21274521 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アンチエイジングの鬼

PR

Profile


korrida

Free Space

ブックマーク

私がプロデュースしているオーガニックブランドです。
オーガニックコスメ&フーズ「アムリターラ」

私のフェイスブックです。
鬼のフェイスブック

私のインスタグラムです。
鬼のインスタ

私のツイッターです。短文が苦手でほとんどつぶやきません(笑)
鬼のツイッター

私の治療院です(現在ご新規の受付はしておりません)
ナチュラルカイロプラクティック

Recent Posts

Category

Archives

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2013年10月09日
XML
カテゴリ:顔を鍛える!
みなさん、こんにちは。

今週日曜は、福岡のアムリターラ田んぼで稲刈りでした。

inekari2

↑あいかわらず恐ろしい鬼ファッションです。
誰か分かりません(笑)
だけど秋とは思えない、ものすごいお天気で紫外線も強くて、フェイスオンワンピしてても太刀打ちできたかな?というほどでした。
Tシャツは、三宅洋平ヘンプコットンTシャツで気合いを入れました(笑)
楽しく百姓一揆です!

inekari3

↑大豆畑が、大変素晴らしく育っていました!
ウキウキ♪天然菌で、こだわりの塩でお味噌を作るぞー!!

しかし稲刈りは3年ぶりでしたが、やっぱりいいですね。
今はコンバインがあるから、農家さんは手刈りなど普通やらないと思いますけど、手植え、手狩りは大地の息吹を感じれて、1つの儀式のようです。
日本人の血が騒ぎます。
百姓一揆です!(どうしても、それかい(^_^;))

さて、私の最新刊「やってはいけない老ける習慣」が、またまた重版になり、3刷り目が決まりました!



この本にも書いたことで、時々質問を頂きますし、先日健康雑誌の取材も受けたので、今日は補足の意味でもこの件について書こうかなーと思います。


「上目使いで決め顔をするたびに、あなたのまぶたは下がっていく!」という件です。
まぶたの裏にあるミューラー筋のことですね。


ここが伸びてしまうと、まぶたの脂肪を支えられずに、上まぶたがたるんで「老け目」になってしまいやすいんです。
もちろん、病的に伸びると眼瞼下垂という状態になり、視野が狭くなるため医学的な処置が必要になることもあります。

myu2

まぶたを開く筋肉は、「眼瞼挙筋」と「瞼板筋」とがあります。
瞼板筋はミューラー筋とも呼ばれます。
これはドイツの生理学者のHeinrich Muller 先生の名前からつけられたそうです。

まぶたは通常、「眼瞼挙筋」という薄い小さな筋肉を収縮させて開けています。
この筋肉は途中から「挙筋腱膜」という薄い膜になり、まぶたのふちにある「瞼板」(コラーゲン繊維のかたまり)にくっついています。

この「挙筋腱膜」はとても繊細で、加齢とともに伸びてしまったり、「瞼板」から離れてしまったり、切れたりすることがあります。
ただ、「挙筋腱膜」が切れても弱っても、「挙筋腱膜」の後ろには「ミューラー筋」があります。

「ミューラー筋」は、「挙筋腱膜」が切れたり弱ってしまっても「眼瞼挙筋」と「瞼板」を繋いでくれていて、そのおかげでまぶたを開いていることが出来ます。


ただ、このミューラー筋も伸びてしまうと・・・・
あとは打つ手がなかなかありません。要するにたるみ目一直線です。



ミューラー筋はとっても薄い筋肉なので、伸びてしまいやすく、鍛えることがなかなか難しい筋肉です。
ミュラー筋は、実は自律神経のスイッチの役割もはたしています。
ミューラー筋が緊張して収縮している時は、交感神経が優位になり目が見ひらかれ、ミューラー筋が伸びていると副交感神経が優位になってリラックスし、目はとろんとします。
そのため食後のリラックス状態の時には、まぶたが重くなりがちです。

ミューラー筋が伸びてしまうと、いつも緊張して収縮させていないと目が開かないので、全身の交感神経が緊張してしまうために、肩こりや頭痛が起こることがあります。
また、目が開きにくいのをサポートするために、眉毛を上げることで目を開こうとします。
眉毛を上げているのは額にある前頭筋という筋肉ですが、この筋肉を使いすぎるとおでこにシワが出来たり、頭が痛くなることがあります。

また、少しでも視野を広げようとして、首を後ろに反らすと視野が上の方に広がるので、無意識に反らすようになります。
この時に頭の後ろや、首筋、肩の筋肉が緊張するので、これが原因で肩こりになることがあります。

肩や首は筋膜を通じて顔にも繋がっていて、表情筋をサポートする役割もあるので、ここの血流が慢性的に悪いと、表情筋がうまく動かず、顔全体がたるみやすくなります。

要するに、挙筋腱膜やミューラー筋が伸びてしまうと・・・・

●まぶたがたるんで老け目に

●目が落ち窪んでくる

●おでこが緊張してひたいにシワが

●肩や首がこりやすくなり

●頭痛が起こりやすく

●顔までたるみやすくなる


といった具合に、雪崩式老け目現象が起きてしまうのです!!

このミューラー筋を必要以上に疲れさせない、伸ばしてしまわないために気を付けたいことをまとめます。

1、パソコンのモニターの位置を上すぎない位置に
2、上目使いはほどほどに


この2つはなんでかと言うと、上を見る時が一番ミューラー筋が緊張し、疲れます。
キメ顔の写メは一瞬なので、まだいいですが、いつも上目使いをしていることは、ミューラー筋にとっては良くありません。
ただ、PCは下すぎてもストレートネックや肩こりの原因になるので、上でも下でもなく、ちょうどいい、顔の真っ直ぐな位置にセットするのがポイントです。

3、メイク落としの時などに、目をゴシゴシこすらないこと

この、こするという行為がミューラー筋を痛めます。一番やってはいけないことです。

4、コンタクトレンズは出来たら下まぶたを引っ張って取り外しする
5、つけまつげをして、取る時にひっぱらない


まぶたを引っ張る行為も負担をかけます。毎日のことなのでほどほどに。

6、夜更かし、コンタクトレンズの長時間使用

目を非常に疲れさせ、交感神経を優位にさせ、ミューラー筋も緊張します。



どれだけミューラー筋や上眼瞼挙筋、挙筋腱膜がたるんでいるか、チェックする方法があります。
鏡の前に立ってみて下さい。

1、正面を向いて目をギュッと閉じたあと、力を抜く 
2、次にゆっくり目を開ける
 このとき、まぶたの動きに連動して、眉毛が上にあがりますか? 



眉毛が上がるのが、4mmまでならセーフ、
それ以上だとたるみが始まっているサインかもしれません!

また、目をいたわるルテインや、アントシアニンなどが多いほうれん草やブロッコリー、サニーレタス、グリーンピース、芽キャベツ、カボチャやブルーベリー、アサイーベリー、マキベリーを食べたり、DHAの多い魚油、クリルオイルなどを摂ることも有効。

それから、まぶたではなく、目の周りを優しくマッサージしてあげたり、目の周辺をツボ押ししてあげたり、私の処女作アンチエイジングの鬼に載せている、目の周りの眼輪筋を鍛える筋トレを適度にすることは、たるみ目撃退に良いです。


老け目、たるみ目にならないために、
今日からミューラー筋をいたわってあげましょう!!







Last updated  2013年10月10日 22時48分24秒
[顔を鍛える!] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.