989396 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

Category

Comments

すいか@ Re:ハオルチアの培養土研究(その後)(06/13) とても参考になる実験ありがとうございま…
さくらこ@ Re:メセンの季節(10/26) コノフィツムを最近育て始めました!花が…
名無しのハオルチア@ Re:その後の胴切りハオルチア(05/01) 胴切りした上の方は、切り口を乾燥させた…
ひらり@ Re:フライレアの実生(06/06) はじめまして!最近サボテンに興味を持っ…
あかり@ Re:あかり さん こんにちは〜!(02/04) womさん、早々にお返事ありがとうございま…
wom*@ あかり さん こんにちは〜! あかり さん こんにちは〜! はじめまし…
2007年06月05日
XML
カテゴリ:センペルビブム


2006年のセンペル栽培目標は「死なずに秋を迎えたら万事OK」でした。これはクリア。
少し気を良くして、2007年の栽培目標は「美しく、スマートに、理解のあるセンペル栽培!」でした。これは甘かったです(欲張り過ぎ?)。今年はイマイチ、発色が冴えませんでした。
まぁ、赤くなりゃイイってもんではないと思いますが、下の写真。


ラウンドロビン
▲どちらもラウンドロビン Round Robin。同じ時期に撮影。

モンドスタイン
▲どちらもモンドスタイン Mondstein。


ヤフーオークションを見ても、ウチと同じセンペルがずっと美しく出品されていてショック! センペルは花を楽しむ植物ではありませんので、やっぱ春の発色で見せ場を作ってやらないと、ウチのセンペルも可愛そうです。

それで、いろいろ調べていたところ、‘うっTさんちのブログ’で、センペルを12月上旬に植え替えている、という話を(コッソリ)聞きました。ウチもこれ。マネしようと思います♪

あと、真冬の放置栽培をヤメます。センペルにとって東京の冬は寒いうちに入りませんが、可愛く育てるために「箱入りセンペル」で育ててみようと思います。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


【開花しそうなセンペル】

センペルは開花すると、命尽きて死んでしまいます。花を咲かせそうになったら、切ってしまう予定ですが、「交配して、タネが見たいなぁ」とか、「タネが採れたら、発芽が見たいなぁ」など、タネ蒔きおじさんは煩悩だらけ。近々、決断せねばなりません。


パシフィックテディ
▲パシフィックテディ Pacific Teddy これは間違えなく開花したがってますね。


ココフラネル
▲ココ・フラネル KoKo Flanel これも来てます。


ジュビリー
▲ジュビリー Jubilee まだ「あやしい」という段階。予備が無いので、死んでは困ります。




※センペルネタ、長くなりましたが、あと1回。センペルの夏超え実験で、
「センペルのあぶない夏物語」と、タイトルだけ決めているのですが、実験台を勤めるセンペルが見つからず、実験は来年へ持ち越しするかもしれません。







Last updated  2007年06月05日 20時01分59秒
コメント(12) | コメントを書く
[センペルビブム] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.