967194 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

Category

Comments

すいか@ Re:ハオルチアの培養土研究(その後)(06/13) とても参考になる実験ありがとうございま…
さくらこ@ Re:メセンの季節(10/26) コノフィツムを最近育て始めました!花が…
名無しのハオルチア@ Re:その後の胴切りハオルチア(05/01) 胴切りした上の方は、切り口を乾燥させた…
ひらり@ Re:フライレアの実生(06/06) はじめまして!最近サボテンに興味を持っ…
あかり@ Re:あかり さん こんにちは〜!(02/04) womさん、早々にお返事ありがとうございま…
wom*@ あかり さん こんにちは〜! あかり さん こんにちは〜! はじめまし…
2007年01月12日
XML
カテゴリ:ハオルチア
ハオルチア用の適切な培養土を考えるヒントを見つけようと思い、比較栽培をしてみましたので、チョピッと紹介します。
植え付けは10月上旬。苗はできるだけ同じサイズのものを各種3本用意し、土と環境を変えて、3ヶ月育てました。写真は現在の様子です。

の培養土=牛糞堆肥とマグァンプがコッテリの「多肥料土」。
  の環境=遮光25%くらいで通風強。乾燥ぎみ。
  の環境=遮光50%くらいで通風小。潅水多め。

=腐葉土、堆肥類や固形肥料は使わず、栄養素は2000倍の液肥。
  遮光50%くらいで通風小。潅水多め。(BとCは同じ環境)

見た感じ、ハオって結構栄養を食うみたいですね。好みの問題と思いますが、栄養を沢山与えると、ムキムキ育って赤く色づいたりはしないみたいです。

----------------------------------------------
注1)これはwomんちの環境とwomの感覚での話なので、他のウチでどうなるかは分らないです。

注2)「コッテリ多肥料」と書きましたが、量的には 腐葉土が全体の20%、牛糞堆肥20%、マグァンプが3号鉢に3g、月1回くらい液肥2000倍。くらいです。これは実験用の培養土なので、おそらく不必要に栄養過多と想像します(07.1.14 追記)。






Last updated  2007年01月14日 23時09分43秒
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.