19969258 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

Rakuten Profile


korridaさん

細胞からの若返りを目指して今年49歳

フォローする

Free Space

ブックマーク

私がプロデュースしているオーガニックブランドです。
オーガニックコスメ&フーズ「アムリターラ」

私のフェイスブックです。
鬼のフェイスブック

私のインスタグラムです。
鬼のインスタ

私のツイッターです。短文が苦手でほとんどつぶやきません(笑)
鬼のツイッター

私の治療院です(現在ご新規の受付はしておりません)
ナチュラルカイロプラクティック

Recent Posts

Category

Archives

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

全743件 (743件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 75 >

2017年08月26日
XML
みなさま、こんにちは。

もう8月も終わりですね。
雨ばかりで夏らしくない天気でしたが、後半夏が戻ってきました。

中一の息子は、夏休みの宿題に追われています。
生まれた時からの鬼生活の中で、それでもお菓子を食べたい情熱が、自然と彼を手作り系男子へといざなっているようで、こういうアイスキャンディーをよく作って私にもくれます(笑)

21032898_1431299800318729_6261762737639144455_ns.jpg

半分豆乳、半分パイナップルジュース(他のジュースでもOK)ちらっとアガベシロップ。
混ぜて容器に入れて凍らせるだけ。



いろいろなもので、楽しんで作っているようです。
前は、さつまいも葛粉でわらび餅を作るのに凝っていました。
寒天でゼリーを作ったりもしてますね。

もう私が作ってあげなくても、自分でシャキシャキ作るんで、
こうなると子育ても、かなり楽になってきました(^^)/


さて、今日は毛細血管シリーズを1回お休みして、最新商品開発情報!
実は2年がかりで開発してきた、アイシャドーと口紅が来月発売となります。

ブライトコーラルss.jpg
↑こっちがブライトコーラル

シャイニーベージュss.jpg
↑こっちがシャイニーベージュ

もうねー色は試作を重ねて、徹底的に吟味しました。
私くらいの年齢になってくると、まぶたがくすんでいると、それだけで疲れて見えてしまいます。

こんな時どんなにまぶたがくすんでても、仕事しすぎて落ち窪んでいるような気がしても!
ひと塗りすれば、さーっとくすみを飛ばして、明るく若々しい目元を作ってくれる魔法の色がこの「コーラル」です。

ピンクでもオレンジでもないこの色は、日本人の肌色にすごくなじみ、自然に明るく見せれるし、はれぼったい印象にもなりません。

もう1つのベージュは、どんな方にも使いやすい王道のグラデーション。
生まれつきの堀深い大きな瞳を作ってくれます。
大人っぽく仕上げるために、少しだけラメをきかせています。

どれもダークカラーは、アイライン的にもなるようにきっちり濃く発色するようこだわりました。
これがふわっとしているアイカラーがナチュラル系には多く、濃い色はちゃんと濃くなってほしい!という長年の願望がありました。
でも濃すぎないので、アイブロウカラーにも使えます。

ハイライトカラーは、白すぎると塗りましたー!ってなってしまうので、とにかく日本人の肌色に自然になじみつつ、ちゃんと一番光を集めるように作りました。
3つのグラデーションが、きちんとそれぞれ仕事をしてくれれば、テクニックいらずで美しい目元になれるんです。

口紅_中身_修正2s.jpg

↑こちらがローズアミュレットルージュ。
出来たのは、なんと1色だけ。


なぜ1色しか出来なかったのか?
それは、、、、、
世界でも類を見ない、「酸化チタンなし」の口紅だからです!!



私のメイクアップ品には、もちろんナノ粒子なんか使わないので、酸化チタンは大きな粒子であればお肌につける分には、多く吸い込んだりしなければ別にそんなに問題はありません。

ただ、口紅となると話は違います。
口紅は確実に口の中に入ります。
毎日つけている人は、一生で30本も食べていると言われるほど!

口に入るのが確実なものに、代謝が難しく国際がん研究機関(IARC)にも懸念されている酸化チタンを、さすがに使えないと思いました。

ただ、世の中にそんな口紅がまず存在しないことからも分かるように、口紅に酸化チタンを使わないということは、白くないキャンバスに絵を描こうとするようなもの。
いろいろな色合いにしようとしても、色の差が出づらくて、かなり似た色になってしまうのです。

でもこれも試行錯誤して、たった1色だけですが、理想の美しい色に発色するものを作ることが出来ました!
酸化チタンを使っていないので、唇自体の色を完全に消してしまうことなく、でもしっかりときれいなナチュラルレッドのつやつや唇になれます。

オーガニックのアプリコットオイル、椿オイル、アルガンオイル、ホホバオイル、ひまし油、オリーブスクワラン、ココナッツオイルをミツロウと植物のロウで固めているというような、食べ物のような原材料です。

香りは野ばらと、パルマローザ、ゼラニウム、フランキンセンス。
色は酸化亜鉛とマイカ(主成分はシリカ)と酸化鉄の3つのミネラル。
そして、もう1つは・・・・・

これはアイシャドーにも口紅にも使っているのですが、実は島根県の出雲地方の30年無農薬で栽培されている薔薇園の「さ姫」と「アップルロゼ」という食用のバラの粉末を使っているんです。

私はナチュラルコスメでよく使われる虫の色素「コチニール」や「カルミン」というものを使いませんので、色のニュアンスを出すのがいつも大変なんです。

そんな時に出会ったのが、この神話の国の薔薇たちでした。

rose4.JPG

rose3.JPG

島根県の出雲地方は、出雲神話の舞台となった場所です。
神話における壮大な出発点となった“三瓶山”のある大田市に、その薔薇園はありました。

前の日飛行機で移動し、近くの宿舎に一泊し、早朝歩いて薔薇園を訪問しました。
到着した時はまさに、5月に咲き始めたバラたちの朝摘みの真っ最中。
なんとも言えない甘い香りが、あたりいちめんに立ち込めています。

薔薇は気温が下がる夜に栄養成分がぎゅっと凝縮されますが、太陽の光で徐々にそれが抜けて香りも栄養価も下がってしまうので、成分が一番濃厚な早朝から摘み始め、遅くても10時には摘み終わるのが、毎年5月からの日課だそうです。

21149929_1431285853653457_3478429392627852061_ns.jpg

生産者さんは、元々はおいしいお米作りの研究をされてきた研究者でしたが、「花はお腹を満たしはしないが、心を満たす。花作りに人生をささげてみたい」と、約30年前から薔薇の栽培と研究を始められたそうです。

21032612_1431285773653465_2560571423166552715_ns.jpg

左が「さ姫」、右が「アップルロゼ」です。

「さ姫」の開発には約10年かかっているそうです。
目指したのは、薔薇らしい深い紅色、ゴージャスで情熱的な香り、果物のような糖度。
「さ姫」は食用の薔薇としても、香りを楽しむための薔薇としても、超一流のものを目指して、さまざまな薔薇の品種と掛け合わせて作られました。
大元のお母さんは、日本の薔薇の原種「ハマナス」。

ダマスクローズに似た女性性を高めるハマナスの香りをベースに感じさせながらも、もう少し濃厚で力強く甘い香りを持ちます。
花びらはビロードのような厚みを持ち、花は普通の薔薇より数倍大輪です。
口に含むと、夢のような香りに包まれながらも果物のような甘さと、ほんのり苦みを感じます。
これは誰もが薔薇に持つであろう、深い赤を追求したため、アントシアニンに加えてケルセチンが多くなったから。
うれしいポリフェノールがいっぱいの薔薇なのです。

とてもかわいいピンク色の「アップルロゼ」は、約12年の研究で誕生したそうです。
文字通りリンゴのような、とてもフルーティーな香りを持ちます。

どちらの薔薇も、とても甘いのは、長年の土作りの成果だそうです。
お米の藁や稲籾を発酵させた有機肥料によるふかふかの土がポイント。
農薬は薔薇栽培を始めた30年前から一度も使っていないそうですが、理由を聞いて感動しました。

「最高の薔薇を作りたくて始めたことだから。最高に美味しくて甘くていい香りなんだから、虫に人気が出るのは当たり前。農薬をかけると、薔薇が最高ではなくなるので、その結果虫にも嫌われる。そんなのは嫌なんです。」

rose1s.jpg

薔薇園のすぐ横に、朝摘みしたあと水できれいに洗われたさ姫の花弁が天日干しされていました。
太陽の光でゆっくりじっくり乾かすことで、理想的な甘みと香りに仕上がるそうです。

しっかりと乾燥させた薔薇は、食用としてローズティーやお菓子の原料になります。
これを粉末にして、口紅やアイカラーに入れることにしました。
「さ姫」は特にポリフェノールがすごいので、お茶としても飲むといいと思いますし、唇にも目もとにも抗酸化力を発揮してくれると思います。

「さ姫」にはケルセチンとアントシアニンがいっぱい。
ケルセチンには抗酸化力のほか、血糖値を抑えたり、抗アレルギー作用、そして血管を保護したり、血流を改善してくれるのは前回も書いた通りです。

実はアントシアニンにも毛細血管を広げて血流を促す効果があります。
しかも摂取してから約4時間で全身に成分がめぐるので、即効性があるようです。
だから、この際「さ姫」の薔薇茶も扱うことにしました(笑)

rosetea2s.jpg

グラスに注いだら、初めは左端みたいにきれいな青色なんです。
そのままにしておくと、徐々に真ん中のように深い赤色に。
レモンなどをたらすと、右端のように赤色が鮮やかになります。

バラの香りのメインは女性ホルモンを高める「ゲラニオール」。
体の中に入ると、飲んだ後約180分も汗腺から汗と共にこの香りが放出されることが分かっています。

このローズメイクで、今をときめくメイクアップアーティストの長井かおりさんに、メイクをしていただいたビジュアルは9月1日公開予定。
UAさん以来、久しぶりのモデルさんの撮影でした。
どんな仕上がりになったかは、次回また♪


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドで社内SE、物流、営業さんを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html








Last updated  2017年08月26日 17時30分14秒
2017年08月13日
みなさん、こんにちは!

今週はお盆休み中の方も多いでしょうか。

私は7月の終わりに夫の実家の広島に少し帰省してお墓参りして、そのあとは京都と大阪でイベントだったので、そのまま少し実家に帰省して台風に追い立てられるように東京に戻りました。


基本的に、夏が大好き。
紫外線は気になりますけど(笑)、それでも夏はなんだか気持ちが上がります!



あいかわらず、ナチュラルアンチエイジングに役立つものを開発するのと施術院で忙しくしています。
最近は、発売して9年のローズウォーター主成分の化粧水をリニューアルしました。

このブログを長く読んでいる方はご存知かもしれませんが、わたしは始めた頃からずっとずっと長きにわたってのローズファン。
ブルガリアのローズウォーターをそれだけ使っていた時代もありましたが、潤い物質を入れたほうがお肌の乾燥を防ぐには良いし、出来ればお肌に有効なエキスも追加したい、、そう思って作った最初の化粧水でした。

roseamrita3.jpg

ローズの持つ香りにはゲラニオール、シトロネール、ネロールがあり、ゲラニオールは女性ホルモンの分泌を助け、ホルモンバランスを良くしてくれます。
お肌につけると、保湿作用、抗菌作用、血流改善作用があります。
これを今回、ダブル蒸留という方法で、ローズの成分が2倍~6倍ほどになっている濃いローズウォーターを見つけて、、、、

ブルガリアのバラの谷産で、もちろん無農薬で、無化学肥料。
防腐剤が入っているものが多いローズウォーターですが、薔薇の成分が濃いのでまったく入れる必要がないという素晴らしい最高品質です。

roses.jpg

バラの花びらを蒸留し、通常だとそこで浮いてきた精油とローズウォーターを分けますが、なんと分けずにもう一度蒸留します。
すると、とても香りも薔薇の成分も濃い濃厚なローズウオーターが出来るのです。
結局一度も精油成分を取り除かないので、そのまま溶け込んでいるんですよ!

これに、うるおい成分を増やし、新たにたるみ毛穴を引き締めたり、抗酸化抗炎症出来る成分を数種追加。
9年ぶりに、さらに理想に近づいた化粧水になったと思います。

イベントもこのあといろいろありまして、来月は札幌と大阪でセミナーをやると思います。
また詳細が決まりましたら、ご案内しますね。

京都のイベントに来ていただいたみなさま、ありがとうございました。
イベント前に急に大雨が降ってきたのに、ほとんどキャンセルなく40名近い方に来ていただきました。
2時間のところ、2時間半近くしゃべりすぎてしまいましてすみませんでした。

お昼も夜も大好きな浮島ガーデンでご飯を食べれて、それも嬉しかったー♪
うちの自然栽培玄米麺が、夏は冷やし担々麺になって登場しています。
アイスが、豆乳も使わないお米と甘酒とブルーベリーのベジアイス。
どれも絶品です。

ukisima1.jpg
ukisima3.jpg
ukisima5.jpg
ukisima4.jpg
ukisima2.jpg

浮島ガーデン京都

他にも京都入りした初日に行ったのが、山田製油さんがやっているオーガニックレストラン、その名も「ピッコロモンド・ヤマダ」。
うちの味付け海苔に使用している自然栽培ごま油を搾って頂いている製油所さんです。

yamada1.jpg
yamada2.jpg
yamada3.jpg

とーにかく潔いまでのごま尽くし!!
ここも美味しいですよ~
レストランの前では無農薬野菜の屋台も出てて、朝食用に丸オクラとブルーベリーを購入。
2日間の朝食は、これでまかなえちゃえました。

ukisima6.jpg

ピッコロモンド・ヤマダ


さて、だいぶたってしまいましたが、毛細血管を増やす方法について。

まず、毛細血管のプロフィールからおさらいです。

1、人間の体は骨と筋肉を除くと、80%が血管
2、体中の血管をすべてつなぐと、なんと地球2周半分の長さ!
3、全身の血管の99%が毛細血管!


毛細血管の数は40代からだんだんと減ってきて、60代には平均4割も減っています。
毛細血管が減ると、どういうことが起きるかというと・・・・・

●体の冷えを感じやすい
●手足が冷えやすく、むくみやすい
●血管が浮き出てきた。
●口が唇が乾きやすく、唇や舌の色が悪い。
●肩こり、腰痛、頭痛などがある。
●ドライアイ、目が疲れやすい、充血しやすい。
●お酒に弱くなった。
●爪が白っぽく欠けやすい。
●白髪が急に増えたり、薄毛になった。
●風邪をひきやすく、胃痛、胃もたれしやすい
●顔色がくすむ
●シミやシワ、たるみ、クマが気になる。
●肌の乾燥が気になる。
●傷の治りが遅い。
●眠りが浅い。


みなさま、どうですか?
私も手足の血管がちょっと浮き出ているのと、喉が渇きやすくなったのと、お酒に弱くなった、肩こりというのが当てはまります。
毛細血管が多少なりとも減っているのは、年齢的にもあるんでしょうね~

その他、毛細血管が減少してるか否かのテストには、下記のようなものがあります。

★指の爪を強めに5秒圧迫し、元の赤い色が戻るのに2秒以上かかるとNG

★鏡で舌を出してみて、舌の色が赤黒い、紫がかっているとNG

★更に舌を裏返して見て、血管が黒々と太く盛り上がっているとNG

★耳たぶにシワが寄っているとNG


いかがですか?

私は爪の色の戻り、耳たぶのシワ、舌の色は大丈夫でしたが、舌の裏側の静脈がちょっと太い気がしました(汗)


しかし、ご安心ください!
毛細血管はいくつになっても、ニョキニョキ伸ばすことが出来るそうです!


まるで木の葉っぱみたいに、細胞分裂してニョキニョキ血管から新しい血管が生えていくような感じで伸びるのです。
面白いですね。

ただ、新しい血管をいかに増やすかもそうですが、毛細血管を良くするためにこの4つが全部大切です。

1、弱っているゴースト毛細血管を復活させること

2、血流自体を良くしていくこと

3、毛細血管へのダメージを減らすこと

4、質の良い毛細血管を作ること


1番や3番のために、大事なのは私が前から言っている「抗酸化」「抗糖化」です。
酸化や糖化は、実は毛細血管にも傷をつけます。
酸化は血管では動脈硬化も引き起こしますし、毛細血管にもダメージを与えます。
糖化生成物のAGEは細胞に炎症を起こし、血管が大きなダメージを受けます。

あと、肉に多い飽和脂肪を摂りすぎたり、マーガリンやショートニングなどに多いトランス脂肪酸などを摂ると、血管には良くありません。

また塩分の摂りすぎも、高血圧云々の前に血管に直接ダメージを与えてしまうので気をつけましょう。

2番と4番のために良いものとして、以下のものがあります。
血流を良くしたり、毛細血管の質を上げてくれたりします。

●ビタミンP(ルチン、ヘスペリジン)
ルチンはそばやいちじく、なす、トマトに含まれ、ヘスペリジンはみかんの皮やスジに多いポリフェノールで、血管強化作用や抗酸化作用があります。

●シリカ
老化してしまった血管を若返らせ、しなやかで柔軟性のある健康な血管にします。
血管のコレステロールの付着も防ぐので動脈硬化も防ぎます。

●柿の葉茶
血管を強化するルチンとビタミンCが多いお茶です。

●イチョウ葉エキス
動脈硬化でもろくなった血管に弾力を与え、血行不良を劇的に改善します。

●EPA、DHA
しなやかで強い血管壁を作り、血液をサラサラにします。

●金時生姜
ジンゲロール、ショウガオールが多く、血管を広げて血流を良くしてくれます。

●ムメフラール
梅肉エキスに含まれる成分で、細い血管でもスムーズ通ることができる機能である、赤血球変形能を促進します。

●ケルセチン
玉ねぎ、りんごに多いことで有名なポリフェノールですが、血流を改善し動脈硬化を防ぎます。
玉ねぎは同じく血流改善させるアリシンも多いので、特におススメです。
アリシンはにんにくや長ネギ、らっきょうなどにも多いです。

●黒酢
酢酸によりアデノシンという物質が生成されますが、これが血管を拡張させて、血流を良くします。

●エンゾジノール、フラバンジェノール(松樹皮エキス)
血流の改善にも効果があり、血管中の炎症の低減にも効果があることが分かっています。
フランスでは「血管の修理人」という異名があるほどです!
エンゾジノールが一番抗酸化力が高いです。

●ビタミンE
アーモンド、松の実など。末梢の毛細血管を広げるので、血流が良くなり、脂肪の酸化を防ぐので動脈硬化も防ぎます。
中でもトコトリエノールが最強。私はオメガ3のサプリに入れています。

●ナットウキナーゼ
納豆に含まれる成分で、血栓を直接溶かす作用のほか、血流改善作用や血圧降下作用、血小板凝集抑制作用、体内のたんぱく質分解酵素であるプラスミンやウロキナーゼという酵素を活性化する働きもあります。

●炭酸水

炭酸水に含まれる二酸化炭素が体内に入ると、血液中の二酸化炭素濃度が通常よりも高くなるので、体は酸素が不足していると感じます。
より多くの酸素を体に運ぼうとして、血管を拡張しますので、結果として血行が良くなります。
ただし、砂糖や添加物が入っているものはマイナス面が大きくなりますので、避けて下さい。


これ以外に、毛細血管を若返らせるのにTie2(タイツー)という物質が注目されています。
長くなりましたので、これについてと効果的な入浴と睡眠、運動については次回書きますね。


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドで社内SE、物流、営業、販促&ライターさんを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html








Last updated  2017年08月15日 01時23分33秒
2017年07月18日
みなさま、こんにちは。
暑い毎日ですね。

すっかりお久しぶりになってしまい、ごめんなさい。

九州北部で起きた集中豪雨の被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
特に被害のあった日田と浮羽は、私にとってもご縁の深い場所で。

日田は中津江村にアムリターラ田んぼがありますし、浮羽はかつてハーブ園と田んぼがあった場所。
とりあえず、ご縁のある方で大きな被害にあった方はいなかったようで、田んぼも無事で少しほっとしました。

しかし、現在も多くの方が避難され、行方不明の方の捜索が続いています。
どうか、1日も早く平穏な日々が訪れますようお祈りしています。


さて、まずは告知から。
今発売中の「婦人画報」の養生日記に出ています。



私の一週間のすごし方を、日記風に載せて頂いています。
スマホで撮った画像もいくつか。
よかったら読んでみて下さいね。

もう1つは、セミナーのお知らせです。

8月5日(土)「浮島ガーデン 京都」で私のトークイベントを開催いたします。
「真実のナチュラルコスメを知って、美しく健やかに」と題しまして、ナチュラルコスメとケミカルコスメの根本的な違いから、化粧品の役割、裏ラベルから化粧品を読み解く方法、選び方まで2時間かけてたっぷりお話させていただきます。

■日時
8月5日(土)15時~18時(トークイベントは15時~17時頃)

■参加費
2,000円(1ドリンク付き)

■セミナーのお申込み方法
お電話にてご予約を受け賜ります。
浮島ガーデン:075-754-8333
*30名様限定のため先着順となりますこと、ご了承下さいませ。

■会場:浮島ガーデン 京都 〒604-8074 京都府京都市中京区富小路通六角上る 朝倉町543
http://ukishima-garden.com/kyoto/


今年も誕生日を6月のおわりに迎えまして、いよいよ最後の40代の一年が始まりました。
いやー、来年50か!まだあんまりピンときていません。
もちろん、肉体的にはそれなりに変化は感じるのですが、表層的な部分と違い、自分のコアなところっていうのは、年齢で変わるわけじゃないんだなってのはだんだんと分かってきました。

思いというのはパワーがあります。
自分の年齢に対して偏見があると、それが現実にも影響を与えてしまうのです。
「この年齢なんだからこうありたい!」という向上するための目標を持つならいいんですが、この年齢なんだからとあきらめたり、マイナスに感じていると、その思いに即した現実がどんどん形成されていくように思います。

年齢は忘れません。年齢は生きてきた歴史なので、大切にします。
でも年齢に関する偏見は出来るだけ持たないようにしたいです。


もうここからは、むしろ年齢を自慢していくような、
まるで長寿地域のフンザの高齢者のような気分で生きようと思います!!(ちょっと早いか(;´∀`))



さて、今年に入って血管関係の本を3冊立て続けに読んだこともあって、現在何度目かの血管ブーム中。
動脈や静脈が大事なのは、いわずもがなですが、注目すべきは毛細血管ですよね。
このブログでも、何度か赤血球の話や、毛細血管(微小循環)の話は書いていますが、今までは毛細血管の中を流れる赤血球の変形能(小さく自身を折りたたむ能力)にばかり注目していたのですが、今日は毛細血管自体のことを書いてみたいと思います。

まず、毛細血管の驚愕のプロフィールからいってみたいと思います。

1、人間の体は骨と筋肉を除くと、80%が血管

2、体中の血管をすべてつなぐと、なんと地球2周半分の長さ!

3、全身の血管の99%が毛細血管!


ご存知の方も多い事実ですが、こう改めて聞くと、毛細血管ってすごいなって思いますよね。
考えてみれば、ちょっと皮膚をすりむいただけでも血が出てくる。
わたしたちの体の中身って、要するに毛細血管で形成され、毛細血管に育まれていると言っても過言じゃないですよね。

ketsukan4sss.jpg

気持ち悪いと思われる方がいたらすみません。
こちらは全身の血管の標本の写真です。
毛細血管の細さは髪の毛の10分の1。
本数は100億本ほどもあるのです。

こんな風に、わたしたちの体って毛細血管がびっしりと張り巡らされているわけです。
太い動脈のような、切れたらすぐ命にかかわるような血管ではないですが、動脈と静脈の間をびっしり網目のようにつないで、細胞に酸素を届けて二酸化炭素を回収し、わたしたちが食べた栄養素も全身に運びます。
毛細血管にも物質の通しやすさや、血管壁のすき間など個性があり、その個性がフィルターのように通す物質をより分け、必要な栄養を届け、老廃物を回収してくれます。


また、毛細血管が広がったり縮まったりすることで、体温調節もしているので、冷える冷えないなど、いわゆる「血流」とは主に毛細血管次第なのです。



動脈や静脈は、硬くなったりつまったりする問題はありますが、加齢で数は減りません。
ところが!です。
毛細血管のほうは、加齢で数が減るのです。


毛細血管の数は40代からだんだんと減ってきて、
60代にはなんと4割も減っているそうです!!
ガガガーーーン!



「人は血管と共に老いる」と言った19世紀の内科医がいましたが、本当にその通りなんですね。
毛細血管が減ると、細胞への栄養補給や老廃物の回収がうまくいかず、動脈も劣化しますし、新陳代謝や細胞の再生がうまくいきません。
冷えるし、むくみ、炎症が起きたり、免疫が落ちたり、、、肩こりや肌荒れも引き起こします。
粘膜も弱くなり、肌も乾燥し、シワやたるみも増えます。

毛細血管は消える前にまず、「ゴースト血管」という状態になるそうです。
加齢に加えて、生活習慣が悪いと弾力性が失われ、血管が狭くなり管はあるのに、血液が流れていないのがゴースト血管です。
血管がゴースト化すると、そのあとは脱落して再生されなくなり、だんだんと絶対数が減っていくそうです。
うわーーーーーーー(;O;)


2016年に大阪大学が発表した毛細血管の研究によると、毛細血管が減ると薬の効き目が悪くなることがわかりました。
毛細血管が衰えていると薬が行き届かない場所が多く見られたとのことです。
これは薬での実験でしたが、要するに食べ物やサプリでも同じことかと思います。

生活習慣が悪いと、若い方でも血管がゴースト化していくようです。
たしかに、5年前断食合宿に行った時に、多くの方の指先の毛細血管をスコープで見ているのをモニターで見ましたが、かなりの方の指先の毛細血管が、標準より少なくなっていることに驚きました。
もしくは、血管があっても血流が見られない血管も多く見ました。

最近、全然自分の血管画像見てないんだけど、大丈夫かなーと思って、先日久しぶりに血管を見る専用顕微鏡で、指先の毛細血管を見てもらいました。

ketsukan3s.jpg

5年前に見た時より、ちょっと自分ではいまいちだなーと思ったんですが、あらゆる現代人を見ているスコープのメーカーの方から見ると、結構良いほうらしいです。
血流もはっきりと見えました。
まず、この真っすぐなヘアピンのような形をしている正常な毛細血管が、働き盛りの現代人ではなかなか見られないんだそうです。

指先の毛細血管の顕微鏡画像で、どういう傾向が分かるかというと、下記のようなことだそうです。(画像はブルークリニック青山のページよりお借りしました)

ketsukans.jpg

ketsukan2s.jpg

実に面白いので、今このスコープを買おうかどうしようか、悩み中(笑)

さて、ゴースト化し減ってしまった毛細血管にがっかりすることもないようです。
毛細血管はいくつになっても、生活習慣次第で増やすことが出来ます。

私なりのさまざまな探求を、次回から書きますねー!


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドで社内SEを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html







Last updated  2017年07月19日 00時03分06秒
2017年06月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさま、こんにちは。

7月5日(水)~10日(月)に開催される『ジェイアール名古屋タカシマヤ ナチュラルビューティースタイル展』に私のブランドが出展するのですが、初日の5日の13時から、無料のセミナーを行います。

ナチュラルビューティースタイル展でのセミナーは4年ぶりです。
紫外線が気になる今の季節に必要なケアを、体の外からも中からも取り入れられるように、分かりやすくお話しさせていただきます。


『ジェイアール名古屋タカシマヤ ナチュラルビューティースタイル展』

<日 時>7月5日(水) ~ 7月10日(月)10時 ~ 20時(最終日は18時閉場)
<場 所>ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場



☆★☆アムリターラ代表 勝田小百合 ビューティーセミナー☆★☆

ナチュラルビューティーエイジング「錆びない人生を!」
………………………………………………………………
日時:7月5日(水) 13:00 ~ 13:30
場所:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場
   会場内イベントステージ(無料)


事前ご予約の必要はございませんので、当日お気軽にご参加いただければ幸いです。
セミナー後も、ブースにおりますので、どうぞお気軽にお声がけいただければと思います。

※当日は混雑が予想されているそうで、
ご希望の方はお早めにお越しくださいませ。





1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!






Last updated  2017年07月12日 13時09分25秒
2017年06月21日
みなさま、こんにちは。
THE梅雨ですね~

今日は出かけようと思いましたが、あまりの風に歩行困難で、途中で断念し家でローズティーを飲んでほっこりしております。

今日はゆっくりしていますが、先週は島根、そして帰ってきたらすぐ北海道という出張続きな週でした。
どちらも日本のオーガニックローズを巡る旅です。

島根のほうの薔薇は、実は口紅とアイシャドーの色素に使うのですが、このお話はまた今度ゆっくりします。
北海道のほうの薔薇は、日本の薔薇の原種「ハマナス」。

これはすでに、美容液やクリームの原料に使用しているんですが、札幌の畑にお邪魔させていただきました。
まだ時期が1週間早く、蕾はついていますがお花はポツリポツリでしたね。
なにせ、2000本もあるんですが!

19113588_1362766713838705_8135351715721996492_ns.jpg

19247688_1362766680505375_7620610003185230322_ns.jpg

19106036_1362766697172040_4863148219723753650_ns.jpg

↑白いハマナスもすごくきれいでした!

19247692_1362766667172043_3396319450974358764_ns.jpg

このハマナスの花弁を、1滴の水も使わずに蒸留器の気圧を下げて真空蒸留して取り出したのが、この細胞水(生体水)。
これを、美容液とクリームのベースに使用しています。

19149427_1362766867172023_1651152321145383591_ns.jpg

研究所にもお邪魔して、このハマナスの細胞水とポリフェノールを合わせたものを飲ませていただきました。
ポリフェノールも、ハマナスのエキスとして美容液とクリームに使用しています。

香り高くて、飲んでもすごく美味しい!
こんな贅沢、ちょっとないですよね。

こちらの研究所に来るのは久しぶりだったんですが、大学の研究室にもなかなかないような、すごい機器がまたまた増えていて、ワクワクしてしまいました。

いつのまにか、植物の抗酸化力の指標となる「ORAC値」を測る機械まであって。
この機械でハマナスの花のポリフェノールのORAC値を測ったら、なんと41000μmolTE/100gもあったそうです。
こんな数字は、今まで見たことないです。

間違いかと思って、外部機関にも出したそうですが、同じような数値だったそうです。
そもそも、ポリフェノール量が10%もあったそうで。
ポリフェノールが多い黒豆とかでも3%だそうですから、すごいのが分かってもらえるでしょうか?

今回メインの目的は、北海道医療大学で薬用植物のセミナーがあって、さまざまな薬用植物、天然色素についてのお勉強に来たのですが、中津江村でもおなじみの、このキハダという木の皮はぎ実演されていました。
大学にある薬用植物園の中の木です。

19424281_1367126393402737_4311325723751174473_ns.jpg

↑もう、嘘みたいにすごい黄色でしょ?
キハダの樹皮は、生薬の黄檗(黄柏)として知られ、染料の材料としても使われます。

この木片を中津江村でよくもらって、ペットボトルに入れとくと黄色い水が出来てね。
飲み過ぎ食べすぎの翌朝の、胃腸を改善してくれました。
ベルベリンを始めとするアルカロイドが含まれており、強い抗菌作用を持ち、病原菌に対しても効果があります。

19260230_1367126370069406_6598285320390707820_ns.jpg

日本むらさき草の2年めのものを、抜くところも見せてもらいました。
この根っこが、「紫根」として薬用、染料に使われています。

今回のセミナーでも、紫根など紫の根を持つ薬用植物の研究について話を聞くことが出来ました。
有効成分は色素で、シコニン、アセチルシコニンなど。

抗菌作用、効炎症作用、皮膚活性化作用、肉芽増殖作用があり、古くから咽頭炎、火傷、切傷、麻疹、皮膚の化膿性疾患などの治療に用いられてきました。
漢方としても水痘、麻疹、紫斑、黄疸、吐血、鼻血、血尿、腫れ物、膀胱炎や尿道炎などにも用いられています。

もう、今手に入るのは中国産ばかりで、日本のむらさき草は絶滅危惧種なので、大変貴重なものです。
私は数年前から、北海道の農家さんが育てる紫根を、コスメに使わせてもらっています。

120912_184419s.jpg

↑これは油に漬け込んだ紫根で作ったグロス。
こんなきれいな色が出るんですよね~。
他にも紫根でクリームを作ったり、クリームパックを作ったりしています。

今回の旅で、あらたに出会ったすごい植物もいろいろあるので、またコスメに使えたらなーと思っています。

さて、わたしのコスメの原料としては、もうおなじみのアロエベラ。
好きすぎて実はファンデーションにまで使っていますが、アロエベラもまた、肌につけても口に入れてもすごい植物です。

実は10年近く前に、アロエベラには1度助けられていて。
朝起きると、2時間くらい鼻水が止まらないという、謎の鼻炎になったことがあって。
それが2か月くらい続いたと思います。

花粉症ではないので、ハウスダストかなーとも思うのですが、電車でうたた寝したあとも、マッサージ屋さんでうたた寝したあとも、とにかく寝て起きた反射で鼻水が出たので、自律神経や副腎疲労で粘膜が弱くなっていたのかと思います。
代替医療の先生からは、酵素生活を始めたばかりだったので、デトックスの一環だろうと言われたのですが、これがアロエベラジュースを飲み始めたとたん、すっかり治ったんです。
それだけじゃなく、肌の乾燥がその頃まだ気になっていたんですが、すごく潤って調子が良くなって。

そこから数年続けていたのですが、愛用していたジュースが製造されなくなってから、なかなか気に入るものがなく、遠ざかっていました。
しかし、昨年、キラジェンヌが出したこの本をたまたま読んでしまって。



アロエベラジュースを飲んで、真の健康を取り戻した作者が、アロベラジュースを飲んでいたお母さんから生まれた赤ちゃん(通称アロエベビー)や子供のころからアロエベラジュースを飲んできた子供たち(通称アロエキッズ)、そしてそのお母さんたちを調査して、アロエベビーやキッズが脳の発達にすごく優れ、運動能力も高いというさまざまな実例を書いた本でした。


コスメにはアロエベラを使っていましたが、ジュースのことをしばらく忘れていたので、「うわーこりゃいかん!」と思いました。


肌に塗った場合の働きは分かっていましたが、口に入れることでなぜそこまですごいのか。
もう一度勉強しなおしました。

アロエベラにはビタミンA・C・E・B群(B1、B2、B3、B6、B12、葉酸、ビオチン)など18種類ほどのビタミンと、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、鉄、有機ゲルマニウムなどの20種類ものミネラルと、リジン、ロイシン、メチオニン、フェニルアラニンなどの8種類の各種アミノ酸が含まれていています。

そこに、有機酸類、植物ステロール類、アロエシン、アロエチン、アロミチン、ムチン、ウロン酸、アロエマンナン、アルボランA、アルボランB、サポニン、ベレクチンといった特有成分などを合わせると、なんと有用成分が約200種類も確認されているんです。

これだけでも、スーパーフード中のスーパーフードなんですが、アロエがすごいのはここからです。
これらすべてを、あのヌルヌルの「多糖類」が包み込んでいるのです。

このアロエベラが持つ多糖類には下記のような働きがあります。

1、免疫力を調整する
2、血糖値を調整する
3、新陳代謝を正常にする
4、DNAに働きかけ、新しい細胞を作る
5、炎症を起こした部分の熱を下げ、雑菌の侵入を防ぐ
6、腸の善玉菌のエサになり、善玉菌を応援する


この優れた多糖類に包まれた200種類以上の有効成分が、オーケストラのシンフォニーのように、バランスよくチームワークで働くから、すごさを発揮できるようです。

肌に対する、嬉しい3つの働きも見逃せません。

1つが、お肌の保水力を高めること。
水分が少なって硬くなっている細胞の結束力を、アロエベラが持つリンゴ酸、クエン酸、ビタミンC、ビタミンAがゆるめ、多糖類が水分をよく引きつけて潤わせるそうです。

2つめが、コラーゲンを作る働きを高めること。
加齢と共に、作られるコラーゲンの量が減り、硬くて古いコラーゲンが増えていきます。
アロエベラには、コラーゲンを作る働き自体を高める作用があるそうです。

3つめが、メラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」の働きを抑えること。
シミの部分はチロシナーゼが異常に活性してる状態なので、アロエベラを飲むことで、美白効果が期待出来ます。


さらには、アロエベラには活性酸素を処理する「SOD様物質」、そして抗酸化酵素「カタラーゼ」も含まれているんです。



いやー、すごいのは分かっていたつもりですが、ほんとすごいなんだなーと思い、、、、
ただ、前から気になっていたのが、おいしいものがないことと、酸化防止として、どうしても入るビタミンCとクエン酸。

天然由来のものであれば、いいっちゃいいんですが、せっかくのすごい食材なので出来ればそういうものは加えずに出来ないものかと。。。


そこで思いついたのが、もともとビタミンCとクエン酸を多く含む、沖縄産のオーガニックのシークワーサー果汁を加えること!


そして、甘みはすっきりとしたオーガニックのブルーアガベを加えることに。
もちろん、アガベの欠点である果糖が多すぎるものではなく、ブドウ糖と果糖のバランスが良く、イヌリンも多めの選び抜いたRAWのアガベシロップです。

主原料のアロエベラは、沖縄の自然豊かなやんばる地域で、有機栽培されているものを選びました。

18768398_1605550129518928_436047306526594051_os.jpg

そしてアロエベラの葉肉の粒感を残してジュースを搾ることで、ゴロゴロつぶつぶの、ゼリーみたいな食感も楽しめるようにしました。

わたしだけじゃなく、ちょっと遅いかもしれませんが、12歳の息子にも飲ませています(*‘∀‘)


ハマナス、キハダ、紫根、アロエベラ、、、
植物のすごさに感動しながら、老けないアンチエイジング道、精進しますっ!!



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!






Last updated  2017年06月21日 23時44分13秒
2017年06月10日
みなさん、こんにちは。

すっごくお久しぶりになってしましました。
渾身でやり遂げた本が出来て、しばし脱力していたのもありますが、開発の追い込みやら田植えに行ったりなど、あいかわらず、忙しい毎日でした。

fukenaiog1s.jpg

fukenaiog2s.jpg

いろいろな方から、本屋で見かけた平積み写真を送っていただきました!
とても好調というお話は聞いていたのですが、、、


初版1万部だったにも関わらず、
な、なんとこのたび重版されることが決定しました!!(*‘∀‘)


わーい!パチパチパチパチ♪

出版不況の中、本が重版されることはなかなかないと聞きますので、本当に嬉しいです!
ナチュラルビューティーエイジングのために、いったい何を押さえておけばいいのかが、この1冊で分かるようになっているので、年齢、性別を問わず、ぜひ多くの方に読んで頂けるといいなーと思います。

老けないオーガニック


さて、先週は毎年恒例の田植えに行ってまいりました。

大分県中津江村のアムリターラ田んぼ。
いいお天気で、日ざしも強すぎず、現地で管理して下さっている農家さん(櫻井さんご夫妻)、村の方、近隣の方などにお手伝い頂きながら、スタッフ8名でササニシキの苗の田植えを行いました。

18921854_1355565134558863_719077588801222526_ns.jpg

↑左から二番目が私です。
前は長靴履いていましたが、最近はすっかり裸足派で。
体内の電磁波や静電気も抜けるし、多種多様な土壌菌たちと親しむいい機会なので、田植えテラピーと勝手に名付けています。

19059385_1355578401224203_6400115781342840893_ns.jpg

テラピー感を高めるのが、駆けつけてくれた一昨年まで農園スタッフだった幸+福の石田大介くんの生ギター。
やさしい音色を聞きながら、裸足で田植え出来る幸せったらないです。

19030481_1355565187892191_5166421210318242920_ns.jpg

田植終了!
夜は、現地の皆さんと交流バーベキュー。
即興の演奏会も開かれたり、美しい星空が見れたりで、たのしいひとときをすごしました。

翌日は、中津江村をあとにして車で三時間。
大入島にフェリーで渡り、アムリターラフーズのひじきとふのりの生産者さんを訪ねました。

18952866_1355578344557542_5603367608952522064_ns.jpg
↑生産者の宮本さんです。
島が大好きで、漁が大好きで、この仕事をしていることが超ハッピーとおっしゃっていました。
まさに天職なんだなーって、聞いているこちらも嬉しくなりました。

18922033_1355565047892205_1291570154847870714_n.jpg

↑海もとっても美しく、ひじきだらけ~

19030476_1355565091225534_2952648795990485302_ns.jpg
↑ふのりは、今時期はもう終わりつつあるんですが、ちょろっとありました。

ここのふのりは、お店でよく見かけるふのりとは質が全然違うんです。
太さがある程度ある、しっかりした良いふのりしか採取しないと宮本さんが決めているからです。

ふのりは、紅色の藻です。
皮膚や粘膜を正常にし、疲労回復に役立つビタミンB群が多く、細胞の生まれ変わりをサポートする葉酸も多いです。
βカロテンもビタミンEも含むので抗酸化作用もあり、水溶性食物繊維のフノランにはコレステロールを低下させ、動脈硬化の予防や改善作用も。


ふのりは、色といい形といい、まるで血管にそっくりですが、
実際血管を良くしてくれるんです。



食べていると、体の胆石も結石も流すと言われます。
便通にも良いです。

ひじきも、鉄鍋を使わない製造法だと鉄分が実は多くないことが話題になっていましたが、宮本さんは昔ながらの鉄鍋で仕上げるので、この点もうれしいです。

海辺で朝採りたての海鮮をいろいろご馳走になり、最高でした~
この、ひじきとふのりの和え物も美味しかったです。

18951092_1355565034558873_3230153716529412003_ns.jpg

梅酢とお醤油となたね油で和えている感じでした。
玉ねぎと揚げも入ってたかな。

宮本さんに、別の海藻の乾燥ものの商品化もお願いしました。
うまくいけば、海のスーパーフードを、もっと気軽に家庭料理で食べられるようになります。
嗚呼、楽しみだなー!

18951027_1355565017892208_5950229823848568094_ns.jpg

↑熊本にも寄って、緑茶、紅茶の生産者でもあり、アムリターラハーブ園で化粧品のハーブも育てて下さっている中尾さんにも会いに行きました。

19059763_1355565321225511_515778708352896550_ns.jpg

行ったらローズマリーホワイトは、花がちらほらでした。

18951156_1355578264557550_1093451003786383089_ns.jpg

ちょうどローマンカモミールが花盛りで、全身アップルのような甘ーい香りを放っていました。

カモミールは4000年以上前から薬草として使われ、最古の民間薬とも言われます。
特にこのローマンカモミールは、花だけでなく葉も香るので香りの良さはジャーマンより優れます。

中枢神経を静める成分が多いので、リラックス作用も強く抗炎症作用、血流改善作用もあります。
「カマメロサイド」という成分には抗糖化作用もあります。
メラニン色素の生成を抑える美白作用も有名です。

このローマンカモミールは、私のコスメには欠かせないハーブ。
ちょうどいい時期だったので、花盛りのところを採取して、干していただくことにしました。
乾いたら植物性発酵エタノールと水でエキスを作ります。

18950986_1355565107892199_7717927276041218375_nss.jpg

震災の復興もかなり進んできている熊本ですが、益城町など一番ひどかった地域に関してはまだまだこれから。
熊本城も元に戻すにはかなりの年月がかかります。
これからも自分たちなりにですが、熊本の生産者さんを盛り上げていきたいと思っています。


さて、いろいろな開発をしている私ですが、実はもうすぐ発売にこぎつけることが出来た、スーパーフードドリンクがあります。
いったい何でしょうか?

このブログにも本にも、数年前に登場したことがある、例のあれです。
10年くらい前、朝起きると鼻水が数時間止まらないという、謎の鼻炎になったことがあって、半年くらい続いたんですが、これを飲みはじめるとすぐに治まって驚いたことがあり、そこから肌のうるおいやコラーゲンをアップする作用も高くて、ずっとファンだったあれです。

ただ、味が美味しく有効成分は多く、クエン酸やビタミンCや保存料を添加してないものというのは、なかなかなく。
なんとなく疎遠になっていた時に、衝撃的なこの本に出会って、再びこの植物と向き合うこととなりました。



長くなりましたので、この件は次回に書きますね。



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!






Last updated  2017年06月10日 23時42分33秒
2017年05月14日
みなさま、こんにちは!

お久しぶりの更新になってしまいました。
前回から、いろいろな出来事がありました。

まず、私の4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」が5月1日に発売されました。

おかげさまで好調なようです!
うちの近所の、そんなに大きくない書店でも、ちゃんといい位置に置てくれていました(^◇^)

18423901_1324791194302924_2409784838596785615_ns.jpg

そして同じ5月1日に、大阪梅田の蔦屋書店さんの中に、私のお店の直営店オープン!
記念のトークイベントに60名ほどの方がかけつけて下さり、お店にも約200名ほどの方が来てくださいました。
サイン会も行い、直接お話し出来た方もいらして、とっても嬉しかったです。

18402635_1324790850969625_1919788531115220674_ns.jpg

大阪のイベントの後は、久しぶりに京都に寄って一泊してから帰りました。
私は大阪出身で26歳まで大阪ですごし、短大は京都だったので、京都はとてもとても懐かしい場所。

18341969_1324791157636261_8420721322585789072_ns.jpg

特にこの龍安寺の石庭には、当時何度か足を運びました。
20歳の頃、「瞑想で宇宙に行ける場所」って思って、とても気に入っていたことを思い出します(笑)

今回、50歳目前にして訪れて、またその頃とは違う感覚を持ちましたが、
やっぱりこの石庭は好きだなー

もう1つ、三十三間堂にも行きました。
撮影禁止なので、画像はWEBからお借りしました。

33.jpg

ここも、当時すごく好きだった場所です。
1001体もの千手観音像が圧巻で。
個人的に千手観音がすごく好きなので、かなり長い間見入ってしまいます。

カイロプラクティックもギリシャ語の「カイロ」(手)と「プラクティコス」(技術)を合わせた造語で、「手によって成す」という意味なのもあり、こんなにたくさん手があれば最高だなよーと思ったりもして(笑)

夜は前から行きたかった「浮島ガーデン」の京都店へ。

18194941_1319056591543051_7693417378918553898_ns.jpg

古い町家をリノベーションした、超絶素敵なオーガニックレストランでした。
完全ベジなお店です。
沖縄にある浮島ガーデンには数年前からよく行っており、浮島ガーデンに行くためだけに沖縄に行ったことすらあるほど好きなお店です。

私の中では、ベジオーガニック料理の最高峰と位置付けています!!

しかも京都店には、私のオーガニックブランドが出してる「自然栽培玄米麺」を使ったベジラーメンのメニューがあるのです。
行った時は、「麻炭ラーメン」と「担々麺」があって、両方頼みました。
どっちも、めちゃめちゃ美味しかったんですが、特にベジ担々麺が、あまりにも美味しくて美味しくて、びっくりしてしまいました。

18274954_1319056638209713_813521463039804530_ns.jpg

これでベジなんですよ。
なのに、コクがあって。
肉に見えるのは味が付いたモチキビなんです。
一緒にベジ餃子も出てきたんですが、ここがオーガニックレストランであることを忘れてしまう感じでした。

ベジオーガニックレストランだと、旦那様や彼氏があまり喜ばないという話、よく聞きます。
そういう方にこそ、ぜひ訪れていただきたい店です。
多分、ぜんっぜん大丈夫です!

自分で開発しておきながらあれなんですが、店主の直子さんに「この玄米麺って、普通のラーメンの麺よりずっとラーメンらしい味になると思いませんか?この麺はラーメンの麺に最適なんですよ」って言われて、あらためてこの玄米麺の可能性を見た気がしました。

そう言われてみて、あらためて家でベジ担々麺を作ってみたんですが、確かに私が作ったものでも美味しくて。
そして裸麦麺は、ラーメンやそば風も合うけど、何よりパスタ(特にトマトソースとかべジカルボナーラとか)にすごく向いているんだなーとか、麺の可能性をあらためていろいろ模索中です。

今年は、裸麦麺は細麺タイプも出すんですが、これがまた「そーめん」みたいで、めちゃめちゃ美味しくて。
小麦大好きな方にも、美味しく小麦グルテンフリー生活に移行できそうな麺たちです♪

もうすぐ、砂糖を使わない中濃ソースも出すんです。
世の中になかなかないので、大阪人としては悲願のオーガニックソースですよ!(笑)
ラベルが出来てきました。

sosu.JPG

ぶどうやトマト、玉ねぎでうま味と甘みとコクを出し、スパイスを効かせて、普通のソース以上においしくなったので、楽しみにしてて下さい!
スパイスにいたるまで、オールオーガニックで無添加。
砂糖はもちろん水飴すらなし。
細麺もソースも全部来月に出ます。
本を書き終えたあとも、あいかわらず忙しいです(笑)


208ページを書き綴った今回の本は、ブログをはじめて11年の総論とも言えます。
ナチュラルなアンチエイジング法として、絶対に外せないと思っていることを分かりやすくイラストをまじえて整理しました。

特に、今普通に売っている植物油、サラダ油の作り方が、えげつなくなっているのを、どうやったら分かりやすく伝えられるかには、とても苦心しました。

言葉で伝えても、どっか分かりにくいので今回は、製造工程を全部絵にしましたので、昔ながらの低温圧搾法の油と、現代のノルマンヘキサン抽出法の油が、根本的にまったく違うものだということが、分かっていただけるんじゃないかと思います。

本にも書きましたが、私たちの身体を構成する60兆個の細胞の細胞膜の大部分は脂質で出来ています。
細胞膜は栄養を取り入れたり、老廃物をスムーズに出す上でとても重要。

saibomakus.jpg
(図は分子栄養学のサイトからお借りしました)

そして、何よりも大きいのが、水を除けば脳の60%は脂質だということ。
要するに油を抜きにしては、細胞も脳も語れないのです。

どんな油があなたの細胞膜になるか、どんな油がお肌になるか、どんな油がホルモンになるか、どんな油が脳になるか、それはとても重要で大切な問題です。


このブログを読んで下さっているみなさまは、もうきっとそんなことは、とっくに分かってらっしゃると思います。
でも、世の中の多くの方は、現代の油がどんな状況になっているか知らない方が大半です。
身近にいる大切な方に分かりやすくお伝えするのに、どうか私の本を使って下さいませ。


細胞の門番、細胞膜を美しく、しなやかに!
これはナチュラルビューティーエイジングの根幹の1つです。



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!







Last updated  2017年05月15日 01時23分17秒
2017年04月27日
みなさま、こんにちは。
本の見本が出来てきました。

18157132_1311340952314615_1146312184376793709_ns.jpg

校正の時は4時まで徹夜だったんで、今回は感激もひとしおです!!
208ページで、内容も盛りだくさんなんですが、イラストがかわいいので、
長さを感じさせずに、客観的に見ても、結構よくまとまっていて面白い本なんじゃないでしょうか!

【目次】
第1章 さびない!
第2章 こげない!
第3章 腸内細菌を味方につける
第4章 押さえるべき食品
第5章 化粧品にできること
第6章 光老化ブロック
第7章 効果的なパーツケア
第8章 ホルモンバランス



どう食べるか、何を食べるかという食事法の話はもちろん、毒をとらない、入ったものは排出する、そして錆びず、糖化しない方法、腸内環境やホルモン、衣類や自然住宅のことまで、衣・食・住にわたって「ナチュラルビューティーエイジング」を実現する方法を、徹底的にわかりやすくまとめました。

さらに、40代後半となって新たに探求を深めてきた髪、目元、歯と口元、フェイスライン、声、背骨などのパーツケアの方法やエクササイズも載せています。

全208ページ、まるで美容辞典のように情報満載のため、気になったところや、これならできそうというところから始めてみてください。
今よりも、自分の肌と体が好きになるはずです!

5月1日発売です。
下記のネットショップでも予約を受け付けています。

楽天ブックス


アマゾン
https://www.amazon.co.jp/dp/4847095693

ちなみにamritaraでも、この本はあつかうことになりました。


発売日の5月1日は、大阪の梅田蔦屋書店の中に私のお店の2号店をOPENする日でもあり、先週、現場に行ってきました。

18034181_1306780586103985_410928932219176035_ns.jpg

17991917_1306780662770644_2765385297757747811_ns.jpg

18057817_1306780612770649_105109226616222762_ns.jpg

和歌山の自然乾燥の杉で作られた什器は、釘と米糊だけの完全ケミカルフリー。
塗料もえごま油に酸化鉄を混ぜただけのナチュラル塗料。壁はホタテとヘンプの漆喰で、ロゴはウォルナットです。

究極のナチュラル施工のお店じゃないでしょうか!
いい感じに仕上がっていました。

1日にはオープンと本の発売を記念して、1時間のセミナーをやるんですが、蔦屋さんのHPに掲載されて3時間ほどで予約が埋まってしまったようで、ここで告知することが出来ませんでした。ごめんなさい!

ただ5月1日は、朝の10時から閉店まで、基本的には私も店頭か、その近くにはちょろちょろしていると思いますので、平日にはなりますが関西地域のみなさま、良かったら遊びに来てお気軽に話しかけて下さいね!
JR大阪駅直結 梅田 ルクア1100の9階です。


さびない!こげない!ためこまない!
これが老けないオーガニック道だ!!!!




1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村








Last updated  2017年04月28日 01時14分01秒
2017年04月11日
みなさま、こんにちは!

ちょっとお久しぶりになってしまいました。

私の4年ぶりの新刊が5月1日に出るのですが、今週はその本の最後の校了で。
久しぶりに、鼻血が出そうなほど大変でした(/・ω・)/
まだ終わっていないんですが、だいぶ終わりが見えてきたかな。


タイトルも決まりました。
「老けないオーガニック」です!!


最初は「アンチエイジングの鬼エボリューション」とかって言ってたんですが(笑)
中身が極まったナチュラル道なので、ちょっと合ってないないんじゃないかということで、こうなりました。
結構気に入っています。

表紙の撮影もしました。
今回もまた、カメラマンは鈴木希代江さん、メイクは佐野ヒカルさんにやって頂きました。

ヒカルさん、4年前お会いした時にはキラッキラの王子様でしたが、今回はエレガントな女性になっていらっしゃいました。
ヒカルさんは王子様もエレガントレディもどっちも似合います。
あいかわらずすごくかわいくて、純粋で、素敵な方でした。
うまく言えないんですが、妖精みたいな人なのでジェンダーフリーなんです。

メイク用品は、ほとんど全部私の用意したものでやってくださいました。
まだ開発途中のアイシャドーとか、口紅も使って下さったんです!

さて、出来上がりはこうなりました!

S_0311.jpg


実物より3割増し、いや5割増しに撮れてると思います!
タイトルも「老けないオーガニック」だし、今回はいつもの白衣じゃなくて、ナチュラルな雰囲気でいこうということで、講演会でよく来てるコットンガーゼの服になりました。
この服たしか、5年前から着てます。

ヒカルさんのメイクはチーク使いがポイントなんですよね。
正面に立体的に入れるチークやツヤ感を残した肌作りで、フレッシュな感じでメイクして下さるんですよね。
いやー、メイクって面白いな~

ちなみに、撮影場所はうちの会社の会議室です。
化学物質ゼロの自然施工なので、壁もホタテとヘンプの漆喰で、スタジオより雰囲気が良いということで選ばれました。

髪の毛を上げたバージョンも撮ってくれまして、こちらは著者近影に使われる予定です。

S_0186.jpg

ほわーっとしてて、こっちも気に入っています。
ネックレスは、表紙の方はあんまり見えてないんですが、こっちはちょっとは分かりますかね。
しょっちゅう私が鬼のように付けている「ピンクコバルトカルサイト」という天然石のハートのネックレスです。

17855217_1293005387481505_396933755799718167_os.jpg

アフロディーテの石とも言われ、愛と美を象徴し、生来の才能や目的を思い出させ、喜びと幸福を与えてくれる石だそうです。
過去のトラウマに囚われている心の怖れや悲しみを取り除き、自分を許して受け入れることを助ける働きもあるそう。

前にもご紹介した「pierre-deau」の桜井さんの作品です。
彼女が選ぶ石が大好きなんですが、現在育休中のため、なかなか作って頂けない上に今月からハノイに行ってしまわれたので、当分新たなものは難しそうですが、これまでのものを大切に使わせていただきます。

ピンクコバルトカルサイトは、カルサイトという天然石の1つで、カルサイトの主成分はカルシウム。
これは、その中でもコバルトを含むことによってピンクに発色している珍しい石。
コバルトは乾燥していると青くて、水を含むとピンクになるそうで、たしかにコバルトを持つビタミンB12はピンクですもんね。


でもそれが自然界の中で起こって、たまたまこんな色の石になるってすごいなーと思います。


毎日、施術の時以外は何かしらの天然石のネックレスをつけない日はないというくらい、私は天然石好きで。
パワーストーンとしての効果効能を全部覚えてたり、意識してはないんですが、ちょっとお守りみたいな感じで、つけていると寄り添ってもらっているような感じがします。

17855097_1293460197436024_1166852548505317962_os.jpg


これも気に入っている3つです。
左からルチルクォーツ、ガーデンクウォーツ、ウォータドロップクウォーツ。
ルチルクウォーツは針状の金紅石が自然に入っている水晶。
ものすごく強いパワーがある天然石です。

真ん中のガーデンクォーツはクローライトという緑泥石が水晶の中に自然に入っているんですが、その様子がまるで草原や山など自然の風景が閉じ込められたかのように美しいことから、ヒーリング作用が非常に高いと終われる水晶です。
この2つはシャーマンが瞑想やヒーリングによく使っていたと言われるもので、だいぶマニアックです(笑)

さらにマニアックなのが一番右。
ウォータードロップクウォーツ。
水晶の中に、太古の水が内包されているんです。
古いもので一億年くらい前の水だそうです。

天然水晶が地中で成長していく過程で、地殻の大変動や環境の劇的変化によって水晶のまわりに水が入り、その後再び水晶が成長する間に偶然、水が内側へ封じ込められたそうで、数万個に1個程度しか発見されない貴重な水晶だそうです。
浄化のパワーがとても強い天然石です。


ウォータードロップクウォーツの中に入っている太古の水は
古代中国では「不老長寿の妙薬」って言われてたんですって!


まじかー!
でも、いくら私がアンチエイジングの鬼でも、割って飲んだりしませんよ!(笑)

でも、たしかに水晶の主成分はシリカ。
要するにシリカが結晶したものが、水晶なわけです。
その中に1億年も閉じ込められてたら、ものすごいシリカ水になってそうではありますね。
こないだご紹介した、縄文時代のお水も岩盤層に1万年も封印されてきた水なので、ある意味ドロップクォーツ的ですね。

シリカは地球の表層の60%を占めています。
私たちの体内に約20g存在していて、特に骨、関節、血管、細胞膜、皮膚、毛髪、歯、爪、筋肉に多いです。
コラーゲンを束ねて、コラーゲンの密度や結びつきを高めているのがシリカなので、シリカ不足は老化現象全般に関連していることが分かっています。

シリカが体にちゃんとあると、肌にハリが出て、爪や髪もきれいになり、骨や歯も丈夫になります。
あと、面白いのは、シリカがミトコンドリアの働きを活性化させる作用。


ミトコンドリアは1つの細胞に数百個~数千個いて、私たちが生きるエネルギーを作ってくれている存在なので、ミトコンドリアが元気なら、要するに最強のアンチエイジングなわけです。


しかも抗酸化作用も強いです。
でも、じゃあシリカの多い水晶を粉にして飲めばいいかというと、結晶性のシリカなので水にも溶けず、すごく吸収が悪いです。
ただ、長い年月の間に、自然に水に溶けたものであれば、吸収性は良くなっています。
だから、ウォータードロップクウォーツの中の水も、さぞやすごいだろうなぁ。

ただ、私たちが一番有効利用できるのは、植物がいったん吸収して非結晶性となった水溶性のシリカです。
鉱物由来のシリカより、サイズも小さくて約60分の1です。

大麦とかキビなどの穀類に多く、お米だと稲の籾殻に約20%もの非結晶性の水溶性のシリカを持ちます。
あとは海藻やアスパラガス、とうもろこし、じゃがいも、赤かぶなどです。

昔から私は、すぎな由来のシリカサプリを飲んでたんですが、コーンシロップが含まれるようになったんで、ちょっと嫌だなーと思ってやめてました。

で、スギナよりシリカが多い稲もみ由来がいいなーということで、三重県の無農薬の稲から抽出したライスシリカが出来たんです。

17630048_1277370745711636_6136350596750830319_ns.jpg

吸収を良くするため、水に溶かして濃縮液にしてあります。
シリカ以外にもマンガン・セレン・コバルト・亜鉛・クロム・カリウム・モリブデン・マグネシウム・カルシウム・リン・硫黄・銅・ナトリウム・鉄・バナジウム・ホウ素・ニッケルなんかも含まれてます。

このライスシリカって本当に浸透性が良くて、乳化作用もあるんで、水だけじゃなくて油にも溶けるんですよね。

ごま油↓
sirica1.JPG

ライスシリカを20滴入れる↓
sirica2.JPG
なんと!きれいに混ざっちゃいます。
この作用で、血管壁のコレステロールの排出も助けると言います。

あと浸透が良い証拠に、お茶とかの抽出も良くなります。
sirika.JPG
↑左のお湯にシリカを入れています。

ケイ素イオンが微細な振動をしているので、これによって溶解力や分散力があるんです。
細胞への栄養の吸収や、老廃物の排出など代謝も促進してくれるので、デトックスや新陳代謝が活発になります。

シリカは熱にも強いし、これは少しならお茶の味にもそんなに影響しないので持ち歩いてるルイボスティーの水筒の中に入れちゃったりもします。


天然石の持つパワーと、シリカのパワーに包まれて、
本の校正、追い込み頑張ります!!!!



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村







Last updated  2017年04月12日 14時32分38秒
2017年03月22日
カテゴリ:水について
みなさま、こんにちは。

なんだか日によって、寒い日もありますが、うちの畑はすごいこと春です。

まずこちら。
なんだか分かりますか?

niwaburo.jpg

なんと、ブロッコリーの花です。
この子は種取りするのが初めてなので、花までいったことなかったんで、初めて見ました。
かんざしのような、なんだかものすごく華やかなお花です。

niwareta.jpg

こちらはレタスのタワーです。
もうすぐ花が咲く寸前って感じのところ。

今年もいろいろ種取用に残しているので、庭はすっかり野菜のお花畑になっています。
朝起きて、カーテンを開けるのが楽しみな季節です♪


さて、更新が遅くなってしまいましたが、近況報告です。
実は5月1日に大阪の梅田に私のオーガニックブランドの直営店の2号店を出すことになりまして、今は準備に大忙しです。
表参道の一号店開店から、はや6年。
もう少し早く出したかったのですが、新商品やフーズの開発に夢中になっているうちに、あっという間に6年たってしまいました。
いやー、人生短い。

梅田は、私が小中学校をすごした地元中の地元なので、やっぱりここでやりたかったんですよね。
最初は路面店も考えて不動産屋さんもめぐっていたんですが、なかなかいい物件もなく。
そんな時、ルクアイーレの9階の蔦屋書店さんから出店のお話をいただきまして、実際行ってみて、あっ!ここだ!と運命を感じました。

私は小さい頃から本屋が大好きだったんです。
学校をずる休みして、梅田の本屋で立ち読みしていて怒られたことも、今では懐かしい思い出です(笑)
本はあらゆる世界と通じている、この世のアカシックレコード。
うちのブランドのお客様も、本や文字を読むことが好きな方が多く、本屋の中にお店があるというのは、すごく親和性があるんじゃないかって思いました。

ahumeda.jpg

↑これが完成予想図です。
またまた国産の低温乾燥の無垢材で、接着剤なしで作った什器とホタテとヘンプの漆喰の壁という自然施工で作ります。
本屋の中で美容や健康の本を見ていたら、いつのまにかお店に入っているというような面白い作りです。

蔦屋書店の中には、なんと500席も椅子があるので、購入前の好きな本を手にドリンクを飲みながら読書も出来るという空間になっています。
5月1日の夜には、新刊の発売とお店のオープンを記念した私のトークイベントもやる予定なので、またブログでお知らせしますね。


さて、本のほうもレイアウトやイラストの段階に入っていまして、ぼちぼち文字の最終調節の時期が、時間の問題で来るので、ドキドキと身構えています。
文字をいっぱい書きすぎてしまったので、入らない個所も出てるとのことで、ちゃんとはまるように整えていくのが最後とても大変なんですが、がんばります!

それと共に、あいかわらず商品開発もがんばっています。
私のアンチエイジング研究は、ナチュラルビューティーエイジングに良いものを探求し、それを理想の形で開発していくという段階に入っていまして、それはもう楽しくて仕方がないんですよね。
コスメだけでなく、同時並行で食品などもいろいろ開発しているのですが、今回出会ったのは「水」です。

昔からこのブログを読んで下さっている方はご存じだと思いますが、水に関しては私はもうさんざん探求して、いろいろ試してきたのですが、pHが中性前後で、軟水で、汚染がない天然水であれば、もう何でもいいやという境地に達していました。

最近は、蒸留器を買って浄水器を通した水道水を蒸留して純水にしてしまって、そこに阿寒湖の石を入れて自分でミネラルウォーターを作ったりとかもしていました。
それも気に入っていたのですが、久しぶりにちょっと唸るような水に出会ってしまったので報告します。

この水は、田植えでお世話になっている大分県日田地方の水です。
水郷と言われるだけあって、日田地方の水のおいしさには田植えと稲刈りの時に、山の湧水をそのまま水筒に入れて飲んでも、めちゃくちゃおいしいので、ちょっとこの地域の水の美味しさは次元が違うなとは思っていました。

ojas7s.jpg

ただ今回見つけた水は、そういう普通の湧水ではないんです。
大分県日田地域の中で、古くから龍の神様が棲むと語り継がれている高台の場所がありました。
最初は温泉を掘って、仲間たちと住むケアハウスを作るつもりで、地主さんがここの岩盤を掘り進めたのです。
ところが掘ってみると、その地層は硬いのなんのって!
特殊で非常に硬い岩盤をどうにかこうにか数年かけて、やっと700m以上掘ったところで、その水は湧き出してきました。
この水や地層を分析に出したところ、すごいことが分かりました。


含有炭素による年代測定をした結果、この水は約1万年前の水だと判明したのです。
1万年前と言えば、縄文時代初期。
陸続きだった日本列島が現在の4つの陸(北海道、本州、四国、九州)に分かれた時期のお水だったのです。



なぜこんないにしえの水が大量にこの場所に存在しているかと言いますと、縄文時代初期の地殻変動で岩盤がズレて、硬くて分厚い岩盤層と岩盤層の間に水を多く含んだ地層が、奇跡的に封じ込められ、手付かずのまま保存されたのです。
こういう特殊な状況で、美しいまま手つかずで閉じ込められた水は世界的にもとても珍しく「封存水」と言うそうです。

ojas6.jpg

ojas4.jpg

ojas5.jpg

温泉を掘り当てようとした地主さんが、たまたま掘削機を、この自然界の真空パックになった閉じ込められた岩盤と岩盤の間にストローのように差し込んだがゆえに、発見されたお水だそうです。

温度が低めですが、れっきとした温泉水でした。
そのまま温めなおせば、温泉にすることも出来ます。
しかし、この水は温泉水に特有の臭気やクセもまったくなく、口に含むととてもまろやかで、あまりにもおいしかったことから、飲料水にこそ最もふさわしいのではないかということで、更なる分析にかけたそうです。

すると、奇跡の水として名高いフランスのルルドの水やドイツのノルデナウ地方の水などに含有することで有名な「有機ゲルマニウム」が含まれることが分かりました。
1Lに8μg含みます。

有機ゲルマニウムは赤血球を増加させる作用があるので、貧血症状の改善が期待出来ます。
また、酸素との相性がとにかくいい物質なので、体内の酸素量を増やし、細胞にすむミトコンドリアを元気にさせてくれます。
また、活性酸素を除去したり、老廃物や毒素排出をうながします。

霊芝、高麗人参、アロエ、ニンニク、クコの実などの、昔から漢方薬として欠かせない素材にも有機ゲルマニウムが豊富に入っていますよね。

もう1つのこの水の特徴が、亜鉛を1Lに180㎍含むこと。
亜鉛はコラーゲンの合成、味覚異常、脱毛、不妊、免疫低下、肌荒れなどに関わるミネラル!
活性酸素を除去するSOD酵素など、亜鉛のサポートを受ける体内酵素は200種類以上もあります。
DNAやたんぱく質、ホルモンの合成や体の成長、新陳代謝に欠かせないですし、味覚を感じる細胞、味蕾(みらい)の形成にも重要な役割があり、女性ホルモンの分泌、生殖機能の維持にも重要です。

もう1つの特徴がケイ素(シリカ)を多く含むことです。
1Lに61mgという、かなりの含有量を誇ります。
シリカは美しい肌、髪、爪、骨に必須のミネラルです。
コラーゲンをしっかりと結びつけ肌の弾力を保持したり、カルシウムを運んで骨を強くしたり、血管へのコレステロール付着も防ぎます。

私がアンチエイジング研究で注目していたミネラルたちが、1万年という歳月をかけて岩盤層から溶け出して、すべて含まれる水であったということもすごいんですが、だからといって硬度は62で軟水なんです。

日本人がおいしいと感じる硬度は50前後ですし、硬度が高いと毎日飲むのにきつかったり、飽きたりしますが、それがないのもいいと思いました。

もう1つがpHですね。
私たちの細胞液のpHは約7.4。
私は、普段飲む水は細胞液のpHに近いほうが体に負担がかからないと考えていたのですが、この水のpHは7.7。
弱アルカリ性なところも、何もかもベスト。

こちらは、釘を水に漬けこんで時間を置いた実験写真。

ojas1s.jpg

ojas2s.jpg

弱アルカリということと、シリカやゲルマニウムの抗酸化作用によって、釘が錆びないようです。

最後にもう1つ、化学肥料の増加や畜産の排泄物、工場・自動車などから排出される排気ガスによって近年、ミネラルウォーターに含まれることが問題になっている「硝酸性窒素」や「亜硝酸性窒素」がないこと。

硝酸性窒素は、体内で亜硝酸態窒素に変化して血液の酸素運搬能力を奪います。
乳児が硝酸態窒素を大量に摂取するとチアノーゼ(血液中の酸欠状態)になり、体が青紫色になることからブルーベビー症候群と呼ばれています。

また、硝酸態窒素は体内でアミノ酸と結びついてニトロソアミンという発ガン物質になると、毒性も強くなります。
ニトロソアミンはガン、肝障害、生殖機能の障害を引き起こすと言われています。

WHOは、飲料水に含まれる硝酸態窒素濃度の上限値を10 ppmとしています。
10 ppmの硝酸態窒素を含んだ飲料水を飲むと、尿中のニトロソアミン濃度が上昇することが分かっています。

私がミネラルウォーターの探求に興味を失ったのは、この硝酸性窒素を調べた実験結果を見たことも大きな理由の1つでした。

http://tabemono.info/report/report_7_216_2.html


今回見つけた水は、要するに1万年前のミネラルウォーターなので、まだそういった汚染が存在しないのです。
汚染物質がないので、水に完全に溶けきった含有ミネラルの体内吸収率も良く、デトックスにも最適な水だと思います。
あと、この水でお茶を淹れると抽出が早くて味が美味しいということもお気に入りのポイントです。

奇跡の封存水ということで量が気になりましたが、封存空間は相当広いので、十分な量がまだまだあるそうで、あまりにも気に入ったため、これを商品化させていただくことになりました。来月には出せそうです。

17308937_1269296803185697_1050255595588839868_ns.jpg

↑出来てきたパッケージです!
岩盤層と、美しい水をイメージ。
名前はサンスクリット語で「生命の源」、「活力」を意味する「ojas(オージャス)」と名付けました。


私たちの体の70%は水で出来ている。
ビューティーエイジングに嬉しいミネラルが多い、
縄文時代の清らかな水に細胞水チェンジ!




1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村





ただいま、梅田蔦屋店の店長と販売スタッフを募集しています!
詳しくは、こちらを御覧ください。
http://www.amritara.com/company/recruit.html






Last updated  2017年03月22日 11時55分09秒
このブログでよく読まれている記事

全743件 (743件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 75 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.