964415 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

Category

Comments

すいか@ Re:ハオルチアの培養土研究(その後)(06/13) とても参考になる実験ありがとうございま…
さくらこ@ Re:メセンの季節(10/26) コノフィツムを最近育て始めました!花が…
名無しのハオルチア@ Re:その後の胴切りハオルチア(05/01) 胴切りした上の方は、切り口を乾燥させた…
ひらり@ Re:フライレアの実生(06/06) はじめまして!最近サボテンに興味を持っ…
あかり@ Re:あかり さん こんにちは〜!(02/04) womさん、早々にお返事ありがとうございま…
wom*@ あかり さん こんにちは〜! あかり さん こんにちは〜! はじめまし…
2007年09月06日
XML
カテゴリ:メセン 【 実生 】


4月17日のブログに書いた春蒔きコノフィツムのその後です。「コノフィツムの春実生は可能か?」を検証するために自家採種のタネを今年3月に蒔いてみました。

コノフィツムの春実生1

▲上の写真は発芽から1ヶ月(4月)の様子。


コノフィツムの春実生2

▲こちらは、今日撮影。半分以上は煮えて死んでしまいました。


今年の夏は異常に暑かったせいもあるかもしれないし、コノフィツムの種類によってもいろいろと思うけど、見た感じだと、やっぱり秋に蒔いた方が安全ですね。見方によっては、ここに生き残ったコノフィツムは、暑くても死なない固体ばかりと思われるので、今後の栽培が簡単、と言えるかもしれません。

オイラが思うに、自家採種の場合、1房から200~600粒くらいは採種できますので、春でも秋でも気が向いた時に蒔いてしまいましょう。メサタネ1パケット蒔きなら、安全を選んで初秋にタネ蒔きするしかなさそうです。








Last updated  2007年09月06日 23時27分29秒
コメント(0) | コメントを書く
[メセン 【 実生 】] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.