したと言われます。
昭和12~18年に、兵士の写真を参考にして作られました。




犬を連れた兵士もいます。




一人は服を着ています。




この像は、当初は名古屋市千種区の覚王山の霊園北側にありました。
第2次世界大戦後にG.H.Qにより廃棄されそうになりましたが守られました。







しかし近年の土地問題から廃棄されそうになりました。
そこで、平成7年に中之院に移設されることになりました。
一部、名古屋市に残る像もあります。




浅野祥雲が作る仏像は、仏像らしくないと言われます。
人間味のある仏像は、愛らしくユニークです。




仏像を人らしく、そして人も人らしく作る作家。
浅野祥雲は、そういう作家なのです。





【 風化しつつある日中戦争 】


※中之院の兵士像の日記、次回も続きます。






最終更新日  2020年09月21日 17時12分02秒
コメント(13) | コメントを書く
[*** キャラクター ***] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.