2020年06月11日

隠された文字の意味は?

(12)
愛知県西尾市の赤羽根古城跡に建つ、赤羽別院親宣寺。1700年建立の親宣寺は楼門が立派です。











楼門は彫刻も精緻。




そして彫刻をよく見ると、面白い模様が見つかります。




卍の文字があるのがおわかりでしょうか。
ただし逆向きの右卍です。

右卍はハーケンクロイツの悪い連想をさせますが、もちろんこの彫刻は無関係。
かつてドイツのシュリーマンンが、トロイ遺跡内部で右卍模様を発見しました。
これをナチスがアーリア人の象徴として採用したのがハーケンクロイツです。

仏教では左卍は”和”を、右卍は”力”を示すそうです。
親宣寺は城跡に建立されていますから、力を示す右卍なのでしょう。

寺院の彫刻は、よく見ると発見があります。
皆さんもお見逃しなく。

【やわらかいフリスビー】






TWITTER

最終更新日  2020年06月11日 19時08分33秒
コメント(12) | コメントを書く
[*** 旅行・美術館・博物館 ***] カテゴリの最新記事