048126 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

師匠と丁稚の釣り記録

PR

楽天プロフィール

設定されていません

2010/09/28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
スキンシップのボディタッチが過ぎて、ゲイ疑惑が持ち上がり『I was gay』と無理やりカミングアウトさせられたこれぼんです皆さんこんばんわ(今流行のご挨拶?)


9/25(土)前回から一ヶ月も経たずに高知遠征に行って参りました。

結果から先に申しますと丁稚は高知遠征で初黒星、完全無欠の丸坊主でございました。

が、ですね・・・

そもそも釣果よりも釣行自体を楽しみたい丁稚、としては非常に楽しく有意義且つ勉強になった遠征となったのでした。

書き切れないほどの奇跡とネタに何を書くか悩みますが、ポイントだけ綴ります。


■奇跡其の壱■
超交尾(またこのスケベ変換が・・・)釣行日1週間くらい前になって熱帯低気圧発生・・・orz
毎日のようにメンバーで情報交換するも、どんどん気圧配置が悪くなり台風となり・・・
それでもダメ元で強行し、唯一のポイント選択のお陰で風もウネリも無く、熱くも寒くもないベストコンディションで釣りが出来た


凄いうねり
釣り場へ向かう途中の浜はこんな事になっておりました・・・



■ネタ其の壱■
明るい内の第二投目で丁稚の竿がぶっ飛び、
しかもその時は別の竿を触っておりすぐに対応できず、なんとか肘の内側で抱えた竿がぎゅーんぎゅいーんと鳴き瀬ズレで怒バラシ・・・

『まだまだこれから時間があるさ』

と余裕をかますが案の定そのアタリが唯一のチャンスだった・・・
しかし魚のパワーを感じることができ、釣れなかった事で今後の闘志に火がついた


投げ竿でこの餌?
メジカ大将さんは投げ竿にこんなの付けて投げてました・・・



■奇跡其の弐■
たまたま動画撮影していた置き竿がぶっ飛び、
しかも尻手を付けていなかったのにもかかわらず竿を奉納することなくキャッチし、
無事にゴン太ペリカンウツボを釣り上げた・・・『メジカ大将』さん(爆)
これは果たして奇跡なのか(笑)


<無題.jpg">
奇跡というよりネタでしょうか?
誰ですか!?メジカさんのライフジャケット姿を見て、『パンダリュックさん』とか言ってる方は!!(ひゃぁ~めじかさん堪忍)



■奇跡其の参■
これまたメジカ大将さんにアタリがあり、『60後半はある!』とゴリ巻きしたものの根に張り付き動かなくなった奴をどうにか引き剥がし釣り上げたタマミが、魔法のように縮み上がり、計測すると56センチだった奇跡・・・(爆)



■奇跡其の四■
丁稚がちょっと仮眠中にメジカさんにどうにもならない強烈なアタリがあり、

『これぼ~ん!これぼ~ん』と助けを求められ、

寝ぼけて向かうとこけてしまい、

『これぼ~ん!!!!死ぬな!・・いや、そのまま動くなよ~!』

と言われるほど恐ろしい体験をしましたが、軽い打撲で済んだ奇跡・・・

この件については、詳細まで書かないでおこうかと思いましたが、
自分の甘い認識が一歩間違えるといかに皆さんに迷惑をかけることになるか身をもって体験しました。
磯の上では怖い思いをした事が無かったのですが、それ故ちょっとした事が大惨事に繋がるという危機感を薄れさせ、このような恐ろしい体験をしたのでございます。
『磯の上で転ぶ』とは、『転ぶ先を選べない』認識がいるのですね。
転んだ先によっては命に係わる、そして転ぶ先を選べない、となっては、転ばない為に足の一歩・一歩に充分配慮が必要なんだと思い知りました。
今回の丁稚は本当に運がよく、2メートル下にフライングボディアタックでぶっ飛び磯際ギリギリに全身が叩き付けられ止まりました。
見ていたメジカ大将さんは冗談抜きで丁稚が恐ろしいことになったと思ったらしく、裏返った声で何度も『これぼ~ん!』と叫び、介抱して下さいました。
どう考えても奇跡ですが、軽い擦り傷10箇所程度と左手の打撲だけですみました。
それでなくても足場の悪い磯の上で真っ暗な中、前後左右に動くわけですから、丁稚のような甘い認識で不慮の事故に遭わぬよう、皆様には細心の注意を払って頂きたく、そして自分の戒めの為に敢えて書いた次第です。
現場でご心配をおかけした先輩方、すみませんでした。
それにしても去年丁稚の師匠が全く同じような怪我をして左手がドラえもんになっていたような・・・やはり師匠と丁稚なのでしょうか・・・(それとも折れた手で魚を掬ってもらった罰が当たったのでしょうか^^;)


危機一髪
命をひとつ貰った気分です。





■奇跡其の伍■
極めつけはやっぱり怒級タマミの4連発を全て獲り込み、80cmオーバーの念願を果たした我等が大将ニック閣下の助衛門様でしょう。

50メートル程離れた磯からですが、竿が飛び鈴の音が鳴り、竿が竿受けで止まり、その竿を手に取り強引にエレクチオンさせ、吼えまくりながらゴリ巻きするところまで全て聞こえ、見えておりました。

チャリッ ガシャッ バシッ グギギグイーン うぉぉぉぉおおおおお!!!!うおりゃぁぁああああ!!!!(ゴリゴリ)

この一連の流れを4度も見ましたよ(笑)

浮いてきた魚は遠目で見てもあきらかに怒級とわかり、渡吾郎ちゃまが危険な位置まで降りてゆきタモで格闘する姿はまさに・・

究極のなんとかプレイかと(爆)


磯
こんなところで魚釣れたら、どうやって獲りこむのだろうか・・・・と心配でしたが、気合のタモ乱舞にて一匹たりとも逃さないニック閣下と吾郎ちゃまコンビでした。

いつも皆が幸運な釣果に恵まれていても愚痴ひとつこぼさず、
『よかったですねぇ』と称えてくれ、
ひたすら大物を待ち続けた閣下には、いつかきっと超がつく怒級が来ると丁稚は知っていました。
今回は超はつかないただの怒級だと怒られるかもしれませんが、本当におめでたく、丁稚の鼻もピノキオなのでございます。
しかも今回は素晴らしいご縁での大会参加をしており、ここぞという日にこの釣果でございます。
まったくもって脱帽です。


もはや何も・・・
言葉もありません・・・(笑)




大会主催関係者様にもニックさんのみならず、人生も釣りも丁稚クラスである僕なんかにも気さくに話しかけて頂き感動致しました。
もっと殺伐としているのかと不安でしたが、皆様楽しい方ばかりで『ウェルカム』な空気が本当に心地よかったです。
この場をお借りしてあの場でお会いした全ての皆様にお礼申し上げます。


賞品贈呈
賞品を受け取る閣下のキラキラ輝く目を見ながら今回の高知遠征は幕を閉じました。


今度の釣行は気合を入れて頑張るわよ~!
覚悟おし!!!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/09/30 12:28:16 AM
コメント(24) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.