1064191 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

X

Category

Comments

すいか@ Re:ハオルチアの培養土研究(その後)(06/13) とても参考になる実験ありがとうございま…
さくらこ@ Re:メセンの季節(10/26) コノフィツムを最近育て始めました!花が…
名無しのハオルチア@ Re:その後の胴切りハオルチア(05/01) 胴切りした上の方は、切り口を乾燥させた…
ひらり@ Re:フライレアの実生(06/06) はじめまして!最近サボテンに興味を持っ…
あかり@ Re:あかり さん こんにちは〜!(02/04) womさん、早々にお返事ありがとうございま…
wom*@ あかり さん こんにちは〜! あかり さん こんにちは〜! はじめまし…
2007年09月10日
XML


夏の間、ずぅ~っとダレていましたので、今になって仕事が片付きません。ちょうど夏休みの宿題をドタンバでやっつける学生さんの様です。

秋の園芸作業は春よりも期間が短く、待ったなしで進めなければなりません。気持ちばかりがアセって何から手を付けて良いのやら、分からない状態ですが、まんず、気になっていたサボテンのタネ蒔きから行きます。


サボテンの種まき1

▲フライレア属と自家採種の紅葉ランポー、恩塚ランポー。
フライレアの種子はqueiitiさんと機械か?さんから頂きました(ありがと~♪)
  ・アフィラネンシス,afilanensis(queiitiさん採種)
  ・ファエオディスカ,phaeodisca(queiitiさん採種)
  ・レピダ,lepida (queiitiさん採種)
  ・ウーリッヒアーナ,uhligiana(機械か?さん採種)
今年はすでにフライレア属が2種類(カナウパリ、ニーテンス)実生中なので、フライレアコレクションが6種類増える予定です。(育てる場所があるんだろうか?)

サボテン

▲秋のサボテン実生はいつも発泡スチロールの中に入れるだけです。カビ対策はベンレート500倍の霧吹き噴霧です。2~3週間したら、発芽報告しますね。








Last updated  2007年09月10日 12時11分22秒
コメント(2) | コメントを書く
[サボテン 【 実生 】] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.