000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

西洋陶器を求めて - 内外の洋食器 -

PR

X

全122件 (122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

*** キャラクター ***

2021.10.21
XML

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

その仔馬との出会いも偶然でした。




ある時、私は愛知県東郷町の春日神社に参拝しようと地図を見ていました。
すると目的の春日神社とは別に、
あまり知られていない春日神社が近くにもう1社あるのに気づきました。




期待はしていませんでしたが、その神社でこの仔馬に出会いました。
その神社は、傍示本春日神社という名前です。




全長1メートルほどの白馬のコンクリート像。
小柄ですが、高見彰七の作品ではないかと思います。




細部は違いますが、馬の顔は彰七作品の特徴を持っています。
特に鼻の辺りが似ています。




細部や大きさの違いは、仔馬を表現したかったからでしょうか。
仔馬像には基台がなく、もちろん銘もありません。

無銘でも、私がこの仔馬を未報告の高見彰七作品と
推定するのには理由があります。

その理由は、別の記事でご紹介します。





「高見彰七の神馬」

●【八幡社】 「豊田市 八幡社の神馬 昭和20年10月製作」

●【福田神明社】 「みよし市 福田神明社の神馬 昭和31年3月製作」

●【宮口神社】 「豊田市  宮口神社の神馬 昭和33年10月製作」

●【米野木神明社】 「日進市  米野木神明社の神馬 昭和36年10月製作」

●【八柱神社】 「豊田市  八柱神社の神馬 昭和41年4月製作」


【 相馬焼 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.21 23:00:05
コメント(22) | コメントを書く


2021.10.14

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

路傍の馬頭観音。
それは、みちしるべを兼ねる場合も多くあります。

愛知県刈谷市の馬頭観音も、そのみちしるべの例。




行き先を示す文字が刻まれています。
「ころも」というのは、今の豊田市です。




みちしるべは、地蔵様に多いですね。




この馬頭観音は、これからも長くこの地にあり続けることでしょう。






【 カボチャのランタン 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.10.14 00:00:05
コメント(42) | コメントを書く
2021.09.28

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県日進市の米野木明神社。
それに隣接して、米野木御嶽社があります。
位置としては日進市東小学校の近く、米野木明神社の裏山辺りになります。

御嶽社特有の人の気配がない寂しい場所。
そこには、浅野祥雲作品と噂されるコンクリート像があります。




弘白龍神とあります。




周囲は木々に囲まれています。




銘板から、昭和11年11月19日に57才で入信した人物を
モデルにしたことが分かります。
また、像は昭和33年3月に建てられたとあります。




作家名はありませんが、作風は浅野祥雲。




おそらく祥雲作品だろうと、私は感じました。





【 ハロウィンゴースト 125cm 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.09.28 00:00:07
コメント(53) | コメントを書く
2021.09.18

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県高浜市吉浜。
吉浜人形本店前にある、高見彰七作のコンクリート観音像を見た後、近所を散策。

徒歩十分ほどの場所で、高見彰七作品と思われる観音様に出会いました。
場所は、吉浜善光寺本坊 柳池院です。




造りは荒く、細部も異なりますが、表情は高見彰七作品によく似ています。







背面にはやや乱暴に、銘板が取り付けられています。




無理やり解読すると、次のように読めました。




昭和三十六年〇〇方 (「三十」は旧字)
観音様入〇
(以下、寄進者名)

残念ながら作家名はありません。
ただ、昭和36年とすると、吉浜人形本店前の観音様開眼の2年前。
時期的には近くなります。




当日は吉浜の花まつりの日でもあり、お寺の説明役の方もみえました。
その方に観音様について伺いましたが、残念ながらご存じありませんでした。




他にない特徴が、頭部や肩口にあります。
頭部や肩に金色の装飾が埋め込まれています。

これは他にない特徴です。
吉浜人形では人形の装飾に貝殻などを使います。
金色の飾りの埋め込みは、その技法をまねたのでしょうか。




高見彰七作品に似てはいますが、違いも多い観音像。
作家は誰か、高見彰七作品か。
その特定には、まだ情報が足らないようです。




●【 高見彰七作のコンクリート観音像 】 「吉浜人形本店前 観音像」

【 ハロウィン かぼちゃ大福 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.09.18 16:09:24
コメント(51) | コメントを書く
2021.09.14

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

「亀石」の人気投票結果を発表します。
楽天ブログおよびそれ以外からの投票結果をまとめています。

1位は同点で2件が並びました。
「真福寺の万年かめ」と「明日香の亀石」です。

1位: 「真福寺の万年かめ」
 かわいいと好評でした。




1位: 「明日香の亀石」
 造りが丁寧、思い出があるなどのご意見がありました。




楽天ブログの投票では「万年かめ」が単独1位でしたが、
他からの投票で「明日香の亀石」が並びました。

私が投票した「亀石神社の亀石」は3位でした。
珍しい、海を見る姿に哀愁があるなどのご意見がありました。

4位の「亀形石造物」には、造形が良い、
祭祀に関わる点に魅かれるなどのご意見がありました。

一般受けする亀石が1位。
3,4位は石造物を見慣れた方から支持を受けたようです。

みなさんの好みが分かれる、面白い投票となりました。


【 鬼滅の刃 茶々丸 】
話が進むと「鬼滅の刃」にも、猫の「茶々丸」が登場します。
「茶々丸」グッズも増えてくると思われます。
    PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
 にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
 にほんブログ村






Last updated  2021.09.14 00:00:07
コメント(39) | コメントを書く
2021.09.11

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

愛知県高浜市吉浜。
ここでは「鬼滅の刃」の吉浜細工人形に出会いました。



なかなか良い出来です。



清潔感があります。



微妙ですが、特徴を捕えています。
衣装の花飾りも綺麗です。



どなたでしょうか?
眼を閉じているということは・・・。



妙に格好良い、金髪の異国の御方。
私は気に入りました。



こ、こちらは・・・。



衣装には吉浜細工人形の特徴が出ています。
木の実などの植物や貝殻などで衣装の模様が作られます。



愛知県指定無形文化財、吉浜細工人形。
伝統文化が、若い世代にも認知されるきっかけになれば良いです。


【 アニメのシーンを思い出す・・・ 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
 にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
 にほんブログ村






Last updated  2021.09.11 00:00:05
コメント(53) | コメントを書く
2021.08.29

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

今回は、新たに鯖弘法をご紹介します。




場所は、愛知県安城市の明昌山 太平禅寺。




比較的、若そうな鯖大師様。




2分割して作成したのでしょう。
胸の継ぎ目が気になります。




笠も被っておられませんので、熱中症注意です。
撮影は夏ではありませんでしたが。




それにしても、サバが目立ちます。
サバのみが、生々しくペイントされています。




サバの自己主張が強い鯖大師でした。


・・・・・・・・・・・・・・

今日は私の誕生日です。
また年を取ってしまいました。

【 ケーキセット12種 】
    PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
 にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
 にほんブログ村






Last updated  2021.08.29 00:00:06
コメント(56) | コメントを書く
2021.07.31

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

ごくありふれた、お姿。
そのはずなのに、妙に魅かれる馬頭観音がおられます。

それは、愛知県春日井市の馬頭観音。
春日井駅前におられます。




場所も、春日井駅前の弘法大師像の前。
つまり浅野祥雲作のコンクリート像の前です。




この馬頭観音は、その困ったような表情に魅かれます。




こちらの馬頭観音に魅かれるのは、私だけでしょうか。


【 北国のいちご大福 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
 にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
 にほんブログ村






Last updated  2021.07.31 00:00:06
コメント(44) | コメントを書く
2021.07.21

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

写真は、愛知県津島市の馬頭観音。




この馬頭観音は、西福寺にあります。




古い馬頭観音の石像は、立像が一般的。
大きさは様々ですが、小ぶりな像が多くみられます。

一方、西福寺の馬頭観音は、比較的新しい像。
現代では石像の加工も容易になり、大ぶりな像があります。




最近の馬頭観音の石像では、座像も見かけます。
現代の馬頭観音が座ったのは、人が馬ではなく、
自動車に乗るためかもしれません。

そういえば、馬頭観音の御利益には「旅行安全」もありました。
「車乗馬頭観音」、いつの日か、その石像も現れるでしょうか?


【 水まんじゅう 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
 にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
 にほんブログ村






Last updated  2021.07.21 00:00:07
コメント(42) | コメントを書く
2021.07.19

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

高見彰七が作ったコンクリート像。
その中で、最も由来が明らかな作品が、吉浜人形本店前にあります。
吉浜人形本店は、愛知県高浜市吉浜にある人形店です。




観音像の名前は「尼宮慈母観世音菩薩」。
コンクリート像の脇には、説明板があります。




説明によると、この場所に置かれたのは昭和38年。
また、高見彰七が「素人」であり、「信心深さ」から観音像を作製。
大きすぎて置く場所がなく、この地に持ち込んだとあります。




あれほど多く神馬や観音像、さらに巨大な白狐を製作しながら、
「素人」と呼ぶのには疑問もあります。
独学でコンクリート師になったか、宗教家ではないという意味でしょう。




手前の小さな2体も、高見彰七の作品でしょう。







この場所には2度訪れていますが、両日ともお店はお休みで話は聴けていません。




少しずつですが、高見彰七の姿が見えてきました。


【高見彰七の観音像(コンクリート像)】

●【古瀬間御嶽神社 交通安全観音】 「交通安全観音」

●【寿永山 昌福寺 聖観音菩薩像】 「聖観音菩薩像」


【高見彰七の白狐(コンクリート像)】

●【三好稲荷閣 白狐】 「白狐」


【 チーズタルト 】
   PVアクセスランキング にほんブログ村


< ↓ ランキングクリックはこちらから  >
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村






Last updated  2021.07.19 00:00:07
コメント(44) | コメントを書く

全122件 (122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


© Rakuten Group, Inc.