19498934 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

Rakuten Profile


korridaさん

細胞からの若返りを目指して今年48歳

フォローする

Free Space

ブックマーク

私の治療院です
ナチュラルカイロプラクティック

私がプロデュースしているコスメブランドです
国産オーガニックコスメ「アムリターラ」

アムリターラ直営店です
「アムリターラハウス」(表参道)

アムリターラのfacebookです
アムリターラのfacebook

私のツイッターです。ほとんどつぶやきません。
鬼のツイッター


インスタグラムです。地味にやってます。
鬼のインスタ

Recent Posts

Category

Archives

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

全735件 (735件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 74 >

2017年04月11日
XML
みなさま、こんにちは!

ちょっとお久しぶりになってしまいました。

私の4年ぶりの新刊が5月1日に出るのですが、今週はその本の最後の校了で。
久しぶりに、鼻血が出そうなほど大変でした(/・ω・)/
まだ終わっていないんですが、だいぶ終わりが見えてきたかな。


タイトルも決まりました。
「老けないオーガニック」です!!


最初は「アンチエイジングの鬼エボリューション」とかって言ってたんですが(笑)
中身が極まったナチュラル道なので、ちょっと合ってないないんじゃないかということで、こうなりました。
結構気に入っています。

表紙の撮影もしました。
今回もまた、カメラマンは鈴木希代江さん、メイクは佐野ヒカルさんにやって頂きました。

ヒカルさん、4年前お会いした時にはキラッキラの王子様でしたが、今回はエレガントな女性になっていらっしゃいました。
ヒカルさんは王子様もエレガントレディもどっちも似合います。
あいかわらずすごくかわいくて、純粋で、素敵な方でした。
うまく言えないんですが、妖精みたいな人なのでジェンダーフリーなんです。

メイク用品は、ほとんど全部私の用意したものでやってくださいました。
まだ開発途中のアイシャドーとか、口紅も使って下さったんです!

さて、出来上がりはこうなりました!

S_0311.jpg


実物より3割増し、いや5割増しに撮れてると思います!
タイトルも「老けないオーガニック」だし、今回はいつもの白衣じゃなくて、ナチュラルな雰囲気でいこうということで、講演会でよく来てるコットンガーゼの服になりました。
この服たしか、5年前から着てます。

ヒカルさんのメイクはチーク使いがポイントなんですよね。
正面に立体的に入れるチークやツヤ感を残した肌作りで、フレッシュな感じでメイクして下さるんですよね。
いやー、メイクって面白いな~

ちなみに、撮影場所はうちの会社の会議室です。
化学物質ゼロの自然施工なので、壁もホタテとヘンプの漆喰で、スタジオより雰囲気が良いということで選ばれました。

髪の毛を上げたバージョンも撮ってくれまして、こちらは著者近影に使われる予定です。

S_0186.jpg

ほわーっとしてて、こっちも気に入っています。
ネックレスは、表紙の方はあんまり見えてないんですが、こっちはちょっとは分かりますかね。
しょっちゅう私が鬼のように付けている「ピンクコバルトカルサイト」という天然石のハートのネックレスです。

17855217_1293005387481505_396933755799718167_os.jpg

アフロディーテの石とも言われ、愛と美を象徴し、生来の才能や目的を思い出させ、喜びと幸福を与えてくれる石だそうです。
過去のトラウマに囚われている心の怖れや悲しみを取り除き、自分を許して受け入れることを助ける働きもあるそう。

前にもご紹介した「pierre-deau」の桜井さんの作品です。
彼女が選ぶ石が大好きなんですが、現在育休中のため、なかなか作って頂けない上に今月からハノイに行ってしまわれたので、当分新たなものは難しそうですが、これまでのものを大切に使わせていただきます。

ピンクコバルトカルサイトは、カルサイトという天然石の1つで、カルサイトの主成分はカルシウム。
これは、その中でもコバルトを含むことによってピンクに発色している珍しい石。
コバルトは乾燥していると青くて、水を含むとピンクになるそうで、たしかにコバルトを持つビタミンB12はピンクですもんね。


でもそれが自然界の中で起こって、たまたまこんな色の石になるってすごいなーと思います。


毎日、施術の時以外は何かしらの天然石のネックレスをつけない日はないというくらい、私は天然石好きで。
パワーストーンとしての効果効能を全部覚えてたり、意識してはないんですが、ちょっとお守りみたいな感じで、つけていると寄り添ってもらっているような感じがします。

17855097_1293460197436024_1166852548505317962_os.jpg


これも気に入っている3つです。
左からルチルクォーツ、ガーデンクウォーツ、ウォータドロップクウォーツ。
ルチルクウォーツは針状の金紅石が自然に入っている水晶。
ものすごく強いパワーがある天然石です。

真ん中のガーデンクォーツはクローライトという緑泥石が水晶の中に自然に入っているんですが、その様子がまるで草原や山など自然の風景が閉じ込められたかのように美しいことから、ヒーリング作用が非常に高いと終われる水晶です。
この2つはシャーマンが瞑想やヒーリングによく使っていたと言われるもので、だいぶマニアックです(笑)

さらにマニアックなのが一番右。
ウォータードロップクウォーツ。
水晶の中に、太古の水が内包されているんです。
古いもので一億年くらい前の水だそうです。

天然水晶が地中で成長していく過程で、地殻の大変動や環境の劇的変化によって水晶のまわりに水が入り、その後再び水晶が成長する間に偶然、水が内側へ封じ込められたそうで、数万個に1個程度しか発見されない貴重な水晶だそうです。
浄化のパワーがとても強い天然石です。


ウォータードロップクウォーツの中に入っている太古の水は
古代中国では「不老長寿の妙薬」って言われてたんですって!


まじかー!
でも、いくら私がアンチエイジングの鬼でも、割って飲んだりしませんよ!(笑)

でも、たしかに水晶の主成分はシリカ。
要するにシリカが結晶したものが、水晶なわけです。
その中に1億年も閉じ込められてたら、ものすごいシリカ水になってそうではありますね。
こないだご紹介した、縄文時代のお水も岩盤層に1万年も封印されてきた水なので、ある意味ドロップクォーツ的ですね。

シリカは地球の表層の60%を占めています。
私たちの体内に約20g存在していて、特に骨、関節、血管、細胞膜、皮膚、毛髪、歯、爪、筋肉に多いです。
コラーゲンを束ねて、コラーゲンの密度や結びつきを高めているのがシリカなので、シリカ不足は老化現象全般に関連していることが分かっています。

シリカが体にちゃんとあると、肌にハリが出て、爪や髪もきれいになり、骨や歯も丈夫になります。
あと、面白いのは、シリカがミトコンドリアの働きを活性化させる作用。


ミトコンドリアは1つの細胞に数百個~数千個いて、私たちが生きるエネルギーを作ってくれている存在なので、ミトコンドリアが元気なら、要するに最強のアンチエイジングなわけです。


しかも抗酸化作用も強いです。
でも、じゃあシリカの多い水晶を粉にして飲めばいいかというと、結晶性のシリカなので水にも溶けず、すごく吸収が悪いです。
ただ、長い年月の間に、自然に水に溶けたものであれば、吸収性は良くなっています。
だから、ウォータードロップクウォーツの中の水も、さぞやすごいだろうなぁ。

ただ、私たちが一番有効利用できるのは、植物がいったん吸収して非結晶性となった水溶性のシリカです。
鉱物由来のシリカより、サイズも小さくて約60分の1です。

大麦とかキビなどの穀類に多く、お米だと稲の籾殻に約20%もの非結晶性の水溶性のシリカを持ちます。
あとは海藻やアスパラガス、とうもろこし、じゃがいも、赤かぶなどです。

昔から私は、すぎな由来のシリカサプリを飲んでたんですが、コーンシロップが含まれるようになったんで、ちょっと嫌だなーと思ってやめてました。

で、スギナよりシリカが多い稲もみ由来がいいなーということで、三重県の無農薬の稲から抽出したライスシリカが出来たんです。

17630048_1277370745711636_6136350596750830319_ns.jpg

吸収を良くするため、水に溶かして濃縮液にしてあります。
シリカ以外にもマンガン・セレン・コバルト・亜鉛・クロム・カリウム・モリブデン・マグネシウム・カルシウム・リン・硫黄・銅・ナトリウム・鉄・バナジウム・ホウ素・ニッケルなんかも含まれてます。

このライスシリカって本当に浸透性が良くて、乳化作用もあるんで、水だけじゃなくて油にも溶けるんですよね。

ごま油↓
sirica1.JPG

ライスシリカを20滴入れる↓
sirica2.JPG
なんと!きれいに混ざっちゃいます。
この作用で、血管壁のコレステロールの排出も助けると言います。

あと浸透が良い証拠に、お茶とかの抽出も良くなります。
sirika.JPG
↑左のお湯にシリカを入れています。

ケイ素イオンが微細な振動をしているので、これによって溶解力や分散力があるんです。
細胞への栄養の吸収や、老廃物の排出など代謝も促進してくれるので、デトックスや新陳代謝が活発になります。

シリカは熱にも強いし、これは少しならお茶の味にもそんなに影響しないので持ち歩いてるルイボスティーの水筒の中に入れちゃったりもします。


天然石の持つパワーと、シリカのパワーに包まれて、
本の校正、追い込み頑張ります!!!!



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年04月12日 14時32分38秒
2017年03月22日
カテゴリ:水について
みなさま、こんにちは。

なんだか日によって、寒い日もありますが、うちの畑はすごいこと春です。

まずこちら。
なんだか分かりますか?

niwaburo.jpg

なんと、ブロッコリーの花です。
この子は種取りするのが初めてなので、花までいったことなかったんで、初めて見ました。
かんざしのような、なんだかものすごく華やかなお花です。

niwareta.jpg

こちらはレタスのタワーです。
もうすぐ花が咲く寸前って感じのところ。

今年もいろいろ種取用に残しているので、庭はすっかり野菜のお花畑になっています。
朝起きて、カーテンを開けるのが楽しみな季節です♪


さて、更新が遅くなってしまいましたが、近況報告です。
実は5月1日に大阪の梅田に私のオーガニックブランドの直営店の2号店を出すことになりまして、今は準備に大忙しです。
表参道の一号店開店から、はや6年。
もう少し早く出したかったのですが、新商品やフーズの開発に夢中になっているうちに、あっという間に6年たってしまいました。
いやー、人生短い。

梅田は、私が小中学校をすごした地元中の地元なので、やっぱりここでやりたかったんですよね。
最初は路面店も考えて不動産屋さんもめぐっていたんですが、なかなかいい物件もなく。
そんな時、ルクアイーレの9階の蔦屋書店さんから出店のお話をいただきまして、実際行ってみて、あっ!ここだ!と運命を感じました。

私は小さい頃から本屋が大好きだったんです。
学校をずる休みして、梅田の本屋で立ち読みしていて怒られたことも、今では懐かしい思い出です(笑)
本はあらゆる世界と通じている、この世のアカシックレコード。
うちのブランドのお客様も、本や文字を読むことが好きな方が多く、本屋の中にお店があるというのは、すごく親和性があるんじゃないかって思いました。

ahumeda.jpg

↑これが完成予想図です。
またまた国産の低温乾燥の無垢材で、接着剤なしで作った什器とホタテとヘンプの漆喰の壁という自然施工で作ります。
本屋の中で美容や健康の本を見ていたら、いつのまにかお店に入っているというような面白い作りです。

蔦屋書店の中には、なんと500席も椅子があるので、購入前の好きな本を手にドリンクを飲みながら読書も出来るという空間になっています。
5月1日の夜には、新刊の発売とお店のオープンを記念した私のトークイベントもやる予定なので、またブログでお知らせしますね。


さて、本のほうもレイアウトやイラストの段階に入っていまして、ぼちぼち文字の最終調節の時期が、時間の問題で来るので、ドキドキと身構えています。
文字をいっぱい書きすぎてしまったので、入らない個所も出てるとのことで、ちゃんとはまるように整えていくのが最後とても大変なんですが、がんばります!

それと共に、あいかわらず商品開発もがんばっています。
私のアンチエイジング研究は、ナチュラルビューティーエイジングに良いものを探求し、それを理想の形で開発していくという段階に入っていまして、それはもう楽しくて仕方がないんですよね。
コスメだけでなく、同時並行で食品などもいろいろ開発しているのですが、今回出会ったのは「水」です。

昔からこのブログを読んで下さっている方はご存じだと思いますが、水に関しては私はもうさんざん探求して、いろいろ試してきたのですが、pHが中性前後で、軟水で、汚染がない天然水であれば、もう何でもいいやという境地に達していました。

最近は、蒸留器を買って浄水器を通した水道水を蒸留して純水にしてしまって、そこに阿寒湖の石を入れて自分でミネラルウォーターを作ったりとかもしていました。
それも気に入っていたのですが、久しぶりにちょっと唸るような水に出会ってしまったので報告します。

この水は、田植えでお世話になっている大分県日田地方の水です。
水郷と言われるだけあって、日田地方の水のおいしさには田植えと稲刈りの時に、山の湧水をそのまま水筒に入れて飲んでも、めちゃくちゃおいしいので、ちょっとこの地域の水の美味しさは次元が違うなとは思っていました。

ojas7s.jpg

ただ今回見つけた水は、そういう普通の湧水ではないんです。
大分県日田地域の中で、古くから龍の神様が棲むと語り継がれている高台の場所がありました。
最初は温泉を掘って、仲間たちと住むケアハウスを作るつもりで、地主さんがここの岩盤を掘り進めたのです。
ところが掘ってみると、その地層は硬いのなんのって!
特殊で非常に硬い岩盤をどうにかこうにか数年かけて、やっと700m以上掘ったところで、その水は湧き出してきました。
この水や地層を分析に出したところ、すごいことが分かりました。


含有炭素による年代測定をした結果、この水は約1万年前の水だと判明したのです。
1万年前と言えば、縄文時代初期。
陸続きだった日本列島が現在の4つの陸(北海道、本州、四国、九州)に分かれた時期のお水だったのです。



なぜこんないにしえの水が大量にこの場所に存在しているかと言いますと、縄文時代初期の地殻変動で岩盤がズレて、硬くて分厚い岩盤層と岩盤層の間に水を多く含んだ地層が、奇跡的に封じ込められ、手付かずのまま保存されたのです。
こういう特殊な状況で、美しいまま手つかずで閉じ込められた水は世界的にもとても珍しく「封存水」と言うそうです。

ojas6.jpg

ojas4.jpg

ojas5.jpg

温泉を掘り当てようとした地主さんが、たまたま掘削機を、この自然界の真空パックになった閉じ込められた岩盤と岩盤の間にストローのように差し込んだがゆえに、発見されたお水だそうです。

温度が低めですが、れっきとした温泉水でした。
そのまま温めなおせば、温泉にすることも出来ます。
しかし、この水は温泉水に特有の臭気やクセもまったくなく、口に含むととてもまろやかで、あまりにもおいしかったことから、飲料水にこそ最もふさわしいのではないかということで、更なる分析にかけたそうです。

すると、奇跡の水として名高いフランスのルルドの水やドイツのノルデナウ地方の水などに含有することで有名な「有機ゲルマニウム」が含まれることが分かりました。
1Lに8μg含みます。

有機ゲルマニウムは赤血球を増加させる作用があるので、貧血症状の改善が期待出来ます。
また、酸素との相性がとにかくいい物質なので、体内の酸素量を増やし、細胞にすむミトコンドリアを元気にさせてくれます。
また、活性酸素を除去したり、老廃物や毒素排出をうながします。

霊芝、高麗人参、アロエ、ニンニク、クコの実などの、昔から漢方薬として欠かせない素材にも有機ゲルマニウムが豊富に入っていますよね。

もう1つのこの水の特徴が、亜鉛を1Lに180㎍含むこと。
亜鉛はコラーゲンの合成、味覚異常、脱毛、不妊、免疫低下、肌荒れなどに関わるミネラル!
活性酸素を除去するSOD酵素など、亜鉛のサポートを受ける体内酵素は200種類以上もあります。
DNAやたんぱく質、ホルモンの合成や体の成長、新陳代謝に欠かせないですし、味覚を感じる細胞、味蕾(みらい)の形成にも重要な役割があり、女性ホルモンの分泌、生殖機能の維持にも重要です。

もう1つの特徴がケイ素(シリカ)を多く含むことです。
1Lに61mgという、かなりの含有量を誇ります。
シリカは美しい肌、髪、爪、骨に必須のミネラルです。
コラーゲンをしっかりと結びつけ肌の弾力を保持したり、カルシウムを運んで骨を強くしたり、血管へのコレステロール付着も防ぎます。

私がアンチエイジング研究で注目していたミネラルたちが、1万年という歳月をかけて岩盤層から溶け出して、すべて含まれる水であったということもすごいんですが、だからといって硬度は62で軟水なんです。

日本人がおいしいと感じる硬度は50前後ですし、硬度が高いと毎日飲むのにきつかったり、飽きたりしますが、それがないのもいいと思いました。

もう1つがpHですね。
私たちの細胞液のpHは約7.4。
私は、普段飲む水は細胞液のpHに近いほうが体に負担がかからないと考えていたのですが、この水のpHは7.7。
弱アルカリ性なところも、何もかもベスト。

こちらは、釘を水に漬けこんで時間を置いた実験写真。

ojas1s.jpg

ojas2s.jpg

弱アルカリということと、シリカやゲルマニウムの抗酸化作用によって、釘が錆びないようです。

最後にもう1つ、化学肥料の増加や畜産の排泄物、工場・自動車などから排出される排気ガスによって近年、ミネラルウォーターに含まれることが問題になっている「硝酸性窒素」や「亜硝酸性窒素」がないこと。

硝酸性窒素は、体内で亜硝酸態窒素に変化して血液の酸素運搬能力を奪います。
乳児が硝酸態窒素を大量に摂取するとチアノーゼ(血液中の酸欠状態)になり、体が青紫色になることからブルーベビー症候群と呼ばれています。

また、硝酸態窒素は体内でアミノ酸と結びついてニトロソアミンという発ガン物質になると、毒性も強くなります。
ニトロソアミンはガン、肝障害、生殖機能の障害を引き起こすと言われています。

WHOは、飲料水に含まれる硝酸態窒素濃度の上限値を10 ppmとしています。
10 ppmの硝酸態窒素を含んだ飲料水を飲むと、尿中のニトロソアミン濃度が上昇することが分かっています。

私がミネラルウォーターの探求に興味を失ったのは、この硝酸性窒素を調べた実験結果を見たことも大きな理由の1つでした。

http://tabemono.info/report/report_7_216_2.html


今回見つけた水は、要するに1万年前のミネラルウォーターなので、まだそういった汚染が存在しないのです。
汚染物質がないので、水に完全に溶けきった含有ミネラルの体内吸収率も良く、デトックスにも最適な水だと思います。
あと、この水でお茶を淹れると抽出が早くて味が美味しいということもお気に入りのポイントです。

奇跡の封存水ということで量が気になりましたが、封存空間は相当広いので、十分な量がまだまだあるそうで、あまりにも気に入ったため、これを商品化させていただくことになりました。来月には出せそうです。

17308937_1269296803185697_1050255595588839868_ns.jpg

↑出来てきたパッケージです!
岩盤層と、美しい水をイメージ。
名前はサンスクリット語で「生命の源」、「活力」を意味する「ojas(オージャス)」と名付けました。


私たちの体の70%は水で出来ている。
ビューティーエイジングに嬉しいミネラルが多い、
縄文時代の清らかな水に細胞水チェンジ!




1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村





ただいま、梅田蔦屋店の店長と販売スタッフを募集しています!
詳しくは、こちらを御覧ください。
http://www.amritara.com/company/recruit.html





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年03月22日 11時55分09秒
2017年03月01日
みなさま、こんにちは。

気がつくと、3月ですねー!

2月はひたすら本の原稿を書いておりました。
私はゆったりと少しずつということが出来なくて、やり出したら止まらない集中型なもんで、ひたすらひたすら書き続けていました。
もちろん、その間治療院と会社は休まなかったんで、仕事が終わってからとか、休日とかに集中してやっていたんですが。

genko2.jpg

全200ページ書けました!!!
いやーーー脱力ですーーーー!!!!



ここからまだ細かい直しや、イラスト書いてもらったり、写真撮影とかもありますが、とりあえず原稿は終わったんじゃないでしょうか!!
相当濃いですよ。4年ぶりですから。
オーガニックビューティーエイジングとは一体何なんだということを、基礎、実践、変化球、全部書きました。

7年前に出した「アンチエイジングの鬼プレミアム」の時の編集者さんで、私の芸風をよく心得てくれています。
私が本をまた書きたいっ!て思うまで、待ってくださっていた編集者さんでもあります。
本当にありがたいです。

本は5月1日発売予定です。
読むと読まないとでは、人生が変わってしまうかも?!
ぜひぜひ、読んでくださると嬉しいです!!


さて、うちの畑の様子を少し。

retasu.jpg

↑レタスとブロッコリーを収穫しました!!
ちょっと遅いんですが見守っていまして、これ以上はもう花が咲く(笑)って思って。
あとのものは種取りに残しました。

手前味噌ですが、自然栽培なのでここまで塔立ち寸前でも苦くなく、すんごく素直な味で美味しかったです。
やっぱり畑の土は、劇的に良くはなってきています。
ぼちぼち春の種まき準備もしないとな。

春と言えば、植物が花を咲かせる季節。
うちの畑も、すでにかなりの野菜の花が咲き始めています。
急に真っすぐに上に茎が伸びて行くので、その姿たるやいつも感動的です。

野菜もすごいですが、この時期の樹木の樹液というものにも、植物を芽吹かせ、冬の体から春の体になるための魔法のエネルギーに満ちています。

例えば寒さにも枯れずに負けない底力を持つ白樺の樹。
この白樺の樹液は、スーパーオキサイドという最も頻繁に発生する活性酸素を除去する力が強く、肌につけるとシワにも効果的です。
40歳になると40日にもなってしまうという肌のターンオーバーを正常にするので、優しい美白作用もあります。
肌に必要な糖質やアミノ酸、酵素なども含まれているので、肌バリア機能を引き上げ、角質の水分量も上げてくれる作用があるので、これを非加熱のまま化粧水にするということを、ずっと数年続けています。

去年、日本固有の山ぶどうに出会ったのですが、これまたすごいんじゃないのかなーと思いました。
山ぶどうはもともと日本の北部の冷涼地に自生してきた、日本の貴重な在来種の野生果実です。
雪深い岩手の冬にもめげずに育つ山ぶどう。
どんだけフィトエナジーがあるか、考えただけでもすごそうです。

yamabudou3.jpg

山ぶどうの果実はそのままだと渋いのですが、薬効があまりにもすごいので、岩手では山ぶどう酒にしたり、数年寝かせて熟成させるととても甘くて飲みやすくなるので、栄養ドリンクとして産前産後の妊婦さん、風邪をひいた時などを中心に飲まれてきました。

一般的なぶどうと比べ、山ぶどうはポリフェノールが約2倍、鉄分が約3倍、カルシウムが約6倍、マグネシウムが約2倍、βカロテンが約10倍、ビタミンEが約11倍も含まれていたんです。
中でも、ポリフェノールの王様と呼ばれる「プロアントシアニジン」や「レスベラトロール」が特有成分なんですよ!

山ぶどうのポリフェノールは糖化によって生成される「AGEs」の生成を防ぎ、肌のコラーゲンの糖化も抑制してくれるようです!


秋にはヒグマやツキノワグマが、この実を食べて冬眠に入るらしいですが、こういう冬眠前のクマが食べるようなものって、絶対天然のすごいサプリメントの予感しかしません(笑)


yamabudou4.jpg

この山ぶどうを、50年近くにわたって農薬を使わないで自然の力に任せた栽培を行ってきた農園がありました。
搾ったばかりでは栄養価が高すぎて、飲みづらい果汁ですが、真空にした樽で3年以上熟成したあとではまるで魔法のように飲みやすくおいしい果汁へと変化するとのことで、果汁を飲ませていただきました。

yamabudou5.jpg

ワインを深く熟成させたように芳醇な香りと、濃厚な甘みと心地よい酸味が最高です。
おちょこ1杯の量でも元気と活力を感じさせてくれるエナジードリンクですね。
放射能検査も、毎年検出限界値1Bqで出して一度も検出されていないとのことで安心です。
これをぜひ天然のエナジー美容ドリンクとして商品化しようと思いました。

私が行ったのはちょうど4月だったんですが、その時は春に芽吹くための山ぶどう樹液が滴っている時期でした。
新幹線から降りたとたんから明らかに空気が冷たく、車で移動する途中でまさかの吹雪。
予想外に寒い中、山ぶどうの畑を見学させてもらいましたが、もうまるで枯れてしまったあとの樹みたいなのが、群生しているんです。

yamabudou8s.jpg

yamabudou6.jpg

枯れてるとしか思えないその姿を眺めていたら、枝先からきれいな樹液が光っているのが見えました。
どんなに寒くても凍ることがない、山ぶどうの樹液。
山ぶどうが芽吹く前の春先のたった2週間しか採れないそうですが、実はこの地域の一部の女性には天然の化粧水として利用されてきた歴史もあるそうです。

yamabudou7.jpg

農園の方も、化粧品原料としての山ぶどう樹液に興味を持たれて、専門機関との共同研究によって、各種糖分やリンゴ酸などの有機酸、ミネラル類、アミノ酸類が豊富に含まれる日本山ぶどう樹液の、肌への優れた有用性が次々とあきらかになりました。

fukatsu.JPG

まずすごいのが、細胞賦活効果ですね。
樹液を1000倍に薄めても細胞の増殖効果があります。
やはり、芽吹くためのエネルギーがすごいからでしょうか。

sinpihiaru.JPG

こちらは、紫外線を照射して山ぶどう樹液を塗った肌の、真皮のヒアルロン酸の測定。
塗ってない群に比べて、ヒアルロン酸量が2倍近く増えています。

simi.JPG

こちらは30代から80代の女性25名に、12週間山ぶどう樹液を顔に塗ってもらったところ、肌の水分量や油分量も増えて、シミやほうれい線が薄くなったという実験です。

やっぱりこういう寒い地域の、栄養価高い植物の樹液って肌につけてもすごいんだなーと確信し、これで化粧水を作ることにしました。

しかも絶対、非加熱で!!

普通、こういう滋養に満ちた液体は、加熱するか強い防腐剤を入れないと、変質が問題となります。
でも、すでに白樺樹液も非加熱で化粧水にしているノウハウがあるんで、植物エキスの働きで変質を抑えることに成功しました。

自社農園で自然栽培されたローマンカモミールエキスや沖縄の月桃葉エキスも山ぶどう樹液との相性が良く、さらに、すべての栄養素を包み込んで角質層に浸透させやすくするために、約8000年前の腐植土から抽出したフルボ酸をプラスすることにしました。

樹液の量に限りがあるので、たくさんは作れないんですが、春先の肌にすごくいい化粧水が出来たと思います。
わたしは、もう2か月くらい使っているのですが、一見さらっとしているんですが、肌がもちっとしてくるんで癖になりそう。

山ぶどうジュースのほうは、量があるので定番でいけそうです。
両方とも来月出せると思うので、どうぞお楽しみに―♪


芽吹くための準備を整えて。
さびない、こげない、元気に肌を咲かせましょう!!!





1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




5月1日に、国産オーガニックブランド「アムリターラ」の関西初の直営店「アムリターラハウス 梅田蔦屋書店」がグランドオープン!!
大阪駅に隣接したルクアイーレの9階の蔦屋書店の中にアムリターラハウスが出現します。
オープニングから一緒に働いて下さる店長と販売スタッフを募集しています!
詳しくは、こちらを御覧ください。
http://www.amritara.com/company/recruit.html





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年03月02日 10時59分53秒
2017年02月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさま、こんにちは。

2月22日水曜日から27日月曜まで6日間、福岡と名古屋に出展します。

私も福岡、岩田屋さんで23日と24日店頭に立ちますし、
両日とも15時からイベントスペースで30分のミニセミナーをやります!

予約制ではないフリーのイベントですので、平日の昼間ですが、
お時間がある方がいらっしゃいましたら、ぜひいらして下さい。

岩田屋定番コレクション、初参加なのでドキドキです。

もう1つが名古屋高島屋 ナチュラルビューティースタイル展。
私は26日の13時半から19時くらいまで店頭でカウンセリングをしています。
(すみません!カウンセリングはすでにご予約が埋まっているようです)

東京から福岡へそして名古屋へと
みなさまにお会いできるを楽しみにしています!!


-------------------------------------------------------------------------------------

『岩田屋定番コレクション』

<日 時>2/22(水)~27(月)10時~20時(最終日は17時閉場)
<場 所>岩田屋本店 本館7階 大催事場

◆トークイベント
『ナチュラルビューティーなライフスタイル』
<日 程>
2/23(木)15時~15時30分
2/24(金)15時~15時30分

<場 所>会場内イベントスペース(入場無料)

※混雑が予想されますので、ご希望の方はお早めに会場へお越しください。

◆岩田屋定番コレクション限定キットを3種類販売いたします。

▼詳しくはこちら▼
【岩田屋定番コレクション】
http://www.i.iwataya-mitsukoshi.co.jp/real/teiban/17spring/…


------------------------------------------------------------------------------------

『ジェイアール名古屋タカシマヤ ナチュラルビューティースタイル展』


<日 時>2/22(水)~27(月)10時~20時(最終日は18時閉場)

<場 所>ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場

◆勝田小百合のカウンセリング会は満員御礼です。

◆トークイベント(アムリターラスタッフが行います)
『からだの中からキレイが叶う!試食しながら学ぶインナーケア』
アムリターラフーズをご試食いただきながら楽しく学べる、トークイベントを開催いたします!

<日 程>2/22(水)13時~13時20分

<場 所>会場内イベントスペース(入場無料)
※混雑が予想されますので、ご希望の方はお早めに会場へお越しください。

◆ジェイアール名古屋タカシマヤ限定キット 2種類販売
◆人気のサプリメントを一部<10%OFF>にて販売いたします。
▼詳しくはこちら▼
【JR名古屋タカシマヤ ナチュラルビューティースタイル展】
http://www.jr-takashimaya.co.jp/event/170208beauty/


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年02月20日 12時08分39秒
2017年02月08日
みなさま、こんにちは。

なんだか春の気配ですよね。
畑がもう変わってきています。
一部、すでに花が咲いています。

小さかった作物も、急にニョキニョキニョキって上に伸びてくるんで、嗚呼、春だなーと。

ただ、まだ収穫出来そうな作物もあります。
ブロッコリーです。

buro.jpg

葉っぱが剥げているのは、虫ではなく鳥に食べられました。
鳥がやってきて、ブロッコリーに止まり、葉っぱをついばむんです。
最初は虫を食べているのかと思いましたが、どうやら葉っぱを食べているようです。
鳥にとってもおいしいのかな?

ただ、ブロッコリーの蕾は無事で、どんどん大きくなっています。
明日くらい、食べちゃおうかなー(笑)

現在、春に出す本を絶賛執筆中ですが、いよいよあと24ページというところまできました!
手前味噌すぎますが、結構面白いと思います!!!
久しぶりにこってこての、ナチュラルビューティーエイジングの集大成みたいな本です。


さて、春と言えば、花粉症が気になる方も多いのではないでしょうか?
風邪やインフルエンザもまだ流行っているので、その意味でも「粘膜」は一つのキーワードかと思います。

粘膜は、粘液を出して体を異物から守っています。
粘膜で覆われているのは、例えば目や鼻や口の中や喉、消化器、性器などです。
粘液は例えば涙。目のゴミを排除します。
鼻の粘膜は表面の粘液で花粉やウイルスや細菌をブロックして洗い流してしまいます。
口は唾液を出して消化と殺菌。

気管支にも粘膜があり、肺に異物が入らないようにベタベタの粘液がウイルスを絡めとって、口のほうに排除します。
胃腸の粘膜にも粘液があり、白血球たちが病原菌を処理しています。
膣にも粘液があり、病気を防いだり、精子が子宮に到達するサポートしたりしています。
妊娠を望む方は、粘膜力、粘液力を高めていくことも妊娠率を上げる秘訣です。


粘膜が弱いと、目が乾き、鼻血や鼻水が出やすく、口内炎、口角炎が出来やすく、喉が痛くなりやすく、咳が出やすく、風邪やインフルエンザやアレルギーを起こしやすく、カンジタ膣炎にもなりやすいです。


花粉症だったとしても、花粉に突破されない粘膜と粘液を作っておけば、症状はかなり違うはず。
花粉が体内に、ほとんど入り込めないんですから!

さて、そんな粘膜ビューティーになれる栄養素と食材を紹介します!

ビタミンA、β-カロテン
ビタミンAはよい粘膜を作る成分です。
これが不足すると外敵が侵入しやすい粘膜になってしまいます。

レバーとかは相当環境やエサが良い肉じゃないと毒素が溜まりやすい場所なので、多いですがあえて書きません。

うなぎ、ほたるいか、ぎんだら、あなご、卵黄、いくら等

私は、冬や春は、うなぎとほたるいかをわりと食べますね。
私がうなぎを食べるというと、結構驚かれるんですけど、イメージにないんですかね?(笑)

うなぎの場合、養殖なのは仕方ないと思うんですが、国産の白焼を買います。
そして、本みりんと醤油と水で自分で味付けして煮込みます。
最後に玄米水飴を少々使うと、照りが出て美味しそうになります。
味が付いているやつは砂糖とかブドウ糖果糖液糖とかが入っているから嫌なのです。

摂りすぎると過剰症があるビタミンAに比べて、必要なだけ体内でビタミンAに変換できるのがβ-カロテン。
油で炒めたり、油をかけたりすると吸収力が良くなります。

焼きのり、抹茶、青のり、紫蘇、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、ほうれん草、春菊、よもぎ、大根葉等

ビタミンB2
これも、健康な皮膚や粘膜維持に欠かせないもの。
しょっちゅう口内炎になるって方は、絶対足りてないビタミンです。

レバーは同じ理由で除外しています。
焼きのり、青のり、いかなご、うなぎ、ウニ、さば、納豆、いくら、卵、モロヘイヤ等

ビタミンC
粘膜を健康に保つ働きをしています。

柿、キウイ、いちご、焼きのり、赤ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ、黄ピーマン、ゆず果皮、パセリ、メキャベツ、ピーマン、モロヘイヤ、ししとう、カリフラワー等

ビタミンB6
タンパク質の合成を助けるので、不足すると粘膜のバリアが落ちます。

にんにく、まぐろ、酒粕、かつお、いわし丸干し、鮭、鶏ささみ、さんま、抹茶、ゴマ、焼きのり等

ここでちょっと思いますが、海苔ってほんとすごくないですか?
カロテンも、B2も、B6もビタミンCもめっちゃ多いんですよ。
もちろん重量で言うと、いっぱい食べないとって話ですが、それにしても万能すぎます。

ビタミンCがレモンの約2倍、アセロラジュースの1.7倍、キウイとイチゴの約3倍も含まれますからね!
そしてカロテンがニンジンの約3倍、食物繊維質もゴボウの約7倍含まれます。
ビタミンB群、12種類ものビタミン群、鉄分・カルシウム・マグネシウム・カリウム等のミネラルや、魚油に多く含まれるEPAも含まれるんですから、外国産のスーパーフード食べてる場合じゃないと思うんです。


家のテーブルには、卓上海苔が常に置いてあり、私も息子も毎日食べます。
そのせいか息子はほんっと風邪ひきませんし、アレルギーもありません。


nori.jpg

好きすぎて、今度味付け海苔も商品開発して作っちゃいました。もうすぐ新発売☆
海苔は無産処理の出水の海苔。香りづけには、自然栽培のオリーブオイルオルチョサンニータに、高知県の在来種無農薬ニンニクを漬込んで低温の湯煎で「アホエンオイル」を作り、それを使いました。
もう1つがコクがある香りのウガンダ産の自然栽培ごま油と、対馬の焼き塩です。

アホエンって、にんにくに含まれるアリシンを油に溶かした時に発生する成分で
「アホ」と付くのに1日大さじ1杯で記憶力と頭の回転を高める効果があるオイルです。
アホエンは100℃で破壊されるので、低温でしか抽出できません。

アホエンオイルは自分でも作れますよ。
にんにくを3片を細かく刻んでオリーブオイル150gに入れて、100℃以上にならないように温度を測りながら、湯煎で温め、冷ましてにんにくを濾すだけ。
サラダとかにかけて使います。


ムチン
粘膜自体の構成成分。
粘液がネバネバしているのもムチンのせいです。
加熱に弱いので、出来たら生で摂りましょう!

山芋、自然薯、里芋、オクラ、納豆、レンコン、モロヘイヤ等

オメガ3脂肪酸
よい細胞膜を作り、皮膚や粘膜の機能を強くする働きがあります。

青魚、おきあみ、クリルオイル、亜麻仁油、えごま油、グリーンナッツオイル、チアシード等

亜鉛
新陳代謝に欠かせないミネラルですが、粘膜はめちゃくちゃ新陳代謝しているところなので、亜鉛不足では粘膜がちゃんと生まれ変われません。

牡蛎、イワシ、肉類、小麦、ライ麦、ヘンプナッツ、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、大豆、ショウガ、ゴマ、わかめ、昆布、高野豆腐など。

これらの成分は、粘膜と同時に皮膚にも良い栄養素なので、乾燥肌を撲滅し、美肌のためにも最高です。

春よ来い!
そして、いつでも粘膜ビューティーでいきましょう!!



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




国産オーガニックブランド「amritara」では、スタッフを募集しています!
私と一緒に、ノンケミカルのBIOオフィスで働きませんか?
http://www.amritara.com/company/recruit.html





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年02月09日 13時02分47秒
2017年01月23日
カテゴリ:健康について
みなさん、こんにちは。
ものすごく寒いですが、お元気でしょうか?

うちの畑のキャベツです。

15977637_1203712763077435_2364320326002722763_ns.jpg

まるで紫キャベツみたいに、どんどん紫ががっていくので病気かと思っていたら、
キャベツは寒さでアントシアニンを増やし自分を守るんですって。
そしてこういうキャベツは食べると甘くて美味しいそうです。
抗酸化力もあるし、嬉しいな♪

私も自らの抗酸化酵素と、植物たちのフィトエナジーの力を借りて寒さに負けずに、元気に過ごしたいと思います!!

今、毎日春に出す新刊の原稿を書いています。
治療院もいつもどおり、会社にもいつもどおり行きながら、合間に書いたり、夜に書いたりして
192ページ中、なんとか82ページまで来ました。

すべてを網羅しながら、解決策をちゃんと分かりやすく書いた、ナチュラルビューティーエイジングの決定版のような本にしたくって頑張っています。
自分では2年ぶりくらいの気分でしたが、実際は4年ぶりだったことにも驚きました。

月日がたつのは、なんと早いのでしょう。
この4年あっという間だったなー( ゚Д゚)

私の場合、ブログというツールで11年も書き続けているので、本にする意味というのをいつも考えています。
本にするのであれば、本が得意なこと、本で表現しやすいこと、本ならではのことをやりたいです。
今回も本であることを活かすような構成にして進めています。

本の場合、あたりまえですが1ページの文字数が決まっているし、構成も決まっているので、ちょうどそこに収まる文字数にするのが意外と大変です。


ほら、芸風的に文章が長いでしょ?(笑)


インスタはまだ真四角の写真の世界なので、文章のことはあきらめきれますが、きれいな写真が撮れた時にしか更新できません。
ツイッターも一応やってますが、文字数少なすぎて俳句の世界みたいでほとんどつぶやけないですし、、、、
ブログ以外では、まだフェイスブックが自分では向いてると思っています。
ニュースや記事をシェアして、気軽に感想をかけるのもいいなぁと。

よかったら他のツールにも遊びにきてください!

facebook https://www.facebook.com/sayuri.katsuta.1

インスタ https://www.instagram.com/katsutasayuri/

ツイッター https://twitter.com/oni_antiaging


ブログはやっぱり、たくさん書けるのがいいですね♪
ここ数年は、あまりにも長すぎかもしれませんが(;´∀`)

本のほうは、手前味噌ですがかなり面白くなってきました。
まだ半分もいってませんが、期待しててください!


さて、こう寒いと肩は縮こまり、猫背になってしまいがち。
これは体から体温を逃さないようにするための人間の防衛機能だそうですが、この姿勢をすると、肩コリがひどくなります。

また、寒い時には交感神経が優位になり血管が収縮しますが、それはなぜでしょうか?
血液量が増えると、体内の熱が外に出て体温が下がるので、熱を逃がさないために皮膚の血管を収縮させて、熱を逃がさないようにしているんです。

こうして冬は姿勢、そして血管の収縮によって、肩こりや首こりがひどくなっている方も多いのではないですか?
その上、ストレスも大きいとなると、ストレスでも交感神経が優位になるので、ますます血管が収縮して血流が悪くなり、コリを助長してしまいます。

さて、そもそもコリとはいったい何でしょうか?

筋肉は普通、伸びたり縮んだりしています。
動作をする時、筋肉は力が入って収縮し硬くなります。
動作が終わると、筋肉は伸びて弛緩し、柔らかくなります。


コリとは、この「弛緩」(ゆるむこと)が出来にくくなっていることから始まります。


寒さからの防御、長時間のデスクワーク、スマホ使用などで同じ姿勢が続いて、特定の筋肉ばかりを使い続けると、交感神経も優位になり、筋肉の伸び縮みをキャッチするゴルジ腱器官も鈍り、筋肉は必要ない時にも、なかなかゆるめることが出来なくなり、常に一定の収縮が続きます。

筋肉が収縮して硬くなると、近くを走る血管やリンパを圧迫します。
すると血流やリンパの流れが悪くなり、筋肉で発生した疲労物質を排出することが出来ず、筋肉内に溜まり、酸素も不足してますます筋肉が硬くなり、筋繊維に硬結も起きてコリを感じ、末梢神経を圧迫した場合は痛みも出てきます。

筋肉は硬くなることがダメなのではなくて、硬くなった後、すみやかに伸びて柔らかくなれるかということが大事なんです。
ストレッチが気持ちいいのも、緊張状態で縮んでいる筋肉をゆっくり伸ばすから気持ちがいいわけです。

筋肉の緊張状態が続く要因の第一は、よくない姿勢と、同じ姿勢を続けること。
デスクワークでは猫背など良くない姿勢ではなおのこと、姿勢が良かったとしても背面の筋肉がどうしても緊張状態となります。
頭が重いんですよ、体重の約10%を、あの細い首と肩で支えているのです。


例えば2Lの水のペットボトル3本をずっと持っていたら、
重くて腕が疲れてしまいませんか?
でも人間の頭はなんと、それと同じくらいの重みがあるのです!!



この重い頭を、後頭骨から鎖骨、頚椎、胸椎、肩甲骨に繋がって支えているのが僧帽筋。
腕の重さも支えているので、緊張と収縮を強いられがちな筋肉です。
そりゃ凝るわなー、ってくらい重労働!

ただ支えているだけでも大変なのに、猫背などで頭の位置が前に傾いていたり、重さを分散する首のカーブが消失してストレートネックになっていたりすると、ますますこります。

他にも頸椎1番、2番から後頭骨に付く筋肉が後頭下筋群たちですが、パソコンで仕事をしている時に、目や首を水平に保つために微妙に動かして酷使しています。
首の前の胸鎖乳突筋という筋肉も、いつも忙しいです。
首の安定、あごを動かす、頭を左右に動かす時の筋肉です。

肩甲骨の内側が痛い人は、キーボードを打つために長時間腕を前に伸ばしていた人。
菱形筋(りょうけいきん)という筋肉が収縮したまま、凝り固まっています。

リュックをしょっている人は、肩甲挙筋(けんこうきょきん)という肩甲骨を上方に引き上げる筋肉がこりやすいです。
これは僧帽筋の下にあり、上部の首から肩甲骨の内側についている筋肉。

こうした筋肉のこりは、やがて背骨や骨盤の歪みにもつながっていきます。
骨がゆがむと、そこから出ている神経にも影響が出ます。


肩こりをしないためには、まずは同じ姿勢を長時間しないこと。
デスクワークも1時間半に1度は休んで、立ったり歩いたり、体を伸ばしたりしましょう。

シャワーですませず、お風呂にも必ずつかるようにして下さい。
私はヒマラヤ岩塩を入れて、保温性を高めたお風呂の中で、首と肩甲骨のストレッチをすると、まるでマッサージに行ったかのようにすっきりします。

そして、血流を良くする食べ物である、生姜(金時生姜が特に◎)、玉ねぎ、ねぎ、海藻、かぼちゃ、ニンニク、アボカド、EPA、DHA(クリルオイルがおススメ)、梅肉エキスなどで、体の中からも血液の流れを良くしておきましょう。


特に首の筋肉がこって硬いと、顔や脳に行っている血管も圧迫するので、顔にも血液や栄養が行きにくいです。
血流が顔に来ていないと、コラーゲンやエラスチンも作られず、ハリも失います。
首や肩は筋膜を通じて顔の筋肉ともつながっているので、顔もたるみやすくなります。


そうそう!肩こりしているということは、筋肉の中のミトコンドリアは、酸素不足で瀕死の状態だということも忘れないであげて下さい!


私たちの体重の1割はミトコンドリア。
ミトコンドリアの数が減り、なおかつ損傷して質が衰えると、新陳代謝が滞り、ATP(エネルギー)の生産が減り、細胞の修復もしにくくなります。
こうなると疲れやすくなったり、見た目が老化したり、病気の原因にもなるそうです。


冬のコリは、エイジングを加速させる!
コリを撲滅して、サラサラビューティーでいきましょう!



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村




国産オーガニックブランド「amritara」では、スタッフを募集しています!
私と一緒に、ノンケミカルのBIOオフィスで働きませんか?
http://www.amritara.com/company/recruit.html





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年01月26日 13時42分13秒
2017年01月11日
みなさま、こんにちは。

お正月気分も抜けて、いつもの日常が戻ってきましたねー
私は、お正月にひいた風邪は、3日間くらいですぐ治ったんですが、そのあと食べ慣れないごちそうで胃がびっくりしてしまったようで、胃腸の調子がなんとなく不調という感じになりました。
その間プチ断食を1日やり、いつもの日常に戻ると共にまた調子よくなってきました。


ハレの日ケの日の、ハレの日が終わり、いつものケの日々。
この時期に、胃腸をいたわる七草がゆを食べるというのは、理にかなっていますね。


夫の実家に帰って、お義母さんに久しぶりに会ったら、ほんともういつもどおり元気全開で嬉しくなりました。
お義母さんは一昨年の7月、脳動脈瘤によるくも膜下出血になり、幸いにも出血は最小ですんだのですが、他にも動脈瘤があるのが分かったため、カテーテルで動脈瘤を破裂しないようにコイルで処理するという処置をしたのです。

その結果、右目の動眼神経を圧迫してしまい、医者からはもう二度と右目を思うように動かせないし、まぶたを開けることは出来ないと宣告されました。
車の運転も無理だし、調理師の仕事も危ないので無理だろうと言われていたようです。

その時の写真がこれです。
完全に目が塞がっています。

nobuko1.jpg

でも、私はお医者さんが言う宣告なんて信じていませんでした。
人間の持つ自然治癒力という体の中のパワーを信じているから。
物理的に圧迫はしているかもしれないけど、周辺の血流が良くなれば、ぎりぎりの神経経路でも目は動くかもしれないと思っていました。

食生活のことは前から話してはいましたが、ゆるくなってきていたので、再びじっくりお話しし、調味料も油も見直してもらいました。
さらに、血流をよくするアスタクリルオイルのサプリと、ビューティークリアブライトという松樹皮とマキベリーとカンカとわかめというポリフェノールのかたまりみたいなサプリと、その時開発中だった目に良いルテインのサプリを多めに飲んでもらいました。

そしたら、どれが効いたのか分かりませんが、たった3か月ほどでおかあさんは目が開き、目の玉も普通に動かせるようになり、調理師の仕事にも復帰でき、運転も出来るようになり、、、、


というか、なにもかも元通りになったんです!!
おかあさんいわく、前より目がよく見えるし、何も支障がないとのことです。



nobuko2.jpg

お医者さんはびっくりしてるみたいですよ。
お義母さんが大好きなお料理をまた元気に楽しく作っている姿を見れて、本当に嬉しくなりました。
人間の自然治癒力ってほんとすごい!


9日にあった、KIYOさんとの名古屋での講演会もすごく楽しかったです。
50名の方に見に来ていただき、名古屋はもちろん九州からも関東からもお見えのお客様がいました。
1時間半の講演会だったのに一人で2時間もしゃべってしまい、そのあとのトークショーが短くなってしまい申し訳なかったですが、全体的には盛り上がってみなさん笑顔で帰られていたので、良かったなーと思います。

今回KIYOさんこと南清貴さんと久しぶりにいろいろお話して、本当に共感することが多く、そんなに何回もお会いしているわけじゃないんですけど、なんか他人とは思えないというか懐かしいような親戚のおじちゃんみたいな感じで(笑)
経歴が「演劇」「整体」「オーガニック」「ナチュラルエイジング」と、かなり似ているからなのかもしれません。
ここまで共通項の多い方とはなかなか出会えないと言いますか。

違うところは唯一化粧品ということで、化粧品のことはみなさんあまり詳しくないからぜひにということで、2時間どっぷりお話ししたのはナチュラルコスメとケミカルコスメの違いについてや、化粧品を使う意義、肌のバリアをどう強くしていくか、植物の持つフィトケミカルの肌への取り入れ方や、どの油をどのTPOで取り入れるかというようなお話をしました。
みなさん熱心に聞いてくださって、すごく話しやすかったです。

二月の後半に今度は福岡でセミナーがあり、また名古屋でもカウンセリング会をやらしていただきます。
また近くなったらご案内しますので、お近くの方は、よかったら来てください!

さて、KIYOさんもよく本に、「人はこれほど「身体にいい」情報には敏感なのに、なぜ「身体に悪い」という情報には無頓着なのだろう」と書かれており、現代の生活の中では気をつけないとかなりの毒物を体に入れてしまうことになり、それによって体に大きな負担をかけていることに警鐘を鳴らしておられます。

こないだグリーンピースのページを見てたら、こういう動画があってびっくりしました。

https://www.youtube.com/watch?v=V4g7DoVKGkQ

オーガニック食品を食べたことがない、ごく普通の2つの家族が10日間オーガニック食品だけを食べ、その前後で尿検査してどう変わるかを見てみるという実験をやったそうです。

その結果がこれです。

organic maes.jpg

organic atos.jpg

まず尿中にこんなに普通に、食べた農産物の残留農薬が27μgとかでも出てるんだなってことにうわーって感じです。
もちろん、慣行栽培のものを食べていれば、残留農薬はあるのは分かっていますが、あらためて思い知るというか、有機リン系なんか神経毒の劇薬ですからね。


さらにびっくりなのは、慣行栽培の農産物を食べるのを一切やめて、10日間オーガニック食材に変えただけで、
平均して、有機リン系農薬が10日後は4分の1ほどに減っているじゃないですか!


きっと10日間だけじゃなく、このままオーガニック生活を続ければもっと減っていき、ゼロに近いところまで行くのかもしれませんね。

ネオニコチノイドのことばかり書いてきましたが、最も多用されているのが有機リン系農薬です。
動物の神経機能を麻痺させる殺虫剤で、40種類以上あります。
身体に入ると神経伝達物質のアセチルコリンの分解を妨げるので、アセチルコリンが体内に分解されないまま蓄積し、神経の異常な興奮をひきおこし、神経伝達が不可能になると死に至ります。
農薬ではありませんが、例えばあの有名な「サリン」も有機リン系化合物ですので、強さの違いはありますが、神経毒としてのメカニズムは同じです。

日々蓄積した有機リン系農薬の毒性は、リソホスホリパーゼという酵素に直接ダメージを与えて、狭心症や心筋梗塞、記憶障害や子どもの多動障害の原因になるとも言われています。
記憶に支障が出たり、食欲不振、うつ、睡眠障害、アレルギーやアルツハイマーなどいろいろな症状を引き起こします。
発がん性や、催奇形性、変異原性、生殖毒性も指摘されています。

日本は雨が多く湿度が高いのと、世界一農産物の見た目にうるさいという国民性もあって、農薬の使用量は世界ベスト3にはいつも入っているほど農薬を使う国です。
また輸入された外国産の農産物には、収穫後にシャワーのように浴びせる「ポストハーベスト農薬」の問題があります。
例えば輸入小麦には残留農薬がかなりの頻度で検出され、そのほとんどが有機リン系農薬だったようです。

ポストハーベスト農薬の実際まかれている動画がありますので、ぜひ見てみて下さい。

komugis.jpg
http://tabemono.info/report/movie/wheat(J).html

こういう動画は家族で見ると、みんなで理解できるので、オーガニック生活に移行しやすくなるのでいいですよ。
一人で見て、一人で変わると、まわりに変人扱いされたりすることがありますが、みんなで変わればかなり楽です!


すべて変えないと意味がないわけじゃないです。
食べている農産物や食品の、一部からでもぜひ始めてみて下さい。
身体への負担が少しでも減り、活性酸素も減ります!!




1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年01月12日 01時14分26秒
2017年01月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさま、こんにちは。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

新年は、夫の実家である東広島ですごしています。
ふだんミニマムな家族なもんで、大家族で食べるご飯はにぎやかで楽しいです。
明日は私の実家である大阪に移動します。

2年風邪ひかなかったんですが、お正月休みで気が緩んだのか白血球もゆるくなって(笑)
ちょっと喉の粘膜を突破されたっぽかったのですが、プロポリス、梅肉エキス、春ウコン3種の神器で回復してきました。
たまには風邪ひくのもデトックスでいいもんですね。

さて、新年1月9日に名古屋で講演会に出させてもらいます。
1時間半の講演会の後、南清貴さんと私の初のトークセッションもあるので、良かったら来て下さい!!

kiyokatsuta.PNG

1/9(祝)
1部:14:00-15:30
基調講演 ~美を極め、食に至る~
オーガニックコスメ選択のポイント
・アムリターラの商品開発秘話
・女性として、小6の息子を持つ母として、皆様に伝えたいメッセージなど

2部:15:30-16:30
〜コスメも食も時代はオーガニック〜
衣食住すべてにおいて自然と共存しながら真の美と健康を追求される中で、
2014年に「アムリターラフーズ」の取り扱いも始められた勝田さんとKIYOによる、
日本の食の現状とこれからについてのトークセッション。
ここでしか聞けない2人の本音トークは必聴です!!!!
この機会をお見逃しなく!!!

皆様のご参加お待ちしております(^_^)

お申し込みは
↓ ↓ ↓
http://organic-restaurant.jp/wp/event/joraanniversary2-5/



今年はどんな年になるのかな。
実は春に4年ぶりの新刊を出すので、現在執筆中です。

アンチエイジングの鬼シリーズとしては、シリーズ4作目!
192ページもあるんですが、もうちょっと増えてしまうかも(^_^;)
久しぶりなので、力が入っています。
楽しい本にする予定なので、どうぞお楽しみに♪

畑のブロッコリーも蕾がつきはじめました。
みなさまにとって、すばらしい1年になりますように。

15590485_1185033638278681_4891206531894321528_n_R.jpg


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017年01月05日 22時34分31秒
2016年12月21日
みなさん、こんにちは。

いやー忘年会シーズンですねぇ。
白状します!
ついついごきげんに飲みすぎて、家に帰ってクッションに吸い込まれてしまい、気が付くと化粧落とさずに寝てた!という失策を数回しでかしてしまいました!

しかしながら、私が使っているのはホホバオイルやココナッツオイル、アロエバターにミネラルを入れてオーガニックミツロウでクリーム化した軟膏みたいなファンデなんで全然大丈夫のようです。
翌朝、念のためローズのクリームパックすれば、ツヤツヤに。

いや、でもそんなことばっかり言ってないで、次回からちゃんとしよう。。。。
うちのリビングに今年登場した「ヨギボー」っていう巨大クッションがいけないんですよね。
あれはダメ人間製造クッションだと思います!断固抗議します!(→嘘です、気に入っています(;´∀`))

さて、最近のうちの庭の畑の様子です。

15542329_1176112675837444_901917679906726709_ns.jpg
ブロッコリーが順調に成長中です。

15420898_1176112692504109_4711920020918436360_ns.jpg
キャベツも、また結球しそうな雰囲気!

15391088_1176112622504116_8745825022709368982_ns.jpg
二十日大根は、おいしく頂きました!

15492152_1176112649170780_7787459879971242019_ns.jpg
レタスはもうちょっと見守ってみます。

こういう畑の写真を見た患者さんに、「あれってこのマンションにある畑なんですよね?」と超不思議そうにされることがあります。
そうなんです、世田谷なのですが非常に古いマンションのため、1階に40平米の庭が付いているのです。

これ狙いで、このマンションに引っ越してきました。
庭付きの家とか、都内だとかなり高額で難しいですが、庭付きの古いマンションを自然施工にリフォームというのは、意外と安くすみます。
庭付き物件というのが少ないは少ないですが、もし見つけたらおススメですよ♪

息子もよく畑で土いじりをして遊んでいます。
土や緑にふれながら、自然栽培の野菜やお米を食べ、昔ながらの圧搾の油と熟成された発酵調味料や発酵食品を食べ、市販のお菓子は食べず(主に干しいもとみかんがおやつです)という生活のおかげなのか分かりませんが、今のところ全然アレルギーもなく、風邪もひかずに元気です。
もちろん、抗菌ソープなんか使っていません。

アメリカで抗菌石鹸や抗菌歯磨き、マウスウォッシュなんかに使われている「トリクロサン」系列の19成分が使用禁止なったことを受けて、日本でも同成分を使っている商品が800品目もあったので、使用自粛が通達され、日米で事実上ケミカルな抗菌系の商品は消えると目されてきました。

「手洗いは石鹸で十分、殺菌石鹸と石鹸で効果は大差ない。それどころか強い殺菌剤で菌を叩きすぎると、逆に耐性菌が出て危険ですよ」ということが分かったから禁止になったわけなので、アメリカではむろんそういう流れです。
どんな殺菌剤でも効かないスーパーバクテリアを生み出したり、抗生物質が効かない体質になる危険があるそうです。
肌の常在菌をも殺してしまうため、逆に感染症にかかりやすくなることもあるんだそうです。

実は、トリクロサンなどの抗菌成分の弊害はそれだけじゃありません。
トリクロサンが内分泌系に影響を与えることが分かり、環境ホルモンの疑いが強いです。


しかもトリクロサン等は浄水プラントで完全に除去するのは無理だそうで、
川や海に流れ込み、植物や飲み水を汚染しそれがまた人間の口に入るという循環が形成されているそうです。
体内にトリクロサンを多く持つ子供ほど花粉症になる確率も高いそうです。


しかし日本のいくつかの大手メーカーは、今回問題になった19成分以外の化学物質で代替えして、まだ抗菌石鹸を続けるつもりらしいです。
生殖異常や精子減少のリスクがあると言われている「塩化ベンザルコニウム」なんかを代替えにするようです。(布にシュシュッと~とかいうやつにも使われていますね)
どうして禁止になった経緯の本質を考えて商品開発しないんだろう。。。


さて、前回の続きです。
どんなに気をつけていても、水、大気、食べ物から有害ミネラルや化学物質がどうしても体の中に入り込む現代。
自分が使っているわけでもないのに、トリクロサンやパラベンなんかが体内に入るというのは、ほんとまいります。

前述した環境省の調査でも新生児のへその緒を調査分析したところ、調査対象となった赤ちゃんのほぼ100%からダイオキシン、PCB、DDEなどの有害物質が検出されたとのことです。
これはお母さんの体内に蓄積されていた有害物質が胎児に移行したと考えられています。
本来、母親の胎盤には胎盤関門という、病原菌や自然界の毒が胎児に影響しないように防御する仕組みが備わっていますが、ダイオキシンやPCB、農薬類、カドニウム、水銀などの化学物質・有害重金属はこの胎盤関門を通過してしまう可能性が高いようです。

出来るかぎり不自然なものを口に入れないことは健康美容法の大前提としてありますが、努力していても環境中にあるものはどうしようもなく体内に入ってきます。
こういうものを出来るだけ体内に吸収されないようにするため、また蓄積物が代謝されるのをスムーズにするために、デトックスのサプリメントを作れないかとずっと思ってきました。

まず考えたのが炭です。
水道水の塩素やトリハロメタンを吸着するのに「活性炭」が使われているのはみなさんよくご存じだと思います。
自然の草木類から作られる炭には、かつて栄養や水分の通り道として使われていた植物の血管とも言えるミクロの孔(多孔質)が無数に空いており、例えば水を通すと、不純物が炭の小さな穴に入って出られなくなるために、水がろ過されてきれいになるのです。

炭が室内の空気や水を浄化することはよく知られています。
お米に入れたり、お水に入れたりお風呂に入れたり、部屋の空気を浄化するために飾る方もいますよね。
造り酒屋の寺田本家さんでも麹室を浄化するために、壁に炭をびっしり入れてらっしゃいました。
食用炭としてパンやクッキーにも使われますし、還元作用もあり、下痢止めなどで医薬品にも使用され、腸内の毒素、悪玉菌、活性酸素などを除去してくれます。

問題はどの炭がいいかということでした。
これを選定するのに1年以上を費やしました。
炭は2つ入れることにしたのですが、1つめがココナッツの外殻の「ヤシ殻」特殊製法で焼いた炭です。
ヤシ殻炭は、あらゆる炭素材の中でも幅広い吸着特性をもつとされ、食用炭の中における万能選手のような存在とされています。
ヤシ殻活性炭が特に得意としているのは、食品添加物と有害ミネラルとAGEです。
炭の穴を分子量100以上の物が収まりやすいサイズに特定しているので、100以下のものは、いったん吸い込まれても、大半は抜けてしまうことが確認されています。

例えば有害ミネラルの分子量は100以上のものばかりです。
カドミウム112
セシウム132
水銀201
鉛207


でも体に有益なミネラルの分子量はだいたい100以下なのです。
マグネシウム24
カルシウム40
亜鉛65


あと、食品添加物に対する吸着力が特に優れています。
例えばアレルギー症状を起こしやすくし、諸外国では発がん性があるとされて禁止されているけど日本では食用でも化粧品用でも許可されている赤色2号や102号は100%近く吸収できます。

cyakusyokuryou1s.jpg

cyakusyokuryou2s.jpg
↑デトックスサプリ粉末5gを、合成着色料それぞれのコップの中に入れてよく混ぜたあと、余分な粉末をペーパーフィルターで濾過したところ、いずれの着色料も粉末に吸着され、完全に脱色しました!

人間に有益な抗酸化物質はマイナスの電子を持っていて、有害なものはたいていプラスの電子を持ちます。
同じ赤い色素でもカロテノイドなどの色素はマイナスの電子を持っていて同じくマイナスの電子を持つ炭はプラスの電子を持つ有害物質を引き寄せるため、まず吸着されません。

もう1つ面白いのは「胆汁酸」を97%吸着できること。
食生活が欧米化している現代では脂肪の摂取量が増え、脂肪分解の役割を持つ「胆汁酸」が腸内で増えすぎています。


この胆汁酸は95%は腸から再吸収されますが、残り5%が大腸で「2次胆汁酸」というものに変化するんですが、
これが大腸がんの原因となる強力な発がん物質だと言われているんです。
今日本女性に一番多いがんは大腸がんであることを考えると、これはすごくいいと思いました。



もう1つがAGEの吸着能です。
体のたんぱく質と過剰な糖質が結びつくとAGEという物質が出来ます。
終末糖化産物です。
これが皮膚ではコラーゲンをごわつかせ、肌老化を招き、骨粗鬆症や白内障、心筋梗塞、脳梗塞、認知症の原因になるとも言われています。

このAGEを吸着する力がヤシ殻炭はあらゆる炭の中で最強なんですよ。
実験では100%吸着することが分かっています。

ageyasigaratan.JPG

もう1つの炭が「赤松炭」です。
全国有数の長寿エリアで有名な長野県伊那地方の赤松(松茸の生える松)を独自技法で炭にした微粉末の食用炭です。
有害ミネラルを吸着する力に加え、過酸化脂質の抑制能力があります。
油ものを食べる前などに摂取するといいと思います。

akamatusumi.JPG
↑170℃に油を加熱して、揚げ物を調理。
左は油そのまま、右は赤松炭を入れた油。

赤松炭を入れた理由はほかにも2つ。
水の浄化作用と遠赤外線効果です。
赤松炭を浸漬した水はクラスターを細分化することで表面張力が下がり、浸透性のよい水になり、また還元力のある水にすることも分かっています。
人間の体は70%は水ですから、こういう作用のある炭を摂ることで、体液をよりよくすることが出来ます。

また赤松炭を飲むと遠赤外線により優れた温熱効果があることが分かっています。
体温が平均0.7℃上昇するのです。
体温が上がると免疫力が上がりますし、内臓脂肪も燃焼しやすくなり、体内酵素も活性化します。

akamatusumi2.JPG

これは社内でやった実験。
純水に次亜塩素酸ナトリウムを入れて、塩素濃度をチェック。
試験紙を水に入れると、試験紙の先が比較的高い塩素濃度であるエンジ色を指しています。

ensosiken1.JPG

この塩素水に、デトックスサプリ粉末を2.5g入れて混ぜ、余分な粉末をペーパーフィルターで濾過。
そのあと試験紙を入れると、試験紙の先がほとんど無色になり塩素が粉末に吸着されたのが分かります。

ensosiken2.JPG

もう1つ入れたものが、食べられる土である「リモナイト」です。
熊本県の阿蘇山は、およそ30万年前、15万年前、11万年前、9万年前の4回にわたって大噴火を起こしたとされていますが、それによってできたカルデラ湖が干上がり、そこに多くの「リモナイト」という黄土が堆積しました。
「リモナイト」は鉄分を多く含んでいて、古くは邪馬台国の時代から利用されていたことが分かっています。

リモナイトの最大の特徴は、腸内で腐敗臭を放つ硫化水素や塩素などの有毒ガスを吸着する性質にあります。
インドール、スカトール、アンモニア等腸内の悪玉ガスはいろいろあり、ガンや肌荒れの原因にもなります。
腸内でも発生する悪臭メチルメルカプタンは口臭の原因にもなります。
リモナイト中の水酸化鉄は不安定な物質なので、こうした臭いガスをを吸着して安定し、悪臭も消してしまいます。

リモナイトのガスを吸着する性質は秀逸で、ガス会社などで古くから利用されてきました。
土壌のアンモニアやガスを吸着することで、植物の根の栄養吸収を良くする農業用の土壌活性剤としても使用されています。
汚れた河川にリモナイトを投入すると、ミネラルの補給で水中のバクテリアが活性化し、有機物の分解が促進されて汚泥の減少や水質の向上が図れます。
リモナイトは、炭と同じ多孔質構造をもち、基本的には体内を通り抜けて有害物質を吸着したあと、便に出てきます。

ヤシ殻活性炭と赤松炭、リモナイトで十分かと思いましたが、ここにダメ押しで、アパタイトを入れることにしました。
ハイドロキシアパタイト(アパタイト)は歯のエナメル質の約97%を占める成分であるリン酸カルシウムのこと。
青森県産のホタテ貝殻を焼成してつくれられています。
一般に出回っているアパタイトは、鉱物由来のカルシウムから合成されたものがほとんどですが、ホタテ貝殻を由来としたものは、生体への親和性の高さに優れるとされます。
炭やリモナイトは、多孔質による表面吸着力が特徴ですが、アパタイトは表面吸着に加えこのイオン交換性により吸着します。
アパタイトの吸着物質で代表的なものに、カドミウムや細菌、ウイルス類、タール色素、アルデヒド類の揮発性物質、過酸化脂質などがあげられています。

dcbss.jpg

出来るかぎり体にとって不自然なものを食べない。
そして、それでも入ってくるものは食べられる炭と土で吸着!!



1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村



私のプロデュースするオーガニックブランドでは、スタッフを募集しています。
表参道の直営店のスタッフと、販促兼ライターさんの募集です。
ぜひご応募ください!!
http://www.amritara.com/company/recruit.html







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2016年12月21日 23時49分24秒
2016年12月11日
みなさま、こんにちは。

最近あんまり自分自身の写真を載せてないんで、昨日の昼間久しぶりに撮ったやつを載せます!

201612092s.jpg

いっぱい入るお気に入りのスライド式本棚の前でーす。
あいかわらず、すっとボブが続いています。
イベントの時は必ず巻くんで、実際お会いした方はクリクリ頭の時の私しか見たことない方が多いと思いますが、普段はストレートです。

シャンプー&コンディショナー、あと一息です。
コンディショナーは9割くらい仕上がりました。
ただ、シャンプーはもうちょっと使い心地を良くしたくて、まだ粘ることになりました。
多分、来年の夏ごろになってしまうのではないかと思われます。

でも開発しているものをいろいろ使ううちに、髪の毛がどんどんツヤツヤになってきました。
髪に光る輪が出来てることが多いんで、患者さんによくツヤを誉められます(^^)/
あと一息、がんばっていこうと思います。


さて、アン鬼11周年記念プレゼントに、たくさんのご応募ありがとうございました!
一緒に寄せて下さるメッセージも、毎年楽しみで1つ1つ読ませて頂いています。
そして毎年恒例、息子のかけ声によるランダムな抽選で、以下の方に当選が決まりました。
おめでとうございます!

大分県中津江村 自然栽培ササニシキ天日かけ干し玄米 2kg
★愛知県 みいちゃんさん
★東京都 レモンジンジャーさん
★福岡県 りったさん
★愛知県 CASUCAさん
★東京都 マキティさん

自然栽培ホーリーバジルティー
★京都府 ツキヒホシ、ホイ、ホイ、ホイさん
ルイボス&ハニーブッシュティー
★神奈川県 かこさん
自然栽培 生姜和紅茶
★神奈川県 KANAさん
自然栽培 在来緑茶粉末
★岡山県 すがすがさん
古代マヤナッツコーヒー
★東京都 こあらさん


私が梱包しますのでちょっとお時間頂くかもしれませんが、クリスマスまでには必ずお送りしますので、少々お待ちくださいませ!

ところで、このプレゼントにも選んだルイボス&ハニーブッシュティーは、最近会社に行く時水筒に入れて必ず持っていくお茶になりました。
いろいろ入れていきますが、これが一番多いです。

ルイボスティーは、アンチエイジングマニアの方であれば、言わずと知れた抗酸化ティーの代表格です。
南アフリカのセダルバーグ山脈地帯でのみ自生している固有種で、現地では不老長寿のお茶と呼ばれています。
鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛に加え、抗酸化ミネラルのセレンも含まれているし、SOD様成分と言われるケルセチン、オリエンチン、アスパラチンというポリフェノール、AHAと呼ばれるフルーツ酸を含むことも特徴的です。
活性酸素吸収能力を指すORAC値は4900μmol TEとも言われています。

ルイボスだけでもおいしいんですけど、ここに同じく南アフリカで自生しているハニーブッシュティーをブレンドすることにしたんですよね。
ハニーブッシュは長いものでは1000年もの寿命を全うすると伝えられるほど、長寿の木。
イソフラボン、フラボン、クーメスタン、キサントン、桂皮酸などのポリフェノールが含まれています。


イソブラボンやクーメスタンは、女性ホルモンと似た働きをする植物エストロゲンです。
キサントンは抗ウイルス作用、抗うつ作用があります。


鉄分、亜鉛、マグネシウムも含まれており、そのパワーはルイボスを凌ぐとも言われていて。
ハチミツみたいな甘い香りがするし、この2つがまた、味的にも合わせると相性がいいんですよ。

_20161211_004339s.jpg

で、この茶こし付きのサーモスの水筒に入れて持ち歩いてます。
この茶こしの下にティーパックを入れてお湯を注ぐんですけど、何度もお湯を注いでもこのお茶は結構出るんで、1日重宝しています、冷めないし。
この水筒、ティーパックじゃなくて、茶葉そのまま入れてもいいしめっちゃ気に入っています。
茶こしの上に入れることも出来ますが、濃くなっても苦くないお茶であれば、茶こしの下に入れてしまって、何度も注いでいます。



私は20年前、パニック障害になった時、カイロプラクティックとフラワーエッセンスとハーブティーとオメガ3に助けられました。
そこからやっぱり、薬効のあるお茶が好きなんですよね~
アーユスソーマ(命の飲み物)っていうシリーズ名を私が付けたんですが、私にとってハーブティーはまさに命の飲み物。
これからも、ナチュラルアンチエイジングにいいお茶をいろいろとラインナップしていこうと思っています。


さて、実はここしばらくずっと、あるサプリメントを開発していました。
ずっと作りたくて、あったらいいなを形にしていったら、こういうものが出来上がりました。

dcbss.jpg

さて、これはいったい何でしょうか?
インスタに1度載せたら、友達がモノクロ写真と間違えたんですが、モノクロ写真じゃありません(笑)
これは、黒いサプリメントなんです。
徹頭徹尾、デトックスのことだけを考えて作りました。

どうして私が、こういうものを作ろうと思ったかと言いますと、やっぱり10年前に、毛髪ミネラル検査をした時が始まりですね。
髪の毛を根元からランダムにあちこち切って、検査機関に送って髪に含まれるミネラルを調べてもらう検査です。

有害ミネラル(ベリリウム、カドミウム、水銀、アルミニウム、鉛、砒素)に関しては中レベルという結果で、東京に住んでるなら大気汚染でこのくらいは普通だと説明を受け、えええって。
高レベルの人も結構いるそうなので、まだ良いほうだと言われたけど、ああ、普通に暮らしてるだけで、こんなに有害ミネラルが口に入っているんだなと衝撃を受けました。

更にそのあと、11項目の環境汚染物質の尿検査を受けたんですよね。
キシレン、トルエン、ベンゼン、トリメチルベンゼン、スチレン、フタル酸類、パラベンなどの有機汚染物質のを調べたんですが、その頃はまだ一般的な住宅に住んでいたんで、壁から揮発してくる接着剤や塗料に含まれるキシレンやトルエンが、結構尿中にあったんですね。
そして、ないだろうと思っていたパラベンが少量ですが存在しました。

「パラベンの尿中濃度がすごく低い!さすが!」と担当の方には誉められたんですが、あること自体がびっくりでした。
自分では皮膚からも口からも入れていないはず、、、となると環境中にあるパラベンがなんらかの形で口に入っているんだとのことでした。
パラベンは環境ホルモンの疑いがある物質ですが、私はかなり少ないほうで、一般的な検査結果ではもっと出てくるんだそうです。

あとは震災後、息子の尿検査をした時。
放射性セシウムの134と137が、2011年8月は0.7bq、2012年1月は0.2bq。
3度目の検査をした2014年の2月には、尿から不検出になりましたが、あの頃はほんとにまいりました。
食べものにはかなり気を付けていましたので、おそらく呼吸からだと思います。
あとは給食ですね、2011年は検査をしてない小学校に行っていましたので。

こういうことがいろいろとあったもんですから、その後は化学物質ゼロの天然施工のリフォームに目覚めたり、デトックス作戦を取るようになったという経緯があります。

これは私自身の結果ですが、一般的にはどういう状況か調べてみました。
環境省が、2012年に「ダイオキシン類をはじめとする化学物質の人への曝露量モニタリング調査」を発表しています。

日本人におけるダイオキシン類等の曝露量について

これは全国の調査対象地域に住む40~59歳の人の尿・血液を調べ、体内における化学物質の蓄積度を調査したものですが、健康な人であっても、有害物質とされるPCB、水銀、鉛、有機リン系農薬などの化学物質が体内に蓄積しているという結果でした。

1日に日本人が摂取するダイオキシン類の摂取量として一番大きいのは、魚介類、次に肉や卵。
なんと次は、大気!!
次に土壌、その他の食品ということです。

その他私達が有害物質を体内に取り込むきっかけとしては、下記のようなことが考えられます。

●日用品や設備との接触
ペンキ、絵の具、殺虫剤、殺菌剤、ケミカル系化粧品、テフロン、プラスチックなどの調理器具や食器の釉薬
●歯の詰め物
アマルガムの水銀、レジンのBPA、銀歯のパラジウム
●食品
添加物、残留農薬、大型魚
●汚染された空気
大気汚染、放射能、排気ガス、受動喫煙など
●水道水
老朽化した水道管による鉛、放射能



こういう汚染物質に関して、環境省のこのレポート自体にこう書いてあります、原文そのままです。

これらが体内に入ると、大部分は脂肪に蓄積され体内にとどまり、分解されたり体外に排出される速度は非常に遅く、人の場合は半分の量になるのに約7年かかるとされています。

こういう有害物質って発がん性ばかり有名ですが、実は美容にも悪いんです。
例えばカドミウムは肌のコラーゲンの合成を阻害しますし、水銀はヒアルロン酸を合成する酵素を阻害し、ヒ素は皮膚の色素沈着を起こします。
代謝機能を低下させるので、微量であっても免疫、細胞分裂、生殖機能、ホルモン分泌、神経系などに悪影響を与え、体本来の機能の邪魔をするとも言われています。

続きは後編に続きます!


1日ワンクリック応援お願いします!
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村







Last updated  2016年12月11日 11時58分14秒
このブログでよく読まれている記事

全735件 (735件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 74 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.