21804530 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

全762件 (762件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 77 >

2020年02月23日
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは。

お久しぶりです!
すでに2020年もスタートし、旧暦のお正月もすぎました。
すっかりご挨拶が遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルスの件で、不安な報道が続いていますね。
自然発生したウイルスではないのではないかという専門家の指摘もいくつか出ているので、不明なことも多く本当に早く収束してほしいです。

ただいずれにしても、いつものように免疫力を高めておくにこしたことはありません。
腸を整え、よく眠り、自然のパワーに満ちたよい食べ物を食べる。
それ以外だとわたしは梅肉エキス、プロポリススプレー、マヌカハニー、春うこん、ビタミンC、オメガ3脂肪酸はマストで摂るようにしてすごしています。

いざ発症した時、サイトカインストームという免疫反応で逆に重症化するというパターンも考えられます。
これを防ぐのはわかめやもずくなどに含まれているフコイダン。
100年前のスペイン風邪で、日本人の致死率が他国に比べて低かった理由とも目されています。


今年は6月に52歳になるのですが、まぁもうここからは、年齢はあんまり気にしないで行こうかなーと思っています。
ナチュラルアンチエイジングの野望を抱いたのが33歳でしたが、その頃と気分的にほぼ変わっていないので、年齢だけが自分を追い越していく感覚です。
このブログを読んでくれている方も、そういう方が多いんじゃないかな~

身体的なことだけを言えば、ここからの10年で一番大きな変化があるとすれば、それは「女性ホルモン」です。
女性ホルモンを分泌しているのは卵巣の中の卵胞。
卵胞とは中に卵子が入った膜のようなもの。
生まれた時には、卵巣の中には原子卵胞が約200万個ありますが、卵胞も実年齢と同じだけ加齢していきますし、年齢と共に卵胞の数は減り、新しく増えることはありません。
思春期には20万から30万個あった卵胞も、25歳で12万個に。
30歳台で6万~7万個になり、、、
そして40代以降いきなり5千個近くにまで減ります。

閉経する頃、卵巣には千個くらい卵胞がまだ残っているそうですが
そのくらい少なくなってくると、そのうち体内に吸収されて消えてしまいます。
閉経年齢の平均は50歳~51歳です。

女性ホルモンが多すぎると今度は婦人科系ガンのリスクも上がるので、たくさん分泌されていればいいという話でもありません。
一生のうちにわずかティースプーン2杯。
女性ホルモンは、ほどよく分泌されているのがいいです。
卵胞がなくなって閉経したあとは、副腎から分泌されるDHEAが女性ホルモンを補います。

私は、卵胞はどうやらまだあるようですが、年齢的に減っているのは間違いないので、DHEAを活性化するほうにシフトしたくて、DHEAを活性化する作用のある「白トリュフエキス」を有効量入れたオーガニッククラフトビールを毎日1本飲んでいます。

そもそもビールに含まれているホップには、フィトエストロゲンと言われる「イソキサントフモール」が含まれているので、そこも嬉しいですね☆


他にもDHEAのためにやっていることがありますが、それはまた今度!

そうそう、恵比寿のオーガニックBAR「オーディン」で、この「DHEAVA」の取り扱いが昨年末から始まったので、恵比寿に行った際にはぜひ寄ってみて下さい(*´▽`*)

ここは奇跡の林檎とか、季節の自然栽培のフルーツをその場で低速ジューサーで搾ってオーガニックのジンやシャンパンと合わせたカクテルとか出す信じられないところだし、おつまみもチョコレートもぜーんぶ自家製の完璧オーガニックなので、絶対一度は行ったほうがいいですよ!
超変人のマスターの菊地さんも名物です♪

究極のオーセンティックbar オーディン

さてさて、、、、
大切な女性ホルモンのために、若いうちから気を付けたいことは、次の3つです。

1、卵巣が早くに衰えてしまわないように卵巣のアンチエイジングケア。
2、ホルモン&自律神経の中枢である間脳のケア
​​3、副腎(DHEA)ケア

この中で、今日は2の間脳のケアについて少々書いてみたいと思います。

女性ホルモンを分泌しているのは確かに卵巣ですが、その卵巣に女性ホルモンを出させているのは、実は脳なんですよね。

間脳にある視床下部というところから、性腺刺激放出ホルモンが放出されると、同じく間脳にある下垂体から、卵巣に向けて卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンが分泌されるのですが、これがあるから卵胞から女性ホルモンが出るんですね!
だから脳から指令が来ないと、いくら卵巣に卵胞がたくさん残っていても、女性ホルモンが出ません。

​​​​​​​​​​
この間脳にある視床下部は、とにかくストレスの影響を受けやすい!!

なので例え年齢が若くて卵巣が衰えていなくても、
ストレスの影響でホルモン分泌に狂いが出ます。

加齢の影響で卵巣に衰えがある場合は、今度は脳が指令を出しても出しても、卵胞が少ないせいで女性ホルモンが十分出ないので、視床下部がかなり混乱します。
視床下部は自律神経の司令塔でもあるので、自律神経まで狂うと言うわけです。
これが更年期障害の正体。

若い女性の中でも、生理が狂いやすかったり、生理が止まってしまったり、不妊に悩んだり。。。
そして、更年期で卵胞が少なくなっている女性の中でも、更年期障害が強く出る方とそうでもない方がいる。。。
いったい、どうして?

もちろん一概には言えませんが、私はそれはこの「視床下部」「下垂体」がある「間脳」にポイントがあると思っています。
ストレスを緩和することがまず大事。そして間脳からのホルモン分泌作用を整えること。
そこに役立つものの大きな1つが、私は香りだと思っています。

精油の香り分子は、鼻腔を通り嗅細胞から電気信号として、すぐに脳の中枢である大脳辺縁系、そして間脳にある視床下部にも伝達されます。
そして香り分子の種類に応じて、さまざまなホルモンの分泌を促せるんですね。

最近では、fMRIという機械で、香りを嗅いだ時に脳のどの部分の血流が増えて活性化しているかを可視化出来るようになりました。
そのおかげで、どの精油を嗅いだらどういう働きをもたらすかが解明されるようになってきたのです。
またホルモンの測定や、アロマを使った臨床、精油の中に含まれる香り成分の分析によってさまざまな作用が解明されています。

例えば真正ラベンダーやベルガモット、マージョラム、ローマンカモミールの香りはセロトニン(鎮静)の分泌を促したり、ネロリやイランイラン、ジャスミン、ローズではオキシトシン(信頼感)の分泌、グレープフルーツ、ペパーミント、ジャスミンなんかはドーパミン(やる気)の分泌を促しているそうです。

では視床下部の性腺刺激ホルモンに作用できる香り分子は何かというと、精油の中でも「ゲラニオール」という香り成分が含まれるものです。
ローズ、ゼラニウム、パルマローザ、クロモジなど。
どの香りも好きですけど、私はローズであれば日本のバラ「ハマナス」に注目しています。

ハマナスの香りはダマスクローズに似ているけど、ダマスクローズより少しだけスパイシーで透明感のあるうっとりする香りを持ちます。
やはり「ゲラニオール」が多く、その他視床下部に働いてリラックスさせてくれる「ネロール」や「シトロネール」なんかも香りの中に含まれています。

ネロールは性腺刺激ホルモンに直接は作用しませんが、自律神経のバランスを良くしますし、シトロネールは抗不安作用がありストレスを緩和してくれます。
​ダマスクローズやハマナスの香りは、脳の性腺刺激ホルモンに作用することで、卵巣の女性ホルモンの分泌を助けるだけではなく、視床下部が混乱して更年期障害が起きている間脳の状況をおだやかに整えてくれるわけです。​





これは、昨年の6月に札幌の農園で朝摘みした時のハマナス。
濃いマゼンダピンクの色にも、とても癒されました。
まだ、薄暗い時間に摘むのは、太陽光でバラの香りが揮発してしまうのを出来るだけ避けるため。

摘んだハマナスの花は、そのまま蒸留器へ。
真空になる蒸留器なので、水や熱を加えずして、花の中にある細胞内液と細胞外液を取り出すことが出来ます。




植物は7090%の水分を含んでいますが、大きく分けると「細胞内の水」と「細胞外の水」、「細胞壁まわりの水」の3種類に分かれます。

例えば、果物をギュッと搾ると水(果汁)が出てきますが、これは「細胞外の水」です。
しかし花を搾っても通常水は出てきません。花には果物のように「細胞外の水」があまりなく、「細胞内の水」が多いからなのですが、この「細胞内の水」こそが植物細胞水なのです。


この水は細胞壁に覆われているので搾っても出てきませんし、通常の水蒸気蒸留法でも出てきません。「減圧蒸留法」という特殊な方法が行える特別な蒸留器を使って取り出します。
蒸留器を真空状態にすることで、約35℃程度で植物を乾燥させて気化してきた細胞水を冷却して採取します。


わずか35℃程度しか加熱していないので、酵素も壊れず植物の中に存在していた固形物以外のものは、香りの成分ごとほとんどすべてが含まれます。

要は植物の細胞を育んできた水なのでその植物の情報をすべて持っています。
一般的な水蒸気蒸留法の蒸留水も香りがしますが、植物細胞水の香り高さは桁違いです。


この方法で取り出した植物細胞水は、表面張力が低いことが特徴。
高いと水面が丸くなるのですが、低いと丸くなりにくいため、要は肌への浸透がよくて活性が高いのです。



右がハマナスの細胞水、左は普通の水です。
同じ量でも、こんなに表面張力が違います。

以前からこのハマナスの細胞水をコスメに使ってきたのですが、今回リニューアルし水を一切やめて全部ハマナスの細胞水にしました。
ハマナスの細胞水以外で使っている水分はというとアロエベラの細胞水と白樺樹液くらいです。
あとは、レッドクローバーや葛というイソフラボンの多いものも元々入れていますが、植物性エストロゲンが含まれているザクロ種子オイルやエゾウコギも入れることにしました。
あとはユキノシタとか、ネトル、長命草などエイジングケアに良い植物を、米アルコールと水で抽出したあとアルコールだけを抜く方法で抽出したエキスもプラスし、ハマナスと同じ畑で育てている紫根も入れたりしてうっすらピンクのクリームになりました。

香りはハマナスにプラスしてダマスクローズ。クリームにはジャスミンも。
しかも溶剤抽出でなく、水蒸気蒸留のダマスクローズとCO2抽出のジャスミンという贅沢さです。
ジャスミンは、ドーパミンやオキシトシンの分泌を促す精油ですから、女性ホルモンと共に幸せホルモンに包まれてしまいそうな香りです。

ちなみに脳の性腺刺激ホルモンに作用するものは、ローズ系以外だと他にはクラリセージ、フェンネル、スターアニス、バジル、イランイラン、アトラスシダー、サンダルウッドなんかがあります。

香りが体の中に入ってくる経路には3つあり、一つは鼻の奥の嗅細胞から脳にダイレクトに行くパターン。
2つめは鼻から肺に行って肺の粘膜から血液に行くパターン。
なんと香りを嗅いで5分後には血中に香りの分子が出現することが分かっています。
3つ目は皮膚から浸透して、真皮から血中に行くパターン。
精油の分子量はとても小さいので、肌のバリアを通り抜けられるのです。

ローズに含まれるゲラニオールやネロールは香りの作用だけでなく、肌のハリを回復したり、真皮の線維芽細胞を活性化してくれる働きもあります。

精油をウイルス予防に使う場合は、1.8シネオールという香り成分が多く含まれているものがいいです。
含有量が多い順にユーカリグロブルス、ユーカリラディアタ、ラベンサラ、ニアウリシネオール、ローズマリーシネオールです。どれも50%以上含んでいます。
ウイルスの膜を弱めるほか、自分自身の免疫力を高めてくれるし、気管支粘膜を保護するムチンを作る細胞を活性化することによる作用があり、痰を切って咳を沈めてくれます。

ティートゥリーにはテルピネン4オールという成分が30%~40%くらい含まれていますが、これにも抗ウイルス作用があります。
1.8シネオールも上記の精油ほどではないですが15%程度は含んでいるので、抗菌&抗ウイルス両方という感じです。
ユーカリやティートゥリーは花粉症の症状もやわらげるので、この季節マスクに垂らすのもいいと思います!

私がいつも持ち歩いているプロポリススプレーにはプロポリスとマヌカハニーに加え、ユーカリラディアタ、ティートゥリーの精油も入っています!




​植物のちからを上手に使いながら、好きな香りをまとって、元気に美しくいきましょう!​


1日ワンクリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村



鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
老けないオーガニック」好評発売中!




​​​​​​​​​






Last updated  2020年06月10日 18時08分08秒


2019年11月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​みなさま、こんにちは!
お元気ですか?

すっかり久しぶりのブログです。
気が付くと51歳の半年がすぎていきました。

ブログ始めた当時は1歳だった息子も、今や中3で15歳になったのですが、なんと!すでに身長が179㎝。
学年で2番目に高い身長らしいです。
息子の顔があんまりはっきりうつるとまずいんで小さめぼんやり写真で身長差を。



夫173㎝私159㎝。両親そう大きくないのにここまで伸びたのは、煮干し、あごだし、昆布、干しいたけの出汁と、ライスシリカやシリカが多い水ojasを毎日料理にも味噌汁にも使っているせいかなと思っています。肥育ホルモンたっぷりの乳製品はなしできました。
(だから背は伸びましたが、声変わりなどはゆっくりでした。)
でも最近、実はビタミンCも関係しているのかもしれないと思っています。

鬼的には、体中のコラーゲンを合成する時に必須なのに体内で合成できないこと、ラニンの生成を抑制する美白作用摂ると摂らないとで4倍も老化の速度が違うという実験データを知っているのもあって、これまでビタミンCは言わずもがなの存在でした。

コラーゲンは人の体のたんぱく質の3分の1を占めてます。
皮膚の真皮、骨、軟骨、靭帯、腱、血管を構成しています。
細胞と細胞の間をつなぎ合わせているのもコラーゲン。


その大事なコラーゲン分子を体内で作る時に、ビタミンCはなんと合計3回も必要です。ビタミンCがないと欠陥コラーゲンになるどころか、実はまったく作れないそうです!


コラーゲン繊維は規則的な3重らせん構造をしていますが、ビタミンCが足りないと弾力性や強度があるらせん構造を作れないので、皮膚にハリがなくなり、肌荒れしやすくなり、血管ももろくなり、出血しやすくなります。

骨の20%、軟骨の50%がコラーゲンで出来ているわけなので、ビタミンCが不足すると骨の脆弱にもつながることはカイロプラクターとしても重要視しています。
ビタミンCが足りないと骨折しやすくなるし、ぎっくり腰やヘルニアも悪化しやすくなります。
むち打ち症で長年苦しんだ方が、ビタミンCとコラーゲンの投与で大幅に改善する例もあるほど。

ところが、これは最近知ったんですが、ビタミンCって、実は身長の高低にも関係しているそうです。
一卵性双生児で、一方にビタミンCを与えたら有意差を持って与えられた方の身長が大きくなるそうなんです。

息子の背が、ここまで伸びたのってそれもかなり関係してるんじゃないのかっ!てハッとしました。
市販のお菓子を与えなかったせいで、大好きすぎたフルーツ、特にめちゃめちゃよく食べていたミカンのビタミンC、そして毎日夕食の最初に儀式のごとく食べていたキャベツやらブロッコリーのサラダのビタミンCが影響しているのかも!あと海苔?
もちろんビタミンCだけじゃなくて、シリカや出汁のカルシウムも関係していると思いますが。
とにかく給食の牛乳すら飲んでないので、息子の場合それくらいしか考えられません。
思春期特有のニキビとか肌荒れもないようです。

最近ビタミンCサプリを開発しました。
愛用してたシナジーカンパニーのビタミンCサプリが製造終了になってしまったので、大変だ!じゃあ作るしかないじゃん!といった単純な開発動機です(笑)

開発する時に課題だったのは、ビタミンCは水溶性だから、尿にすぐ出てしまいやすいことと、自らが酸化されることで抗酸化力を持つ存在なので、どうしても酸化しやすいこと。
血中維持率を高くするためには、精製されたものをたくさん摂るより、ポリフェノールやその他有機酸などを含む植物丸ごとタイプををちょっとずつが正解なんです。
加えて、酸化しやすいビタミンCをいかに酸化させないか、そして吸収させやすくすることでした。

ビタミンCって、天然由来とか言ってもトウモロコシやじゃがいものでんぷんから化学合成したものが多いです。(この時によく遺伝子組み換え作物が使われます。)
次に多いのが合成ビタミンCに果実粉末か、果物からビタミンCだけを分離精製したものを混ぜてナチュラルっぽい雰囲気を出しているもの。

なんでこういうことするかっていうと、まず原料が安いから。
それから、C500㎎とか1000㎎とかすごい量を配合出来るからなんですね。
これってSPFの時と、なんだかちょっと似てます。
数字が高いとすごいってなりがちなので。

理想のビタミンCサプリを作るためには、まずオーガニックのアセロラとオーガニックのカムカムを果実丸ごと粉末に。
それだけではなく沖縄の有機栽培のシークヮーサーの果皮を加え、不安定なビタミンCを安定させました。
シークヮーサー果皮って壊れやすいビタミンCを還元する「ヘスペリジン」が多いんです。
そして成人男女に必要な100㎎を3粒で摂れるように構成しました。

東京都健康長寿医療センター研究所の老化制御研究チームの石神昭人先生らの研究では、20歳から30歳の6人の方が50㎎、100㎎、200㎎のビタミンCを飲んだ後のそれぞれの血漿中のビタミンCと尿中のビタミンCを調べていました。
これを見るとですね、血漿中の濃度はだんだん増えて約1.5時間~2.5時間がピークではありますが、約6時間くらいは一定の濃度を保っているようです。
なのでビタミンCは出来たら6時間起きくらいに飲むのがいいようです。

そしてたくさん飲んだらいいかというとそうじゃなくて、50㎎飲んだ時に比べて100㎎飲んだ時は、血漿中のビタミンCは確かに2倍に増加するんですが、じゃあ200㎎飲んだらその倍になるかと言えばならなかったそうなんです。

​それに対して、尿中への排泄は、50㎎の時も100mgの時も尿には排泄されていなかったのに、200㎎になると一気に尿中に増加したそうです。​

たくさん飲んでも、一気に尿に排出してしまっては仕方ないですよね。
まぁ原尿からもまた再吸収されるものもあるとはいえ、、、
私はサプリメントで摂るのは、確実に押さえておきたい100㎎くらいで、あとはキャベツとかブロッコリーとかピーマンとか海苔とか食べ物で摂れば十分なんじゃないかと思います。

風邪の予防や風邪の最中にビタミンCってよく聞きますが、実はわたし今までそのためにあんまり意識して摂っていなかったんです。
でも、せっかく開発したのもあったので、こないだ1年ぶりに喉風邪をひいた時に、ためしに3時間おきくらいに1粒飲んでみたところ!

たしかにめっちゃ早く治りました。月曜にひいて水曜にはほぼ治ってました!!
有名なことではありますが、ビタミンCには抗ウイルス作用のインターフェロン、白血球、マクロファージを活性化する作用があるのです。
さらにC自体にウイルスを不活性化させる力や、風邪で生じた活性酸素を無害化する作用もあります。
ストレスの多い方も消費されやすく、また不足しているとストレスに抗うのが大変になります。
今さらですが、ほんとあらためて注目したい栄養素だなと感じる今日この頃です!



さて、そんな栄養学がスタッフ間でいつも話題になることが、ごく普通の日常であるうちの会社では、このたび44歳でめでたく初産!という中村さんを産休に送り出しました。
うちに入ってからますますヘルシーな食事となり、ヨガも極めていったことで、もう絶対細胞レベルから若いんでしょうね!
うちの会社はとにかく入社してから結婚する人も多いし、入社してから妊娠する人も多いです。
忘年会なんか、保育園みたいになる時あります(笑)

稲刈りも10月に行ってきました!
大分県玖珠郡。




台風で倒れ気味の稲を起こして稲刈り、20年休耕田の田んぼなので雑草も多くてもうたーいへん!でしたが、なんとか天日干ししてきました。
今回の農園米は、お米としての販売ではなく実は化粧品原料にしようと思っています。
そのお話は、またいつか書きますね。

さて、2個くらい前のブログで書いた、熊本の自然栽培原料の2年木樽仕込みのお醤油、ついに完成しました!!



↑共同発売するきくち村の渡辺社長と。
この後ろの木桶が、その醤油でございます!!!

​​​​​​​​
↑創業100年の小豆島の蔵で、伝統的な杉の木桶でふた夏の二年仕込み。
火入れせず、目の細かいフィルターを通しただけの生搾り。
さっそく味わいましたが、色は淡めなのに甘みとうま味がすごくて、香りもいい!!





お醤油の樽の中に、うっかり飛び込んでしまいそうになりましたが、そのくらい見ているとぷくぷくと泡が出ていて、微生物たちが満天の星空のようでもあり、たくさんの惑星のようでもあり。
まさに小宇宙だなぁ!と思いました。

日本のお醤油の約8割が丸大豆じゃなく、大豆油の搾りかす「脱脂加工大豆」が原料となってしまっています。
そして大豆油に使われている大豆のほとんどが外国産でほとんどが遺伝子組み換え大豆です。
そしてお醤油には遺伝子組み換えの表示義務がありません。

微生物の力だけで発酵によってうま味と甘みを出すためには本来時間がかかるはずなのに、なんでもファストで短期熟成で化学調味料と甘味料でうま味と甘みを作る、、、

更には、こないだ外国産小麦の収穫にグリホサートが主成分の除草剤が使われているので、市販のパンのほとんどに残留している話を書いたと思うんですが、大豆の場合国産でも収穫時にグリホサートを使うことがあるんだそうです。

お醤油は和食の基本調味料だから、この現状をどうにかしたくて、、

だからアムリターラは、オーガニックコスメの会社だけど、すでにお醤油3種類めです!(笑)




木樽の中の微生物たちは、酵素や栄養素を自分には必要ないくらいの量作ってくれる。
植物に含まれるビタミンCも、必ずしも植物自体にそこまで必要ではない量を作ってくれている。
それはなんのため?
私たちは、言葉をかわせないけど、きっとつながっている。助け合ってる。
支えてもらっていることのほうが多い気がするけど( ^^)



1日ワンクリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村



鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
老けないオーガニック」好評発売中!










Last updated  2020年06月10日 18時08分55秒
2019年08月25日
​​​みなさま、こんにちは。

残暑厳しい毎日が続いていますが、
みなさまお元気ですか?

博多阪急でのイベント、久しぶりに丸2日店頭で接客しつつ、トークショーにも出ました。
お盆のさなか、ご来場くださった皆様、ありがとうございました!



最近気に入っているブルーのリネンの服です↑
前はこんな青は絶対似合わないと思っていて、ブルーを着る時は必ず薄いブルーでした。
おそらく生まれて初めてこの色を着ましたが、意外と似合うことを発見!
年齢と共に、似合う色が変化したのかもしれませんが、すごく不思議です。

若いころは黒ばかり着ていまして、30すぎて黒や茶やカーキは顔がくすむような気がしてピンクとかきれいなパステルカラーばかり着るようになり、40すぎると顔にもっとレフ版が欲しくなり、白ばかり着ていました。
50代になり、赤とかビビッドな色のほうが顔うつりがいい気がしてきて、最近は黄色とかついにはこんなロイヤルブルーを着るように。。。
いやー、還暦で赤を着るという風習が、なんとなく理解できるような気がします(^^)/
まだ還暦には9年ありますけどね('◇')ゞ

年齢を重ねるということは、こういう面では面白いですね。
細胞から若々しくいようと努力はしていますが、だからといって何もかも同じじゃいられないし、逆に同じではつまらない。
その年齢なりの輝きを持って生きていけるといいなと思います。

さて、前回のブログで少し書いた、日本のオーガニックフラワーで作ったコスメが、早いもので来月発売出来ることになりました。



1つめが、宮古島の無農薬ハイビスカスを使ったパウダーチークです。
宮古島は、サンゴ礁が隆起して出来た島なので、ミネラルが豊富で「あかばなぁ」と呼ばれる在来種のハイビスカスはとても色が鮮やかで、アントシアニンやカロテノイドが豊富です。



↑生産者の方です。
熱い情熱で、このあかばなぁで宮古島を盛り上げようと頑張ってらっしゃいます。

元々、うちのチークはオーガニッククランベリーパウダーで作っていましたが、これを無農薬の「あかばなぁ」のパウダーに変えました。
いくら天然色素だからって、虫由来のコチニールやカルミンを使うのは、気持ち的にもときめかないし、たんぱく質が残るとアレルギー性の懸念もあるので、クランベリーと鉄で色付けていたのですが、
出来たら、日本女性の頬を彩るのは、日本のオーガニックフラワーがいいなーと思い、ずっと探していてやっと良いお花を見つけました。

このチークは、酸化チタンも酸化亜鉛も使用せず、抗酸化物質が多いハイビスカスで作っているので、活性酸素ほぼ出ない仕様です。
今回はUV検査には出しませんでしたが、前がSPF7だったので、こちらも同じくらいはあると思います。

サンゴ礁が隆起して出来た宮古島に咲くあかばなぁ。
しかし、今温暖化の影響や、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤など海洋汚染のせいもあり、世界中でサンゴが白化して弱り、死んでいく現象が起きています。
ここ沖縄でも、白化現象は広がりを見せているようです。

サンゴ礁は海にいる生き物の住み家で魚類の産卵場所でもあるので、海のオアシスとも呼ばれる重要な場所です。
海水の温度調節も担い、高波を和らげる防波堤の役割もあります。

元々、200万年ほど前の化石サンゴをファンデーションやサプリメントに使わせて頂いているご縁もあるので、このハイビスカスチークの売り上げの一部を、沖縄のサンゴ礁を守る活動をされているNPO法人のサンゴ基金に寄付させて頂くことにしました。




久しぶりに沖縄に行きましたので、アロエベラジュースの原料のアロエベラの生産者の方にも会いに行きました。
私たちが取り組んでいるアロエベラジュースは、あまりにも美味しいと大評判になっています。
このブログを昔から読んでいる方は、どれだけ前から私がアロエベラジュースを推していたか、知っている方もいるかと思います(*´▽`*)

寝て起きると鼻水がダラダラ出るという謎の鼻炎が、アロエベラジュースで治ったこともあるし、コラーゲンを合成させる力の強さなど、アロエはアンチエイジングの宝庫。
でも、美味しいかというと、決して不味くはないんだけど、どこか我慢して飲んでいるようなところもありました。

それを、美味しすぎて罪な飲み物だと、SNSで噂されるくらい美味しく仕上げたのです。
アロエのつぶつぶ果肉をこれでもかというほど、タピオカミルクティーなみにゴロゴロ入れて、保存料としてビタミンCやクエン酸を入れるのがあたりまえのアロエジュース界の常識を覆し、元々ビタミンCやクエン酸の宝庫である、同じく沖縄の無農薬シークワーサー果汁を入れることで、それを保存料につつ、アロエ特有のちょっと青臭いような風味を完全にマスキングすることに成功。
ほんのちょっとブルーアガベを入れて、さらに味を調えました。



生産者の洋子さんです。
名前も母と同じなら、年齢もほぼ同じの80代半ば。
戦争の時の、とてつもなく辛い体験をわたしに話して下さって、聞いていると涙が止まらなくなりました。

私は夫が広島出身ということもあり、資料館にも行きましたし、鹿児島の知覧の会館にも、長野県の無言館などにもこれまで足を運んでいます。
戦死にまつわる話は、どんな話も辛いのですが、洋子さんからうかがった話はそれとはまた違った衝撃がありました。

それは、近隣に住む普通の民間人、普通のファミリーたちの、終戦直前の集団自決の話です。
日本軍が「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓を広めたせいで、沖縄全域で普通の民間人が少なくとも一千人以上集団自決しているのです。
歴史的な事実として知ってはいましたが、それを目の当たりにした方の話を直接聞くのは初めてでした。

沖縄は、硫黄島と共に唯一の地上戦を経験している地域。
県民のみなさんの意識も、ほかの地域とはかなり違う気がします。
戦争は、はるか遠い昔々の話ではないのです。

戦後は、子供たちを抱えつつ、とにかく生きていかなければと、必死で農業を頑張られてきたそうです。
10数年前より、サトウキビより背丈が低いので周囲の景観を損ねず、農薬を使う必要性がなく環境を汚染しないアロエベラ栽培を始められたそうです。

こうした戦争中を知る生の声がなかなか聞けない時代が、これから先やってくる。
平成が終わり、令和の時代が始まりましたが、平和が失われる時はあっという間です。
隠された悪を注意深く拒みながら、平和を祈り続けたいと思いました。

さて、もう一つ、お花のチークを作りました。
札幌のオーガニックダマスクローズの花びらを使った、クリームタイプのチークです。



前回のブログに載せたこの写真、これなんですよ~
太陽の光にあたりすぎると香りが飛んでしまうから、朝の四時に起きて摘まないといけないんです!



↑ダマスクローズは薔薇の女王様と呼ばれるだけあって、香りは最高に良いのですが、古い品種のオールドローズなので棘の数が半端ないです!
しかも、棘が赤いんですよ~(>_<)
優雅に摘んでいるように見えると思いますが、実は「いてっ!」って叫びながら摘んでいます(笑)



この花びらを乾燥させたものを、オーガニックアルガンオイルに漬け込んだインフューズドオイルを作りました。
アルガンオイルは、モロッコのタルガニン生産組合が作ったフェアトレードのものです。
きちんと生産計画をたてられ、アルガンツリーの植樹も定期的に行い、持続可能な栽培と生産が行われるように管理されています。
また、原住民女性の社会的自立を支えるための事業ともなっています。

アルガンオイルは、現地では老化を10年遅らせるオイルとも呼ばれていますが、ここにダマスクローズに含まれる脂溶性のビタミンA、D、E、Kや、女性ホルモンの分泌を良くするゲラニオール、ネロールなど香り成分も溶け込んでいきます。

色は天然ミネラルのマイカと鉄でつけました。
あとほんのちょっとノンナノの酸化亜鉛と酸化チタン。
オイルはほかに、熊本の堀内製油さんに、低温圧搾で搾ってもらった佐渡島の無農薬の椿の種を搾った椿オイル、ホホバオイル、アロエベラを漬け込んだココナッツオイル、オリーブスクワランも入れました。

このチークには持続可能なパーム農園のRSPO認証を持つ、レッドパームバージンオイルから抽出したスーパービタミンEであるトコトリエノールも入っています。
トコトリエノールは抗酸化作用が強く、肌の酸化損傷を防ぐことが確認されています。

こんなナチュラルな成分なのに、検査に出したらなんと!
SPF40 PA++++が出たんですよ!
シミの約80%は頬に出来るので、これを頬に載せておくと、立体感が出てきれいに見えるだけじゃなく、頬のUV対策にもなる優れものです!

ハイビスカスが出てくると、どうしてもトロピカルな雰囲気になりがちなのですが、そうならないようにしています。
日本のオーガニックフラワーを使っているので、どこか和を感じる雰囲気にしたいなと思ったんです。




日本のオーガニックフラワーのパワーで、花咲く頬へ!!
光の影響を受けやすい頬を、美しく守り抜きます♪



1日ワンクリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村



鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
老けないオーガニック」好評発売中!






Last updated  2020年06月10日 18時10分51秒
2019年08月05日
カテゴリ:健康について
​​​​​みなさま、こんにちは。

かなりお久しぶりのブログになってしまいました。
長かった梅雨もあけて、いきなり真夏がやってきましたね。

7月は雨ばかりで湿度は高いけど気温が低めで、体調を崩している方が多かったようです。
8月は、台風もまたまた来るようですし、熱中症になる方も増えているようなので、気を付けて下さいね!
私は、暑い中出かける時は、500mLのお水に梅酢大さじ1杯入れたものを持ち歩くようにしています。



最近の私は、とにかく出張が多いです。
佐賀、熊本、沖縄、北海道、大分、四国、福岡、、、、、
会社の田植え稲刈り研修やイベント以外では、原料の生産地や、製造者さんを訪ねる旅です。

日本各地で、無農薬で素敵な作物を育てている方々、昔ながらの本醸造で食品を作り続けている方々がいます。
今の日本ではマイノリティかもしれませんが、こうした取り組みをされている方々の作られるものをもっと盛り上げたい。
それを素敵なコスメにするとエイジングケアにもなるし、同時に環境も美しくなるなんて最高じゃないですか。

佐賀では、AGEソリューションクリームの抗糖化作用のニガヨモギやクレンジングのレモン、セラム用のキバナオランダセンニチを育てていただいています。
沖縄ではハイビスカス、札幌と鹿児島ではダマスクローズ、これはもうすぐ発売のあるメイクコスメになるのです。






札幌ではハマナスのお花摘みに参加してきました!
今年は8月になってもまだ咲いているそうで、大豊作です!!



ハマナスは日本の在来種のバラですが、香りがとても良く、日本のダマスクローズと言えるでしょう。
花弁には、約20%もポリフェノールが含まれており、抗酸化力を表すORAC値は、なんと​​​41000μmolTE/100g​​というとてつもない数値です!

​これをオーガニックオイルに漬け込んだインフューズドオイルは、美容オイルに、細胞水(生体水)やエキスはセラムやクリームに使っています。​


​​
​​​

熊本では、6年ほど前から6人のお米農家さんと直接契約をしています。
無農薬無肥料の自然栽培で、栽培に使用されているお水が美しいこと、そして血糖値が上がりにくくアレルギー性も低いと言われる古い品種のお米を育てていただいています。

今年は特に、「穂増」という品種に取り組んでいただいています!
なんと1833(天保4)年頃に栽培されていた、熊本の在来米です。
現在の熊本県八代市で女性の農家が種取りし、その美味しさから熊本を中心に九州一円で栽培されていた歴史があります。

粒が太くて短くずんぐりした形で、噛むほど甘みが出るそうで、炊くとお日様の香りがするそうです。
「亀の尾」もそうですが、稲が倒れる「倒伏(とうふく)」や稲穂から種モミが落ちる「脱粒(だつりゅう)」が起きやすいことから、すごく美味しいのに現代では栽培されなくなってしまっているのですが、熊本の自然農の若手農家さん達が、今年復活させています。



ニュースにもなりました。
https://mainichi.jp/articles/20190612/k00/00m/040/120000c

ああ、楽しみ!
早く食べたいなぁ♪


これまでも「亀の尾」「旭」など、とても古い品種のお米を作っていただいてきました。
どうして私がこんなに古い品種のお米に、こだわっているかと言いますと、古い品種のうるち米はでんぷんのアミロースとアミロペクチンのバランスが、現代のもちもちした品種改良米とは違っていて、血糖値が上がりにくいアミロースが多めなのです。
アンチエイジングの敵である「糖化」現象が起きにくいとも言えますし、昔の健康長寿だった頃の日本人が日常的に食べてきたのは、こういうお米だったというのもあります。

植物の種子の94%が20世紀に絶滅したと言われます。
気候変動もありますが、グローバル大企業が種を品種改良したり遺伝子組み換えしたりして特許を取って、農家さんの種取りを禁じ、種子市場を独占していった影響が大きいです。
日本も種子法改正で、これから種取りをどんどん規制される世の中になる危険性があります。

農林水産大臣だった山田正彦さんがこの問題にずっと警鐘を鳴らしています。


売り渡される食の安全 (角川新書) [ 山田 正彦 ]

今の政治は、私たちよりグローバル企業や大企業のほうを大切にしている気がしてなりません。
世界中でミツバチの大量死の原因とされ、規制の方向にあるネオニコチノイド系農薬の残留農薬基準値を、日本ではここ数年で大幅に引き上げてしまいました。
これは主に、日本では田園でカメムシの除去に使われます。
カメムシは稲を全滅させないし、吸われたお米はそこだけ黒くなりますが危険性はないし、味も落ちなし、出荷前の色選機ではじかれて、実際に口に入ることはほぼありません。

なのに、国の農産物検査ではカメムシに吸われたお米の等級を下げてしまいます。
黒いお米が1000粒に2粒混じっただけで、等級が落ちます。
価格差は60㎏あたり600円から1000円。
お米の買取価格はそうでなくても下がっているのに、農家さんにとってこの差は大きいです。
だからネオニコを使います。

実害のないカメムシ殺虫のために、ネオニコが使われ、ミツバチが死んでいく。
ミツバチは植物の受粉に大きく関わっているので、ミツバチが死んでいくということは、私たちが食べるものもやがてなくなるということです。

だから私たちは、無農薬でがんばる農家さんのお米を、農家さんから直接買い付けして販売しています。
国がこういう農家さんやお米や環境を守らないのなら、私たちがやるしかありません。

さて、、、
ネオニコチノイドも問題ですが、除草剤の主成分「グリホサート」の問題もなかなか深刻です。
除草剤をかけても枯れないように遺伝子組み換えされているGMO作物にセットで使われ、日本ではGMOじゃくてもガンガン使われています。

グリホサートに関しては、2015年にWHO外部組織であるJARC(国際がん研究機関)が毒性や発がん性の懸念を発表。
2017年6月には、米国カリフォルニア州環境保健有害性評価局(OEHHA)が、同州で定める通称プロポジション65のリストに発がん性物質としてグリホサートを加えました。


そして2018年には、カリフォルニア在住の男性が、
「癌になったのはグリホサートが主成分の除草剤「ラウンドアップ」のせいだ」として
販売元を提訴して勝訴し、
なんと約2億9000万ドルの支払いがモンサントに命じられました。


このグリホサートですが、日本の農民連食品分析センターでの市販の食パンのグリホサートの残留農薬検査で、国産小麦、オーガニック小麦以外のすべての食パンからグリホサートが検出されました。
これには私も、想像以上で驚いてしまいました。

http://earlybirds.ddo.jp/bunseki/report/agr/glyphosate/wheat_bread_1st/index.html

なんで遺伝子組み換えでもない小麦製品にこんなにグリホサートが出るかというと、輸入小麦は収穫前に収穫しやすいように除草剤をかけるんだそうです。
なので、栽培期間中の除草剤よりも、はるかに残留しやすいんだそうです。
国内の小麦栽培では、収穫前に除草剤をかけることがあまりないから、出ていないのでしょうね。

これ、何もパンだけが問題というわけじゃありません。
日本は小麦の自給率はたった14%ですから、ラーメンもうどんもピザもそうめんもパスタもグリホサート問題があります。
2017年のですが、農林水産省が検査した輸入小麦では、メインのアメリカとカナダからは、アメリカ産97%、カナダ産100%検出ですよ!



どうしてこんな悲惨なことになっているかというと、日本は2017年に、世界に逆行してグリホサートの残留農薬基準値を大幅に引き上げたのです。



見て下さい。
​最大400倍ですよ!​


これ見ると、じゃあうどんじゃなくて、そばかと思っていた方は、そばは150倍なんですから、いよいよ市販の麺類で食べられるものがありません。

グリホサートは発がん性はもちろんのこと、環境ホルモンとして生殖機能に影響を与える可能性が高く、神経毒なので認知症や自閉症の原因となったり、アレルギーや自己免疫疾患の要因になるとして、今世界的に禁止の動きが活発化しています。

なのに、日本では完全に逆行しています。
グローバル企業のために政治をしているとしか思えません。
さらに秋からは消費税10%ですって!

はーっ、はーっ!(; ・`д・´)

あまり怒ると、活性酸素が発生してアンチエイジングに良くありませんので(笑)、この怒りは情熱に昇華させて、商品開発に活かしていこうと思います。

麺も作り手さんがいなくなりお休みしていましたが、米麺とは思えないシコシコの自然栽培玄米麺を作る生産者さんに出会い、今商品化に向けて絶賛開発中。
うどんとしてもラーメンとしてもいける麺で、めちゃ美味しいんです!

熊本の自然栽培原料で仕込んだお醤油も、杉樽で熟成2年を迎え、いよいよ冬にはお目見え出来そうです。



このお醤油で、幻の在来米「穂増」のお米で握ったお寿司を食べるのが夢!
発売時にはそんなイベントもやろうかなと企んでいるので、良かったらぜひいらして下さい!

さて、来週土日は博多阪急の催事にお邪魔します。
私もほとんど常に、博多阪急1階の会場にカスタマーの泉田さん達といますので、良かったら遊びに来て下さいね。

博多阪急1階 「ウェルネス&ビューティーフェス」

8月10日(土)、11日(日)

http://www.hankyu-dept.co.jp/hakata/h/2019/0705wellnessbeauty/index.html

​​

自分も環境も美しく!
サスティナブルビューティーで行こう!!


​​


1日ワンクリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​





​​​​​






Last updated  2019年08月05日 23時33分05秒
2019年04月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​みなさま、こんにちは。

1月に、今年はこまめにブログを更新すると言っておきながら、、、
もう4月じゃないですか!!
ごめんなさい( ;∀;)

春ですね!





↑うちのリリーちゃんは、すっかりこのような状態です(*´▽`*)

さて近況報告としては、「サビない生活習慣セミナー」を開催しました。



イベントでお出しした、米粉のスイーツたち。
マフィンとお団子とクッキー。
どれも小麦粉もお砂糖も使ってないけど、めちゃうまでしたよ♪
ベジフードプロデューサーの千葉芽弓さんが作って下さいました。


↑この米粉、きめも細かくて、すごいきれいなお粉に仕上がっています。
「気流粉砕方式」という、酸化を極力抑える製法で作りました。
30ミクロンもの細かさで、こんなきれいな米粉ちょっと見たことないくらいきれい!

米粉はグルテンフリーで、小麦粉に比べ血糖値の上昇が緩やかで糖化を起こしにくく、アレルギー性も低いです。
いつもの衣に使っている小麦粉を米粉に置き換えるだけでもサクサクしておいしいです。

簡単みたらし団子のレシピ

さて、、、サビとは酸化。
まわりでよく見る分かりやすい酸化とは、クギが錆びたり、リンゴが茶色くなるという現象。
同じようなことがわたしたちの体でも起こっています。

普通の酸化より威力が強いのが活性酸素による酸化。
これにより、雪崩式の酸化が起こると体内の酵素で処理できなくなり、病気や老化の原因となります。


肌で起こると、消えないシワ、たるみ、シミの原因になります。​



原子核の周りを電子がペアでまわっていますが、その電子のペアが崩れているのが活性酸素。
さみしいので、近くの電子を奪います。
人の彼氏を奪い、奪われた人はまた別の人の彼氏を奪い、奪われた人がまた違う方の彼氏を奪い、、、
例えて言うとそういうドロドロの出来事が、連鎖的に起こるのが活性酸素による酸化のおそろしさです。


電子を奪われることを「酸化」
電子をもらうことを「還元」と言います。


通常、呼吸で酸素を取り込むと、細胞でエネルギーを作る時にその1%~2%が活性酸素になります。
また、外から細菌やウイルスがやってきた時、白血球が活性酸素を作ってなげつけます。
そのくらいなら、体内のSODやカタラーゼ、グルタチオンペルオキシターゼなどの酵素である程度無害化出来ます。

問題はそれ以外にもたくさんの問題が起こった時です。
外から化学物質や薬品や残留農薬や添加物など体内で処理しないといけないものが入り込んだ時、紫外線やブルーライト、放射線、電磁波が体表に差し込んだ時、過剰なストレスでストレスホルモンコルチゾールが発生した時などは、大量の活性酸素が発生してしまい体内酵素が追い付かないので、細胞をサビつかせてしまいます。




活性酸素には種類がいくつかあります。
下記はその種類と、抗う体内酵素。
その他は外から補って活性酸素を無害化できる栄養素です。

スーパーオキシドSOD酵素で抗う

SODは亜鉛、銅、鉄、マンガン、セレニウムなどのミネラルが不足していると十分作られません。
その他ビタミンCなど。

過酸化水素⇒カタラーゼ酵素、グルタチオンペルオキシターゼ酵素で抗う

カタラーゼは鉄、グルタチオンペルオキシターゼはセレニウムが不足していると十分作られません。

その他、ビタミンC、ポリフェノール、フラボノイド

ヒドロキシラジカル⇒グルタチオン酵素で抗う
その他、
ビタミンE、カロテノイド、ポリフェノール、水素

一重項酸素⇒グルタチオン酵素、グルタチオンペルオキシターゼ酵素、SOD酵素で抗う(でも体内酵素では無害化しづらい)
その他、カロテノイド、ポリフェノール、ビタミンE、ビタミン
C、ビタミンB2


上記のうち、スーパーオキシドと過酸化水素は善玉活性酸素とも呼ばれ、体に害ももたらしますが、細菌やウイルスをやっつけるために役立ってくれます。
しかし、ヒドロキシラジカルや一重項酸素は、酸化力も巨大ですし、良い面がほぼない悪玉活性酸素です。

一重項酸素は、すなわち光老化を皮膚で起こす活性酸素なので、チタン、亜鉛、セリウムなどのミネラルで光を反射させること、帽子や日傘などで物理的に光を防ぐこと。
それ以外だと、アスタキサンチンなどのカロテノイド色素、プロアントシアニジンなどのポリフェノール、ビタミンEなどを食べたり、肌に塗っておくことでかなり無害化できるのでおススメです。


問題はヒドロキシラジカル。
最強で最凶とも呼ばれる活性酸素。
アスタキサンチンやβカロテン、ポリフェノール、ビタミンEも良いですが、ヒドロキシラジカルだけを狙い撃ちして、その他善玉活性酸素には反応しないものといえば、やはり水素です。



水素は、宇宙一小さい物質。
だから体中どこにでも入っていけて、細胞や脳にも入って、ヒドロキシラジカルだけに反応し還元して、水に変えて排出してくれます。

水素水が有名で、ものすごいブームになりましたが、中には水素ガスも水素イオンもほとんど発生しないような粗悪なものがあり、マスコミでも叩かれすっかり見なくなりましたが、水素による効果は1975年のドール博士、2001年のガリブ博士、2005年の太田、大澤先生のネイチャーへの論文掲載などさまざまな研究成果で着実に積みあがってきており、今後もますます目が離せないと私は思っています。

慶応義塾大学病院でも水素ガス吸入療法が3年前から始まっています。
心停止症候群の患者さんは、回復しても脳の機能が損なわれることもありますが、2%の水素を18時間吸うことによって、酸素不足による脳の損傷が少なくなる可能性があるとのことです。

水素ガス吸入療法

このように医療の世界でも期待が高まる水素の世界。
私たちの生活にも、もっと気軽に取り入れられたら。。。
水素水は水素ガスを水に溶かしたものなので、水素が抜けにくいアルミニウム容器に入れないといけません。
しかしそれでも水素分子はだんだんと抜けていき、口にするときに残っているのはせいぜい2ppm。
多くの場合は、1ppm以下になっています。
そして、30分後には体内から消えていきます。

酸化還元電位計で測っても、たいしてマイナス(還元)でもないし、翌日にはマイナスではなくなっているので、水素水って儚いなーと感じてあまり意味を感じられなかったんですが、唯一興味が持てたのは、化石サンゴカルシウムの中に水素を吸蔵したサプリメントタイプのもの。

炉の中に水素を充満して、化石サンゴカルシウムを焼成すると、冷える工程で水素がカルシウムに吸蔵されます。
これに水が加わると水素分子が発生する仕組み。
飲むと体液に反応して、水素が発生するので、カルシウムが消化されるまではずっと胃腸で水素ガスと水素イオンが発生します。

もう7年くらい前からこれを飲んでいるのですが、このたび製造方法を出来るだけ低温にし、より水素がたくさん発生するものに変わりました。

酸化還元電位計は、酸化と還元が起こる際に電子の移動が生じた電位を測る機械です。
酸化力と還元力の指標となるものです。

プラスの電位は酸化度合いの電位で、マイナスの電位は還元度合いの電位です。
その液体がどれくらい酸化しているかがプラス(符号のないもの)の数値で分かり、その液体がどのくらい還元しているかがマイナスの数値で分かります。

分かりやすく言うと、、、
酸化とは絶望、還元とは希望!
酸化とは老い、還元とは若返りです!(^_-)-☆



↑例えば酸化しているプラス429の水道水に
1カプセル入れただけでも、マイナス880になります。

そして翌日でもマイナス300台をキープ。
なかなか、こういうものってありません。


↑これは水道水に釘を入れた実験
左にだけ水素サプリメント1カプセル入れてます。


↑左はほとんどサビてませんが、右はサビサビ!
1か月たってもこの状態でした。
サンゴカルシウム入れるとpHがアルカリ寄りになるのでサビにくいのはありますが、それにしても見事です。

生きることは酸化していくことではありますが、体内に有害物質を出来るだけ入れず、活性酸素をあまり発生させないというのは、アンチエイジングの鬼の基本です。
さらに、それでも発生する最悪で最凶の活性酸素のヒドロキシラジカルを、どう無害化するか。
これがものすごく重要な案件で、ここを抑えることが出来れば、すごくハッピーじゃないかと思っています♪


 ​​​​1日ワンクリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
老けないオーガニック」好評発売中!




​​​​






Last updated  2020年06月10日 18時13分55秒
2019年01月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年10月から全然更新出来てなくてごめんなさい!!
アムリターラが10周年を迎えたこともあって、自分史上最多のイベント出演数で、なかなかゆっくりブログを書く時間がなく、、、
最近は、インスタを一番更新してるんで、良かったらフォローしてみてください-☆

https://www.instagram.com/katsutasayuri/

短めになるかもしれませんが、今年はもうちょっとブログも書こうと思っています☆



↑昨年12月、ブランド10周年記念お客様イベントにカナダからかけつけてくれたUAさんと。
約2年ぶりにお会いできて、嬉しかった!
今もカナダの強い紫外線から、アムリターラコスメで美肌を保ってくださっていると聞いて、本当に感激!
前からしなやかで、のびやかで優しくて凛とした方なんですが、なんだか慈愛に満ちた優しさが深くなった感じがしました。

さて、告知です。
今発売している「VOGUE JAPAN」2月号のサステナブルビューティー特集に出ています。
持続可能な環境保全型スタイルのビューティーの時代が来ているという内容で、サステナブルビューティーブランドの代表としてお話しさせて頂けたことが光栄でした。
こういう特集がファッション誌でされる時代が来ていることも、とても嬉しかったです。​
よかったら読んで下さい!






こちらは一個前の「25ans」1月号なので、今は美容院かネット書店などにしかないかもですが、カラー2ページにデトックス特集で出ています。
代官山のまいこホリスティックスキンクリニックの山崎まいこ先生との対談で、初対面でしたが同意見のことが多く、こんなお医者様がいることが本当にうれしくなりました。
これも面白いので、よかったら見てみて下さい。





昨年12月に抗糖化のサプリメントとクリームを出したのですが、そのマスコミ向け発表会で、シャープの最新の糖化度測定器をレンタルして、来場者に測定を行い、大反響だったんですがこの機械がマイコクリニックにもあるようで、クリニックでも測定してもらえるんじゃないかと思います。



↑左手の中指の毛細血管に特殊な光をあてて、AGEを測定します。




↑これは、最初レンタル会社さんに行って、機械の説明聞いた時に測った私の数値。
順位は同年代の平均値のランキングなので、目安です。
この時はまだサプリメントは、発売前なのもあってあんまり飲んでない時期で、ただお菓子などはあんまり食べず、野菜や海藻、お酢系のものを最初に食べて、炭水化物を最後にもってきて、しかも炭水化物はあまり食べ過ぎないという「べジファースト」だけの時期でした。
「べジファースト」は、もう10年近く続けている習慣に近いものです。
それだけでも、数値は決して悪くありません。


↑その後、毎日2カプセル飲んで、イベント当日測ったのがこれです。
1か月弱で、すごく下がりました!

スタッフもみんな測ったんですが、やはり甘いもの好きとか、炭水化物好き、野菜不足が気になるという方の数値は、年齢が若くても悪い傾向にありましたので、この測定値はある程度目安にはなるかなと思いました。


さて、いろいろ節目でもあったので、私の主なスキンケア法についてある種の黄金法のようなものが見えてきているのでまとめたいと思います。

私はブログを始めて14年ほど経ち、ナチュラルなアンチエイジング法を探求して17年ほど経つのですが、その間探求のはてに使いたい成分、製法のものが出てきても、それがこの世になかなか存在し得ないことを知り、ついにはオーガニックコスメブランドまで立ち上げることになりました。

私は、肌のアンチエイジングには「バリア強化」「抗光老化」「抗酸化」「抗炎症」「抗糖化」「保湿」が一番大切だと思っています。

​まずは、合成界面活性をやめること。​​

これが、どんなに大きい影響を持つか、多くの方はまだまだ知らないと思います。
3千種類以上ある合成界面活性剤ですが、陰イオン、陽イオン、両性イオン、非イオン、天然などさまざな種類があります。
界面活性とは、油と水を混ぜ合わせる作用のこと。
化粧品は水分と油分が混ざったものですから、だいたいのものにこれが必須で入ってきます。

界面活性剤の作用で基礎化粧品の水分と油分が混ざりますし、洗浄剤では洗浄力も出てきます。
陽イオン系は特に肌バリアを壊す力が強く、肌のたんぱく質を変成する作用も強いです。
肌のバリアが薄くなると、アンチエイジング的にうれしくないことが巻き起こります。


↑肌バリアと呼べる部分は表面の皮脂膜、それから角質層です。

​合成界面活性剤とそれに関わる問題点​

●肌表面からの守りが手薄になり、化学物質などの異物が肌から入りやすくなる
●それにより敏感肌になり、肌荒れしやすいくなる
●肌の水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥しやすくなる
●乾燥すると、小じわが出来やすくなる
●紫外線やブルーライトが真皮まで差し込みやすくなる
●光が差し込みやすいと「光老化」による消えないしわ、たるみ、しみが増えやすくなる
●光にさらされた肌は「糖化」の害も受けやすくなる


すべての肌老化の「元凶」は、肌バリアが薄くなることから起きている。
そう考えると、まずはそのリスクを「ゼロ」にするのが、一番のアンチエイジングスキンケアだと悟ったんです。
もちろん、そこまで強い作用のない合成界面活性剤もあるので、すべての合成界面活性剤が悪いと言うつもりはありません。

​ただ、一番ベストなのは、私たちの肌バリアを構成している成分である、天然の「リン脂質(レシチン)」という界面活性剤でなかろうかと気づいたんです。​

レシチン乳化であれば、バリアを壊さないどころか、バリアを強化出来るんです。
なぜなら、レシチンは肌に存在する潤い物質でもあるからです。
汗と皮脂が皮脂に含まれるリン脂質(レシチン)に乳化されたものが、肌にある天然のクリームの皮脂膜だから。

これで乳化するということは、要するにマヨネーズやお菓子などの食品を作るように化粧品を作るということす。
加齢や環境で減少する皮脂膜の代替えが化粧品の重要な役割ならば、皮脂膜と同じ乳化方法が最適だと考えたのです。
これが世の中にほとんどないので、「だったら作るしかない!」と決意して作ったのがアムリターラでした。

もう1つが、防腐剤問題です。
私たちの肌には、1cm四方に約20万個の常在菌がすんでいます。
この常在菌は、肌のNMFなどのうるおい物質を作る手助けや、天然のクリームである皮脂膜を作る手助けもしています。
分泌物で弱酸性にして、肌荒れを招く悪玉菌から守る手助けもしてくれています。
これを弱体化させるのが、パラベンやフェノキシエタノールなどの「強い防腐剤」、微生物がエサに出来ない石油由来の「鉱物油」、合成樹脂の「シリコーンオイル」です。

これらを一切やめるだけでなく、オーガニック認証コスメでもOKにしている安息香酸系、ソルビン酸系、デヒドロ酢酸系とかも使わない本気で常在菌に出来る限り優しいコスメを作るために、大根の発酵液や柳の樹皮やグレープフルーツの種子エキスで防腐するという、すごくロックンロールな作り方をしています。

正直、こんなことをしていると、化粧品製造の常識である「未開封期限3年」がまず達成出来ません。
だから期限はほとんどのものが未開封期限3年以下ですし、食品みたいに消費期限シールがいるし、少量生産して、温度管理も必要なので食品用の冷温倉庫で保管しないといけませんし、そこにいちいちたくさんのコストがかかりますので、商売として考えるとおそろしく大変です( ;∀;)

よく、こんなことを10年も続けられたなって自分でも思いますが、私がやめたら誰がやるんだ!という思いと、肌が本当に変わったって喜んでくれるみなさまと、自分のアンチエイジングのためにも絶対続けたいという思いでやってきました。

もう1つ大切にしているのが「フィトケミカル」。
植物は紫外線や乾燥などの外敵から、走って逃げるということが出来ないので、自分自身でその害から身を守るための有効成分を体に中で作り上げています。
現在100種類以上あると分かっていますが、その中のいくつかで肌表面に塗っておくだけで「抗酸化」作用や「抗糖化」作用や「抗炎症」作用があるものが分かってきています。

こういうものは、なにも真皮まで浸透する必要はありません。
表皮、しかも角質にあるだけで有益な効果があることが分かってきているのです。

玉ねぎと同じ原理です。
中は白いけど外皮は茶色い。
これはケルセチンというポリフェノールの力で中身を守っています。



私は昨年50歳を迎えましたが、おかげざまで目立ったシミ、シワやたるみがありません。
顔の左側にほうれい線が出来そうな瞬間はあったんですが、その時々の開発中のコスメを塗っているうちに消えていきました。
肌の乾燥が気になることもほとんどありません。

スキンケアにおける「バリア強化」「抗光老化」「抗酸化」「抗炎症」「抗糖化」「保湿」はエイジングケアにいかに有効かということを、今年はもっともっと伝えていきたいと思っています!

さて、結びにイベント出演のお知らせ。
1月27日 veggyさんの​ニューイヤーフェスタ​にゲスト出演します。

〔会場情報〕

新宿アイランド内 アクアプラザ

東京都新宿区西新宿6-5-1 地下1階

 

〔アクセス〕

東京メトロ丸ノ内線西新宿駅C10出口直結

 

OPEN 11:00

CLOSE 16:00

入場料 1000円(veggy61、62についてる招待券があれば2名無料です!)

 
よかったら、ぜひ遊びに来てくださいね!!


 ​​​​1日ワンクリック応援お願いします!

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
老けないオーガニック」好評発売中!



​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2020年06月10日 18時19分25秒
2018年10月20日
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは!

秋ですねー、、、

やっと草刈りして種蒔きしたのが約3週間前。
大根、小松菜、ルッコラなど芽が出てきたものもあり、これからの成長が楽しみです。
私は蚊に刺されるタイプなので、半袖で畑に出たら、この季節もめちゃ刺されます。
それがちょっとつらいのですですが、土いじりは体内&体表静電気もアースもされるし、すごく癒されます。



アースされると言えば、お風呂もです。
もう25年入り続けているヒマラヤ岩塩入りのお風呂で、心底温まりアースされるのが秋冬は毎日の日課。
プラス500mvくらいの水道水が、瞬時にマイナスに還元され、塩素もなくなる3億8千万年前の海の化石ヒマラヤ岩塩の温め力と、活性酸素を無害化する還元力にはすごいものがあります。
この秋、リニューアルして更にパワーアップしますので、まだの方はぜひ体感してみてください。



最近、私のインスタでは飼い始めて2か月の猫のリリーのことを、よくアップしています。
シェルターから来た当初は、目やにをダラダラ垂らして、痒そうにいつも目の周辺を椅子やら壁らやにこすり付けて目の上の毛が禿げていた猫だったので、なんらかのアレルギーや皮膚炎持ちであることは確実でした。
それを改善しようと、乳酸菌や酵母、地鶏、オーガニックのエサにしていたのは前回書いた通り。
ただ、うちに来た当初の写真を見返してたら、今現在顔がすごくかわいくなってきているということに気が付いたんです。



↑ね?だいぶ違うでしょ?別人ならぬ別猫でしょ?
最初は目がもっと腫れてて細かったんですよね。
目が開いてなかったんだと思うんですよ。
毛並みもめっちゃよくなって、ビロードみたいです。
猫もオーガニック生活で、顔が変わるんだなーと、つくづく実感しました。


さて、前回書いた「糖化」。
皮膚や筋肉、臓器、血管、髪の毛、骨など、水分を除いた体の構成要素の約43%はたんぱく質で出来ています。
私たちの体の中にある43%のたんぱく質と、生きるためのエネルギー源である糖質、すなわちパン、パスタ、ピザ、ご飯、うどん、じゃがいも、砂糖、異性化糖など食事に含まれる糖質が​​体内で消化吸収され、私たちの体の中にある43%のたんぱく質​​結びつくと、AGE(終末糖化物という物質を作り、血管や内臓、脳、骨、肌などを劣化したたんぱく質に変えてしまいます。

もう1つは食べもの自体に含まれているAGEが口から入り、これの約10%が代謝されずに体内に蓄積されて糖化を促進するという現象もあります。
一番AGEが多いのはソーセージ、ベーコン、焼いた肉です。
ポテトチップスとかフライドポテトとかチーズ、ピザにも多いです。
焼く、炒める、揚げるという高温の調理法でAGEは爆発的に増えます。

糖化は、酸化と並びエイジングの大きな原因とされています。
一度生まれた劣化したたんぱく質AGEが元のたんぱく質と糖質に戻ることはありません。
代謝はされますが、一部は蓄積し体を劣化させていきます。

たんぱく質は種類によって、新陳代謝のスピードが違います。
例えば血中のヘモグロビンの代謝は90日ですが、コラーゲンは長いもので20年も生まれ変わらないのです。
体のたんぱく質の約30%はコラーゲンで出来ていますので、その間に相当AGEが蓄積されてしまいます。

コラーゲン繊維の橋である「架橋」がAGE化しやすいのですが、悪玉架橋となると弾力性が失われるのですが、悪玉架橋を異物と判断して分解酵素が増えてしまい、正常なコラーゲンやエラスチンまで分解されやすくなるので、肌の本体が弱まりシワやたるみ、くすみが発生します。
その他、全身に関わります。。。

●AGEで、骨ももろくなる
悪玉架橋の数が増えると、一見骨が硬く頑丈になったように見えますが、逆に柔軟性が奪われ、しなりに対する許容範囲が狭くなり骨折しやすくなります。

●AGEで血管が老化する
血管の悪玉コレステロールにAGEが結合しやすく、アテロームという固まりを作り、動脈の内側を厚くして動脈硬化が起こる。アテロームが破裂すると血栓が出来て脳梗塞や心筋梗塞の原因となる。

●AGEはがん細胞の発生も招く
細胞に蓄積すると、DNAのアミノ酸がAGE化し、DNA修復や細胞のコピーにミスが出てがん細胞の発生の原因となります。

もちろん、前回書いたように抗酸化や抗光老化していれば、糖化もかなり防げるし、精製された炭水化物を極力摂らないことや、ベジファーストな食べ方も続けてきました。

しかしこれを、もっとアクティブにせき止められないかというのは、長年のアンチエイジングの夢でした。
緑黄色野菜に多いαリポ酸、ビタミンB1やB6をはじめ、カモミールや緑茶、シナモン、生姜などに含まれるフィトケミカルにも抗糖化作用がありますが、飲んで本格的に各方面のAGE生成を阻害し、分解をしてくれるものや、糖質の吸収を優しく妨げて糖化現象を起こさせなくする、凝縮した植物エキスのサプリメントがほしかったんです。

約2年かかって、エビデンスのある無農薬や野生の世界各国の植物から選び続けてきました。
それが、パラグアイのハーブ「パロアッスル」、ペルーのハーブ「​​ゼラニウムディエルシアナム」、タイの生薬「黒ウコン」、日本の「クマザサ」でした。

なぜこんなに、世界各地の抗糖化ハーブを配合したかというと、AGEというのは100種類以上あり、そのハーブによって微妙に得意とするAGEが違うからです。
全方位的に抗糖化出来るサプリを作りたかったんです。

例えばパロアッスルの原料実験データだとこんな感じ。



パロティエラがパロアッスルのこと、3DGは中間糖化物質、ペントシジンもCMLもAGEの種類です。
どのくらい阻害したかの%です。
アミノグアニジンは、よく比較で使われる抗糖化作用の強い糖尿病用の薬品ですが、副作用があるので日本では不認可。
パロアッスルのほうが、アミノグアニジンより多く阻害してますね。



↑クマザサも、こんなにAGEを阻害出来ます。
pentがペントシジンですね。
わずか0.01%で100%近いCMLを阻害!
CMLって角質のケラチンにもよく蓄積しているAGEだから、肌が変わるでしょうね!

ここに、果糖の吸収を抑えるスペインのユーカリ、ブドウ糖の吸収を抑え、糖の代謝を高めるインドのサラシア、血糖値を抑えるバナバを入れて、糖質にも立ち向かいます。

今回、実はこのサプリに入れているまんまんの原料の比率で、威力を確認するために外部AGE検査に出したんです。
血中にあるアルブミンというたんぱく質とブドウ糖を糖化反応させた試験管内での検査で、どれだけ蛍光性のさまざまなAGEを阻害出来ているかという検査です。



デキストリンとか除いて濃度濃く1つの原料を検査したのではなく、カプセルの中身そのままで検査。
こうなると、検査結果って出にくいもんなのですが、なんと!
アミノグアニジンと同じくらいのAGE阻害力でした。



IC50ていうのが、1つの指標としてAGEを50%阻害するまでに必要な検体の濃度を測ったものなんですが、この濃度が低いほど、威力が高いわけです。
わかりにくいのですが、要するにIC50の数値が小さいほうが、阻害できているということです。
数値を見ると、アミノグアニジンと同等の力があることが分かります。

エキスだけの単一の原料でないにもかかわらず、です。

​もう、これで糖化をかなり気にしなくていい~♪

ところで、さっきもちょっと書きましたが、実はコラーゲンだけじゃなく表皮のケラチンたんぱくにもAGEが溜まっていることが分かってきています。


↑赤いのがAGE。
緑がケラチンで、黄色がAGE化したケラチンです。
表皮にもこんなにAGEが溜まっているんですね。



↑AとC、BとDがそれぞれ同じ人なんですが、赤いのが角質のAGE。
AGEが多いBさんのキメはDのように荒いのです。
AGEの多い表皮は、乾燥しやすく、キメが荒く、黄ぐすみしやすいことが分かっています。

これはゆゆしき事態!
サプリメントでじっくり体内から届けるのもいいですが、とにかく早く表皮の糖化をせき止めたい!

ということで、クリームも作ってしまいました。
まず、メインはニガヨモギ、ドクダミ、びわの葉、桑の葉、柿の葉、クロモジです。
どれも強い抗糖化作用があるのが分かっています。
無農薬で九州と島根県産。



ヨモギの近縁種であるニガヨモギ(ワームウッド)はヨーロッパで伝説の薬草リキュール「アブサン」の原料として有名です。
クロロフィル、β‐カロテン、ビタミンE、ポリフェノールなどの総合力でAGE生成を阻害、抗酸化作用もあります。

これらを縄文時代の清らかな温泉水「ojas」と沖縄のしまきびアルコールでエキス化。
これをメインとしてクリームに入れました。
他にも、抗糖化で有名な、山桜、西洋サンザシ、緑茶、カモミール、イチョウ。
そして、サプリメントにも入れたクマザサも!

そして水じゃなくて、ここにオーガニックの白樺樹液、抗酸化力のすごいプロポリスエキス。
オイルもバオバブ、マカデミアンナッツ、ホホバ、シアバター、サジー、クロヨナと全部オーガニックのスペシャルオイル。
セラミド3、白きくらげ、アロエベラ、ヒアルロン酸で保水力もアゲアゲで。

だいぶ豪華になり、抗糖化だけでなく抗酸化、うるおいも叶えるブランド史上一番リッチな最高峰クリームです。

これまた、メインのニガヨモギ、ドクダミ、びわの葉、柿の葉、桑の葉、クロモジの熱水抽出エキスを外部AGE検査に出してみました。
まだ予備試験だけなんですが、すでになかなかの結果が出ています。

検体の濃度が1%で54%のAGE生成阻害です。
平均してAGEを50%阻害出来るまでの濃度は0.82%とのことで、クリームにはもっと入っているので、その他のエキスもあるわけで、十分抗糖化出来るのではないかと思います。


体の中から外から、糖化に抗う!
また1つナチュラルアンチエイジング​​​​を叶えるぞー!!!





​​​​1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!



​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2020年06月10日 18時16分26秒
2018年09月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​みなさま、こんにちは。
だいぶ、ご無沙汰です!

この間、各地でいろいろな自然災害があり、被害にあわれた方、まだ落ち着かない日々を送っていらっしゃるみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

わたし自身に関係するところでは、大阪の実家が台風で2日日間停電で水道も止まり、化粧品を作ってくれている北海道のラボも地震で数日停電となり、物流も止まったりいろいろと大変でした。
両方とも復旧していますが、実家は大雨で建具が一部壊れたりしているので、これから補修工事しないといけないようです。

電気がないのは、物理的にいろいろ大変ですね。
みんなの話を聞いてて、太陽光発電のLEDランプやスマホ充電も出来るラジオなど、あったほうがいいものを私なりに揃えてみました。
なにごともないのが一番ですが、地球の気候も変化していますし備えはあったほうが良いと思います。

私は相変わらず忙しくしています。
イベントに出てお話したり、地方に良い原料を探しに出張に行ったりということが多かった一か月でした。
国際オーガニックエキスポに初めて登壇してオーガニックコスメと普通のコスメとの違いや、成分の見方、選び方などについてお話ししましたが、100名以上の方が聞いてくださって大反響があってうれしかったです。



機会があったら、またちょいちょいお話させていただければと思います。
今年も本社でのセミナーやイベントがあと2回くらいあり、梅田でもやりますし、10月の名古屋のナチュラルビューティースタイル展でも、またお話しします。

『ジェイアール名古屋タカシマヤ ナチュラルビューティースタイル展』
10月10日(水) ~ 10月15日(月)10:00 ~ 20:00(最終日は18:00閉場)
<場 所>ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場

<アムリターラ代表 勝田小百合 入店のお知らせ>
◆10月13日(土)15:00より
【生涯美しく年齢を重ねるための「女性ホルモン」とのつき合い方セミナーを開催いたします!
(無料・ご予約不要)


ブランド創立10周年となる今回は、美容家・オーガニックスペシャリストの吉川千明さんとアムリターラ代表 勝田小百合のスペシャルセミナーです!!
事前のご予約は必要ございません。当日お気軽にご参加いただければ幸いです。
セミナー後も、勝田をはじめアムリターラスタッフがアムリターラブースにおりますので、どうぞお気軽にお声がけください。
……………………………………………………………… 
【生涯美しく年齢を重ねるための「女性ホルモン」とのつき合い方セミナー
日時:10月13日(土)15:00 ~ 15:30
場所:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場
会場内イベントステージ(無料)
※当日は混雑が予想されます。ご希望の方はお早めにお越しくださいませ。


もう1つプライベートでの大きな変化はこちら。



そうなんです。実は猫を飼い始めました。
息子の一生のお願いというやつで、シェルターからお試しで1週間預かったんですが、思いのほかすごくおだやかな猫で、この子なら飼えるかなと思ってきて、、、
メスで1歳、リリーという名です。
わたしも小百合なので、縁のある名前だなーと思っています。

驚いたのは、かなり頭が良いようで、ダメと言ったことは二回目はまずしません。
まるで言葉が分かっているようです。
シンクにも食卓にものぼらないし、トイレも爪とぎも決められた場所でしかしません。
木と漆喰で出来た、猫からしたら爪とぎハウスのような家ですし(笑)、治療院に入られるのも困るので、この点はすごく重要でしたが、かなり大丈夫なんです。

エサはまだいろいろ探求中ですが、今のところグレインフリーのオーガニック系ドライフードと、生の神山鶏か生魚(白身魚が好きなようです)の3軸でいっています。
ハッピーフローラペット用もあげています。
来た当時は顔を痒がっている猫でしたが、1か月たって痒みもない様子で毛並みも良くなってきました♪
そんなわけで、まだまだ探求中ではありますが、今後はたまに猫のオーガニックライフ(笑)についても書きますね。

さて、アンチエイジングの鬼の初期からの大きなテーマと言えば「糖化」です。
10年前は「ブラウニング現象」というような言い方をしていたかと思います。

老化を促進する3大要素として、酸化、糖化、炎症があります。
この中の酸化については「光」による酸化も含みます。
そして炎症には酸化も糖化もからんでいます。
酸化が進むと糖化も進みやすくなります。
光にさらされた肌は糖化も進みやすくなります。
すべては単独で存在するわけじゃなくて、少しづつからみあっています。

糖化とはなにかおさらいしますと、、、、、
私たちの体の中にあるたんぱく質と、パン、パスタ、ピザ、ご飯、うどん、じゃがいも、砂糖、異性化糖など食事に含まれる糖質が結びついて、AGE(終末糖化物という物質を作り、血管や内臓、脳、骨、肌などを劣化したたんぱく質に変えてしまうことです。

もう1つは食べもの自体に含まれているAGEが口から入り、これの約10%が代謝されずに体内に蓄積されて糖化を促進するという現象もあります。
一番AGEが多いのはソーセージ、ベーコン、焼いた肉です。
ポテトチップスとかフライドポテトとかチーズにも多いです。

焼く、炒める、揚げるという高温の調理法でAGEは爆発的に増えます。
茹でる、煮る、蒸すのほうが、少なくてすみます。
もちろん、一番少ないのはローフードです。
でも、食べ物に含まれているほうのAGEは、気にしているとキリがないですし、ほとんどは代謝されるので例えば一緒にディープクリアブラックなどの炭のサプリを飲んで吸着させればいいのかなと思っています。



これは、AGEの吸着実験ですが、いろんな炭の中でヤシガラの活性炭(右端)はAGEを100%吸着していました。次に良かったのが赤松炭(左から2番目)で56%。
元々は重金属や添加物、ガスを吸着するデトックスのために食べられる炭と土でサプリを作りましたが、このヤシガラ活性炭と赤松炭を多く入れていますので、焼いた肉や揚げたポテトなど食べ物に含まれているほうのAGEにも良いのが分かります。

しかし、どっちかというと、食べる糖質(炭水化物)によって体の中でAGEが出来て糖化現象が起きる方が根深い問題です。
例えば血管で糖化が起こると動脈硬化が進み、目の水晶体で起こると白内障が進み、骨がもろくなり、アルツハイマー病やがんとの関りもあるとされています。

肌で糖化が起こると、コラーゲン繊維が劣化し、ハリと弾力を失います。
角質や表皮で糖化が起こると保水力が低下して乾燥を招き、黄ぐすみが起きて透明感が失われます。



これまでの私の取り組みとしては、まず血糖値の急上昇を抑えることを重視してきました。
糖化は高血糖の時に起こりやすいので、GI値の高いものを出来るだけ避けるということを、ずっと行ってきました。

白いご飯、うどん、白いパン、白いパスタ、白い砂糖、ブドウ糖果糖液糖など・・・・
こうしたものは精製度が高く、GI値が高いのでまず出来るだけ避けます。
代わりにご飯は7分付きに雑穀混ぜるか玄米、うどんはそばか裸麦麺、玄米麺に、パンやパスタも分付きや全粒粉、料理の甘みは本みりん、お菓子の甘みはショ糖がほぼゼロで質の良い(果糖の比率が多すぎない)アガベシロップやはちみつ。
しかも量を食べ過ぎないこと。

さらには食べる順番です。
野菜か海藻を最初に食べる、出来ればそれにお酢をかける。
そうすれば、あとで食べる炭水化物の吸収を妨げ、血糖値の上昇を飛躍的に抑えてくれます。

抗酸化や光老化対策にも取り組んできました。
抗酸化出来ると、糖化もある程度防ぐことが出来るし、光老化をしないようにすれば、肌で起きる糖化も起きにくくなるからです。

しかし、そういった対策をしっかりやった上で、糖化にもっとアクティブに抗い、AGEを作らせない、出来てもある程度分解出来るようようなインナーケアやスキンケアが出来れば最強だなとずっと思ってきました。
実は、ずっとずっと糖化にアクティブに抗えるものを、探求してきたんですよ。
長くなりましたので、それがいったいどういうことなのか、次回また書きますね♪


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​
​​






Last updated  2018年09月19日 00時59分55秒
2018年08月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは。
お久しぶりです。

あまりにも忙しい毎日で、なかなかブログを書けずごめんなさい。
九州に行ったり、名古屋に行ったり、大阪に行ったり、北海道に行ったりなかなか目まぐるしい日々でした。

西日本豪雨、本当に大変な被害でしたね。
心よりお見舞い申し上げます。
夫の実家が東広島なのですが、家や家族は無事でした。
ただ、道路や電車が封鎖されたり、田んぼの水路が遮断されたり、いろいろな爪跡を残しているようです。
毎年、息子は夏休みに広島のいとこの家に遊びに行くのを楽しみにしていますが、今年は行けません。。。
1日も早い復興を願っています。

6月、札幌のハマナス畑で、ハマナスのバラの花が満開になりました。





いつも、行くとき時期がちょっとずれていて、満開の時に行ったのは初めてで。
朝5時に起きて、朝摘みのお手伝いをして、ラボに運んで蒸留まで見届けて、出来立ての細胞水を飲んだ感動は忘れられません。

水をまったく使わず、本当にハマナスの中に巡る細胞水だけを、蒸留器を真空状態にすることで、わずか35℃で取り出すんです。
とても香り高い細胞水。
魔法のような水です。
飲んでも不思議なことが起こりますが、肌に付けても美しい肌に整えてくれます。
この細胞水で美容液とクリームを作っています。

そう、そして6月に植えた大分県、中津江村のササニシキが、もうこんなに成長しています。







すごいでしょ?
1本~2本植えなのに、この分けつ力、この茎の太さ。
まったくの無農薬、無肥料。
5年目のすごさ!どんどん良くなっています。
9月の稲刈りが、本当に楽しみです。

猛暑のため、各地で熱中症の方が相次いでいるようです。
7月の熱中症の死亡者は東京23区だけでも96人で去年の4倍だそうです。
今日も40℃以上のところもあり、注意が必要ですね。

私たちの体では常に熱が作られていますが、皮膚から逃がしたり、汗をかくことで熱を逃がし、体温は36℃前後に保たれています。
熱中症とは高温多湿な環境の中ですごしたために、体温が上がりすぎ、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能が働かなくなり、めまいやけいれん、頭痛、失神などを引き起こし、重篤な場合は死亡することもある病気のことです。
なぜ多湿がいけないかというと、高温な上に湿度まで高いと、汗が蒸発しにくくなり、体温が下がりにくいんです。


​​汗は、体温を下げるために出るんですが、汗が蒸発する時の気化熱で体内の熱を逃がしているので、ただ汗をかくだけじゃなくて、それが蒸発しないとダメなんです。​​​
​​これは、打ち水と同じ原理ですね。​​


一口に熱中症と言っても、実は熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病といういろいろな状況があります。
体温の上昇を抑えるため、熱を外に逃がそうと体全体の血流が良くなりすぎ、血圧が下がって脳が酸欠を起こします。これが熱失神。​​

また体温上昇を抑えるために、汗をかいて体温を下げようとします。
それなのに水分補給をしないと、水分不足になり倦怠感、吐き気、頭痛などの症状が起こりますが、これが脱水症状で、熱疲労と言います。

汗で水分だけじゃなくミネラルも失われ、ナトリウム不足になると筋肉がけいれんを起こします。これが熱痙攣です。

それでもまだ体温が上がり続けると、脳に影響が及んで倒れて意識不明になります。これが熱射病というもので、かなり命の危険が出てきます。

症状としてまとめると下記で、下に行くほど重症です。
2番からは病院に連絡したほうがいいレベルだそうです。
1、めまい、立ちくらみ、筋肉がつる、汗が多量
2、頭痛、吐き気、体がだるい
3、意識がない、痙攣、まっすぐ歩けない、体温が高い

65歳以上が8割を占めるとのことですが、40代~50代も多いようですし、小学生にも亡くなる方が出ています。
乳幼児も汗腺が未発達のため、注意が必要です。
高齢者は、そもそも体内の水分量が少ないので、すぐ水分不足になりがちな上、体の感覚が鈍くなっていて暑さや喉の渇きを感じにくくなってるので、要注意中の注意です。
毎年千人近く亡くなっているそうですが、今年の状況はかなりまずいのではないかと思います。

熱中症がこんなに増えた背景には、地球温暖化のため、気温が上昇していることは、もちろん大きな理由です。
水分不足になりやすい高齢者の比率が増えたことも大きいです。
都会のヒートアイランド現象の影響もあります。


​​ただ、それだけじゃなく空調の完備や、室内と外気の温度差が激しいため自律神経が乱れ、私たち自身の体温調節機能が落ちてきているということもあると思います。


エアコンの温度を必要以上に下げすぎない、たまには湯船につかって汗をかいたり、涼しい環境で適度な運動で汗を流すなど、汗をきちんとかける体、体力のある体に日頃からしておくことも大事だと思います。

5月6月あたりに39℃~40℃くらいのお風呂に15分から20分浸かって、汗をかいておき、夏に備えておくというのも良いようです。
私は夏でも週一ではお風呂につかります。

他にも、睡眠不足や肥満の方、心肺機能や腎機能が落ちている方、前の日に飲みすぎている方、朝食抜きで空腹の方などは熱中症になりやすくなります。
気をつけて下さい。

熱中症予防に水分補給は欠かせません。
その際、ただの水分じゃなく、塩分が含まれていたほうが良いです。
ほんの少しの糖質があったほうが腸での水分吸収が良くなります。
さらに、出来ればクエン酸があったほうが、疲労回復にいいです。

以上を鑑みて、私がおすすめする手作り熱中症予防ドリンクは下記です。

1、梅酢水

用意するもの
ミネラルウォーター500ml、梅酢大さじ1弱、生はちみつ小さじ1

以上を混ぜる

2、梅干水

用意するもの
ミネラルウォーター500ml、梅干し中1(種を取る)、生はちみつ小さじ1

以上を混ぜる。
梅干しは水の中に入れてから箸でつぶすとかでOK



塩分濃度は同じくらいなので、どっちでもいいと思います。
見た目は梅酢のほうがきれいです。
はちみつは私はマヌカハニーを使い、水はojasです。

そうそう、縄文時代の奇跡の封存水ojasが、5月からナチュラルローソンでも売っています。
ナチュラルローソンがあるのは関東だけですが、出先で入手しやすくなったので私も嬉しいんです。
シリカや有機ゲルマニウム、亜鉛が多く、硝酸態窒素はゼロに等しいピュアな軟水です。



和歌山県立医大の宇都宮先生の研究で、炎天下の環境で異なった水分補給を行ったマウスちゃんで、水だけを飲んだ場合、塩水を飲んだ場合、梅干し入りの水を飲んだ場合で、一番活動量が低下せず、過酸化脂質が減ったのは梅干し入りの水でした。
梅干しって、すごいですね!

いざ熱中症になってしまった場合は、呼びかけに答えないなどの重症な場合はすぐ救急車を呼びますが、そうでない場合、あるいは待機中でも涼しい場所や日陰のある場所に移動し、衣服をゆるめ安静に寝かせます。
水分を飲めそうなら水分、塩分を補給します。

エアコンがあればエアコンなければ扇風機、うちわなどで風をあてて体を冷やし、出来れば氷のうなどでわきの下、ふとももの付け根など太い血管の部分を冷やして下さい。
アメリカの疾病予防管理センターでは熱中症患者には、15℃以下の氷風呂や冷水で、可能な限り早く冷やすことを推奨しているほど、熱中症発症後には冷やすという行為がとても重要です。

体温調節が出来ないこと、体温調節が狂うのはとても怖いこと。
そして体の60%~70%は水、5%はミネラルで出来ていることを決して忘れないで。
体の異常に、ちゃんと気づける自分であろう!



​​​​1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​






Last updated  2018年08月06日 01時57分54秒
2018年06月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​みなさま、こんにちは!

すごくお久しぶりです!
そうこうしている間に、ついに50歳になりました。
わーお!!



↑夫が作ってくれたオーガニックラズベリーケーキは無限大マーク入り。
美味しかったです♪

このブログを始めた時は37歳だったわけなので、そこから13年も経つわけですか!
37歳でアンチエイジングの鬼になると決めて、ナチュラルオーガニック道を極めることで、体の中から若々しく生きると決意したことを覚えています。

ないものは作るしかないと、その探求を商品開発に活かすことにもなり。
今まで数百種類も商品を作ってきました。



↑最近はこれ。ホルモンをテーマにしたオーガニックビール。
ビールの試飲もある「女性ホルモンセミナー」も二日にわたって開催しました。



↑市井紗耶香さんと山田まりやさんもご来場下さいました♪



↑セミナーでは、女性ホルモンケアに詳しい、オーガニックスペシャリスト吉川千明さんとも
対談させていただきました。
いろいろなことを乗り越えて、美しい笑顔で笑い飛ばす千明さんお話ししていると、未来に希望も持ててめっちゃ楽しかったです。

更年期と言われるのは45歳から55歳。
まさに私は真っただ中にいます。

今のところ、生理周期はきちんとあり、日にちが若干減った以外とりたてて変化はそんなにはありません。
ただ、鬼と言えども例外はなく、今後徐々にいろいろな変化が出てくるんだろうと思っています。

女性ホルモンを分泌しているは卵巣の中の卵胞。
卵胞とは中に卵子が入った膜のようなもの。
おぎゃあと生まれた時に、原子卵胞200万個を卵巣の中に大切にしまってきた私たち。
だから、卵胞年齢は、私たちの実年齢と同い年。
卵胞も自分と同じだけ老いるのです。
しかも年齢と共に卵胞の数は減り、決して新しく増えることはありません。

脳の神経細胞は新生することが分かっても、卵胞が新生する話は聞かない。
しかも毎月排卵していく1個だけでなく、そのたびに裏では厳しいオーディションが開かれており、毎月300個から1000個の卵胞がエントリー。
成熟卵子に育たなかった、オーディションに落ちた残りの卵胞も、毎月消えていきます。

1年間に卵胞の5000個以上が消えていく、、、
思春期には20万から30万あった卵胞も、25歳で12万。
30歳台で6万~7万。
そして40代以降いきなり5千個近くにまで落ち込みます。
閉経年齢の平均は約50歳~51歳。

閉経する時、卵巣には千個くらい卵胞がまだ残っているそうですが
それも、そのうち体内に吸収されて消えてしまいます。

エストロゲンにさらされる時間が長すぎると、今度は婦人科系ガンのリスクも上がるので、ダラダラ長く分泌されていればいいという話でもありません。
こういう観点から、大事なのは次の4つ。

1、エストロゲンは、ほどよく分泌されているのがいい
2、卵巣の衰えが、急激に来ないよう卵巣のアンチエイジングは必須
3、ホルモン&自律神経の中枢、間脳のケアは大事
4、副腎をケアする

この中で、私が今とても注目しているのが4番の副腎ケアです。
卵巣の卵胞がゼロになっても、副腎でDHEAが分泌されるので、そこからエストロゲンが作れます。
ここは努力次第で、高い濃度を保つことも夢ではありません。
それだけでなく、、、


​​副腎は、すべてのホルモンの基盤となっているため、
ここが崩れると全身のホルモンバランスが総崩れになるのです。​​
だから、副腎ケアは非常に大事だと考えています。



まずは副腎から出てるホルモンDHEAとコルチゾールのバランスがとても大事です。
アンチエイジングホルモンDHEAが増えると、ストレスホルモンコルチゾールは減りますが、
コルチゾールが増えると、DHEAが減ってしまう関係にあるからです。
このあたりは「老けないオーガニック」に詳しく書きました。

ただ、老けホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」は、慢性的にずっと分泌されない方がいいけど、だからってあまりに分泌されすぎても副腎が疲労して、今度はコルチゾールもDHEAも出しにくくなったり、バランスがおかしくなったりします。
その状態を「副腎疲労」と呼び、体に取っては本格的な大問題に発展します。

例えば朝増えるはずのコルチゾールが少ないままのため起きづらく、日中もぼんやりしてしまい、でも夜は少ないながらダラダラ分泌されてしまって不眠になるというようなことが起きます。

常に疲労感があり、落ち込みやすかったり、免疫も下がるので感染症になりやすくなり、甘いものや塩辛いものや刺激物を好むようになったりします。

また、ストレスが強すぎてコルチゾールがいつも優位だと、副腎髄質から分泌されるアドレナリンやノルアドレナリンまで多くなってしまい、動悸や、過呼吸、不安感やパニックを引き起こしやすくなるそうです。

逆に副腎髄質からのホルモンが低下しすぎる場合もあり、今度はアドレナリンを一気に上げたくなるので「突然キレる」という行為に出てしまう場合が!
こういう方、まわりに一人はいるかもですね(+_+)

副腎髄質ホルモンにはドーパミンもあるので、低下するとドーパミンが枯渇して、ギャンブルや買い物、ゲーム、過食などの依存症を引き起こす場合もあるそうです。

副腎は、すべてのホルモンの基盤となっているので、生理周期まで乱れたり、性欲が減退したり、更年期障害やPMSも悪化します。
そしてうつ、高血圧、糖尿病、動脈硬化などのリスクも上がっていきます。

この場合のストレスって、何も精神的なものだけじゃないんです。
働きすぎだったり、睡眠不足、添加物、薬品、有害化学物質、大気汚染、騒音、猛暑、夜のブルーライトなども体にとってはストレスとなります。

副腎が疲労している方は、副腎関係のホルモンが作られる時に、あっちこっちでビタミンB群が使われるため、だいたい足りなくなっているので、まずはB群を摂ってあげるととてもいいそうです。

豚肉、うなぎ、魚、卵、納豆、味噌、貝、青菜、ニンニク、バナナ、ナッツ、胚芽米、海苔など​


↑サプリだとビープルbyコスメキッチンにも売っているノバスコシアのこれとかもB群が摂れます。

その他、副腎をサポートする栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、マグネシウム、セレン、DHA、EPAがあります。
逆に避けたほうが良いのは、カフェイン、小麦グルテン、乳たんぱくカゼイン、食品添加物や化学物質だと言われています。

ホルモンケアは奥深いので、また時々テーマにしたいと思います。


卵巣のアンチエイジングも大事だけど、
長くお世話になる副腎ケアも大事!!
副腎は疲労させず、DHEAのビューティーな恩恵を受けたいっ!!



名古屋でのわたしのセミナーの告知です。
高島屋でのナチュラルスタイルビューティー展に今回も参加します。
7月4日(水)~9日(月)まで開催。

セミナー名:「肌負担ゼロ!光老化対策」
日時:7月7日(土) 13:00~13:30
※予約制ではございません。無料です。
JR名古屋タカシマヤ 10F催事場 イベントスペース

6日金曜日も、午後からお店にいますので、お悩みの相談など気軽に声をかけてくださいね。



​​1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


鬼のインスタ
https://www.instagram.com/katsutasayuri/


老けないオーガニック_カハ゛ー 帯ありss.jpg
4年ぶりの新刊「老けないオーガニック」好評発売中!


現在、私のオーガニックブランドでは業務拡大のためスタッフを募集しています。
良かったらぜひご応募くださいませ!
http://www.amritara.com/company/recruit.html​​​






Last updated  2018年06月27日 03時02分20秒
このブログでよく読まれている記事

全762件 (762件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 77 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.