2502882 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

西洋陶器を求めて - 内外の洋食器 -

PR

プロフィール


kopanda06

サイド自由欄

【西洋陶器を求めて】
西洋陶器に限らず、様々な話題を取り上げています。

QLOOKアクセス解析

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

クマタツ1847@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) New!  ほんとですね。 日本はいろいろなものが…
mamatam@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) New! お忙しいのですね。 急に気温が下がってい…
まる 2005@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) New! こんにちは。 今回の台風は雨風が強く、…
ショウ0330@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) New! おはようございます〜♪ いつもお世話にな…
恭太郎。@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) New! ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ございます。(#^^#)…
chappy2828@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) こんばんわ~♪ 提灯の灯りはどこか温かみ…
トンカツ1188@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) こんばんは コンデジで これだけの 提…
エンスト新@ Re:宵の山車 ― 星宮祭(本地祭)3 ―(10/16) こんばんは 宵の妖しげな雰囲気を感じる提…
marnon1104@ Re:皆さん、ご無事でしょうか(10/13) 今回の台風で、こちらの事までご心配頂き …
ショウ0330@ Re:皆さん、ご無事でしょうか(10/13) こんにちは〜♪ いつもお世話になりありが…

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全203件 (203件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

***** 伝記 *****

April 12, 2019
XML
テーマ:天気の話!(1529)
カテゴリ:***** 伝記 *****
雷雨の中で、空に凧を揚げる。
雷が電気と証明した、ベンジャミン・フランクリンの有名な実験です。

しかし今日では、フランクリンはこの凧揚げをしていないと言われています。
それは実際に凧揚げしようとすると、様々な矛盾がわかるから。

彼はこの実験の手順を、次の様に説明しています。

 ・凧は杉の角材と絹布で作る
 ・凧の先端に針金を付け、麻ひもを垂らす
 ・麻ひもの下端に鍵をぶら下げる
 ・麻ひもに短い絹ひもを付けて絶縁し、感電を防止する
 ・絹ひもが濡れると感電するので、凧は部屋の窓から揚げた

公開実験が当たり前の時代、彼はなぜこの実験を公開しなかったのでしょう。
なぜ実験日と場所が示されず、後に告げられた実験日が4ヶ月も前だったのでしょう。

その答えは、この実験が実際には再現できないことと関係があると思われます。
追試験をした人は、次の様々な矛盾に気づきました。

 ・当時の家の鍵は多すぎて、凧で揚げられなかった。
 ・フランクリンの絵もそうだが、麻ひもに触れて感電してしまう。
 ・部屋から凧を揚げると、窓枠にひもが触れるか、絹ひもが雨に濡れて感電してしまう。

このフランクリンの実験は、実際にはできません。

フランクリンは凧の実験を提案しました。
しかし彼が実験したと主張する日は、1752年6月。
実際には、1752年5月に、フランスのトマ・ダリバードが凧揚げの実験に成功しています。
実験日を追及されたフランクリンは、嘘の実験日さえ間違ったのでしょう。

自分が考えた実験の成果を取られてしまう。
その思いが、焦った彼に嘘の実験を主張させたのでしょう。

今日では、フランクリンの凧揚げの実験の絵が、教科書などで掲載されることも減りました。
この絵が忘れられれば、彼の黒歴史も消えていきます。

偉大なアメリカ建国の父、フランクリン。
誰にでもあやまちはあるものなのです。

****

「楽天商品  何も考えずに楽しもう!」




募金支援、お願いします






最終更新日  April 12, 2019 08:33:01 PM
コメント(12) | コメントを書く
March 14, 2019
カテゴリ:***** 伝記 *****
松尾芭蕉が忍者という説。
「キイロマン☆彡」さんから、その問いかけを戴きました。

そこで、松尾芭蕉忍者説の根拠を整理してみましょう。

1)芭蕉は伊賀上野に生まれ、29歳まで伊賀ですごした。

2)芭蕉は「伊賀無足人」だった。
  無足人とは、伊賀藤堂藩が、士分(武士)と認めた者。
  ただし、給料はない。
  伊賀無足人には、忍者もいた。

3)旅の費用をどうやって得たかが不明。
  繰り返した旅の通行手形も得にくかったはず。

4)江戸では土木工事の監督で生計を立てたが、土木技術はどこで学んだんのか。

5)楽しみにしていた松島は一泊しかせず、句も一句のみ。
  伊達政宗の隠し砦の瑞巌寺を何度も見に行った。

6)45歳で一日数十キロを歩く健脚。

これらが忍者説の根拠です。
たしかに怪しくはありますが、忍者と特定するには弱いですね。
もっとも忍者なら、この程度では馬脚を現さないでしょう。

皆さんは、どう思いますか?

「芭蕉像」


****

「楽天商品  これは『名代 芭蕉』という名なのですね」




募金支援、お願いします






最終更新日  March 14, 2019 08:10:26 PM
コメント(16) | コメントを書く
August 6, 2018
カテゴリ:***** 伝記 *****
不死身のスタントマン、ボビー・リーチ。
彼は樽の中に入り、ナイアガラの滝を飛び降りても生還しました。
1911年のことでした。

スタントマンとして名声を得たボビー。
しかし、ニュージーランドで、彼の弱点が発覚しました。

オークランドの歩道で、落ちていたオレンジの皮を踏んで転び、あっけなく他界したのです。
転倒時に受けた傷から脚が壊疽し、発症した合併症が原因でした。
1926年のことでした。

油断大敵。
皆さんも足元には注意しましょう。





募金支援、お願いします






最終更新日  August 6, 2018 07:48:30 PM
コメント(12) | コメントを書く
June 25, 2018
カテゴリ:***** 伝記 *****
江戸時代の浮世絵師、歌川広景をご存知でしょうか。

歌川広景は、正体不明、謎に包まれた浮世絵師です。
活動期間は、わずか2年8ケ月しかありません。

広景は、「東海道五十三次」で有名な歌川広重の弟子と言われますが、それも定かではありません。
そして、その浮世絵はユニークで、笑いを誘うものばかり。

広景の浮世絵では、登場人物や動物はしばしば大騒ぎをしています。
ひっくりこけたり、大笑いしたり、大暴れしたり。

次の浮世絵「内藤志ん宿」でも、馬が暴れて大騒ぎ。
そして、この浮世絵は歌川広重の「名所江戸百景 四ツ谷内藤新宿」のパロディーでもあります。





広景の浮世絵には、パロディーや”パクリ”が多いのも特徴です。
その対象は、師匠の歌川広重や、有名な葛飾北斎。

次の浮世絵「筋違御門うち」は、葛飾北斎の「北斎漫画 十二編 天眼鏡」のパクリ。
天眼鏡を持つ男性や、それを覗く女性は、北斎の浮世絵の模写です。





広景が姿を隠した理由とされるのは、次の浮世絵。
コレラの流行、将軍家の跡継ぎ騒ぎの風刺とされる浮世絵「青物魚軍勢大合戦之図」。
この作品で幕府の怒りを買い、広景は姿を隠したと言われます。





謎の浮世絵師、歌川広景。
ユニークな才能を持ったその浮世絵師の正体は、今となってはわかりません。





募金支援、お願いします






最終更新日  June 25, 2018 09:34:35 PM
コメント(14) | コメントを書く
January 11, 2018
カテゴリ:***** 伝記 *****
17世紀の科学者、ロバート・ボイル。
熱力学のボイルの法則に今も名を残す彼は、近代科学の祖とされます。

短期間、ガリレオ・ガリレイからも学び、科学の発展に貢献したボイル。
しかし、本質的には、彼は錬金術師でした。

まだ、錬金術と化学が分離できていなかった時代。
彼は、当時実現できなかった24の研究テーマを、将来の科学者へリストとして残しました。

「麻酔薬」、「飛行法」、「経度の測定法」など、そのリストの多くは後年実現されました。
そのなかで、まだ実現していないテーマもあります。
それは、「巨人化」に関するテーマです。

ボイルが、なぜ巨人化を求めたのかはわかりません。
ただ明らかなのは、巨人が実現せず良かったということです。





募金支援、お願いします







最終更新日  January 11, 2018 08:36:38 PM
コメント(17) | コメントを書く
November 5, 2017
カテゴリ:***** 伝記 *****
「トム・ソーヤーの冒険」の著者、マーク・トウェイン。
彼は自らの死を予言しました。

彼は、こう述べました。
「私は彗星とともにやって来たので、来年の彗星とともに去ってゆく。
 そうでなければ、生涯最大の失望になるだろう。」

彼が生まれたのは、1835年11月30日。
それは、ハレー彗星が太陽の最も近づく近日点の2週間後でした。

そして彼が亡くなったのは、1910年4月21日。
それは予言通り、ハレー彗星の近日点の翌日でした。
死因は、心臓発作でした。

人の死には、心の働きが大きく影響するのでしょう。
死期をハレー彗星で連想したから、彼は彗星とともに他界したのでしょう。

生きる気持ちが強ければ、寿命はきっと延びることでしょう。
人生を楽しく思えるなら、きっと長く生きられるでしょう。

次のハレー彗星の接近は、2061年の夏のこと。
今から44年後のことです。

「とりあえず、次のハレー彗星を見るまで私は去らない。」
この目標、置いてみてはいかがでしょうか。





募金支援、お願いします







最終更新日  November 5, 2017 09:44:33 PM
コメント(12) | コメントを書く
November 1, 2017
カテゴリ:***** 伝記 *****
キログラムの定義見直しが、目前に迫っています。

今まで質量は、国際キログラム原器で定義されていました。
しかし原器のわずかに汚れでも質量が変化するため、不安定な定義でした。
質量はプランク定数を通じた定義への変更が提案されていて、2018年に審議されます。

プランク定数の命名は、ドイツの物理学者マックス・プランクの名にちなんでいます。

1918年にノーベル物理学賞を受賞したプランク。
物理学者としての成功の陰で、晩年の私生活は不幸でした。

彼の不幸は、妻の結核での死に始まります。
2男2女の子供に恵まれましたが、双子の娘たちはいずれも出産後に亡くなりました。

しかし彼を本当に不幸にしたのは、2度の世界大戦でした。

第一次世界大戦が始まり、愛国心が高い彼はドイツの戦争を支援する「世界文明への宣言」に署名しました。
この結果、ドイツは研究者と毒ガス、大量破壊兵器を開発することになりました。

その彼の行為は、結果的に彼を苦しめました。
第一次世界大戦では、長男カールが西部戦線で戦死。
次男のエルヴィンも、フランス軍の捕虜になりました。

ナチス政権下でも、彼はドイツに残ることを選択しました。
その結果、彼はさらに不幸になります。

ベルリン空襲で、彼は家を失いました。
そして、1945年、生き残っていた息子エルヴィンは、ヒトラー暗殺計画加担の疑いで処刑されました。

2男2女の子供をすべて失い、「国賊の父」とまで呼ばれたプランク。
彼は生きる希望を失い、エルヴィン処刑の2年後に他界しました。

プランク定数にその名を残し、ノーベル賞も受賞した彼。
戦争さえなければ、彼はただ幸福な人生をすごせたかもしれません。

戦争さえなければ。
しかし、戦争とはそういうものなのです。





募金支援、お願いします







最終更新日  November 1, 2017 09:55:41 PM
コメント(14) | コメントを書く
June 17, 2017
カテゴリ:***** 伝記 *****
愛知県半田市にある、新美南吉記念館に行きました。

童話作家 新美南吉は、幼い頃に実母を亡くしました。
そのためか、彼の作品では親子の愛がしばしば描かれます。

彼の18歳での作品「ごん狐」では、兵十の誤解からごんは猟銃で撃たれます。
ごんの行いは、母を亡くした兵十を思ってのことだったのに。

「手袋を買いに」でも、親子ぎつねが登場します。
我が子を危険にさらしてしまう愚かさもある母ですが、
ふたりは深い親子愛でつながっています。
またここで登場する人間は、兵十の様に誤解せず、子狐にやさしく手袋を差し出します。

最晩年の作品「狐」でも、母狐と子狐の愛が語られます。
そこでは、子狐を守るために、母狐は命を捨てる覚悟を告げます。

南吉の生前に出版された童話集は、わずか1冊。
それも南吉が他界する半年前の、遅すぎる出版でした。

童話作家としての成功を目前に、自身の寿命を悟った南吉は次の様に語っています。

「私は池に向かって小石を投げた。
 水の波紋が大きく広がったのを見てから死にたかったのに、
 それを見届けずに死ぬのがとても残念だ。」

その想いは、南吉の作品「売られていった靴」にも通じると感じます。

29歳の若さで他界した、南吉。
しかし、1980年以降は、小学生4年生のすべての教科書に「ごんぎつね」が掲載されています。

南吉の作品は大きな波紋となって、人々の心に広がり続けているのです。

「新美南吉記念館:手袋を買いに」


「ごんぎつね」


  



募金支援、お願いします







最終更新日  June 17, 2017 08:39:57 PM
コメント(14) | コメントを書く
February 11, 2017
カテゴリ:***** 伝記 *****
浮世絵師の安藤広重は、火消しでした。

広重の父親は、八重洲河岸の火消し同心でした。
広重も13歳で、家督を継いで火消し同心となりました。

しかし翌年、不幸にも広重の両親は相次いで亡くなりました。
広重はまだ、14歳でした。

その翌年、広重は15歳で歌川豊広に入門します。
本当は歌川豊国に入門したかったのですが、断られたためです。

入門後1年で、才能ある広重は歌川広重の画名を授かりました。
それでも広重は火消し同心を続けました。

真面目に同心として働き続け、23年目。
ようやく広重は、画業に専念することになります。
息子の仲次郎に火消し同心を継がせたからです。

広重は画号を一幽斎から、一立斎に変えました。
画業のみで生計を立てるという決意が、画号にも表れています。
そして、その翌年に描かれたのが傑作「東海道五十三次」です。

広重が火消し同心を続けた理由はわかりません。
ただ、広重の第2の人生の選択がなければ、傑作は生まれませんでした。
一方で、火消し同心を続ければ、安定した生活は保障されたことでしょう。

広重が、画業に専念して26年。
61歳で広重は、多くの傑作を残して亡くなります。
死因はコレラでした。

人生の選択肢、そのどれが正解かは、誰にも知ることはできません。





募金支援、お願いします おきてがみ






最終更新日  February 11, 2017 09:24:05 PM
コメント(14) | コメントを書く
December 26, 2016
カテゴリ:***** 伝記 *****
享年、わずか53歳。
若すぎる死でした。

ワム!での活躍は、つい先日のことに思えます。
命日が12月25日、クリスマスの日というのも皮肉です。







募金支援、お願いします おきてがみ






最終更新日  December 26, 2016 08:38:29 PM
コメント(14) | コメントを書く

全203件 (203件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.