158393 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コレカラキレカラ編集長の「カラダの中からナチュラルビューティ」

PR

Profile


まるよめ0706

Freepage List

Calendar

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Comments

emika@ Re:山岳小説で登った気分(05/20) 初めまして。 ヒップ・ウエスト・太もも…
どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
協力的な人@ はちみつティーの使い方 http://play.donune.net/dd76alr/ ↑ここ…
まるよめ0706@ Re:ご無沙汰です。(04/09) ぐっさんさん コメントありがとうです…
ぐっさん@ ご無沙汰です。 先日はどうも。最近あまりコメントが無い…

Favorite Blog

春の花と冬の花 メイユールベビーさん

TAKAKO love-takakoさん
関西流売り上げアッ… そがみん♪さん
仕事を楽しもう!人… わくらくさん
管理栄養士 「R」 … カリスマ栄養士さん

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

母として

2009年03月18日
XML
カテゴリ:母として
今日は4月下旬の気候だそうですね。

窓から外を見ると気持ちよさそう。
仕事をする気がほわーっとしていきそうです。

我が家の近所には、毎年ウグイスがホーホケキョと春を知らせに来てくれます。
ベランダを挟んで向かいのマンションの木々にとまっているようです。
例年になく、「ホーホケキョ」が活発です。


先日来ベランダに、サンキライの枝を飾っていたら・・・
(クリスマスにリースとして使う予定だった)

ドライフラワー花材/サンキライ約50cm30g実1cm

毎朝、ムクドリが食べに来ていました。
そして、毎朝ちゃーんとお尻から落し物をして帰っていくんです(笑)

ついにそのサンキライの実もすべてなくなり、ここのところ
ムクドリさんにはお目見えしていません。
また新しい実をなにか用意して待ってようかな。

フン害はもちろん困惑ですが、
朝からベランダに鳥が来てくれるってちょっとすがすがしい光景ですからねー。


先日のアウトドアフェスティバルでは
熊本産しいたけ原木の植菌体験をしました!

しいたけの原木ってこんな感じ♪

シイタケ種駒接種済み原木

およそ60cmくらいの原木です。
うまく行けば約1年半後には、しいたけが生るそうです!
体験は1本でしたが、すでに3つの椎茸が生った小さめの原木をおまけに貰って、
その夜は、直径10cmはありそうな肉厚のおいしーところを
さっと焼いてがぶっといただきました♪

原木さんは乾燥がダメなので、
湿らせて、日の当たらない暗いところに置かなくてはいけません。
ベランダの壁際に置いてみましたが、
どうやら日が当たってそうな・・・

昨日も今日も天気良かったしな・・・


いやぁ、まだまだ大阪北部はのんびり暮らしを味わえる時間が残っています。


さてさて。うちの娘も今日が終業式。
明日から春休み突入です。
毎日お留守番をお願いするおばあちゃんにとっては恐怖の長期休み(笑)

4月からは年長組。
そうこうしているまに、小学校入学まであと1年に迫ってしまいました。

働く母にとって何かと話題になるのが「小1の壁」。
・時短勤務が無くなる
・学童の終了時間が保育園より早い
などなど。

私も例外なく、あと1年の執行猶予でおどおどし始めています。
意外と学童の情報って豊富になくって・・・

働く母の情報が集まってようなWebサイトでも、
メインの話題は、3歳くらいまでの子どもを持つお母さん。
たぶん一番仕事と家庭との葛藤をするのが、そのころだからなんでしょうね。。。

みなさん学童の情報をご存知でしたら、ぜひ教えてください。







Last updated  2009年03月18日 16時57分55秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年05月12日
カテゴリ:母として
先週は久しぶりの名古屋出張でした。

帰りの新幹線を待つまでに、フラッとミッドランドスクエアへ。

といっても、地上から上のフロアに入っているラグジュアリーブランドとは縁がない。
地下1階をぐるぐる楽しんで終わりました。

が。
やりますねー、名古屋!

東海地方、いや東京以西で初出店のディーン&デルーカ。
有楽町でチラッと見たベーカリーカフェ、サンジェルマンタンドレスも東京以西で初出店。
1919年からの歴史のある製菓・製パン材料のお店、冨澤商店

見ているだけで楽しいお店ばかり、しかも大阪には出店してない(涙)

ディーン&デルーカなんて、ハービスENTとか向きなのに・・・


そんな話はさておき、
あ、ちゃんと出張でお仕事しましたよ(笑)


昨日は母の日。
うちは連日で母の日パーティをしました。
土曜日は、私の母(お母さん35年生&おばあちゃん5年生)向け。
日曜日は、私(お母さん5年生)向け。

物欲という物欲もなく、生活や暮らしに関する消費はほんの少しだけするわりに
自分の洋服などはあまり買わない母。
一緒にお買い物に行って、ランチ食べて、欲しいお洋服をプレゼントしました。

母は自分の前世をパリジェンヌと思っているほどに、パリが大好き。
家の中はパリ1色(笑)

仕事から帰ってきた主人は
そんな母にパリにまつわる本をプレゼントしてくれました。



主人の母には少し日程的に間に合わなかったのですが、
わが社が扱うフェールラーベンをプレゼント♪予定。

山歩き・山菜取りが趣味な母に最適なバックパック「カンケンバッグ」です。


さて、ベテラン母業35年の母に代わって、昨日はヒヨッコ母業5年生の私。
カレーのCMで、兄妹がハート型のナンを焼いているのを見て、それをリクエスト♪

ナンミックスを用意して、あとは娘と主人にお任せ☆
娘が書いた「買いだしメモ」を持って、2人でまずはスーパーへお買い物に。

見ているときっと口出ししたくなっちゃいそうなので(笑)
その間、私はぶらり散歩に出かけました。
母の日1人散歩です。

自宅周辺は北摂、緑の多い環境。
ここに住んでもう13年になりますが、初めての散歩コースに出会いました。

080512-01.jpg 080512-02.jpg

こぼれび通り(木漏れ日ではないのがミソ?)という名前どおり、
木々からのお日様がキラキラしてる。

自分でも嬉しくって花束を買ってみましたが(笑)
家に帰ると、娘からもかわいいカーネーションのプレゼントが!

080512-03.jpg
一気にお部屋の中が華やぎました。

私が帰ってくるまで、2人でカレー材料を切り切り・とんとんしてくれていたようで。
娘もにんじん切ったり、じゃがいも切ったり。

最後の仕上げにナンをこねてます。
080512-04.jpg

そして出来上がり♪
080512-05.jpg

ナンっぽいものが!


2人の愛情たっぷりのとっても美味しい仕上がり!

お買い物途中でも、「お母さんはこっちのほうがいいやろー」って
花を選ぶにしても、デザートを選ぶにしても、
ちゃーんと娘が5歳なりに、お母さんのことを考えながら選んでくれたそうです。

美味しくないはずがありませんよね♪


その気持ちをいただけただけで、こっちの方が感謝でいっぱいです(涙)

毎年娘が自分でできることが増えていってて、
主人はそのサポート役に。

親に似たのか、人を喜ばせることが大好きみたいです。
喜んでくれている顔を見るのが大好きみたいです。


母の日や父の日やいろんなイベントなんて、たいがい形式的なんだよ~。
そう思っていらっしゃる方も多いでしょう。
でも、家族ができたからこそ、こんなイベントを大事にして
改めて、自分がいること・周りの人に支えられていることを感謝しなくちゃいけませんね。


来月は父の日。
娘の気持ちを今度は私が全面サポートしまーす。






Last updated  2008年05月12日 12時15分06秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年02月08日
カテゴリ:母として
原因不明のまま、突然アトピー性の湿疹が出だしてから、もう1年半。
なかなか治りませんねー。
これって完治しないもんなんですかねー。

病院でもらった塗り薬は
効き目のキツイ順に「首用」「顔用」「まぶた用」とあったのですが、
きれ~にその順どおりになくなり、今はかろうじて残っているまぶた用を
首や肩に塗る始末。

夏ごろはそれでもまぶたやこめかみあたりにも湿疹が出現してたのですが、
なんとか顔部分については、今は消滅!

首や肩、ヒジの内側などは相変わらず痒い。

でもまーいいかーくらいの気分で湿疹とおつきあいしているんですよね。

そんなところで。
昨日、たまたま帰り道に父とすれ違ったんです。

うちの家に遊びに来て、孫とさんざん遊んで帰る途中だったんでしょう。
ルンルンで手を振りながらすれ違いました。
「今帰りー?」
「今日の晩御飯は何するんだー?」
と他愛もない会話のあと。

唐突に
「おまえ、ブツブツ治ったか?」とひとこと。

おっ覚えておったか。

「んー、治らへんなー。薬塗り続けてる。顔には出なくなったけどさー」
なんて返事をして
「まー、顔に出なくなったんならマシやなー」
と、言って
「ほんじゃあ、バイバーイ」

そんな具合に帰りました。

なのにその直後。
うわ~って涙があふれてきた。
「うえ~ん」って言いそうだった。


私はひとりっこ。
厳しい両親だったので、早く結婚したい。
結婚して、早く家出て行ってやる~!
と思っていたことも。

だけど本当はおうちが大好きで、

学校でいやなことがあっても、会社で失敗しても、
お腹が痛くなってても、頭が痛くなってても家に帰ったら
不思議となんともなくなってた。

会社で残業いっぱいして、
上司に怒られ、散々だったときにも
「今から帰るわ」って電話して、
母親に「はいはい、気をつけてね♪」
って言われた瞬間に涙が出そうになったことなんて数え切れない。


結婚して来月で丸7年経過。
私にも子どもが産まれて、いっちょまえに自分の家族を作っているけれど、
一方でやっぱり私は、あの両親の子どもなんだなと
昨日改めて実感しました。

私の娘もいつか、こんなふうに思ってくれるますように。
私の夫も、こんなふうに思ってくれますように。
昨日の気持ちは、ずっと大切にします。






Last updated  2008年02月08日 13時29分17秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年10月17日
カテゴリ:母として
週刊誌から月刊誌に変更となった、新生「とらばーゆ」。

みなさまご存知ですか~?

中身はググッとWEBマガジンにスライドして、
読み物コーナーもグ~ンと増えています!

とらばーゆ関西版のページはこちら
http://toranet.yahoo.co.jp/t/r/T100020s_ecd_03

いろんな読み物企画が充実しています。

○職場訪問!関西のいい会社
○私らしく生きる100通りの方法
○働くママのインタビュー
○関西★制服collection

で。

そのなかでも「働くママのインタビュー」コーナーの。

しかも記念すべき第1回目に。

なんと。

マルヤマを登場させていただいています。

きゃー。

http://toranet.yahoo.co.jp/t/r/T1ZZ110s_hp_%2Fkansai%2Fmama%2Fmama-top.html

お恥ずかしいかぎりです。

あの、みなさん。

マルヤマの正面写真はあまり見ないでね。

目線がおかしい。
不気味な笑い。

もうどうしてもっとコマシな顔に生まれてこなかったのだ。

以前、週刊誌だったときの「職場でのプチイラ」特集で、
コレキレ監修チームである、ヨガの西山さん、管理栄養士の菊池さんを
取材いただいたのがきっかけで、

今回、こんな大事な大事な企画に私を登場させてくださったんです。

うえーん。
ありがとうございます。

私なんて、実家が近いし、
母に子どもの面倒見てもらってるし、
夫は同じ会社だから、理解はあるし、
1人でやってるような仕事なんで、時間的にも自由がきいてるし、

一般的に働くお母さんからしたら、
「甘~~~~~~~いっ!!!!」
とお叱りを受けそうな人物。

でも、雑誌の特集でよくある「ワーキングマザーのお手本」みたいなのって、

旦那さんが
アーティストだったり、
大工さんだったり、
カフェやってたり、

ご自身もフリーランスで働いている方だったり、
料理研究家だったり、
クリエイティブな感じの人が多かったり、
「主人が主夫してるんで・・・」的な超バリキャリさんだったり、
「だいたい主人が定時で帰ってくるんで・・・」的な家庭だったり、

なんだか現実っぽくないなーと常日頃感じていたんです。

そうではなくて、

別に上昇志向なのではない。
キャリアの階段を上り詰めたいわけではない。
でも、ごく普通に一般的にお仕事をやっていて、
だけど仕事を辞めることは考えなかった。

そんな人間の代表として、
いつも思っているような「仕事を続けるのは女性にとっても普通のこと」
ということを伝えられたらなと思って、

喜んで「とらばーゆ」サイトにデビューさせていただきました。

(単なる出たがりかも・・・?)

楽しそうな企画がいっぱいの「とらばーゆ」関西版サイト。
編集部の方たちのブログもあります。
http://blg.toranet.yahoo.co.jp/blog/W07/

そんな矢先。
今朝の日経にこんな記事が出ていました。

以下抜粋。
===========================================
新興上場企業が社員向け子育て支援策を拡充している。

人手不足で採用難にあえぐ新興企業が多い。
急成長の陰で後手に回りがちな福利厚生を充実させることで、
優秀な人材の確保と定着を図る。

携帯情報サイト運営のディー・エヌ・エーは
育児手当制度の対象を広げた。
従来は第一子を育てる社員だけに月額5000円を支給していたが、
第二子が生まれた場合に同5000円、第三子以降は同1万円を支給する。

サマンサタバサジャパンリミテッドは、
東京・青山の本社ビルにゼロ歳児でも預けられる企業内託児所を開設した。
保育士や看護師、調理師を配置。社員は託児所のビデオカメラを通し、
職場のパソコンで子供の姿を確認できる。

フジスタッフホールディングスは勤務時間が短いパート型派遣に力を入れる。
「1日6時間」「週3日」などの仕事を増やす。
同社に登録する、子供を持つ派遣スタッフ数は6万人弱。
===========================================






Last updated  2007年10月17日 13時41分55秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月21日
カテゴリ:母として
今日から娘は幼稚園に元気に行きました。
といっても、夏休み保育で今日と明日だけ2日間ですけど。

9月に新学期が始まるまでに、慣らし保育みたいなもんでしょうj。
「幼稚園のこと、忘れないでね」的な2日間です。

でも、夏休みに入ってからず~っと幼稚園のことを忘れず、
幼稚園ごっこをやり続けていた娘にとっては、超うれしいイベント。

先週末から「いつになったら幼稚園また始まるの?」ってワクワクドキドキ。

母親としても正直ホッとしたところ。

春に幼稚園に上がるまで、ずっとおばあちゃんに預けていたもんですから、
 お友だちができるのか
 先生に慣れるのか
 泣かずに行ってくれるのか

そんな心配をしていましたが、いざフタを開けてみると

『幼稚園大好きぃ♪』に。
熱が出ようが、お腹が痛かろうが、豪雨が降ろうが、風が吹こうが
幼稚園に行きたくってたまらない子になりました。

でも。

7月に入って夏休み。
幼稚園という気晴らし場所もお休み。
お盆に10日間近くもべったり家族3人でいたもんですから、
私のお盆休み明けは泣きじゃくりました。

いわく
「お母さんはお仕事行っちゃだめなのぉ!」
「明日はお仕事お休みしてほしいのっ!」
「じゃぁ私も一緒にお仕事のところに行く!行きたいの!」
「お母さんと一緒にいたいの!分かった?」
「どうして分からないの!」
と、一気に今までの寂しさをぶつけるかのように泣きじゃくりました。

「どうして分からないのぉ!」
とまで言ったときの娘の顔は忘れられません。

どうやって説明しようか。
お母さんがお仕事をしているのはどうしてか。
お母さんがお仕事に行かなくちゃいけないのはどうしてか。

迷って迷って、悲しくなって、何も言えず、ただただ抱きしめました。

そして一生懸命説明をしました。

そしてしばらくボ~っと放心しました。

今までこんなに暴れたことのなかった娘。
思っていたことをすべてぶちまけたようでした。

私の説明を分かってくれたのか、そのあとはケロっとしてましたが(笑)
いろんな気持ちをいっぱい溜めてたんですね。

昨日、帰宅すると
「もう、お仕事行ったらだめ!って泣いたりしないよ~」って
笑顔で言ってくれました。

『どうして私は仕事しているのか』
これはいつになっても私の課題です。

月並みですけど、私の仕事を必要としてくれる誰かがいる。
それが一番の原動力なのでしょうか。
そして、やっぱり「働く」ことはフツーのことだから。

娘とのつながりは、「時間」じゃない。
時間よりも、「内容」ですから。

一緒にいられる時に、どれだけ娘の気持ちに向き合ってあげられるか。
どれだけ内容の濃い時間を過ごせるか。

いつでも全身全霊、200%の気持ちで娘の気持ちを受け止めたいと思います。

この秋にもう1人、職場復帰を果たそうとしている後輩がいます。
そしてこの夏に出産したばかりで、来年に職場復帰を果たそうとしている後輩もいます。

『子どもを預けてまで、なぜ働くか』
みんなが通る葛藤の渦です。
私もまだここを抜け出せていません。

でも、働くことがフツーなんです。
「なぜ?」じゃないんです。
それだけは少し分かり始めました。






Last updated  2007年08月21日 16時05分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年07月23日
カテゴリ:母として
ようやく今週でしょうかね、梅雨明けは。
なんだか週末ばかり天気が悪くて、ストレスの溜まる梅雨でした。。。

昨日は、ストレス発散に娘と2人野外コンサートへ。
FM802主催の「MEET THS WORLD BEAT」。

チケットは持っていないので、場外ですが
晴れ間はあまり出なかったものの、久々に芝生でピクニック気分。

070723.jpg

恥ずかしながら、出演アーティストの半分は知らない人たちでしたけど(笑)
娘は音楽そっちのけで、早く遊具で遊びたくて仕方がなかったみたい。
まったりゆっくりの間もなく、ひとしきり飲み食い後は
さっさと撤退!しました(笑)

近い将来、フジロックくらい家族で乗り込んでみたいなー。
子どもの遊びエリアもできているみたいですし、
ライブ以外の楽しみもいっぱい見つけられそう。

そんな母娘べったりの週末の夜。
あるテレビ番組で、「お母さんの愛情弁当」特番がありました。

高校生の娘さんを持つお母さん。
しかも5つ子の娘さん。
そしてシングルマザー。

朝5時起きで全員のお弁当を作って、送り出す。
そのあと、とある定食屋さんにてお昼過ぎまで働いてから
自分が切り盛りされる小料理屋さんの開店準備と仕込み。
そのまま深夜11時過ぎにお店を閉めてから、0時を過ぎて帰宅。

それでもまた朝5時に起きて全員のお弁当を作って、送り出す。

スーパー母ちゃんなのに、とっても笑顔が輝いてらっしゃいました。
疲れた感なんて一切見えない笑顔でした。

おばあちゃんが同居なので、家事や夕飯の支度から食卓を囲むのもおばあちゃん。
お母さんはみんなが寝たころに家に帰ってくる。
だからこそ、お弁当だけは「母娘のつながり」。。
どんなに疲れていても、何があっても欠かしたことはないそうです。

5人の娘さんたちも、真っ直ぐに育っておられて、お母さん想いで。
「お母さんは疲れて帰ってくるんだから、寝るときくらいは別にしてあげないと」とか。
お母さんの愛情をしっかりと感じて、受け止めて、返しているんです。

この家族を見ていると、サラリーマン家庭の共働きなんて足元にも及ばない。
私なんて楽なもんだ。

そんなぶんざいで、モチベーションが上がったり下がったり、
評価がどうだのこうだの、会社の対応がどうだのこうだの、
そんなことを言ってるなんて、失礼にもほどがある!
つくづく恥ずかしくなりました。






Last updated  2007年07月23日 17時10分25秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年05月31日
カテゴリ:母として
なんだか肩と手が筋肉痛・・・

というのは、何十年ぶり?(そんなこともないかな)にピアノを弾いたから。

幼稚園から小学校卒業まで、柄にもなくピアノとエレクトーンとか習ってまして(笑)
こう見えても、お嬢さん!?だったんですよねー♪
ん!?
その昔は一応まじめにお稽古してたんですよー。

嫁入り道具にもピアノを持っていったくせに、ほぼ物置状態のまま放置・・・
娘が生まれて何度か弾いたのですが、昨日あらたにこんな楽譜を買っちゃいました。


幼児の四季とみんなの歌

早い話が、幼稚園の先生が使っている楽譜のようでして、
幼稚園の歌をおうちでも歌わせてあげられるなーと思って、購入☆

家に帰ってさっそく幼稚園ごっこで約1時間以上、弾き続けた私。
娘は先生役と子供役をやりながら、お遊戯し続けてました(笑)

いやぁまじめにピアノに向かうのなんて、何十年ぶりでしょうか。
指が動かない・・・
そしてやたらと肩に力が入る・・・

だんだん弾いていると調子に乗ってきちゃって、小学生のころ使っていた教則本で
指の練習までやっちゃいました。
楽しいもんですねー。楽器を弾くって。

で、案の定筋肉痛です♪

もう何十年も調律していない我が家のピアノ。
これから徐々に活躍するかもしれないし、今度調律してもらおうかしら。
これを機にもうちょっと練習やり直してみてもいいなー。

CDやDVDでリトミックやお遊戯もいいけれど(というか持ってないけど)
本物の楽器で、本物の音を聞かせてあげられる環境にあるなら、
絶対そっちの方がいいですよね。
本当の音感や音色にもっともっと親しんでくれたら。

そういや、子どものころ結構頻繁にクラシックコンサートに連れてってもらっていました。
チェンバロやピアノ4重奏、フルートや管楽器だけのものも。
昔、「フックト・オン・クラシック」というレコードがあったんです。

このCDが子どものころ聞いていたものかどうか分からないのですが、こんなCD10枚フルセットを見つけました!

いろんなクラシックの有名な部分だけをつなぎ合わせた演奏。
これすごいいいですよ!
かなりのクラシックを網羅できて、曲に親しめるというか、常識としても知っておける。

今、NHK教育の「クインテット」という番組、朝見てるんです。
くるみ割り人形とか、アイネクライネナハトムジークとか、
まさにいい部分だけを人形劇で演奏してくれるんです。

子どもにクラシックは長いとか、値段も高いとか、飽きるとか言いますが、
もっと本当の音楽が身近になることが大事ですよね。
だいぶん分かるようになってきた娘。
そろそろクラシックコンサートにも連れていきたいなー。

近頃は、大阪城公園などの野外で、芝生に寝そべりながらでも聞けるような
素敵なクラシックコンサートもされているそうです。
丸山としては野外フェスもいいですが、こんなのも注目してまーす。






Last updated  2007年05月31日 12時12分54秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年04月26日
カテゴリ:母として
ずいぶんとブログ更新サボッてしまっていました・・・
もうすぐゴールデンウィーク。
なのになんだか冷えますよね。
毎年ゴールデンウィークにはすでに半袖で活動を開始する私(笑)
今年の連休はまだ半袖デビューできなさそうです。

さて。昨日の日経夕刊にこんな記事が出てました。
生活面でワーキングウーマンをテーマにした連載があるのですが、
【孫育ておいくら?、働くママ救う祖父母の力】

早い話が、働くママが自分の母や義母に子どもを預けるとき、
いくら払ってるの?ってことでして。
平均的には月3万~5万だそうで、ボーナス時にはプラス5万というのが多いそう。

う~、まさに私だ。
保育園に預ける、ベビーシッターに頼むなどに比べれば、微々たる料金ですが
私も母に毎月の『お月謝』とボーナスを支払ってます。
本当に申し訳程度ですけど。
たぶんそれは娘の食事代などに使ってくれているんだと思います。
お昼ごはんはおばあちゃんと一緒に食べてましたから。

記事にもありましたが、
対価を支払う・無償にするのどちらがいいとも悪いといえないですよね。
払う場合の目安もありませんし。
だけれど、親に面倒を見てもらうにあたって、「親子の情」とか「孫の顔見たさ」だけでは
毎日の世話までには至らないんじゃないかなと、私は思います。
単にお金を支払うということでなくても、気持ちの問題なので、
例えば旅行をプレゼントしてあげるとかでもいいと思うんです。

我が家の場合も、世話をお願いしているのは私の実家ではありますけれど
その辺はシビアに行かなくちゃなと思ってやってきました。
親に子どもを預けるには、何か少しでも取り決めがなくてはいけないように思うんです。
それがお金なのか、ルールなのか分かりませんが。

お昼ごはんは作って食べさせてくれてましたが、
私が出張や宴会で遅くなる場合を除いては、夕食はさすがに私が作ってました。
そこまでお願いしちゃうと、私自身が「母親」としての自覚を失ってしまうから。
夕食は家に帰ってから私が作ることに。
母自身も、夕食までは助けてやらないみたいなスタンスですし。

私の母はもともと友達づきあいを多くやっているほうではないので、
孫の世話をすることで、お出かけできなくなるとかお友達とランチできなくなるとか
そういうことは全くなかったようですが、
自営業なので、家に帰ってから夜なべで仕事をしたりしていました。
その分、翌日は孫と一緒に昼寝してたり(笑)
自営業の働き手である母が孫育てで半分戦線離脱した分についても
少しでも私からのお月謝でなんとかやりくりしてくれていれば・・・と思っています。

母はクリスマスや結婚記念日、私たち夫婦の誕生日などには必ずカードをくれるんですが
そこには、いつも「かわいい孫とこうして遊べて本当にうれしい」というような
ことを書いてくれているんです。
その言葉はおべっかとかではなくって、本当に楽しんでくれているんだと私は
感謝の気持ちで受け取っています。

私が働き続ける限り、私の母と父の孫育ては続くのですが
いつか両親に対しては最大の恩返しをしたいなと思っています。
それは、孫といっしょにヨーロッパ旅行させてあげること。
もちろん、私たち夫婦も一緒です(笑)

この春から幼稚園に行きだしたので、預ける時間もぐっと減りましたけど
夏休みなどの長期のお休みにはやはり朝から1日面倒見てもらわなくっちゃいけないし。
まだまだ孫育ての満了期間は訪れそうにありません。


いつか絶対に連れていってあげたい世界遺産モンサンミッシェル。
で、オムレツ食べるんだぁ☆







Last updated  2007年04月26日 11時06分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年04月19日
カテゴリ:母として
今週はじめくらいから風邪気味だった娘が、ついにお熱出しちゃいまして。失敗
寝ているときから頭が熱かったんですが、起きて計ってみると、
「はい。おみごと発熱です!」な感じ。

そこからが大変。
幼稚園に行くのか、休むのか。
普通のお母さんならこれで悩み事終わりなんですけど
働いているとさらに、こんな悩みも。
果たして私は会社を休むのか、午後から行くのか、早引きするのか。

こどもの体調も心配ですが、自分が休みを取ることも心配だし・・・
むしろこっちの問題の方がネックになってるかも・・・

そのうち熱も収まって、「幼稚園行ってくるわ!」と言い出す娘。
おいおい。それなら私も仕事の準備をせにゃならん。
確かに、家で私といるよりも少々の熱なら幼稚園に行ったほうが
しんどさも忘れて楽しく過ごせるでしょうな。
今はまだ午前中保育だし、いい気晴らしになるかも。

それなら夕方早引きして病院に連れて行こう。
明日の朝も熱出たら、また一騒動だもんなー。

そうは思ったものの、
カゼ引いてるしなー、
夕方は冷えるしなー・・・
やっぱりお昼に病院行くほうがいいよなー。

そんなこんなの葛藤をくぐり抜け、
結局今日はお休みをいただき、娘を幼稚園に送り出し、お迎えの帰りに
病院へ寄ることになりました。
ホっ。

んー、なんでこんなに悩まにゃならんのだ。
やはり休みをいただくという行為。
そのものになんだか分からない引け目を感じるんですよね。
そういう働く環境をもう少し改善したいものだなー。
でもやっぱり休む以上、周りに迷惑も負担もかけることは確かですし。
周りに対しての気兼ねというか。
自分が体調不良で休むとき以上に、神経過敏になりますよねー。

保育園に預けて働いている社員に聞くと、
保育園からの連絡はすべて会社に電話がかかってくるそう。
働く母親に対して、そういう部分はかなり配慮してくれているんですね。
会社に電話してくれれば、周囲の人も「何かあったんだな」って分かりますもんね。
そのあたりはさすがです、保育園!

幼稚園に送り出して、今はちょっと1人の時間。
お迎えの時間まで、いつもできないことをやっておかなくちゃ。いい天気だし。

ということで、布団を干して、カバーも洗って、ベランダのお花にお水やって。
!cid_A0001.jpg
このじょうろ、IKEAの。何年か前に雑誌で見てからずっと欲しかったんです

!cid_A0002.jpg
ベランダガーデニングというより【森】みたいにわさわさ茂ってきました♪オリーブもユーカリもどんどん大きくなって、ワイヤープランツはまさに森状態(笑)

窓を開け放して、今パソコンに向かっていますが、とってもいい気持ち!
休日の朝とはまた違うこの空気感なんですよね。
思いがけず、ちょっとしたココロの休息日になってしまいました。
そうそう、ずっと出したかったクリーニングも出しに行こう。

原因不明で悩まされている発疹も今日はちょっと収まるかもしれません☆

帰ってきたら娘と2人、べったりしていよーっと。






Last updated  2007年04月19日 10時13分19秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年03月06日
カテゴリ:母として
ようやく少し落ち着いて仕事をする時間ができました。
いろいろと新しいシステムが導入されると
思ってもみないトラブルが発生するもんですね。
あとは新システム利用者へのマニュアル作成が残っていますが
ちょっと一段落です(フゥ)

さてさて。
おひなさまの週末はものすごく暖かでしたよね。
近くの公園に行きましたが、なんだかもうお花見してもいいくらいの気分♪
ウキウキしちゃいます。

どこ行こかー、何しよかー。
お休みごとに楽しみがどんどん増えちゃう感じ。

我が家にも母から梅の花&菜の花をプレゼントしてもらって、
はい!
070306.jpg

最初はつぼみが多かったのですが、どんどん咲いてきちゃいました☆

あと1ヶ月もすればついに幼稚園に入る娘。
今はもっぱら韓国ドラマ「チャングムの誓い」にハマっております。
こんな3歳児見たことありません。
今、BSで毎週金曜日の夜に再放送しているんですが、
私が帰るまで、おばあちゃんと2人で見るのがそれはそれはものすごい楽しみのようで・・・

話すことといえば、チャングムネタ。
遊ぶときは、チャングムごっこ。

どんな話でもチャングムが出てきます(笑)
たぶん、今「大きくなったら何になりたい?」なんて聞くと
「チャングム!」と言いそう。間違いない!

幼稚園でチャングムの話が通じるのか、私は今から心配でございます(笑)

もう1つ心配事といえば。
幼稚園のお弁当~♪
私たちのころは、ちょっと手の込んだお弁当って
「タコさんウィンナー」
「ウサギさんりんご」
「巻き巻きロールサンド」
「形どった海苔弁当」
くらいしかありませんでしたけど、今はすんごいんですね~。

これって食育の部分からは離れてない?と言いたくなるようなお弁当さえ。

ウィンナーを買ったら、かざり切り用のおまけがついていたりするのですが、
果たして、これを毎日使いこなせるのか・・・

そんな矢先、ついに買ってしまいました。
070228.jpg
お弁当本。

とってもとっても勉強になるんです。
通信教育、幼児教育のあのベネッセさんから出てます。お母さん向け雑誌。
2ヶ月に1度送ってこられるようで、1400円くらいだし。
毎回、季節に応じた付録もある!
今回は、お弁当のかざり切りや型抜きが付録でした。

今流行りのキャラ弁を見ていて、なんか違う・・・と思っていた私。
あんなにご飯をいじりまわして、素材は痛まないのかしらとか、
味はどんなことになるのかしらとか、
子どもは果たして本当に嬉しいのかしらとか、
見た目でごまかして食べさせるのは、本当の食育にはならないんじゃないかとか。

その点、この教材というか雑誌では、栄養面でもかなりサポートしてくれてる。
「ごまかして食べさせる」のではなく「食べる楽しさを演出する」レベル。

小さな子が食べやすい工夫や、食べきれる量もよく分かるんです。
まだお弁当箱もそろえていませんが、そろそろ・・・な頃合い。
予行演習も始めなくっちゃと思っている今日このごろです。






Last updated  2007年03月06日 15時28分06秒
コメント(2) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.