21575708 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

Profile


korrida

Free Space

ブックマーク

私がプロデュースしているオーガニックブランドです。
オーガニックコスメ&フーズ「アムリターラ」

私のフェイスブックです。
鬼のフェイスブック

私のインスタグラムです。
鬼のインスタ

私のツイッターです。短文が苦手でほとんどつぶやきません(笑)
鬼のツイッター

私の治療院です(現在ご新規の受付はしておりません)
ナチュラルカイロプラクティック

Recent Posts

Category

Archives

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2007年03月03日
XML
久しぶりの風呂上り写真で失礼いたします。
ちょっと怖い角度です(笑)
今日は脳について思うことを書いてみたいと思います。
その前に更新出来なかったためにランキングがあやういので
ここをプチッとクリックよろしくお願いします!

私はここ数年ずっと脳についてあれこれ考えてきました。
脳の本もいろいろ読みました。

070113_101300.jpg

しかし脳にはまだ解明されていない事も多すぎて、考えれば考えるほど、謎が深まり最近はやや放置しています(笑)
しかしアンチエイジングの根幹はやはり脳!
脳はすべての司令塔ですから、ここが衰えてしまえば全身へのダメージは避けられません。

最近脳トレーニングが流行っていますね。
長い間人間の脳細胞は新しく増えることはなく、特に神経細胞は新しく増える事はないと考えられていましたが、近年実は脳細胞は年をとっても増える事がわかってきました。
例えば大脳の奥深くには「海馬」という記憶を司る組織がありますが、ここは脳が得た情報を必要か不必要か整理し、より分ける作業をしています。
最近の研究では、どうやらここも刺激を与えて鍛えれば中高年になっても細胞が増えるらしいんですよねー。
年を取ると物忘れが増えるのも、脳の機能が衰えてるわけじゃなくて長生きするほど情報量が膨大になるから、選び出すのに時間がかかるからという説もあります。


理論的には脳細胞は100年以上ボケずに増え続けるはずっ!!


では認知症とはどうして起こるのか?
認知症にはアルツハイマー型と脳血管性型の2パターンあります。
アルツハイマー型は遺伝の要素が強いらしいですが、まだ原因がはっきり分かっていないようですね。
ただ、脳内で起きている現象としては、ある繊維性たんぱくが沈着し、老人斑と呼ばれるシミが脳に出来て、これが増えると脳細胞の一部が死滅するというメカニズム。


この脳の「老人斑」は活性酸素によって脳の脂質が酸化して作られるので
またもや活性酸素が犯人かっ?と言われております。



アルツハイマー病の方の脳のたんぱく質中には本来あまり人体に多く存在しない「D型のアミノ酸」が増えているという話も聞くことから、L型のアミノ酸をD型アミノ酸に書き換えてしまうという事が指摘されている電子レンジも避けたほうが無難と個人的には思っています。(はっきりしたことはわかりませんけどね)

もう一つの脳血管性型、、、
これは脳の血管に動脈硬化がおこり、血管壁が厚く狭くなって血液が流れにくくなって起こるもの。動脈硬化には過剰なコレステロールとやはり活性酸素が関与しますから、こちらは食生活などで何とか対処できそうです。
脳は他の臓器よりはるかにたくさんの酸素を必要とするので、活性酸素の被害に遭いやすいんですよね。あと脳には脂質が多いので、これらが酸化すると非常に有害だということも関連します。

さて認知症を予防しつつ、脳の老化を防ぐ食品情報をこの10年いろんな本から集めたり、検索したりしてきました。
それをざっと一まとめに書いていきたいと思います。

●DHA、EPA
脳の血行を良くする不飽和脂肪酸。
アルツハイマー病の方の脳の海馬にはDHAが少なく、他の病気の方の半分の量だったという報告もあるそうです。
イワシやサバなどの青背の魚は、時々食べたいですね。


●ビタミンB6
脳の神経伝達物質を作る時に必要なビタミン。うつ病などにも関与。
にんにく、ぎんなん、鶏のむね肉、サンマ、かつお、バナナ

●ビタミンB12
脳神経の働きを正常に保つのに不可欠。
しじみやあさり、海苔に特に多い。でも肉を食べていればあまり欠乏する事はないです。
ベジタリアンの方は海苔をたくさん食べないとビタミンB12欠乏に陥る事があります。

●葉酸
これが不足するとビタミンB12の吸収が悪くなる。
菜の花、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草、ひまわりの種、アボガド、いちご

●セレニウム
体内の有害な重金属を排出してくれるミネラルで、最近重要性が認められています。
活性酸素を除去するSOD酵素の原料にも!
私は無着色の干し桜海老を酢につけて食べています。
干してるのは少し酸化物かな?とも思いますが、いわしより脂質が少ないのでこれはOKにしてます。
カルシウムもすごく多いし、セレニウムも多いとなればありがたい食品です。

●トリプトファン
脳の神経伝達物質セロトニンの原料。必須アミノ酸です。
うつ病の予防改善にも関与します。
鮭、かつお、いわし、あじ、肉類、大豆、トマト

●コリン、レシチン
脳の神経伝達物質アセチルコリンの原料。記憶力に重要な関わりがあります。
大豆、ピーナッツ、キャベツ、カリフラワー、緑黄色野菜、えんどう豆


そう言えば、私の結婚パーティーは横浜にかつてあった、ナチュラルハーモニーの洞窟のようなバーでやったのですが、その大トリはなんと花嫁が歌うという前代未聞の余興でした(笑)
その時ちょうど脳に夢中だった私が作詞し、友人がギターを弾いてくれました。


タイトルはなんと「海の馬」!!(海馬)(笑)


なつかしいので歌詞を書いてみたいと思います。

海の馬

私の脳の奥に 静かな海があるの
月のゆらめく エナジーに波立つ
空のかなた 見てるとどこかに私の星が
ある気がして 泣けてくる それは遥かな記憶

どこへ行くの?いつまでさまよう?
世界の果てはここ 何もかもがここから始まる
今という名の永遠 sea horse

私の体を走る 細い音符のように
毎日起きる 気づかない奇跡
夜の海を 走る馬 君の夢をすべる
命の鎖 私の中で すべて繋がってゆく

この手のひら 描かれた未来
答えはいらないの
未来の海 目覚める羊水
今という名の永遠 sea horse

どこへ行くの?いつまでさまよう?
世界の果てはここ 何もかもがここから始まる
今という名の永遠 sea horse



脳の中の美しい馬をずっと大切にして若返るぞっ!!



ハート人気ブログランキングに参加中!ハート
1日1クリック、応援よろしくお願いします。
これを励みに頑張れます!

ここをプチッと押していって下さいな!

いつも応援クリックありがとうございます!






Last updated  2007年03月03日 23時53分50秒
[食べるアンチエイジング] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.