20915590 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

Profile


korrida

Free Space

ブックマーク

私がプロデュースしているオーガニックブランドです。
オーガニックコスメ&フーズ「アムリターラ」

私のフェイスブックです。
鬼のフェイスブック

私のインスタグラムです。
鬼のインスタ

私のツイッターです。短文が苦手でほとんどつぶやきません(笑)
鬼のツイッター

私の治療院です(現在ご新規の受付はしておりません)
ナチュラルカイロプラクティック

Recent Posts

Category

Archives

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

全756件 (756件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 76 >

2018年10月20日
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは!

秋ですねー、、、

やっと草刈りして種蒔きしたのが約3週間前。
大根、小松菜、ルッコラなど芽が出てきたものもあり、これからの成長が楽しみです。
私は蚊に刺されるタイプなので、半袖で畑に出たら、この季節もめちゃ刺されます。
それがちょっとつらいのですですが、土いじりは体内&体表静電気もアースもされるし、すごく癒されます。



アースされると言えば、お風呂もです。
もう25年入り続けているヒマラヤ岩塩入りのお風呂で、心底温まりアースされるのが秋冬は毎日の日課。
プラス500mvくらいの水道水が、瞬時にマイナスに還元され、塩素もなくなる3億8千万年前の海の化石ヒマラヤ岩塩の温め力と、活性酸素を無害化する還元力にはすごいものがあります。
この秋、リニューアルして更にパワーアップしますので、まだの方はぜひ体感してみてください。



最近、私のインスタでは飼い始めて2か月の猫のリリーのことを、よくアップしています。
シェルターから来た当初は、目やにをダラダラ垂らして、痒そうにいつも目の周辺を椅子やら壁らやにこすり付けて目の上の毛が禿げていた猫だったので、なんらかのアレルギーや皮膚炎持ちであることは確実でした。
それを改善しようと、乳酸菌や酵母、地鶏、オーガニックのエサにしていたのは前回書いた通り。
ただ、うちに来た当初の写真を見返してたら、今現在顔がすごくかわいくなってきているということに気が付いたんです。



↑ね?だいぶ違うでしょ?別人ならぬ別猫でしょ?
最初は目がもっと腫れてて細かったんですよね。
目が開いてなかったんだと思うんですよ。
毛並みもめっちゃよくなって、ビロードみたいです。
猫もオーガニック生活で、顔が変わるんだなーと、つくづく実感しました。


さて、前回書いた「糖化」。
皮膚や筋肉、臓器、血管、髪の毛、骨など、水分を除いた体の構成要素の約43%はたんぱく質で出来ています。
私たちの体の中にある43%のたんぱく質と、生きるためのエネルギー源である糖質、すなわちパン、パスタ、ピザ、ご飯、うどん、じゃがいも、砂糖、異性化糖など食事に含まれる糖質が​​体内で消化吸収され、私たちの体の中にある43%のたんぱく質​​結びつくと、AGE(終末糖化物という物質を作り、血管や内臓、脳、骨、肌などを劣化したたんぱく質に変えてしまいます。

もう1つは食べもの自体に含まれているAGEが口から入り、これの約10%が代謝されずに体内に蓄積されて糖化を促進するという現象もあります。
一番AGEが多いのはソーセージ、ベーコン、焼いた肉です。
ポテトチップスとかフライドポテトとかチーズ、ピザにも多いです。
焼く、炒める、揚げるという高温の調理法でAGEは爆発的に増えます。

糖化は、酸化と並びエイジングの大きな原因とされています。
一度生まれた劣化したたんぱく質AGEが元のたんぱく質と糖質に戻ることはありません。
代謝はされますが、一部は蓄積し体を劣化させていきます。

たんぱく質は種類によって、新陳代謝のスピードが違います。
例えば血中のヘモグロビンの代謝は90日ですが、コラーゲンは長いもので20年も生まれ変わらないのです。
体のたんぱく質の約30%はコラーゲンで出来ていますので、その間に相当AGEが蓄積されてしまいます。

コラーゲン繊維の橋である「架橋」がAGE化しやすいのですが、悪玉架橋となると弾力性が失われるのですが、悪玉架橋を異物と判断して分解酵素が増えてしまい、正常なコラーゲンやエラスチンまで分解されやすくなるので、肌の本体が弱まりシワやたるみ、くすみが発生します。
その他、全身に関わります。。。

●AGEで、骨ももろくなる
悪玉架橋の数が増えると、一見骨が硬く頑丈になったように見えますが、逆に柔軟性が奪われ、しなりに対する許容範囲が狭くなり骨折しやすくなります。

●AGEで血管が老化する
血管の悪玉コレステロールにAGEが結合しやすく、アテロームという固まりを作り、動脈の内側を厚くして動脈硬化が起こる。アテロームが破裂すると血栓が出来て脳梗塞や心筋梗塞の原因となる。

●AGEはがん細胞の発生も招く
細胞に蓄積すると、DNAのアミノ酸がAGE化し、DNA修復や細胞のコピーにミスが出てがん細胞の発生の原因となります。

もちろん、前回書いたように抗酸化や抗光老化していれば、糖化もかなり防げるし、精製された炭水化物を極力摂らないことや、ベジファーストな食べ方も続けてきました。

しかしこれを、もっとアクティブにせき止められないかというのは、長年のアンチエイジングの夢でした。
緑黄色野菜に多いαリポ酸、ビタミンB1やB6をはじめ、カモミールや緑茶、シナモン、生姜などに含まれるフィトケミカルにも抗糖化作用がありますが、飲んで本格的に各方面のAGE生成を阻害し、分解をしてくれるものや、糖質の吸収を優しく妨げて糖化現象を起こさせなくする、凝縮した植物エキスのサプリメントがほしかったんです。

約2年かかって、エビデンスのある無農薬や野生の世界各国の植物から選び続けてきました。
それが、パラグアイのハーブ「パロアッスル」、ペルーのハーブ「​​ゼラニウムディエルシアナム」、タイの生薬「黒ウコン」、日本の「クマザサ」でした。

なぜこんなに、世界各地の抗糖化ハーブを配合したかというと、AGEというのは100種類以上あり、そのハーブによって微妙に得意とするAGEが違うからです。
全方位的に抗糖化出来るサプリを作りたかったんです。

例えばパロアッスルの原料実験データだとこんな感じ。



パロティエラがパロアッスルのこと、3DGは中間糖化物質、ペントシジンもCMLもAGEの種類です。
どのくらい阻害したかの%です。
アミノグアニジンは、よく比較で使われる抗糖化作用の強い糖尿病用の薬品ですが、副作用があるので日本では不認可。
パロアッスルのほうが、アミノグアニジンより多く阻害してますね。



↑クマザサも、こんなにAGEを阻害出来ます。
pentがペントシジンですね。
わずか0.01%で100%近いCMLを阻害!
CMLって角質のケラチンにもよく蓄積しているAGEだから、肌が変わるでしょうね!

ここに、果糖の吸収を抑えるスペインのユーカリ、ブドウ糖の吸収を抑え、糖の代謝を高めるインドのサラシア、血糖値を抑えるバナバを入れて、糖質にも立ち向かいます。

今回、実はこのサプリに入れているまんまんの原料の比率で、威力を確認するために外部AGE検査に出したんです。
血中にあるアルブミンというたんぱく質とブドウ糖を糖化反応させた試験管内での検査で、どれだけ蛍光性のさまざまなAGEを阻害出来ているかという検査です。



デキストリンとか除いて濃度濃く1つの原料を検査したのではなく、カプセルの中身そのままで検査。
こうなると、検査結果って出にくいもんなのですが、なんと!
アミノグアニジンと同じくらいのAGE阻害力でした。



IC50ていうのが、1つの指標としてAGEを50%阻害するまでに必要な検体の濃度を測ったものなんですが、この濃度が低いほど、威力が高いわけです。
わかりにくいのですが、要するにIC50の数値が小さいほうが、阻害できているということです。
数値を見ると、アミノグアニジンと同等の力があることが分かります。

エキスだけの単一の原料でないにもかかわらず、です。

​もう、これで糖化をかなり気にしなくていい~♪

ところで、さっきもちょっと書きましたが、実はコラーゲンだけじゃなく表皮のケラチンたんぱくにもAGEが溜まっていることが分かってきています。


↑赤いのがAGE。
緑がケラチンで、黄色がAGE化したケラチンです。
表皮にもこんなにAGEが溜まっているんですね。



↑AとB、CとDがそれぞれ同じ人なんですが、赤いのが角質のAGE。
AGEが多いBさんのキメはDのように荒いのです。
AGEの多い表皮は、乾燥しやすく、キメが荒く、黄ぐすみしやすいことが分かっています。

これはゆゆしき事態!
サプリメントでじっくり体内から届けるのもいいですが、とにかく早く表皮の糖化をせき止めたい!

ということで、クリームも作ってしまいました。
まず、メインはニガヨモギ、ドクダミ、びわの葉、桑の葉、柿の葉、クロモジです。
どれも強い抗糖化作用があるのが分かっています。
無農薬で九州と島根県産。



ヨモギの近縁種であるニガヨモギ(ワームウッド)はヨーロッパで伝説の薬草リキュール「アブサン」の原料として有名です。
クロロフィル、β‐カロテン、ビタミンE、ポリフェノールなどの総合力でAGE生成を阻害、抗酸化作用もあります。

これらを縄文時代の清らかな温泉水「ojas」と沖縄のしまきびアルコールでエキス化。
これをメインとしてクリームに入れました。
他にも、抗糖化で有名な、山桜、西洋サンザシ、緑茶、カモミール、イチョウ。
そして、サプリメントにも入れたクマザサも!

そして水じゃなくて、ここにオーガニックの白樺樹液、抗酸化力のすごいプロポリスエキス。
オイルもバオバブ、マカデミアンナッツ、ホホバ、シアバター、サジー、クロヨナと全部オーガニックのスペシャルオイル。
セラミド3、白きくらげ、アロエベラ、ヒアルロン酸で保水力もアゲアゲで。

だいぶ豪華になり、抗糖化だけでなく抗酸化、うるおいも叶えるブランド史上一番リッチな最高峰クリームです。

これまた、メインのニガヨモギ、ドクダミ、びわの葉、柿の葉、桑の葉、クロモジの熱水抽出エキスを外部AGE検査に出してみました。
まだ予備試験だけなんですが、すでになかなかの結果が出ています。

検体の濃度が1%で54%のAGE生成阻害です。
平均してAGEを50%阻害出来るまでの濃度は0.82%とのことで、クリームにはもっと入っているので、その他のエキスもあるわけで、十分抗糖化出来るのではないかと思います。


体の中から外から、糖化に抗う!
また1つナチュラルアンチエイジング​​​​を叶えるぞー!!!


大阪でのイベントのお知らせ

アムリターラ代表 勝田小百合 スペシャル無料セミナー

【糖化とは~オーガニックエイジングケアは次のステージへ】

 

日 時:1110日(土)①14001500 ②16301730

会 場:梅田 蔦屋書店 9階 4thラウンジ

ご予約:梅田 蔦屋書店のWEBサイトよりお申し込みください。

    http://real.tsite.jp/umeda/

※お申込み先着順となります。満席の場合はご了承ください。



​​​​1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018年10月23日 22時55分14秒
2018年09月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​みなさま、こんにちは。
だいぶ、ご無沙汰です!

この間、各地でいろいろな自然災害があり、被害にあわれた方、まだ落ち着かない日々を送っていらっしゃるみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

わたし自身に関係するところでは、大阪の実家が台風で2日日間停電で水道も止まり、化粧品を作ってくれている北海道のラボも地震で数日停電となり、物流も止まったりいろいろと大変でした。
両方とも復旧していますが、実家は大雨で建具が一部壊れたりしているので、これから補修工事しないといけないようです。

電気がないのは、物理的にいろいろ大変ですね。
みんなの話を聞いてて、太陽光発電のLEDランプやスマホ充電も出来るラジオなど、あったほうがいいものを私なりに揃えてみました。
なにごともないのが一番ですが、地球の気候も変化していますし備えはあったほうが良いと思います。

私は相変わらず忙しくしています。
イベントに出てお話したり、地方に良い原料を探しに出張に行ったりということが多かった一か月でした。
国際オーガニックエキスポに初めて登壇してオーガニックコスメと普通のコスメとの違いや、成分の見方、選び方などについてお話ししましたが、100名以上の方が聞いてくださって大反響があってうれしかったです。



機会があったら、またちょいちょいお話させていただければと思います。
今年も本社でのセミナーやイベントがあと2回くらいあり、梅田でもやりますし、10月の名古屋のナチュラルビューティースタイル展でも、またお話しします。

『ジェイアール名古屋タカシマヤ ナチュラルビューティースタイル展』
10月10日(水) ~ 10月15日(月)10:00 ~ 20:00(最終日は18:00閉場)
<場 所>ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場

<アムリターラ代表 勝田小百合 入店のお知らせ>
◆10月13日(土)15:00より
【生涯美しく年齢を重ねるための「女性ホルモン」とのつき合い方セミナーを開催いたします!
(無料・ご予約不要)


ブランド創立10周年となる今回は、美容家・オーガニックスペシャリストの吉川千明さんとアムリターラ代表 勝田小百合のスペシャルセミナーです!!
事前のご予約は必要ございません。当日お気軽にご参加いただければ幸いです。
セミナー後も、勝田をはじめアムリターラスタッフがアムリターラブースにおりますので、どうぞお気軽にお声がけください。
……………………………………………………………… 
【生涯美しく年齢を重ねるための「女性ホルモン」とのつき合い方セミナー
日時:10月13日(土)15:00 ~ 15:30
場所:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場
会場内イベントステージ(無料)
※当日は混雑が予想されます。ご希望の方はお早めにお越しくださいませ。


もう1つプライベートでの大きな変化はこちら。



そうなんです。実は猫を飼い始めました。
息子の一生のお願いというやつで、シェルターからお試しで1週間預かったんですが、思いのほかすごくおだやかな猫で、この子なら飼えるかなと思ってきて、、、
メスで1歳、リリーという名です。
わたしも小百合なので、縁のある名前だなーと思っています。

驚いたのは、かなり頭が良いようで、ダメと言ったことは二回目はまずしません。
まるで言葉が分かっているようです。
シンクにも食卓にものぼらないし、トイレも爪とぎも決められた場所でしかしません。
木と漆喰で出来た、猫からしたら爪とぎハウスのような家ですし(笑)、治療院に入られるのも困るので、この点はすごく重要でしたが、かなり大丈夫なんです。

エサはまだいろいろ探求中ですが、今のところグレインフリーのオーガニック系ドライフードと、生の神山鶏か生魚(白身魚が好きなようです)の3軸でいっています。
ハッピーフローラペット用もあげています。
来た当時は顔を痒がっている猫でしたが、1か月たって痒みもない様子で毛並みも良くなってきました♪
そんなわけで、まだまだ探求中ではありますが、今後はたまに猫のオーガニックライフ(笑)についても書きますね。

さて、アンチエイジングの鬼の初期からの大きなテーマと言えば「糖化」です。
10年前は「ブラウニング現象」というような言い方をしていたかと思います。

老化を促進する3大要素として、酸化、糖化、炎症があります。
この中の酸化については「光」による酸化も含みます。
そして炎症には酸化も糖化もからんでいます。
酸化が進むと糖化も進みやすくなります。
光にさらされた肌は糖化も進みやすくなります。
すべては単独で存在するわけじゃなくて、少しづつからみあっています。

糖化とはなにかおさらいしますと、、、、、
私たちの体の中にあるたんぱく質と、パン、パスタ、ピザ、ご飯、うどん、じゃがいも、砂糖、異性化糖など食事に含まれる糖質が結びついて、AGE(終末糖化物という物質を作り、血管や内臓、脳、骨、肌などを劣化したたんぱく質に変えてしまうことです。

もう1つは食べもの自体に含まれているAGEが口から入り、これの約10%が代謝されずに体内に蓄積されて糖化を促進するという現象もあります。
一番AGEが多いのはソーセージ、ベーコン、焼いた肉です。
ポテトチップスとかフライドポテトとかチーズにも多いです。

焼く、炒める、揚げるという高温の調理法でAGEは爆発的に増えます。
茹でる、煮る、蒸すのほうが、少なくてすみます。
もちろん、一番少ないのはローフードです。
でも、食べ物に含まれているほうのAGEは、気にしているとキリがないですし、ほとんどは代謝されるので例えば一緒にディープクリアブラックなどの炭のサプリを飲んで吸着させればいいのかなと思っています。



これは、AGEの吸着実験ですが、いろんな炭の中でヤシガラの活性炭(右端)はAGEを100%吸着していました。次に良かったのが赤松炭(左から2番目)で56%。
元々は重金属や添加物、ガスを吸着するデトックスのために食べられる炭と土でサプリを作りましたが、このヤシガラ活性炭と赤松炭を多く入れていますので、焼いた肉や揚げたポテトなど食べ物に含まれているほうのAGEにも良いのが分かります。

しかし、どっちかというと、食べる糖質(炭水化物)によって体の中でAGEが出来て糖化現象が起きる方が根深い問題です。
例えば血管で糖化が起こると動脈硬化が進み、目の水晶体で起こると白内障が進み、骨がもろくなり、アルツハイマー病やがんとの関りもあるとされています。

肌で糖化が起こると、コラーゲン繊維が劣化し、ハリと弾力を失います。
角質や表皮で糖化が起こると保水力が低下して乾燥を招き、黄ぐすみが起きて透明感が失われます。



これまでの私の取り組みとしては、まず血糖値の急上昇を抑えることを重視してきました。
糖化は高血糖の時に起こりやすいので、GI値の高いものを出来るだけ避けるということを、ずっと行ってきました。

白いご飯、うどん、白いパン、白いパスタ、白い砂糖、ブドウ糖果糖液糖など・・・・
こうしたものは精製度が高く、GI値が高いのでまず出来るだけ避けます。
代わりにご飯は7分付きに雑穀混ぜるか玄米、うどんはそばか裸麦麺、玄米麺に、パンやパスタも分付きや全粒粉、料理の甘みは本みりん、お菓子の甘みはショ糖がほぼゼロで質の良い(果糖の比率が多すぎない)アガベシロップやはちみつ。
しかも量を食べ過ぎないこと。

さらには食べる順番です。
野菜か海藻を最初に食べる、出来ればそれにお酢をかける。
そうすれば、あとで食べる炭水化物の吸収を妨げ、血糖値の上昇を飛躍的に抑えてくれます。

抗酸化や光老化対策にも取り組んできました。
抗酸化出来ると、糖化もある程度防ぐことが出来るし、光老化をしないようにすれば、肌で起きる糖化も起きにくくなるからです。

しかし、そういった対策をしっかりやった上で、糖化にもっとアクティブに抗い、AGEを作らせない、出来てもある程度分解出来るようようなインナーケアやスキンケアが出来れば最強だなとずっと思ってきました。
実は、ずっとずっと糖化にアクティブに抗えるものを、探求してきたんですよ。
長くなりましたので、それがいったいどういうことなのか、次回また書きますね♪


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​
​​






Last updated  2018年09月19日 00時59分55秒
2018年08月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは。
お久しぶりです。

あまりにも忙しい毎日で、なかなかブログを書けずごめんなさい。
九州に行ったり、名古屋に行ったり、大阪に行ったり、北海道に行ったりなかなか目まぐるしい日々でした。

西日本豪雨、本当に大変な被害でしたね。
心よりお見舞い申し上げます。
夫の実家が東広島なのですが、家や家族は無事でした。
ただ、道路や電車が封鎖されたり、田んぼの水路が遮断されたり、いろいろな爪跡を残しているようです。
毎年、息子は夏休みに広島のいとこの家に遊びに行くのを楽しみにしていますが、今年は行けません。。。
1日も早い復興を願っています。

6月、札幌のハマナス畑で、ハマナスのバラの花が満開になりました。





いつも、行くとき時期がちょっとずれていて、満開の時に行ったのは初めてで。
朝5時に起きて、朝摘みのお手伝いをして、ラボに運んで蒸留まで見届けて、出来立ての細胞水を飲んだ感動は忘れられません。

水をまったく使わず、本当にハマナスの中に巡る細胞水だけを、蒸留器を真空状態にすることで、わずか35℃で取り出すんです。
とても香り高い細胞水。
魔法のような水です。
飲んでも不思議なことが起こりますが、肌に付けても美しい肌に整えてくれます。
この細胞水で美容液とクリームを作っています。

そう、そして6月に植えた大分県、中津江村のササニシキが、もうこんなに成長しています。







すごいでしょ?
1本~2本植えなのに、この分けつ力、この茎の太さ。
まったくの無農薬、無肥料。
5年目のすごさ!どんどん良くなっています。
9月の稲刈りが、本当に楽しみです。

猛暑のため、各地で熱中症の方が相次いでいるようです。
7月の熱中症の死亡者は東京23区だけでも96人で去年の4倍だそうです。
今日も40℃以上のところもあり、注意が必要ですね。

私たちの体では常に熱が作られていますが、皮膚から逃がしたり、汗をかくことで熱を逃がし、体温は36℃前後に保たれています。
熱中症とは高温多湿な環境の中ですごしたために、体温が上がりすぎ、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能が働かなくなり、めまいやけいれん、頭痛、失神などを引き起こし、重篤な場合は死亡することもある病気のことです。
なぜ多湿がいけないかというと、高温な上に湿度まで高いと、汗が蒸発しにくくなり、体温が下がりにくいんです。


​​汗は、体温を下げるために出るんですが、汗が蒸発する時の気化熱で体内の熱を逃がしているので、ただ汗をかくだけじゃなくて、それが蒸発しないとダメなんです。​​​
​​これは、打ち水と同じ原理ですね。​​


一口に熱中症と言っても、実は熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病といういろいろな状況があります。
体温の上昇を抑えるため、熱を外に逃がそうと体全体の血流が良くなりすぎ、血圧が下がって脳が酸欠を起こします。これが熱失神。​​

また体温上昇を抑えるために、汗をかいて体温を下げようとします。
それなのに水分補給をしないと、水分不足になり倦怠感、吐き気、頭痛などの症状が起こりますが、これが脱水症状で、熱疲労と言います。

汗で水分だけじゃなくミネラルも失われ、ナトリウム不足になると筋肉がけいれんを起こします。これが熱痙攣です。

それでもまだ体温が上がり続けると、脳に影響が及んで倒れて意識不明になります。これが熱射病というもので、かなり命の危険が出てきます。

症状としてまとめると下記で、下に行くほど重症です。
2番からは病院に連絡したほうがいいレベルだそうです。
1、めまい、立ちくらみ、筋肉がつる、汗が多量
2、頭痛、吐き気、体がだるい
3、意識がない、痙攣、まっすぐ歩けない、体温が高い

65歳以上が8割を占めるとのことですが、40代~50代も多いようですし、小学生にも亡くなる方が出ています。
乳幼児も汗腺が未発達のため、注意が必要です。
高齢者は、そもそも体内の水分量が少ないので、すぐ水分不足になりがちな上、体の感覚が鈍くなっていて暑さや喉の渇きを感じにくくなってるので、要注意中の注意です。
毎年千人近く亡くなっているそうですが、今年の状況はかなりまずいのではないかと思います。

熱中症がこんなに増えた背景には、地球温暖化のため、気温が上昇していることは、もちろん大きな理由です。
水分不足になりやすい高齢者の比率が増えたことも大きいです。
都会のヒートアイランド現象の影響もあります。


​​ただ、それだけじゃなく空調の完備や、室内と外気の温度差が激しいため自律神経が乱れ、私たち自身の体温調節機能が落ちてきているということもあると思います。


エアコンの温度を必要以上に下げすぎない、たまには湯船につかって汗をかいたり、涼しい環境で適度な運動で汗を流すなど、汗をきちんとかける体、体力のある体に日頃からしておくことも大事だと思います。

5月6月あたりに39℃~40℃くらいのお風呂に15分から20分浸かって、汗をかいておき、夏に備えておくというのも良いようです。
私は夏でも週一ではお風呂につかります。

他にも、睡眠不足や肥満の方、心肺機能や腎機能が落ちている方、前の日に飲みすぎている方、朝食抜きで空腹の方などは熱中症になりやすくなります。
気をつけて下さい。

熱中症予防に水分補給は欠かせません。
その際、ただの水分じゃなく、塩分が含まれていたほうが良いです。
ほんの少しの糖質があったほうが腸での水分吸収が良くなります。
さらに、出来ればクエン酸があったほうが、疲労回復にいいです。

以上を鑑みて、私がおすすめする手作り熱中症予防ドリンクは下記です。

1、梅酢水

用意するもの
ミネラルウォーター500ml、梅酢大さじ1弱、生はちみつ小さじ1

以上を混ぜる

2、梅干水

用意するもの
ミネラルウォーター500ml、梅干し中1(種を取る)、生はちみつ小さじ1

以上を混ぜる。
梅干しは水の中に入れてから箸でつぶすとかでOK



塩分濃度は同じくらいなので、どっちでもいいと思います。
見た目は梅酢のほうがきれいです。
はちみつは私はマヌカハニーを使い、水はojasです。

そうそう、縄文時代の奇跡の封存水ojasが、5月からナチュラルローソンでも売っています。
ナチュラルローソンがあるのは関東だけですが、出先で入手しやすくなったので私も嬉しいんです。
シリカや有機ゲルマニウム、亜鉛が多く、硝酸態窒素はゼロに等しいピュアな軟水です。



和歌山県立医大の宇都宮先生の研究で、炎天下の環境で異なった水分補給を行ったマウスちゃんで、水だけを飲んだ場合、塩水を飲んだ場合、梅干し入りの水を飲んだ場合で、一番活動量が低下せず、過酸化脂質が減ったのは梅干し入りの水でした。
梅干しって、すごいですね!

いざ熱中症になってしまった場合は、呼びかけに答えないなどの重症な場合はすぐ救急車を呼びますが、そうでない場合、あるいは待機中でも涼しい場所や日陰のある場所に移動し、衣服をゆるめ安静に寝かせます。
水分を飲めそうなら水分、塩分を補給します。

エアコンがあればエアコンなければ扇風機、うちわなどで風をあてて体を冷やし、出来れば氷のうなどでわきの下、ふとももの付け根など太い血管の部分を冷やして下さい。
アメリカの疾病予防管理センターでは熱中症患者には、15℃以下の氷風呂や冷水で、可能な限り早く冷やすことを推奨しているほど、熱中症発症後には冷やすという行為がとても重要です。

体温調節が出来ないこと、体温調節が狂うのはとても怖いこと。
そして体の60%~70%は水、5%はミネラルで出来ていることを決して忘れないで。
体の異常に、ちゃんと気づける自分であろう!



​​​​1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​






Last updated  2018年08月06日 01時57分54秒
2018年06月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは!

すごくお久しぶりです!
そうこうしている間に、ついに50歳になりました。
わーお!!



↑夫が作ってくれたオーガニックラズベリーケーキは無限大マーク入り。
美味しかったです♪

このブログを始めた時は37歳だったわけなので、そこから13年も経つわけですか!
37歳でアンチエイジングの鬼になると決めて、ナチュラルオーガニック道を極めることで、体の中から若々しく生きると決意したことを覚えています。

ないものは作るしかないと、その探求を商品開発に活かすことにもなり。
今まで数百種類も商品を作ってきました。



↑最近はこれ。ホルモンをテーマにしたオーガニックビール。
ビールの試飲もある「女性ホルモンセミナー」も二日にわたって開催しました。



↑市井紗耶香さんと山田まりやさんもご来場下さいました♪



↑セミナーでは、女性ホルモンケアに詳しい、オーガニックスペシャリスト吉川千明さんとも
対談させていただきました。
いろいろなことを乗り越えて、美しい笑顔で笑い飛ばす千明さんお話ししていると、未来に希望も持ててめっちゃ楽しかったです。

更年期と言われるのは45歳から55歳。
まさに私は真っただ中にいます。

今のところ、生理周期はきちんとあり、日にちが若干減った以外とりたてて変化はそんなにはありません。
ただ、鬼と言えども例外はなく、今後徐々にいろいろな変化が出てくるんだろうと思っています。

女性ホルモンを分泌しているは卵巣の中の卵胞。
卵胞とは中に卵子が入った膜のようなもの。
おぎゃあと生まれた時に、原子卵胞200万個を卵巣の中に大切にしまってきた私たち。
だから、卵胞年齢は、私たちの実年齢と同い年。
卵胞も自分と同じだけ老いるのです。
しかも年齢と共に卵胞の数は減り、決して新しく増えることはありません。

脳の神経細胞は新生することが分かっても、卵胞が新生する話は聞かない。
しかも毎月排卵していく1個だけでなく、そのたびに裏では厳しいオーディションが開かれており、毎月300個から1000個の卵胞がエントリー。
成熟卵子に育たなかった、オーディションに落ちた残りの卵胞も、毎月消えていきます。

1年間に卵胞の5000個以上が消えていく、、、
思春期には20万から30万あった卵胞も、25歳で12万。
30歳台で6万~7万。
そして40代以降いきなり5千個近くにまで落ち込みます。
閉経年齢の平均は約50歳~51歳。

閉経する時、卵巣には千個くらい卵胞がまだ残っているそうですが
それも、そのうち体内に吸収されて消えてしまいます。

エストロゲンにさらされる時間が長すぎると、今度は婦人科系ガンのリスクも上がるので、ダラダラ長く分泌されていればいいという話でもありません。
こういう観点から、大事なのは次の4つ。

1、エストロゲンは、ほどよく分泌されているのがいい
2、卵巣の衰えが、急激に来ないよう卵巣のアンチエイジングは必須
3、ホルモン&自律神経の中枢、間脳のケアは大事
4、副腎をケアする

この中で、私が今とても注目しているのが4番の副腎ケアです。
卵巣の卵胞がゼロになっても、副腎でDHEAが分泌されるので、そこからエストロゲンが作れます。
ここは努力次第で、高い濃度を保つことも夢ではありません。
それだけでなく、、、


​​副腎は、すべてのホルモンの基盤となっているため、
ここが崩れると全身のホルモンバランスが総崩れになるのです。​​
だから、副腎ケアは非常に大事だと考えています。



まずは副腎から出てるホルモンDHEAとコルチゾールのバランスがとても大事です。
アンチエイジングホルモンDHEAが増えると、ストレスホルモンコルチゾールは減りますが、
コルチゾールが増えると、DHEAが減ってしまう関係にあるからです。
このあたりは「老けないオーガニック」に詳しく書きました。

ただ、老けホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」は、慢性的にずっと分泌されない方がいいけど、だからってあまりに分泌されすぎても副腎が疲労して、今度はコルチゾールもDHEAも出しにくくなったり、バランスがおかしくなったりします。
その状態を「副腎疲労」と呼び、体に取っては本格的な大問題に発展します。

例えば朝増えるはずのコルチゾールが少ないままのため起きづらく、日中もぼんやりしてしまい、でも夜は少ないながらダラダラ分泌されてしまって不眠になるというようなことが起きます。

常に疲労感があり、落ち込みやすかったり、免疫も下がるので感染症になりやすくなり、甘いものや塩辛いものや刺激物を好むようになったりします。

また、ストレスが強すぎてコルチゾールがいつも優位だと、副腎髄質から分泌されるアドレナリンやノルアドレナリンまで多くなってしまい、動悸や、過呼吸、不安感やパニックを引き起こしやすくなるそうです。

逆に副腎髄質からのホルモンが低下しすぎる場合もあり、今度はアドレナリンを一気に上げたくなるので「突然キレる」という行為に出てしまう場合が!
こういう方、まわりに一人はいるかもですね(+_+)

副腎髄質ホルモンにはドーパミンもあるので、低下するとドーパミンが枯渇して、ギャンブルや買い物、ゲーム、過食などの依存症を引き起こす場合もあるそうです。

副腎は、すべてのホルモンの基盤となっているので、生理周期まで乱れたり、性欲が減退したり、更年期障害やPMSも悪化します。
そしてうつ、高血圧、糖尿病、動脈硬化などのリスクも上がっていきます。

この場合のストレスって、何も精神的なものだけじゃないんです。
働きすぎだったり、睡眠不足、添加物、薬品、有害化学物質、大気汚染、騒音、猛暑、夜のブルーライトなども体にとってはストレスとなります。

副腎が疲労している方は、副腎関係のホルモンが作られる時に、あっちこっちでビタミンB群が使われるため、だいたい足りなくなっているので、まずはB群を摂ってあげるととてもいいそうです。

豚肉、うなぎ、魚、卵、納豆、味噌、貝、青菜、ニンニク、バナナ、ナッツ、胚芽米、海苔など​


↑サプリだとビープルbyコスメキッチンにも売っているノバスコシアのこれとかもB群が摂れます。

その他、副腎をサポートする栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、マグネシウム、セレン、DHA、EPAがあります。
逆に避けたほうが良いのは、カフェイン、小麦グルテン、乳たんぱくカゼイン、食品添加物や化学物質だと言われています。

ホルモンケアは奥深いので、また時々テーマにしたいと思います。


卵巣のアンチエイジングも大事だけど、
長くお世話になる副腎ケアも大事!!
副腎は疲労させず、DHEAのビューティーな恩恵を受けたいっ!!



名古屋でのわたしのセミナーの告知です。
高島屋でのナチュラルスタイルビューティー展に今回も参加します。
7月4日(水)~9日(月)まで開催。

セミナー名:「肌負担ゼロ!光老化対策」
日時:7月7日(土) 13:00~13:30
※予約制ではございません。無料です。
JR名古屋タカシマヤ 10F催事場 イベントスペース

6日金曜日も、午後からお店にいますので、お悩みの相談など気軽に声をかけてくださいね。



​​1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​






Last updated  2018年06月27日 03時02分20秒
2018年05月09日
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは。

紫外線が半端ない状況になったかと思ったら、今日は東京は急に寒めです。
日々気温の変動がすごいので、みなさま体調は大丈夫でしょうか?

私はこの1か月、イベントや講演会が多かったです。
今月はこのあとはちょっと落ち着いています。

まずは梅田蔦屋書店でのアムリターラハウス一周年記念セミナー。
無事終了しました。
2回で、合計120名ものお客様に来ていただきました。
平日にも関わらず、来てくださったみなさま本当にありがとうございました!!





セミナーにはあの吉本の美容番長、シルクさんも駆けつけて下さったんです。
昔からアムリターラをご愛用くださっているということは知っていたんですが
今回初めてお会いしてお話しできました。

そしたら私の本も全部持っていると言って下さって!
びっくりしました。
めっちゃうれしいです♪
噂年齢60歳ということなんですが、ショートパンツから出た足の美しいこと!

唐津でも、メイクアップアーティストの早坂香須子さんがショートパンツで登壇されてたんですが、そちらもきれいな筋肉が適度にあって、おしゃれでかっこ良くて!
​​
そこで、私決めました!
ショートパンツの似合う女になるぞ!!!

決意したが吉日、約10年ぶりに加圧トレーニングのジムに入会しました。
まだ1回行っただけですが、これから週一30分 通います。
家でのスロースクワットも、あれからさぼらず毎日やっています。

私の場合、足は細いのはまぁ細いんですが
筋肉が年々減ってきているように思うんで、もう少ししなやかなハリのあるラインにしようと思います。



こちらは佐賀県唐津市のイベント「hanaマルシェ」。
九州発信のナチュラルコスメやフードが大集合のイベントで、早坂香須子さんや岸紅子さんも登壇されていました。
客席には吉川千明さんのお姿も!
わたしもブースでブランド出展して、野外ステージでモデルのnomaさんとトークしました。

nomaさんのお顔が、私の大好きな宇野亜喜良さんの描くイラストの女の人にそっくりなので、元々大好きなモデルさんなのですが、数年前からちょいちょいお話ししてると、植物に詳しくて縄文時代や宇宙にも造詣が深くて、マニアックトークが出来るので、そんなところも大好きになりました❤



今回、前日にnomaさんと訪れたのが、唐津の無農薬レモン畑。
ここのレモンを、毎年限定で出しているクレンジングのジャパニーズシトラスのメインの香りとして使っているんです。
まだ大きなレモンがいっぱい実っていて、いい香りがあたりに漂っていました。
ここのレモン果皮を水蒸気蒸留しています。

この畑は、数年前に佐賀のJCCさんにご紹介いただいた畑だったのですが、その時行ってみてびっくり!
昔、酵素栄養学を学ばせて頂いてた時代に、たまにご飯に行ったりカラオケに行っていた時のメンバーの会社がやっている畑だったんです。
久しぶりに再会できたことや、この深いご縁に本当に感動しました。

唐津の自然栽培の、あるすごいハーブを、秋発売の新コスメのメイン原料に使うことも決まっていて、ますます唐津とのご縁が深まりそうです♪

告知がやや長いですが、あと1つだけ。
今発売中の雑誌「25ans(ヴァンサンカン)」の中の、「旗揚げ!NIPPONビューティー党」という面白い特集にカラー1ページ近く、私の記事が載りました。







「美容は自分と世界を変える」「買うことで社会のためになるコスメ」という、エシカルな側面のある特集で、こんなに大きく取り上げて頂いたことに、ただただ感謝します。
しかし、ヴァンサンカンでついにこんな特集とは。。。時代は本当に変わってきましたね!

さて、だいぶ時間が経ちましたが、来月発売するビールの説明の続きです。



DHEAVAと書いて「ディーバ」と読みます。
ホルモンに詳しい方は、この時点でピンと来るかもしれませんが、そうこのビールは「DHEA」を増やすことをテーマに作ったオーガニッククラフトビールなのです。

私の最新刊「​老けないオーガニック 」にも、この「DHEA」のことにずいぶんページを割いているのですが「デヒドロエピアンドロステロン」という副腎から分泌されるホルモンの親玉です。
なぜホルモンの親玉と言われてるかと言うと、このDHEAから男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンが作られるほか、その他50種類以上のホルモンの前駆体になるからです。

DHEAの効果としては、エストロゲンなどの性ホルモンを作るだけでなく、免疫力を高める、筋肉量を増やす、血糖値や血圧を安定させる、記憶力を向上する、ストレスを軽減する、うつの予防、精力増強、炎症を抑える、肥満の抑制、腫瘍の予防、更年期障害の予防などがあり「若返りホルモン」とも呼ばれています。

​お肌への効果としては、バリアの健全化、シワ、たるみの予防、改善などが見逃せません!

DHEAの体内での合成、分泌は20代がピークです。
40代でピーク時の50%、60代では30%、80代では10%~20%に減少してしまいます。
長寿の方には血中に高濃度のDHEAが認められるそうです。

なんだ、DHEAも加齢で減っていくんじゃないかー!とがっかりしましたか?
でも私は逆に希望を持ったんですよね。
初潮から閉経まで、女性ホルモンのメイン工場は卵巣で、全体の90%は卵巣が分泌する女性ホルモンの恩恵を受けてきたわけです。

更年期になって閉経する頃になると、この卵巣の工場が完全閉鎖です。
閉鎖ですよ、閉鎖!
どんなに努力してがんばっても、いずれ必ずゼロになり閉鎖します。

そしたらもう、女性ホルモンってどこで分泌するんだよって感じですよね?
でも、悲しむ必要はありません。
​そう、その時この副腎分泌のDHEAがぐんと存在感を増してくるんです。​

もちろん、卵巣で作るエストロゲンに比べたら10分の1の量ですが、女性ホルモンって一生でティースプーン2杯とかの、わずかな量でも絶大な効果があるわけです。
完全ゼロになる卵巣のエストロゲンを追っかけていても、仕方ありません。

DHEAも確かに加齢で減りますが、ゼロにはなりません。
しかも努力で増やすことが出来るんです。
そこが、鬼としては気に入りました。

日本ではDHEAは医薬品の扱いだけど、薬としても発売されておらず、でも医薬品の扱いだからサプリもないという状況ですが、アメリカではDHEAそのもののサプリメントが発売されているようです。
サプリの経口摂取でもDHEAの循環量を20代~30代まで引き上げることが出来たというデータもあります。

ただ、DHEAは全部女性ホルモンになるわけじゃないので、副作用としてにきびや、汗、皮脂、毛の増加というのがあり、やはりそのものを口から摂取するのは抵抗があります。

じゃあ、どうしたら増やせるのよ!という探求は徹底的に「老けないオーガニック」に書きましたので、ぜひ読んで下さい。
要約しますと、まず、有酸素運動が大事です。
週に3回のウォーキングでも約30%も増えたことが確認されています。
それから瞑想、あとローズやバレリアンの精油の香りを嗅ぐことでも増えることが分かっています。

​​DHEAは努力次第では、20代と同じ量になることもあるのが、
とっても面白いホルモンです!
​​
​あと、DHEAのサプリは南米のヤマイモから採取されたジオスゲニンという成分で出来ているので、この成分が含まれるヤマイモ、長芋、自然薯とかも良いです。
​​特に沖縄のクーガ芋に多いそうですよ。

​もう1つ重要なのが、DHEAは副腎から分泌されるので、同じ副腎から分泌される老けホルモンと言われる「コルチゾール」の影響をすごく受けるということ。

コルチゾールは慢性的なストレスを抱えている人に、すごく増えてしまい免疫低下、アレルギー症状悪化、むくみやすく、高血糖、脳機能破壊、太りやすくなるという美容にも健康にも最悪なことが多いホルモンなんですが、コルチゾールが多いと同じ副腎から出るDHEAの分泌が減ってしまうんです!
コルチゾールの減らし方も、本にいろいろ書いてます。
簡単なのは腹式呼吸と大笑いです。

​ただ、逆にDHEAを増やせば、コルチゾールを抑制してくれるので、DHEAを増やすことはこの意味でも重要です。​

もう1つ、面白いのが「トリュフ抽出物」です。
言わずと知れた世界三大珍味、きのこの高級食材ですが、栽培不可能とされるトリュフの人工培養に成功した会社が新潟にありました。
トリュフ自体にDHEAを含むわけではないのですが、新潟薬科大学での研究でトリュフ抽出物を経口摂取することで、体内でのDHEA濃度が優位に増加することが分かりました。
実験では摂取しない群に比べて、血漿中のDHEA濃度は倍以上になっています。

サプリメントにもなっているようなんですが、この会社がビールの製造会社でもあったことから、おいしいオーガニッククラフトビールを作って、その中に有効量のトリュフエキスを入れて、究極のアンチエイジングビールを作ろう!と思い立ったのが、もう3年くらい前でしょうか。。。

トリュフエキスは、トリュフの匂いはしないので、ビールの味を邪魔することはありません。
そして、すごいゴージャスな量のトリュフエキスが入ってます。


大麦麦芽、ホップはもちろん全部オーガニックです。
通常よりかなり多く麦芽とホップを使いました。

麦芽使用率が、なんと98%なのですが、トリュフエキスが入るだけで、発砲酒の区分になってしまいました。

ただ、98%なので全然ビールです。
また、一般的には専用のビール醸造用酵母で仕込むものですが、酵母にもこだわりまして、富山産の六条大麦から採取された野生の天然酵母で発酵することにしました。

ホップがこんなに入ることで、ホップの効果も期待したいところです。

ホップにはフィトエストロゲンが含まれるので、ホルモンバランスを良くしてくれます。
ルプリンという成分にはリラックス効果がありますし、イソキサントモフールには血糖値の上昇を抑える作用もあります。

味わいを活かすために無濾過にして、シャンパンと同じように瓶内二次発酵という手法で、手間暇かけて作っているので、繊細な口あたりです。
出来上がったビールを瓶に詰めてから、もう一度酵母を入れて、再び発酵させて発砲させるのです。
この時、普通はエサとして糖類などを入れますが、一切入れないでやりました。
2度目の発酵をすることで、さらに分解されて雑味が消えうま味となります。

​​
​​エールタイプなので、炭酸のキレをのど越しで味わうラガーとは違いますが、原料がすごいのと、手間暇かけているので、とてもふくよかな風味のクラフトビールです。

日本のビールの多くがのど越しが特徴のラガーですが、エールタイプはふくよかなアロマとコクが華やかな特徴。

酵母が生み出すフルーティーな香気を、じっくりと味わうにはジョッキより、むしろワイングラスで飲むのが良いかもしれません。

​​
​​しかも、なんと仕込み水も大分県の日田の縄文時代の封存水「ojas」を100%使いました。

名付けて「DHEAVA」(ディーバ)!
私が考えた名前なんですが、いいでしょ?
ビール好きの鬼が作った、究極のアンチエイジングビールの出来上がりです♪


卵巣のエストロゲンは、急激になくならないようにすることが大事。
だけど、消えていく卵巣由来のエストロゲンに固執しすぎない!
そのあとはDHEAからエストロゲンを作る!!
しかも、ビールで増えれば最高だっ♪(笑)
​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​​

1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
伊勢丹新宿店の直営店のスタッフも募集中。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html






Last updated  2018年05月09日 22時12分07秒
2018年04月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​みなさま、こんにちは!

おひさしぶりです。
春ですねー
お元気ですか?

池袋東武のイベントにご来場下さったみなさま、ありがとうございました。
百貨店での日本最大級のオーガニック催事ということで、とても面白かったです。



来週の19日(木)は大阪の蔦屋書店でセミナーやります。
昼と夜の2回なのですが、こちらで告知する前に満席となってしまいました。すみません!
ただ、イベント前後はお店にいますので、よかったら声をかけてください!

http://real.tsite.jp/umeda/event/2018/03/post-537.html

そうそう、なんとヘアオイルがアンアンの第8回モテコスメ大賞を受賞したんですよ!





鹿児島産椿オイル、ブロッコリーオイル、大根オイルやオレンジの精油など、髪に良いオーガニックオイルや精油を本気で集結させたヘアオイルが、モテコスメでもあったという、びっくりな出来事でした!

今年はブランドを始めて10年となる年。
お肌のバリアを壊さず、むしろバリアを強化し、抗酸化力、抗炎症力のある植物のポリフェノールやカロテノイドで肌を活性酸素から守り、乾燥や光老化にも打ち勝つオーガニックコスメを、ただ本気で作りたいという理想を、ひたすら追い求めて突き進んできました。

気づけば私も今年6月で50歳。
更年期と呼ばれる世代になり、幼かった息子も中二になりました。

お肌の悩みが全然ないわけじゃないし、筋力もちょっと落ちたし、白髪もあります。
でもまぁ、基本的には元気だなーと。
風邪ひいて会社や治療院休むということも、まずないし、血液検査したらアレルギーのIgE数値がかなり低く、ダニもハウスダストもクラスゼロの陰性でした。今のところ花粉も全然大丈夫。
ホルモンバランスが変わっていく年代なので、これから調子を崩すこともあるのかなーと思いますが、なんとかしなやかに乗り切っていきたいです!

息子には背の高さはかなり抜かされまして、今彼は165㎝くらいかな。
でも声変わりも第二次性徴もまだなようで、そこはゆっくりと成長しています。
肥育ホルモン剤を使っている外国産の肉や乳製品を口にしないせいなのかなーと思っていて。
でも乳製品無しでも身長だけは、かなりすくすくと伸びてるんですよ。
煮干し、アゴ、干しシイタケ、昆布で出汁を取った味噌汁が、きっといいんだとにらんでいます。

健康や美容、アンチエイジングにいいと思うものを、生きている限りどんどん開発していこうと決意してるんですが、開発が終わって、あとはリリースするばかりとなっている食品が、今2つあります。

1つめがこれ、ビオネーズ。


わたし実は、わりとマヨラーなんですけど、100%オーガニックのマヨネーズってなかなかなくて。
というのも、マヨネーズ作ったことある方は分かると思いますが、マヨネーズってほとんどが油じゃないですか。
なので油をオーガニックにしたら原材料代がえらいことになるんです。
なのでナチュラルなマヨネーズでも、せいぜい普通は低温圧搾の油を使うくらい。
だから、農薬や化学肥料を使わない鹿北製油さんで低温圧搾したなたね油を使いたかったんです。

しかも、お酢も自然栽培で麹菌も蔵付きの天然菌発酵のオリジナル玄米黒酢でやれたらと。
塩もオリジナルのアムリターラソルト。
ここに隠し味として、スリランカの農薬も肥料も使わない自然栽培のホワイトペッパーを加え、味を引き立てるためにわずかなオーガニックのココナッツ花蜜を入れました。

問題は卵です。
ここ数年、ずっと良い卵を探していたのですが、知り合いの山田夫妻の移住先の京都綾部からほど近い奥丹波に、とてもいい環境で純国産鶏「もみじ」を平飼いで育てている方がいると聞いて、訪ねました。



鶏たちは、奥丹波の山の中で清らかな湧水で、抗生物質などを与えられずに育てられていました。
出来るだけ鶏にストレスを与えず、リラックスしてほしいという気持ちで、のびやかな養鶏をしているのは、まだ年若い峰地さんです。
遺伝子組み換えのものは一切与えておらず、自然栽培のお米のもみ殻やもみ殻の炭、竹の粉末、フルボ酸を含む腐植土、腸内環境のために乳酸菌を増やす納豆菌、近隣の野草やハーブなどのオリジナル飼料です。
抗生物質を使わないでも、病気にならないためにニンニクも使われていたのが印象的でした。

峰地さんのところの鶏は、自分が産みたいタイミングで、卵を産むコーナーに自分で入って行って産む以外は、自由に動き回ったり、エサを食べたり水を飲んだり、ちょっと飛んで棒に止まったりして遊んでいました。

しかし、日本の採卵鶏の92%はバタリーゲージという、超絶狭いところに閉じ込められて卵を産まされているのをご存知ですか?

1羽が入っているバタリーゲージは、なんと平均B5サイズです。
これは朝の通勤ラッシュの満員電車から、一生出れない中で出産し続けなきゃいけないような状況です。

バタリーゲージ動画

考えただけでつらいですよね((+_+))
卵をいただくなら、ストレスの少ない自由な環境で平飼いされた鶏の卵が良いと思います。

出来上がったマヨネーズは、マヨネーズと言うよりムースみたいな、パンナコッタみたいなプルプル感。
クリームチーズみたいって言う人もいます。
これはもう、マヨネーズじゃなく究極のオーガニックマヨネーズだから「ビオネーズ」と名付けちゃおうと思いました。
5月22日に発売です。

峰地さんを訪ねた夜、宿泊させていただいたのは綾部で農家民宿をやっているぽかぽか農園さん。



こちら、震災の時に石巻に​ボランティアに行かせて頂いた時​に出会った、ミュージシャンの櫛田寒平さんがやっている民宿なのです。
震災後、関東から綾部に移住して、農家をやりながら音楽を作っているそうで。

7年ぶりの再会、そしてあの時聞いた大好きな曲「あさ」まで演奏して頂いて、涙が出ました。
この民宿、料理は全部オーガニックだし、めっちゃ美味しいです。
峰地さんの卵も出てくるかも?
農業体験も出来ます。
頼めば、寒平さんの弾き語りもあるかも。
ぜひぜひ、宿泊してみて下さい。

農家民宿ぽかぽかのうえん

さて、実はもう1つ作ったものがあります。
それは、、、実はオーガニックビールなのです。


​​

ビール好きの鬼が作ったビールなのですから、もちろんただのビールじゃありません。
なんと、ホルモンの親玉DHEAを増やす働きがあるクラフトビールです!

長くなりすぎましたので、ホルモンの話と共に、この件は次回またゆっくり書きます!!




1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
伊勢丹新宿店の直営店のスタッフも募集中。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html






Last updated  2018年04月12日 01時40分26秒
2018年03月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは。

なんだか、かなり春っぽくなってきましたね。
ちょっと遅くなりましたが、今日畑の種まきしました。
絵ヅラが地味ですが、実況動画なども載せてますので、鬼のインスタ見てみて下さい。

鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/

新しいサンスクリーンのプレス発表会も無事終わりました。
こんな黄色いイメージで展開しました。





私も、ビジュアルに合わせて黄色い服で講演しました。
最近、白に少々飽きたようで、色のついている服を着るのが気分です。

告知です。
今発売している季刊誌「自然栽培」に私の特集記事が、なんとカラー9ページくらい載っています。





↑私の謎のアイコンが笑えます(笑)
よかったらぜひ、読んで下さいませ。
自然栽培家庭菜園歴7年ほどなので、自然栽培の本に登場できるのは感激でした。

さて、もう1つ告知です。
先日、VOGUE JAPANのWEB連載「モードな植物哲学」の取材で、春のゆらぎシーズンにおすすめの植物について語らせて頂きました。
大好きなモデルのnomaさんのナビゲーターで、すごく盛り上がって楽しかったです。
良かったらこちらも読んでみて下さい!

https://www.vogue.co.jp/beauty/expert/2018-03-15-2-2

これにも載せた梅肉エキスですが、実はヒスタミン抑制率が高いと言うことは、あまり知られていないのではないでしょうか。
ヒスタミンは、異物を排除するために生体内でアミノ酸のヒスチジンを材料に作られる活性アミンで、免疫機能において大事な物質。
でもこの物質のせいで、かゆみ、むくみ、痛みなどのアレルギー症状が出るわけなので、ヒスタミンが絶好調すぎるとアレルギー症状が強く出てしまうわけです。

私はアレルギー検査すると、何も出てこないのですが、春先に少し咳が出るという症状が昨年からあります。
それが、梅肉エキスをなめると驚異的に良くなるんです。


抗ヒスタミン薬の抑制率が87.9%で、梅肉エキスが57.3%だったという実験結果もあるそうで、
この季節特有のアレルギーや花粉症に悩む方にはとても良いと思います。


モリンガも、高栄養なだけでなくIgE抗体とヘルパーT細胞の抑制という作用があり、ヒスタミンのような最終的な物質のところでなく、もう少し根元から作用するので、Wで摂るといいんじゃないでしょうか。

また、今回こちらにはあげていませんが、生姜に含まれるショウガオールにもヒスタミンを抑える作用があります。
生姜を加熱することで増える成分なので、アレルギー症状のためには生姜湯など加熱したもののほうが効果があります。
玉ねぎに含まれるケルセチンにも、非常に高いヒスタミン抑制作用があります。
新玉ねぎが美味しい季節ですし、無農薬であれば皮に一番ケルセチンが多いので、皮を洗って煮出してお茶にするのもいいですね。

ヒスタミンの原料であるアミノ酸のヒスチジンは必須アミノ酸ですし、健康にとって重要な栄養素ですが、春先に限りあんまり摂りすぎない方がいいと思います。
動物性たんぱく質に多いので、この季節だけはベジがちにするのも一手です。

それからアレルギー症状をひどくさせる要因として外せないのが「アラキドン酸」です。
必死脂肪酸のリノール酸(オメガ6脂肪酸)を原料に体内で作られます。
必須脂肪酸なので、全然摂らないわけにはいかないのですが、スーパーで売っているたいていのサラダ油がリノール酸がちなもので、現代人はリノール酸の摂りすぎ傾向にあります。

アラキドン酸は認知症の予防にもなる脂肪酸で、決して悪いものではありません。
アラキドン酸そのものが悪いというより、アラキドン酸から悪玉プロスタグランジンやロイコトリエン、ヒスタミンなど、炎症や痛みを引き起こす物質が作られてしまうことが問題点です。
このアラキドン酸産生を抑制してくれるのが、他ならぬオメガ3脂肪酸なのです。


美肌のためにも脳のためにも、もはや常識となってきているオメガ3ですが、

春がつらい方にもしっかり摂取したほうがいい脂肪酸ですね。


さて、春に気になるのは、アレルギー症状以外にはやっぱり「光老化」です。
前回は、太陽光やPC、スマホから発せられる「光」をいかに反射するかという話がメインで、それには「セリウム」というミネラルが、他の乱反射剤ミネラルに比べて欠点がほとんどなくて、かなりマルチな美容ミネラルですよという話を書きました。


乱反射するミネラルには、必ず副作用として「光活性」のおまけがついてくるのが、これまでの常識でした。
これがなく、むしろそこに存在する限り酸化を抑制する「還元力」を持ち続ける性質があることが、驚異的な特徴です。

100nm以下の超微粒子の酸化チタン、酸化亜鉛が持つ光活性で発生する活性酸素。
そして、紫外線、ブルーライト含む可視光線、近赤外線によって発生する活性酸素。
これらは、一重項酸素とヒドロキシラジカルだと言われています。

抗酸化、抗糖化、抗炎症がナチュラルアンチエイジングの肝ですから、酸化を進めてしまうようなものでなく、還元力があり、酸化に抗えるものを顔につけたり、食べたりしたいものです。
だから乱反射剤だって、還元力があるセリウムがベストで、そうでなければ大きいサイズの酸化亜鉛やチタンがまだ良いのです。

光老化ゼロのためには、まず肌に到達する光を、手前で出来るかぎり反射させること。
これは、セリウムで副作用少なく幅ひろい光まで、かなりカット出来ます。
そして次に重要なのは、反射しきれなくて肌にやってきてしまった光によって生じた活性酸素を、いかに処理するかです。

もちろん、セリウムであれば還元力もあるので、ここもある程度やってのけてしまいますが、植物が持つポリフェノールとカロテノイドも、この力がとても強いんです。
植物は、外敵刺激から自分の足で逃げれませんので、活性酸素を無害化できるフィトケミカルを多く作っています。
この力を借りると、私たちのお肌の抗酸化作用と抗炎症作用がかなり高まります。


面白いのは、ポリフェノールとカロテノイドは、食べるだけじゃなく
肌に塗っても抗酸化、抗炎症作用があるところです。


活性酸素は、光によってだけ生じるわけじゃなく、ただ生きているだけでも生じますし、大気汚染、ストレス、皮脂の酸化で出来る過酸化脂質によっても生じます。
これをいかに無害化できるかが、ナチュラルビューティーエイジングを叶える重要なポイントなんです。

私が以前から作っているベリーの日焼け止めは、このメカニズムで作っているサンスクリーンです。
ビルベリーの葉っぱやラズベリーオイルなどのポリフェノールとカロテノイドの力だけで、光による酸化や炎症を抑えているので、赤くなるのを防ぎ、結果黒くもなりにくいというサンスクリーン。
従来の日焼け止めとは根本的に違うので、日に焼けてしまったあとすぐ塗っても、赤みを抑えることが出来るので結果黒くなるのもある程度防げるというすごさを持ちます。

その他、ヘマトコッカス藻が持つアスタキサンチン(カロテノイド)、さまざまな色のニンジンが持つβカロテン(カロテノイド)、アントシアニン(ポリフェノール)、VOGUEのページにもご紹介した松樹皮が持つプロアントシアニジン(ポリフェノール)など、口に入れても肌に付けても威力を発揮する植物がいろいろあります。
こういうフィトケミカルを多用して、肌につけて意味のあるコスメを開発するのが楽しんですよね♪


光老化に抗うためには、「安全な反射」と「抗酸化&抗炎症」の2軸があります。
自然界の力を借りて、マイナスのないビューティーエイジングで行きましょう!!!


イベントの告知です。
◆イベント名: ナチュラル&オーガニックフェス ~ 食と、コスメと、やさしいくらし~
◆開催期間: 3/29(木)~4/3(火)
◆会場: 東武百貨店 池袋店 8F催事場
◆私のトークイベント: 3/31(土)16:00~16:30(無料で予約不要です、8階催事場 会場内イベントステージにお越しください)
◆トーク内容「体も心もスッキリ!美・インナーケア習慣」
※3/29(木)の午後は14時から店頭におりますので、美容や健康について簡単なカウンセリングも行ないます (予約不要) 




1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
伊勢丹新宿店の直営店のスタッフも募集中。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html

​​​​​​​​​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018年03月19日 16時08分23秒
2018年02月25日
みなさま、こんにちは。

まだまだ寒いですが、鬼のわたしの肌は、数週間前より紫外線を感じ取っております。
さすがに12月、1月は帽子なく外出することもありましたが、鬼肌レーダーで、紫外線を感じ取ってからは、すでにツバ広帽子生活に入っております。
例の、完全遮光キャスケットでございます。

私のアンチエイジングの大きなテーマである光老化。
肌老化の80%は実は光老化が原因と言われます。
しかも、紫外線だけでなく、可視光線のブルーライトや近赤外線でも光老化するということを昔書きました。


地上に届く太陽光の中で、実は紫外線はたった10%。
ブルーライト含む可視光線は40%もあり​​​、残りの​50%は近赤外線なんです。

​​​​
ブルーライトの方が、紫外線より肌の奥深くに差し込むので、より深い光老化を引き起こし、UV-Bよりも消えにくい色素沈着を引き起こすという研究結果も発表されています。
なんと、照射たった1時間のブルーライトで、肌色が変色し、照射終了の3週間後まで残る色素沈着を引き起こすことが分かっています。

近赤外線はUV-Aの3倍ほど真皮より深く、筋肉にまでに到達するそうで、細胞のミトコンドリアを傷つけ、コラーゲンを破壊する酵素であるコラゲナーゼが2倍も増加するそうです。

gf.JPG

紫外線よりもエネルギーが低いから、ブルーライトや近赤外線ではいわゆる急激な日焼けは起きません。
でも日焼けより、長期的な影響の光老化のほうが、本当はもっと、ずっとエイジングに関係があります。

ブルーライトは太陽光だけでなくスマホやPCから出ていますし、近赤外線はTVのリモコンやコタツからも出ています。
現代に生きるわたしたちは、昼だけでなく夜も光老化してしまうのです。

ブルーライトも近赤外線も、光自体でも肌を傷つけますが、光によって発生した活性酸素「一重項酸素」で肌を破壊するほうが影響が深刻です。
だから活性酸素を無害化できるポリフェノールやカロテノイド、ビタミンEなどを角質に塗っておくと、この一重項酸素をかなり消すことが出来ることが分かっています。

そのためこの10年、最強のポリフェノールであるプロアントシアニジンやケルセチン、エラグ酸の多いビルベリーの葉やニュージーランドの松樹皮エキス、最強のカロテノイドであるアスタキサンチンをたっぷり配合して抗酸化コスメを作ってきました。
ビタミンEの中では、トコトリエノールが一番一重項酸素に効きます。
これらは、口から摂取しても肌に取り込まれ、皮膚の最前線で光と打ち勝ってくれます。

ポリフェノールとカロテノイドの力だけで、サンスクリーンも作りました。
このサンスクリーンは、面白いことに日焼けして赤くなったあとに塗っても、赤みが治まってそのあと黒くもなりませんでした。
こういうことは、普通の日焼け止めには出来ないことで、本当に面白いと思います。

植物の力で、あらゆる太陽光やスマホやPCから出てくるブルーライトにも抗えますが、活性酸素との皮膚上の戦いを最小限にすませるために、光を出来るだけ反射出来れば、もっともっと良いわけです。

でも従来の紫外線吸収剤や酸化チタンや酸化亜鉛では、紫外線までは吸収、反射出来ても、こうした長い波長を処理するのは不得意でした。
日焼け止めに使用されている粒径の酸化チタンは380nmほどの光までしか反射できず、酸化亜鉛は少し長い波長390nmの波長までですが、これは全部紫外線領域です。

酸化チタンの粒径を400nm~500nmくらいにしてしまえば、ブルーライトや近赤外線にも対応できるようになりますが、こうなると今度は紫外線に対応しにくくなります。
そこで、100nm以下の粒径のものと、大きいものをいろいろ混ぜるわけです。
ここ数年で、こういうタイプも世の中に出てきています。

しかし酸化チタンは本来、光触媒にもなるほど、光があたると活性酸素を発生させてしまうミネラルです。
酸化亜鉛も、チタンほどではないですが活性酸素を出す素材です。
化粧品に使われているのはルチル型という活性が少ない結晶構造のものですが、粒子が小さければ小さいほど、ナノ化すればするほど、酸化活性は高まります。

そんな時に知ったのが、レアアースの一種である酸化セリウムというミネラルです。
セリウムは従来は硬くて加工しにくい性質がありましたが、温度コントロールによりこの欠点を解決して、なめらかで丸みを帯びた粒子にすることに成功した研究者の方々と出会いました。

従来のセリウムは少し黄色く仕上がる傾向でしたが、不純物が少ない良質な原料のため、とてもきれいな透明感のある白い色をしているのもポイントです。
セリウムがすごいのは、ノンナノでも紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線の一部まで反射できること!

もう1つすごいのは、それなのに光活性がほとんどないこと。
なので太陽光に当たっても、活性酸素で肌を傷める心配はありません。
更にもう1つすごいのは、酸化したものを元に戻す還元力があること。


これは面白いと思って、そこから開発に入りました。
セリウムは100nm以下のナノ粒子でなくても、こうした効果があるので嬉しいのですが、100nm以上の粒径の中で、出来るだけ大きい粒子でありながら白くもなりすぎない、紫外線領域も近赤外線領域も網羅できる大きさを模索し、コーティング剤もシリコーンオイルではなくココナッツオイル由来のステアリン酸にしていただき、鬼仕様のものを作ってもらいました。

uv1s.jpg

これは出来上がった鬼仕様のセリウムパウダーそのものをガラスプレートにのせて、あらゆる光を照射して、どのくらい透過できたかを計測した実験データ。
ごらんのように、近赤外線領域までほとんど通していないことが分かります。
プレートの窪みはごく薄い500nmだったので、パウダーの厚みも同じ。
ごく少量でも、こんなに光を反射して通さないのです。

これにオーガニックのホホバオイルや、ステアリン酸Mgでナチュラルコーティングしたマイカを加えて2年前製品化しました。
コーティングしたマイカというのも、多分非常に珍しいと思います。
マイカはコーティングしないと、皮脂ぐすみが起きる場合があるのに、裸で使われていることが多いんです。
それがミネラルファンデーションが、夕方にくすむ大きな原因なので、コーティングは必須だと考えています。
もちろんチタンも亜鉛も入れずに作りました。

それから2年、パウダーのままだと外出先で使う時にちょっと使いづらいという声が多かったこともあり、固形にプレストしたものへ、このたびリニューアルすることになりました。
変えたのは、プレストしやすいように、アロエバターを加えたこと。
アロエバターは無農薬のココナッツオイルに無農薬のアロエベラを漬込んで作ったもので、プレストしやすいというだけでなくお肌の保湿性も高まります。

ALP_0221s.jpg

↑こんな外見です。
オレンジ色の鮮やかなパッケージだったのを、グレーとイエローの大人可愛いデザインにして、持ち歩きやすいようにコンパクトにしました。
すごく素敵でかわいいでしょ?

出来上がったプレストパウダーを、やはりガラスプレートにのせて透過率を計測したグラフがこれです。

uv6s.jpg

UV-B (280~315 nm)は、98.4%くらいカット出来ており、UV-A(315~400 nm)が97.4%~98.5%カット出来ています。
驚くのはここからです。
波長が長いブルーライト(380~500nm)も95.9%~97.7%ほどカットしています。
そしてさらに長い波長の近赤外線(800nm以降)までも88.8%~91.9%もカット出来ています。
SPF検査では、パウダーで出した時と同じSPF38 PA+++が出ました。

このセリウムを使って、クリームタイプの日焼け止めを作るという試みも、実は3年前からやっていたのですが、わたしは肌のバリアを壊さないために、合成界面活性剤を使わないという、ものすごく難しい処方で化粧品を作っているため、こうした天然鉱石を水や油に分散させることは、はっきり言って至難の業です。

実は過去にも、光活性が少なめな酸化亜鉛で日焼け止めクリームを作ろうとしたことはあるのですが、合成界面活性剤を入れずして、クリームにミネラルをうまく分散させることは出来ず、しかもノンナノの酸化亜鉛はクリームにすると白くなりすぎ、顔につけるとバカ殿のような仕上がりになってしまい、これは無理だと断念したことがあります。

分散性の難しさは、セリウムでも同じことなのでクリームにするのは困難だとは思っていたのですが、セリウムは酸化亜鉛に比べると屈折率が低いため、ノンナノでもそこまで白くないので、うまく分散さえ出来ればいけるかもしれないと思っていました。

でも、この分散がものすごく大変で、、、、
だってマヨネーズ作るように、レシチン乳化ですよ?
ほんと、何回も試作したんですが、全然無理でした。

セリウムの研究者の方とずっと話し合いを重ね、わたしの考えを貫きながら、セリウムでクリームを作るためには、セリウムのコーティング剤を海藻由来のアルギン酸や微生物発酵の多糖類のキサンタンガムなどの水溶性にしてしまい、最初に水に分散してしまうことでした。
これによってクリーム全体にセリウムをうまく混ぜることに成功したのです。

出来上がったのは、一般的な日焼け止めのようなべたつきも、重苦しさもなく、白くなりすぎることもなく、すーっと伸びて実に軽い使い心地の理想的な日焼け止めクリームです。

ALクリーム_テクスチャs.jpg

こちらもガラスプレートに薄くのせて、あらゆる光を照射して、透過率を計測しました。
UV-Bは平均98%遮断
UV-Aも平均98%遮断
ブルーライトも平均98%遮断でした。
近赤外線領域の800nm以降だけが、クリームはちょっと悪くて平均65%遮断でしたが、それでも水に覆われたクリーム状のもので、この数値はすごいのです。

クリームのSPF検査はSPF18、PA+と、あまり高数値にはなりませんでしたが、あと0.9ポイントで++という感じで、これは短期間での人体検査のため、被験者の肌質にも左右されての平均値なので本当の実力はもっと上だと思っています。

昨年12月にハワイに行って、イルカと泳ぐために半日船の上や海にいた時に、このクリームだけを夫と息子は顔につけていたのですが、一番紫外線が強い時間帯だったにも関わらず、まったく日焼けしませんでした。

紫外線吸収剤も、酸化チタンも酸化亜鉛も、ナノ粒子も、合成界面活性剤も、合成防腐剤も使わずして、紫外線とブルーライトをカット出来る、ものすごいサンスクリーンを作ってしまいました!

クリームの外見です。

ALクリーム_本製品_ RGBs.jpg

こちらも薄いグレーとイエローのデザインにしました。
涼しげで、大人っぽい感じになりました。

来週はいよいよプレス発表会がありますが、ブログを読んでくれているみなさまに、いち早く報告したくて書きました。
嗚呼、やっと報告出来て嬉しいです!!

植物が持つポリフェノールとカロテノイドで活性酸素を無害化。
そして美容ミネラルセリウムだけで反射させるサンスクリーンでブルーライトまでカット。
もう光老化なんて、永遠におさらばだーー!


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
伊勢丹新宿店の直営店のスタッフも募集中。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html

​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018年02月28日 11時21分46秒
2018年02月05日
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは。

今、発売中の婦人画報3月号のホルモン特集に登場しています。


​​


去り行くエストロゲンに固執しすぎず、ホルモンの親玉DHEAを増やしていこうぜ!って内容です。あと成長ホルモンと。
今年50歳ということで、今後更年期は避けて通れない道。
いかにそれを、自然に、しなやかにすごせるか。

そしてエストロゲンが減ったあと、私たちをサポートしてくれるDHEAをどう味方にしていけるかは、これからの重要なテーマだと思っています。
このことは、またいろいろ書いていこうと思います。

もう1つ告知は、伊勢丹新宿店地下二階のビューティーアポセカリーの中のアムリターラコーナーが2月から直営店になりました。
今現在はまだ化粧品しか置いていませんが、専属のスタッフがいますので、新宿に行かれた時には良かったら寄ってみて下さい!



もう1つ追加で告知です!
2月16日(金)~2月21日(水)まで、ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催事場にて、「ナチュラルビューティースタイル展」が開催され、うちのブランドも出展いたします。

初日の16日(金)13:00~は会場内イベントスペースにて私のセミナーを開催いたします!!
今回のテーマは、「美容の新習慣!サプリメントで本当の美しさを手に入れる」です。
無料のセミナーでご予約は不要ですが、早めに来ていただいた方がお席に座っていただけます。
また、17日(土)はお昼過ぎくらいから夕方まで店頭におりますので、気軽にお声掛けください!

さて、アンチエイジングの鬼、シーズン13ということで、、、、
自然治癒力を高めて、オーガニックの植物の力をお借りしつつ、いかにナチュラルアンチエイジング出来るかを探求し続けております。
なぜ、そんなことをやっているかというと、とても面白いからです。
与えられたこの体と命を、どれだけ最良に扱えるかということだから。

エイジングは病気にも関連します。
細胞レベルで、体の中から若々しくいれたら、老年病と言われるものにもなりにくくなり、この世の苦しみがかなり減ります。
これを探求していくと、自然とオーガニックにつながりました。
オーガニックの植物は、植物に寄り添って育てられているのでパワフルで栄養価が高いものが多いというのもありますし、人間にも害がある化学農薬を取り込まなくていいというのもあります。

ただ、実はそれだけじゃありませんでした。
ナチュラル生活をしている私の尿にも、パラベンや、フタル酸塩が出てきました。
海洋生物の体内からも、合成香料が検出され、ホルモン系統を攪乱しています。
ファンデーションに含まれるナノ酸化チタンや、抗菌グッズやデオドラント商品に含まれるナノ銀が植物の成長を妨げています。

オーガニック生活を送っていても、それでも環境の影響をやっぱり多少は受けています。
生物濃縮もされるので、私たちの子供の世代、孫の世代はもっと深い影響を与えます。
アレルギー増加という形で、それはもうあきらかになっています。
これは持続可能な社会ではないのです。

26歳から夫の影響でオーガニック生活だった私ですが、アンチエイジングを探求する中で、再びオーガニックの本当の意味に気づかされました。

organic(オーガニック)の語源はorgan(オルガン)です。
オルガンは生物の器官、臓器を意味します。
臓器は1つとしてムダなものがなく体内で密接に、有機的につながり合って機能していますが、オーガニックという言葉も、単に有機農法や無農薬と言う意味だけではなく、様々な要素がつながりあって全体を形作っているさま、調和を表しています。

べつだん新しい概念でも、流行りの物でもありません。
すべてはそこに存在している。
大きく足したり、引いたりする必要はないんです。

虫は理由があって群がる。
植物が弱かったり、窒素過多だったり。
早く土に返そうと、自然の働きが進みます。

調和のある畑には、ちょうどいい数の虫しかいません。
殺虫剤がないから、その虫を食べる虫も、ちゃんと存在しています。
殺菌剤がないので微生物が多い畑の土は、ふかふかなので植物は深く根を伸ばせます。
だから肥料なんかなくても、栄養を探しにいけます。
水はけもいいので、病気にもなりにくい。

答えは自然の中にある。
それがオーガニックというものです。
単に、無農薬農法のことではなく、ライフスタイルや考え方そのものなのだなと思います。
しかも日本では、戦前はそれが普通でした。

ただ、現代は昔よりいろいろなことが分かってきているというのもあり、植物の力がどんどん細かく解明されてきているので、古くて新しい最先端の美容健康法が、植物やオーガニックの中にあるのも、とても面白いことだなーと思います。

しかしオーガニックコスメは、やっと普通の女性誌にも載るようなってきましたが、オーガニック食品のシェアは日本ではまだ、たった0.4%なんだそうです。
もっと広がって行ってほしいと心より願います。

こないだNHKのスペシャル人体の再放送を見ていたら、すごく興味深かったんです。
きっと、見られた方も多いですよね。
いろいろと面白かったんですが、かなり興味深かったのは「腎臓」の回です。

尿を作るというイメージしかない腎臓ですが、ネフロンと言うろ過フィルターのようなもので、血液から不要なものをろ過し、不要なものは尿として1%が体外に出されますが、必要な栄養素は99%も再吸収して血液に戻します。
この時、血液の成分調整を絶妙に行うのも腎臓の役割。

​​​​実は腎臓は、他の臓器と神経伝達物質で会話しながら、絶妙な血液調整ですべての臓器を守っている、「血液の司令塔」であることが分かってきたんだそうです。​​​​


​​​​だから、腎臓の調子が悪くなると心臓、肝臓、肺、脳、腸、骨の調整も効かなくなり、多臓器不全に陥ったりもします。
興味深かったのが、イギリスのワージング病院で、腎臓の機能低下を改善するためにやっていることです。
なんだと思いますか?

それは、薬を一時的にやめることなんです。
溶けた薬の成分の影響を、腎臓が一番大きく受けてしまうそうで、まず薬をやめると腎臓の機能が回復し、これによって多臓器不全を防ぎ、致命率が上昇するんだそうです。

このスペシャルでやっていたのは急性腎障害を起こしかけている方に、水分補給をしながら高血圧の薬をやめることで、この方は腎臓が回復して退院していました。
血圧の薬は腎臓への負担が大きいそうです。

腎臓への負担が大きいものには、他に鎮痛剤があるそう。
水分補給も、腎臓のためには超大切で、こまめに水を飲むことが腎臓をいたわるコツだそうです。

もう1つ気になることをやってたんですが、それが「リン」です。
腎臓の働きが悪くなると、血液中のリンが増えるんですが、リンが増えると血管が石灰化して動脈硬化が起こりやすくなり、全身に炎症反応や細胞障害が発生して老化が加速するんだそうです。

羊の寿命は約20年、ゾウは約70年、コウモリは約30年、人間は約75年
こうした動物の寿命は、実は血中のリンの量で決まっているそうで、血中のリンが少ないほど長生きなんだそうです。

もちろん、リンは不足すると呼吸不全、心不全、骨軟化症、くる病になりますので、大切な栄養素です。
肉や魚や豆などタンパク質の摂取源に多いので、摂らないわけにもいきません。
しかも、腎臓が健康なら、血液のリンの量はちゃんと適正に調整されます。

​​でもよく考えると、今って日本で二番目に多く使われている添加物が、リン酸塩じゃないですか。
加工食品にリン酸塩や重合リン酸塩が、めっちゃ使われてます。​


ハムとか缶詰とかスナック菓子とか、カップ麺とか、ドリンクバーのコーヒーとか、もう何にでも入ってて。
重合リン酸塩は特に、リンがいくつも結合した最悪のリンなので、、、、
影響がかなり大きいのではないかと。
ポリリン酸とかメタリン酸とか、そういう名前で書いているのが重合リン酸塩ですが、2つ以上入っていたらただの「リン酸塩」でOKなので、もう何個入ってるか分かりません。

腎臓に良くないという降圧剤も、すごい大勢の方が飲んでいるじゃないですか。
1987年までは、血圧は上が180mmHgまで正常でした。
ところがどんどん基準値が下げられて、今や140mmHgまでしか正常じゃないってことにされちゃいました。
その結果、高血圧症と診断される患者さんが激増し、降圧剤の年間売上高は1兆円以上に増えました。

多剤処方があたりまえの日本、添加物天国の日本は、
これじゃ腎臓から老けます!​

​オーガニックの語源でもあるオルガン(臓器)は、1つも無駄なものがなく、体内でメッセージ物質で会話しながら、有機的につながり合って調和を保って機能しています。​

調和を妨げるものを、摂らない!
畑にも体にも、出来るだけナチュラルなものだけを入れましょう!


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
伊勢丹新宿店の直営店のスタッフも募集中。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html

​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018年02月07日 14時51分52秒
2018年01月22日
​​​みなさま、こんにちは。
すっかり更新が遅くなってしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は夫の実家広島と、私の実家大阪に数日帰って、そのあとは年始早々開発関係の出張でした。
また今年も、新たに、究極の、すごい商品を作ろうとワクワクしています。

私も今年いよいよ6月で50歳です。
なんか、まだ実感はないんです。
細胞レベルで、体の中から若々しく生きていこうと決意して、このブログをはじめて今年で13年目を迎えます。

今年は、この13年のわたしの探求を振り返りながら、もう一度大事なことや、効果が高いと感じたことを、新たなトピックを加えながら書いていこうかなーと思ってます。
でも、ここ数年、とにかくブログが長くなる傾向になっているので、もうちょっと短めで(笑)


題して、​​アンチエイジングの鬼、シーズン13突入!!​​(笑)


昨年、2年がかりで作ったシャンプー&コンディショナーをリリースして、その時本社でイベントやりました。
銀座「美院」の美院長の増本さんにも、イベントに一緒に登壇していただきました。



増本さんは、美容師(美師)ですがインナービューティーを大切にされている方で、食のイベントを月1くらいでやっているほど。
そのイベントの写真を見て、あまりに私のプロデュースしたオーガニック食品が多くてびっくりしたことが、ことのはじまり。
普通に、良い食品を集めて紹介する中で、そうなったんだそうです。

前から、うちの患者さんの中でも選りすぐりの、あるナチュラリストの方がこの美院に通っているとは聞いていて。
そのあと、なんとあの、オーガニック界の警察とも呼ばれている三好基晴先生が唯一通う美容室であること、さらにはナチュラルハーモニーのスタッフや大将も通っていると聞いて、これはやばいぞと。

ご紹介した時点では、塩シャンの境地に入っておられた感じでした。
ところが、この増本さんに、このシャンコンとオイルをめちゃ気に入って頂きまして。
今までの美容師人生の中で出会ったもので、最良だと言って頂きました。

特にあのヘアオイルでのマッサージを「オイルチャンプ―」と呼んで、美髪を作るためのメソッドとしてかかせないと位置付けてくださいました。
私も、前は別の美容室にいろいろ持ち込んで通ってましたが、2か月前に増本さんに切ってもらって、まるで木の枝を選定してもらったあとのように、髪が非常に元気になりました。
いつもはねる部分が、全然はねなくなり、髪自体の力が上がった気がします。
料金はちょっとお高いのですが、行く頻度が少なくてもいけるので、あんまり変わらないかむしろ安いのかもしれません。

銀座美院​http://ginza-biin.jp/index.html

あとね、シャンプーとコンディショナーなんですが、前とは仕上がりの次元が変わってきたんですよね。
発売前は、試作を使って、なくなると別のを使って、また試作が来ての繰り返しで、ずっと連続で長期使い続けたことがなかったんです。
それでも、使い心地はよかったんですが、ずっと使い続けていると、もっと良くなっていき、もう軋むこともほぼなく、ちょっと重くなることも全然なく、髪がすごく柔らかくて自分史上一番サラつやになってきたんです。



↑これ大阪でカウンセリングしてた時の写真なんですが、わかりますかね?このツヤ。
髪は生命に直接関係のないところなので、いつも一番あとまわしの部分ですので、エイジングはまず髪に出ます。
髪が若々しいと、顔の額縁なので、影響が大きいと思うんです。
黒髪でも、つややかかで、サラサラであれば逆に重く見えないと思います。
私は週2で、自分でオイルチャンプ―してます。
ヘアオイルで頭皮をマッサージして、そのあとお湯でよくすすいで、そのあとよくシャンプーして、コンディショナーするだけです。

まずは抜け毛がとにかく減ったという声を、カウンセリングでめっちゃ聞きました。
実は私もすごく減ったんです。
女性の薄毛が増えていますので、この別次元への到達を、多くの方に味わってもらえたらと思います。

最後に髪の毛に良い食べものをご紹介します。

髪の毛に良い食べもの

★髪の90%以上を占める良質なタンパク質
平飼いの卵、魚、大豆、豆類、海苔など

★髪のたんぱく質を合成するにはビタミンB6
にんにく、酒粕、かつお、サバ、さんま、ピスタチオ、抹茶、ゴマなど

★抜け毛予防には亜鉛、カルシウム
牡蛎、煮干し、肉類、抹茶、松の実、ヘンプナッツ、干しエビ、煮干し、ゴマ、海藻など

★髪を丈夫にするにはコラーゲンとシリカとビタミンC
鮭、鰻、さんま、ぶり、キビ、大麦、青のり、果物、赤ピーマン、ブロッコリーなど

★髪の乾燥を防ぎ、つややかにするにはオメガ3脂肪酸
青魚、おきあみ、亜麻仁油、えごま油など

★白髪予防にはチロシン(アミノ酸)、ビオチン(ビタミンB)、銅、鉄
きなこ、ゴマ、ココア、焼きのり、ヘーゼルナッツ、魚類、スルメ、イカ、タコ、きくらげ、ひじきなど

髪が生えている頭皮の血管は全部毛細血管なので、そこの血流を高めていくことも大事です。
頭頂部は筋肉もないので、血流が悪くなりやすい部分でもあります。
薄毛の男性が頭頂部から薄くなるのもうなづけますね。

毛細血管については、昨年何回かに分けて書いたので、髪の毛のためにももう一度読んでみて下さいね!

では、本年も細胞レベルの、本質的なビューティーエイジングでまいりましょう!!(^_-)-☆


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html






Last updated  2018年01月22日 22時41分52秒
このブログでよく読まれている記事

全756件 (756件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 76 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.