000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

X

Profile


korrida

Free Space

ブックマーク

私のフェイスブックです。
鬼のフェイスブック

私のインスタグラムです。
鬼のインスタ

私のツイッターです。短文が苦手でほとんどつぶやきません(笑)
鬼のツイッター

私の施術院です(現在ご新規の受付はしておりません)
ナチュラルカイロプラクティック

Recent Posts

Category

Archives

2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2007年01月22日
XML
全国のアンチエイジングの鬼のみなさま、こんにちは。
私は相変わらず毎朝イキイキ酵素くんで、にんじん黒酢ジュース(キウイ、バナナ、林檎も入れます)を飲んでいます。
でも、問題は大量に発生するニンジンの繊維。
これを捨てるのはもったいないのでお昼にゴボウとおからを入れて、卯の花きんぴらを作るのが最近の我が家の定番。

go

ゴボウは水溶性と不溶性両方の食物繊維が含まれる上、ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖までたっぷりな腸のためには最高のすごい野菜。
食物繊維の1日の摂取目標は25gですが、おからは100gで11.5gが食物繊維で、これまた大豆オリゴ糖もたっぷり。肥大した絨毛を、正常に戻す働きをしてくれる大豆サポニンも含まれ、この組み合わせは腸のためにはかなり最強みたいです。

作り方
1、ゴボウ(1本)はささがきにして、短めにアク抜きし多めの油でフライパンでしっかり炒めて、酒、味の母、しょうゆで味付けする。
2、水カップ1杯程度を入れ、ニンジンとおから(100g)を入れて、さらに炒め煮する。
(イキイキ酵素君を使っていない方は、ニンジンは1本分を細切りにしてゴボウと一緒に炒めて下さい)


これとジュースの相乗効果なのか、最近のお通じは自分でもほれぼれするような作品。


こんな事を全国のみなさまにお知らせするのははしたないのですが、
本当にうっとりするような芸術品ですわ♪



戦後の日本人の食生活の欧米化によって、最近ではガン死亡のTOPは男性では大腸がん!
男女共に大腸がんが今後とも増加するのは間違いないと言われています。

動物性脂肪を摂るとそれを消化するために肝臓から胆汁が分泌されます。
この胆汁の中に胆汁酸が含まれているんですが、腸内の悪玉菌がこの胆汁酸を二次胆汁酸という発ガン物質に変えてしまうんです。
マウスやラットに発ガン物質を与えても、実はそれだけでは発ガンしないと言います。
この二次胆汁酸を与えて初めてガン化するんだそうです。


肝臓から胆汁を分泌させるのも高たんぱく高脂肪なら、
悪玉菌が大好きなエサも高たんぱく高脂肪!!



また、便秘がちな腸は悪玉菌にとって最高の住み場所です。
腸に便が留まっている時間が長いと、悪玉菌はこれをエサにしてどんどん繁殖し、硫化水素、スカトール、インドール、メタンなどの超有害物質を作り出します。
これらの有害物質が腸壁から吸収されて血液によって全身に運ばれると、ニキビ、吹き出物、肩こり、腰痛などの原因になる事もあります。
もうわかってらっしゃると思いますが、動物性たんぱく質の摂りすぎをやめて、食物繊維(1日25gまで)とオリゴ糖の多い食べ物、漬物、味噌などの乳酸菌の多い食べ物は欠かさないようにして下さいね!

しかし、NASAの研究を読むと、どうやらストレスも腸内細菌にすごい影響を与えるそうですね。
宇宙飛行士は大きなストレスを受ける仕事ですが、便を調べると着陸時のストレスでユニフォルミス菌という嫌気細菌が急激に増え、善玉菌が減少するという変化が見られたそうです。
ラットの実験でも過密ストレスや温度ストレスを与えたら乳酸菌が激減し、悪玉菌が増加するという結果が出たそうです。


うーーむ、心が与える影響ってすさまじいなぁ、、、、、


ストレスで便秘になるという人もいれば、ストレスで下痢になる人もいます。
ストレスを感じると脳からCRHというホルモンが分泌されるのですが、これが腸に達しやすい人がいて、これが過敏性腸症候群のメカニズムだそうです。
これが繰り返されると「また下痢になるのではないか」という恐れ自体がストレスになり、またCRHが分泌されて下痢、、と悪循環になり、これが更に繰り返されるうちに大腸の粘膜が傷ついて水分吸収がうまくいかなくなる事もさらなる下痢を呼ぶそうです。
しかしこういう方の腸も、やはり悪玉菌過剰の場合が多いみたいです。
悪玉菌が多いから、ストレスホルモンの影響が腸に出やすいのではないかとも考えられます。
自律神経の問題も大きいのでいちがいには言えませんが、腸内環境は良くしておくに限りますよね!



美しい腸が、若さの泉ですよ!!



星人気ブログランキングに参加中!星
1日1クリック、応援よろしくお願いします。
これを励みに頑張れます!

ここをプチッと押していって下さいな!

いつも応援クリックありがとうございます!







Last updated  2007年01月22日 10時17分56秒
[食べるアンチエイジング] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.