966325 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さぼてんだもの

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

メセン 【 リトープス 】

2007年11月25日
XML
なぜか白い花ばっかりやね~。まぁ、休日に咲いてくれて良かったよかった。真ん中のオリーブ玉が咲きません。これからかな?






Last updated  2007年11月25日 19時01分51秒
コメント(2) | コメントを書く


2007年11月05日
リトープスの開花がはじまりました。あと2週間くらいで開花のピークを迎えます。

ウチのリトたちは、ベランダの柱にくくり付けて、水やりは雨降りに任せて栽培しています(オイラは水を与えていません。見るだけ)。
不適切な栽培かもしれませんが、意外に丈夫な連中です。

コヤツらのトラブルを考えると(怖い順に)、

 1.鳥の襲撃
 2.梅雨の長雨
 3.秋の日焼け

・・・といったところです(ウチでは)。今年は「ネオジウム磁石」を埋めてみました(効果あるかな?)。来年の梅雨から夏(6~8月)は、軒下へ移動し、断水しようと思います。






Last updated  2007年11月22日 04時46分12秒
コメント(20) | コメントを書く
2007年06月14日

「雨で参った」と、ウチのリトが申しまして


ベランダの柱にくくり付けて放任栽培しているリトープスです(ことの経緯は06.9.11のブログ参照)。かれこれ9ヶ月、水遣りは雨任せでしたが、最近の雨降りで2個、腐ってしまいました。

リトープスにとって日本は雨が降りすぎですね~。 このまま雨ざらしだと、全滅の恐れが出てきました。

結局、「日本全国の電柱のテッペンにリトープスの鉢を備え付ける」という雄大な計画は、無理なようです。残念! 「屋上緑化植物としてのリト計画」も夢は絶たれたか。。。

写真のリト鉢は軒下に移動し、しばらく乾燥させます。







Last updated  2007年06月15日 03時31分54秒
コメント(18) | コメントを書く
2007年04月01日

リトープスの悲劇(ネズミ)

▲2004年11月7日。我が家のリトープスがネズミに襲われました。ネズミの歯型が動かぬ証拠です。


リトープスの悲劇(ヒヨドリ)

▲2006年12月11日。リトープスが鳥に襲われました。犯人は未確認ですが、ヒヨドリがあやしいです。


リトープスの悲劇(猫)

▲昨日(4月1日)。リトープスの鉢が蹴り飛ばされていました(涙)。被害は4鉢。気がついたら四方八方へ蹴り飛ばされていました。犯人はと思われます。おそらく、ノラ猫の縄張り争いで、我が家のベランダが「決闘場」と化したのでしょう。悲惨です(涙)。


リトープスの悲劇(犯人)

絶対にコイツがあやしい!







Last updated  2007年04月02日 03時11分46秒
コメント(22) | コメントを書く
2007年03月11日


リトの植替え実験1

▲昨年11月に、リトープスの植替えで簡単な比較実験をしました(4ヶ月前に掲載した写真です)。発芽から2ヶ月半の小さな(直径3ミリくらい)苗を3パターンに分けて植替えしました。

 =土ごと植替え
 =根を切らずに植替え
 =根を4mmまで切って植替え

リトの植替え実験2

▲で、植替えから4ヶ月たった今日の実生苗。

見た感じ、の土ごと植え替えた苗の成績が悪いです(意外)。おそらく、細長い根を強引に土の中へグイグイと押し込んだので、中で切れたかして機嫌を損ねたのかもしれません。
は想像していたより元気そうで(これまたビックリ)。以前、どこかの掲示板で「メセンは植替えを嫌う」という話を聞いて、そのまま信じていたのですが、その話、「サボテンと比べれば」の話であって、実生苗の根を伸ばす力は頼もしいです。


リトの植替え実験3

▲写真左は高さ18センチのペットボトルへ土ごと移したリトープスの実生苗。右はリトープスの発芽実験に使った鉢(惣菜パック)で蒔いたまんま。

オイラが見た限りでは「リトープスの実生苗は晩秋に一度植え替えた方が元気」です。ただ「手間を掛けるほどの違いはない」と思うので、「発芽し過ぎた場合のみ、根を12ミリくらい残して植え替える」というのが(今のトコロの)方針でいます。







Last updated  2007年03月11日 19時45分32秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年12月11日
あ”~号泣 実生2年のリトープスがやられました。
犯人はカラス? 2年前にネズミがリトープスを荒らしたことがありますが、今回はネズミの歯型が確認できません。
見た感じ、鳥類があやしいです。くやしぃ~。

リトープスって美味そうなんだろうか?

この調子だと、次にブルゲリあたりが狙われそうな予感がするのでブルゲリのガードを硬くしました。






Last updated  2006年12月11日 16時49分33秒
コメント(10) | コメントを書く
2006年11月15日
メセン実生の初植え替えは1年後を予定していますが、今回は実験的に「発芽2ヶ月苗の植え替え」をやってみました。まだ3ミリくらいのリトープスです。サボテンだと、結構、根を切って植え替えますが、メセンの場合をオイラは知りません。そこで今回は実験的に

 長=根に土が付いている状態で出来るだけ触らずに植え替え
 中=根から土を落として、根の長い状態で植え替え
 短=根を短く切って(4mmくらい)土に置く感じで植え替え

と、してみました。
やってみた感じだと、リトープスの根は細長く、根を残しながらの植え替えは困難で、現実的ではありません。






Last updated  2006年11月15日 13時39分58秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年10月29日
リトは今年の初開花になります。雨ざらしの放置栽培にしていますが、花がヨレヨレになってキレイには咲きません。






Last updated  2006年10月29日 17時12分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月07日


リトープス

 先日「ベランダにくくり付けて放置栽培します」と言ったばかりなのにナンですが、今日は関東方面、日差しが強くなり、チョット心配で「日傘」を着けることにしました。なかなか「放置」って出来ないものですね。

 リトープスが日焼けを起こすのは、我が家では今の時期に限られていますので、今月中はこのままにしておこうと思います。

 そう言えば、リトープスの日焼けって、テッペンが焼けることはほとんどありません。たいてい「わき腹」がやられます。わき腹は光を受け入れる体制が整っていないのですね。







Last updated  2006年10月07日 23時10分09秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年09月11日
リトープス植え替えました。

リトープスは我が家でもっとも手間のかからない植物です。年間たった8回の水やりで、元気に花も咲かせますし、脱皮もします。

もしかすると「この植物はオレを必要としてないかも?」と思いつつ、この際なので、ベランダにくくり付けて放任栽培します。

リトの自生地の降水量は(ぜんぜん知らないのですが)日本の10分の1くらいかな? とすると、自生地の10倍水はけの良い培養土にすると、バランスが取れてウチのベランダで自生できるかも?(そんな簡単じゃない?)。まぁしばらく様子を見てみます。

鉢は100円ショップで買ってきて底に40個くらいの穴を開けました。培養土はほとんど軽石と鉢底石ばっかり。行き場のなくなってしまったギバエウム属の無比玉も同居させました。






Last updated  2006年09月11日 17時31分18秒
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.