979873 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

Category

Comments

すいか@ Re:ハオルチアの培養土研究(その後)(06/13) とても参考になる実験ありがとうございま…
さくらこ@ Re:メセンの季節(10/26) コノフィツムを最近育て始めました!花が…
名無しのハオルチア@ Re:その後の胴切りハオルチア(05/01) 胴切りした上の方は、切り口を乾燥させた…
ひらり@ Re:フライレアの実生(06/06) はじめまして!最近サボテンに興味を持っ…
あかり@ Re:あかり さん こんにちは〜!(02/04) womさん、早々にお返事ありがとうございま…
wom*@ あかり さん こんにちは〜! あかり さん こんにちは〜! はじめまし…
2007年05月02日
XML



「白刺豪刺大疣象牙丸」って長い名前ですね。まぁ、象牙丸です。

▲ウチの象牙丸。

象牙丸を自家採種していつの日か、ドバッとタネ蒔きしたいなぁ、と思ったのが2004年の話です。

白刺大疣系の象牙丸2株を我が家に迎えたのが、2005年の話です。

そして、2006年。2株同時開花を願いながら育て、ついに、気絶するほど暑い日に2株は同時に花を咲かせました。

ところがその時、オイラは暑さで気絶しておりましたので、
交配できませんでした(T_T) 
その後2株が同時に咲くことはありませんでした (^_^;アハハ…

今となっては、すっかり初心(ドバッとタネ蒔き)を忘れておりますが、運が良ければタネを採ります。
(でも、もうタネを蒔く場所がありません)(^_^;アハハノハ…


兜です。白い遺伝子を次世代につなげたいのです。

▲こちらはウチの兜。

この2株はお互いに気心が知れていて、放っておいても同時に花を咲かせるようです。しかし、念には念を入れて、同じ形の鉢、同じ土、同じ場所で育て、同じ日に水やりし、さらに、同時に蕾を付けるまで、蕾をむしり取ってしまいます。



※他にも恩塚ランポーや牡丹も採種したいのですが、今年は花粉の保管とかゼットライトとかの裏技は使わず、運任せで行きます。







Last updated  2007年05月03日 02時06分33秒
コメント(8) | コメントを書く
[サボテン 【 いろいろ 】] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.