000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

X

Category

Comments

すいか@ Re:ハオルチアの培養土研究(その後)(06/13) とても参考になる実験ありがとうございま…
さくらこ@ Re:メセンの季節(10/26) コノフィツムを最近育て始めました!花が…
名無しのハオルチア@ Re:その後の胴切りハオルチア(05/01) 胴切りした上の方は、切り口を乾燥させた…
ひらり@ Re:フライレアの実生(06/06) はじめまして!最近サボテンに興味を持っ…
あかり@ Re:あかり さん こんにちは〜!(02/04) womさん、早々にお返事ありがとうございま…
wom*@ あかり さん こんにちは〜! あかり さん こんにちは〜! はじめまし…
2006年08月03日
XML

コノフィツム専用培養土1

▲少し気が早いですが、「コノフィツム専用土(2006年度版)」を作りました。
全部で38リットル。あー、汗かいた。以下がレシピです。

 赤玉土(細粒・小粒)35%
 鹿沼土(細粒)20%
 蝦夷砂(細粒)20%
 日向土(細粒)10%
 ゼオライト5%
 燻炭5%
 バーミキュライト5%


コノフィツム専用培養土2

▲なんだか細かい配合になりましたが、以下3点に注意して作りました。

【1】水はけを良くするため、イソライト1号、芝の目土、砂など
 1mm素材を使わない
【2】腐葉土や堆肥などの有機質を使わない。栄養素として液肥を頼る。
【3】コノフィツムは根は培養土の塊に抱きつく習性があるので、
 少し大きめの物質を配合する。


コノフィツム専用培養土3

▲土嚢袋に入れてしまっておきます。鹿沼土と蝦夷砂を混ぜたので酸度が強すぎるかもしれません。ちょっと不安ありですね。

※我が家でコノフィツムが死んでしまうのは、ほとんどが10月です。成長期に水ぶくれで死んでゆくようにも見えます。なので、今年のコノフィツム栽培方針は「作を急がず、咲くを急がない」つもりで育てようと思います。(←コレが結構難しい)。







Last updated  2006年08月03日 20時30分38秒
コメント(4) | コメントを書く
[メセン 【 コノフィツム 】] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.