979274 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

Category

Comments

すいか@ Re:ハオルチアの培養土研究(その後)(06/13) とても参考になる実験ありがとうございま…
さくらこ@ Re:メセンの季節(10/26) コノフィツムを最近育て始めました!花が…
名無しのハオルチア@ Re:その後の胴切りハオルチア(05/01) 胴切りした上の方は、切り口を乾燥させた…
ひらり@ Re:フライレアの実生(06/06) はじめまして!最近サボテンに興味を持っ…
あかり@ Re:あかり さん こんにちは〜!(02/04) womさん、早々にお返事ありがとうございま…
wom*@ あかり さん こんにちは〜! あかり さん こんにちは〜! はじめまし…
2007年05月08日
XML


赤ラウシー

ラウシーは日照時間と通風が必要なサボテンで、ウチではすぐに間延びしてしまいます。特に6~8月は間延びシーズンなので、出来るだけ乾燥ぎみに育てようと思います。



※今日は「オルトラン水和剤」の1000倍液を散布しました。「メセンの乾燥シーズン前」と「サボテンの乾燥シーズン前の12月上旬」に使用しています。ネジラミの予防に良いようです。
我が家ではサボテンか多肉植物にしか使ったことがないので、青虫やケムシに対する効果を知りませんが、我が家で使ってみた限りでは殺虫剤としては弱いです(粒剤にしても水和剤にしても)。多くの場合、「予防」か「害虫に対するイヤガラセ」にはなっても、退治するところまでは期待できません。
それでもこの薬は「薬害」がほどんど(あるいはまったく)出ませんので安心感があります。「予防するのだから良い薬」とも言えますし、趣味の園芸ですので「劇物」など使わずに楽しみたいですね。








Last updated  2007年05月08日 17時52分31秒
コメント(8) | コメントを書く
[サボテン 【 いろいろ 】] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.