3308628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

西洋陶器を求めて - 内外の洋食器 -

PR

X

全155件 (155件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

***** 歴史 *****

2021.06.19
XML
カテゴリ:***** 歴史 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

1550年6月20日、戦国武将の筒井順昭は他界しました。
しかし、跡継ぎの筒井順慶はこの時、まだ幼く混乱が予想されました。

「筒井順昭」 (画像: Wikipedia)



そこで、盲人の木阿弥を、順昭の影武者に仕立てました。
木阿弥の声が順昭に似ていたからです。

木阿弥は、床に就いて顔を隠し、順昭の代わりを務めます。
一方でぜいたくな暮らしを送ることができました。

「木阿弥」 (画像: http://hiki0506.jugem.jp/?eid=29)



しかし、時が過ぎ、筒井順慶が成長。
順慶で統率が取れると判断されると、順昭の死が発表されました。

すると影武者は不要となり、木阿弥は元の生活に戻されました。
これが「元の木阿弥」の由来と言われます。

声が似ているという、才能を与えられた木阿弥。

しかしチャンスを生かす努力と工夫がなければ、
それも結局、元の木阿弥。


【 手筒まんじゅう 】
     PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
 にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
 にほんブログ村






Last updated  2021.06.19 00:00:05
コメント(42) | コメントを書く


2021.06.05
カテゴリ:***** 歴史 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

この墓は、美濃国加賀野井城主 加賀野井弥八郎重茂の墓です。




関ケ原の合戦の直前、加賀野井は石田三成の命で、
徳川家康の暗殺に、関東に行きました。

しかし暗殺の機会なく、帰路、徳川方の浜松城主、堀尾吉晴に出会います。

加賀野井は、堀尾と愛知県知立市で酒宴。
その際に、加賀野井は同席していた
徳川方の刈谷城主 水野忠重を斬り殺しました。
きっかけは、些細な口論であったと言われます。

さらに、加賀野井は堀尾にも斬りかかりましたが、逆に切り殺されました。
その加賀野井の墓は、愛知県知立市の宝蔵寺にあります。


こちらは追腹塚(おいばらつか)。
暗殺された、水野忠重の付き人ふたりの墓です。




主君を守れなかった責任を負い、ふたりは切腹となりました。
ふたりの墓も、宝蔵寺にあります。

敵対する者同士が、同じ寺に墓があります。
ふたりはさぞや、無念なことでしょう。


さらに、後日談があります。

関ケ原の合戦後、加賀野井弥八郎重茂の子は、大垣城に籠城しました。
そして大垣城は落城。

加賀野井弥八郎重茂の子は、水野忠重の子の水野勝成に処刑されたと伝わります。
父の敵討ちということなのでしょう。


【 抹茶菓子 】
     PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
 にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
 にほんブログ村






Last updated  2021.06.05 19:48:32
コメント(45) | コメントを書く
2021.04.28
カテゴリ:***** 歴史 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県西尾市の養寿寺。
ここにもコンクリート製の梵鐘があります。



丁寧な造りの梵鐘です。
破損なく保存されています。



鐘楼門が印象的な養寿寺。



愛知県には素敵なお寺が多くあります。





◆代替梵鐘◆

●【陶器製の梵鐘】 「愛知県瀬戸市の法雲寺」

●【コンクリートおよび石製の梵鐘】 「愛知県安城市 1」

●【コンクリート製の梵鐘】 「愛知県安城市 2」


【 銀の鐘 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村



< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.04.28 00:10:04
コメント(52) | コメントを書く
2021.02.26
カテゴリ:***** 歴史 *****

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県知立市。
古くから東海道の要所であったこの地には、当時を偲ばせる物も多くあります。

歌川広重は「五十三次名所図会」で、池鯉鮒(現在の知立市)を描きました。




(画像出典: 国立国会図書館デジタルコレクション)

この浮世絵に描かれた松が、次のクロマツと言われます。




この松は「根上りの松」と言われます。




松の樹齢は推定600年。
鎌倉街道沿いにあります。




浮世絵の中の松が、今も生きている。
植物のたくましさに、今更ながら感動していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

【 日本橋 】
     PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.02.26 17:43:24
コメント(12) | コメントを書く
2021.02.24
カテゴリ:***** 歴史 *****

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

戦争での青銅製梵鐘の供出。
代替に鐘楼に吊るされた、代替梵鐘。
それらの多くは、石やコンクリートで作られました。

愛知県安城市の石川山 蓮泉寺。



そこには、花崗岩製の代替梵鐘があります。
昭和18年4月とあります。



石製らしく、重厚で質素な作りです。



安城市の松誉山 本楽寺。



ここの代替梵鐘は、コンクリート製です。
いかにも代替品という姿です。



上部は砂利が露出し、コンクリートとしても粗悪品です。



廃棄せず、今も境内で眠る代用梵鐘。
これらの梵鐘が、二度と吊るされる日がこないことを願います。


【陶器製の梵鐘】 「愛知県瀬戸市の法雲寺」

・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ウインドチャイム 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.02.24 19:21:08
コメント(12) | コメントを書く
2021.02.09
カテゴリ:***** 歴史 *****
愛知県瀬戸市の法雲寺。




ここには、陶器製の梵鐘が置かれています。




昭和17年製造、高さ115cm、直径79cm。
瀬戸市指定有形文化財。




戦時中、金属不足から、法雲寺の梵鐘も供出されました
その代用品として、この陶器製の梵鐘が吊るされていました。




戦時中、いかに国内の物資が不足していたか。
この梵鐘は、その苦難の歴史の証人。




今では陶器製の梵鐘は降ろされ、新たな金属製の梵鐘が役目を果たしています。




新たな梵鐘が告げる鐘の音は、平和への賛歌です。





・・・・・・・・・・・・・・・・
 この梵鐘の説明版には、陶製梵鐘はおそらく国内唯一だろうとあります。
 他にもありそうですが、ご存知であれば御教示ください。 
・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ミュージカルボール: どんな音がするのでしょうか? 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.02.09 18:52:32
コメント(20) | コメントを書く
2020.12.23
カテゴリ:***** 歴史 *****
愛知県小牧市の岩崎山。
この場所で偶然、市指定有形文化財の切支丹(キリシタン)灯籠に出会いました。




石柱の形は十字架を、石柱下の人物像はマリア像とのことです。




この岩崎の地では、1663~1667年に男女17人の切支丹宗門者が捕らえられました。
宗教弾圧の哀しい歴史。




現代のクリスマス。
その自由こそが、幸せの証です。


【キリシタン灯籠 ①】 「愛知県知多郡東浦町のキリシタン灯籠」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ ロイヤルコペンハーゲン クリスマスシリーズ

【 2021 クリスマスプレート / フィギュリン 】



にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2020.12.24 00:12:00
コメント(10) | コメントを書く
2020.12.21
カテゴリ:***** 歴史 *****
名古屋市内には3ヶ所で、ラジオ塔が保存されています。

名古屋市中村区の中村公園(昭和17年)のラジオ塔は、先日ご紹介しました。

【名古屋市のラジオ塔①】 「中村公園のラジオ塔(昭和17年)」


今回は、残り2か所をご紹介します。

◆ 名古屋市北区 志賀公園(昭和17年)




グランド傍の緑地にあります。
紅葉の季節に訪れるのが良いでしょう。





◆ 名古屋市中川区 松葉公園(昭和18年)




こちらはグランド横の駐車場に隣接してあります。
中村公園、志賀公園に比べると、目立たない場所にあります。





役目を終えたラジオ塔。
今はアナログ放送のテレビ塔が、役目を終えつつあります。

かつてインターネットが、通信の主流だった時代があった。
そういう時代も、いつか来るのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 【動物雑貨】 ラジオ塔前で、ラジオ体操したのでしょうか

【 ラジオ体操(関西弁) / 体操ブーブー(第1+第2) 】
 


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2020.12.21 20:05:53
コメント(14) | コメントを書く
2020.12.02
カテゴリ:***** 歴史 *****
かつて、各地にラジオ塔がありました。

写真は名古屋市の中村公園に保存されている、ラジオ塔。




昭和5年以降、市民がラジオ放送を聴けるように、ラジオ塔が設置されました。




塔の上には、受信機とスピーカが置かれました。
人々はこのラジオ塔の周囲に集まり、ラジオを聴きました。




ラジオ塔が使われた頃、ラジオ塔の周囲には人と人の交流がありました。
人々が集まる場であったラジオ塔も、今では使われることはありません。

ラジオ、テレビ、インターネット。
誰でも容易に情報を得られる時代になりました。
そして社交の場も、バーチャルな世界へと変わりました。

パンデミックにより、バーチャルでの交流が加速しています。
リモートワークに、ネット飲み会。
リアル世界での交流が薄れていきます。

ラジオを聴くことすら楽しみに、そしてそこに交流があった日々。
私達が失った、ひとの温かみを感じることができた日々。

私達は、便利な生活に支えられ、かつてより豊かになりました。

しかし、もしこのまま、リアルとバーチャルが反転するなら、
私たちは本当に幸せでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・・

リアルよりも、バーチャルよりも、夢の世界に。

【 リヤドロ お月様のベッド / リヤドロ うたた寝 】
 


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2020.12.02 18:40:04
コメント(16) | コメントを書く
2020.09.01
カテゴリ:***** 歴史 *****
ご存知、徳川家の家紋、「三つ葉葵」です。




写真は名古屋市の建中寺にある、徳川光友廟。




三つ葉葵は初めから徳川家(松平家)の家紋ではありません。

松平家が家臣の本多家か酒井家の家紋を譲り受けたといわれます。
家紋にも譲渡はありました。


家紋で面白いのは前田家の家紋。
前田家の家紋は「加賀梅鉢」です。
この家紋の別名を、剣梅鉢とも呼びます。




 (画像出典: https://sengoku-his.com/766)

前田家は徳川家に従いつつも、内心では反抗していました。
その気持ちを家紋の中に、剣として描きました。

次の写真は、金沢市で見た祠の瓦など。







剣梅鉢の家紋は、一種の符丁でした。

特に幕府に反意が強い武功派は剣梅鉢の剣を長くし、
穏健的な文治派は梅鉢の剣を短くして示しました。

かつて家紋には、家主の想いが込められていたのです。


【なにかに使えそうな家紋タイル】



にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.01.27 18:38:12
コメント(11) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全155件 (155件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


© Rakuten Group, Inc.