000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

AQUA-RECORDS

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

エンドラーズ

2007年05月14日
XML
カテゴリ:エンドラーズ

エンドラーズの繁殖がうまく行き過ぎております^^;
今年の正月に2ペア購入したのが、4ヵ月ちょっとたった今、数え切れないくらい爆殖しております(100匹以上はいるかな^^;)。

当初、黒帯がいまいちで、眉毛程度の仔が多かったのですが、最近は黒帯がしっかりした仔たちが増えてきております。

エンドラーズ太黒帯1.jpg

どうでしょう、この太さ!太筆で書いた「はらい」かのような黒帯。
オレンジもちゃんと発色してますし、結構自分としては理想的な模様。
(背びれの発色がないのが残念ですが)
このオスは種親決定でーす。

エンドラーズ太黒帯2.jpg

同じ仔だと思うのですが(多過ぎてどの仔がどの仔か分からなかったりする^^;)、更にアップで。いや~惚れ惚れする太さ。

この系統を維持していければな~と考えております^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
↑よろしければクリックして投票お願いいたしますm(_ _)m







Last updated  2007年05月14日 23時42分52秒
コメント(10) | コメントを書く


2007年04月25日
カテゴリ:エンドラーズ
特に大きな変化のない我が家の水槽ですが、久しぶりにエンドラーズをパチリと。

070425-1.jpg
メタハラによる影響なのか、それとも魚自身の体調なのか、日によって体色のグリーンがきれいに写る場合と写らない場合とがはっきりしてますね。今日は写ってくれませんでした。肉眼でも。
あと、尾びれのオレンジが下側の方が長い個体が多いです。全員ではありませんが。父親は2匹とも上下で同じ長さなんですがねえ。母親の血なのでしょうか。2匹の母親のうちの片方が産んだ方がこういう傾向があるということなのか。

070425-2.jpg
クリプトコリネ・ゲッコーとキューバ・パールグラスとともに。
この「ゲッコーゾーン」はコンテスト用水槽の中でも特に気に入っていて、ゲッコーのライトグリーンとキューバパールの深い緑(水上葉でそうじゃない部分もありますが)のコントラスト、好きなんですよ~。ここにエンドラーズが加わってくると、またオレンジがいい具合に合わさって、「自然美」の奥深さにただただ見入ってしまいます(何だか自我自賛、自己満足的発言の連続ですいません…)。

070425-3.jpg
エンドラーズ in ブリクサの森。
やはり、エンドラーズは水草水槽の申し子。

目標にしていた「メタハラキューブガーデンにエンドラーズ乱舞」に近い状態になってきました^^







Last updated  2007年04月25日 23時57分46秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年04月12日
カテゴリ:エンドラーズ
母2匹をメタハラキューブガーデンに移し、稚魚育成を自然淘汰スタイルにしたわけですが、早速産んだようです。えさをやると、「ブリクサの森」の中から稚魚が出てきます^^

稚魚inメタハラキューブ.jpg
↑エサを求めて森の中からコンニチハ~

今のところ、5匹を確認。
多分、50匹ぐらいは産んだと思うのですが、まあ、このくらいの生存率ですか。
狙った系統維持以外の繁殖についてはこのスタイルがよさそうですね。さもないと、ネズミ算式にすっごいことになりそう^^;

あと、凄いといえば、全然話は変わりますが、今日のイチローvs松坂、興奮しましたね。ただ、対決結果が平凡だったのが残念でしたが。全打席三振とか、逆に全打席ヒットとか連続ホームランとかを期待していたのですが、やはりそうそう凄いことにはなりませんよね。あと、マリナーズ先発ピッチャーのヘルナンデス、完全に松坂を食っちゃう活躍でしたね^^。「イチローvs松坂の試合で相手ピッチャーがノーヒットノーラン!」だったら、もっと凄いことになってたんですが^^;こちらもそうそう凄いことは起こりませんね。

でも対決が終わったあとのイチローの談話は、凄かった。

「覚醒」って言葉、なかなか言えませんよ。ライバルだと、さしづめ「お互い刺激しあえたら」というコメントが一般的。それが「大輔が僕の中にある何かを覚醒してくれたら」「僕も大輔の中の何かを覚醒させることができれば」ですからね。

単なる「ライバル」という言葉で言い表せない2人ですね。

そんな、イチローのコメントに鳥肌が立った一日でした。







Last updated  2007年04月13日 00時23分01秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年04月04日
カテゴリ:エンドラーズ

エンドラーズ稚魚の2月産まれたちが発色し始めました。

ただ…どうも親と違って、黒帯が弱いんですよね…。

ちなみに親がこちら
親.jpg

墨を使って太筆で書いた習字の「はらい」のような黒帯が凄いアクセントになっていてカッコいい!これがあってこそ、グリーンとオレンジが映える、って感じがします。

一方で、発色が完了した1月生まれの子供たち
1月生まれ.jpg

う~ん、黒帯が眉毛程度なんですよね~^^;もっと太くなるかなーと思っていたのですが、みんなこんな感じで日々変化なく、発色が完了してしまいました。

さて、発色過程の2月生まれですが…
2月生まれ.jpg
(ピントが合っておらずすいません^^;)
やっぱり黒帯が弱そうなんですよね~。オレンジ、グリーンの発色は順調なんですが。

この子達はそれはそれでいいんですけど、やっぱりエンドラーズの「黒帯ガツン!」な模様が気に入っているので、親の血を濃く受け継いだ仔が出てこないかな~という感じです。

ちょっとこういう傾向が見られ出したので、親オスと娘の交配に取り組み始めた、というところです。まあ、メタハラキューブガーデンでのエンドラーズ乱舞が夢なので、多くの2世が産まれているという状況はいいのですが、やはりただ増やすだけじゃなくて、こだわりたいんですよね^^;まあ、水槽が増やせませんので、できる範囲でやっていきたいと思います。







Last updated  2007年04月05日 00時10分07秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年03月31日
カテゴリ:エンドラーズ
エンドラーズ繁殖水槽には現在、父2匹と1月生まれの娘2匹が同居しているわけですが…

繁殖水槽.jpg

なんと本日、この水槽で6匹の稚魚が誕生しておりました!
エンドラーズを購入してまだ3ヶ月足らず…
早くも孫世代の誕生です!(ちょいと早すぎないか?)

孫.jpg
↑こちらが初孫のうちのひとり

しかしながら…
父2匹と娘2匹を同居させ始めたのがちょうど1週間前。
それまで娘2匹はメタハラキューブガーデンにおり、父とは同じ水槽にはおりませんでした。
ということは…この仔達の父親はおじいちゃん?それともそれまでメタハラキューブガーデンで同居していた1月生まれのオス…?

通常から考えますと、受精して1週間で出産なんて考えにくいので、この仔達の父親はおじいちゃんじゃなくてメタハラキューブガーデンで同居していた1月生まれのオスなんでしょうが…。おじいちゃんの可能性もまるっきりゼロとも?

この展開、正に「華麗なる一族」!スマイル







Last updated  2007年04月01日 02時04分09秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年03月24日
カテゴリ:エンドラーズ

現在のエンドラーズの状況をまとめますと、

父2匹,母2匹(2007年1月8日購入)

稚魚:1月生まれ 生存 9匹
    2月生まれ 生存 15匹
    3月生まれ 生存 約40匹ぐらい?
 

といった感じです。

2月生まれがだいぶ大きくなってきたので、メタハラキューブガーデンにお引越ししていただくのに合わせて、母2匹も今後は出産後自然淘汰スタイルに移行すべく、メタハラキューブガーデンにお引越し願いました。
じゃあ、父2匹はというと、やはりいい血を残していきたいので、そのまま繁殖水槽に残し、1月生まれのメスのうち良い個体(に見える)を2匹だけメタハラキューブガーデンから繁殖水槽に移しました。まあ、父と娘の交配になりますが…良い血統を残すためにグッピーではよくある話です。

エンドラーズ水槽.jpg
右の水槽が繁殖用水槽になります。
父はまだまだ現役ですので(!)繁殖がうまくいくといいのですが。

メタハラキューブガーデン.jpg
よって、メタハラキューブガーデンの方には母2匹、1月生まれ残り7匹、2月生まれ15匹の計24匹のエンドラーズがいることになります。これに3月生まれが加わると「ひえー」という感じですが、まあ、何があるかわからないので、良い血統を残す繁殖をやりながら、それ以外はメタハラキューブガーデンで自由にやってもらうという2本立てで考えております。
まあ、母2匹もあと2~3回ぐらいは出産するでしょうから(メスはオスの精子を蓄えることができるので、1回の受精だけで2~3回出産する)自然淘汰スタイルでどこまで残るか、実験も兼ねてこの形でやってみようと思います。







Last updated  2007年03月25日 02時33分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月15日
カテゴリ:エンドラーズ
またまた性懲りもなくエンドラーズネタでございます。

2世の第1クール達が誕生して丁度2ヶ月ぐらい経ちました。
ダイブ☆という悲しい事故を乗り越え、立派に育っている精鋭たちをご紹介します(とはいえピンボケ気味のところはご了承願います)。

070315-1.jpg
この仔は今のところ親の形質を最も忠実に受け継いでおり、エース候補No.1です。
グリーンの発色が少し弱いので、今後強く出てくることを切に願っています。


070315-2.jpg
一方で、この仔は今のところ黒帯がきれいに出ておらず、ちょっと残念な状態。でも、まだまだ生後2ヶ月。これからに期待だ!


070315-3.jpg
今のところ、発色しているオスは4匹。この写真はそのうちの3匹を同時に撮ったものです。全員、模様が違うでしょ。まだ生後2ヶ月なので、成長スピードの違いで発色の程度に差があるものの、噂通り模様のバリエーションが次々と出てきそうで、とっても楽しみデス!







Last updated  2007年03月16日 02時43分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月12日
カテゴリ:エンドラーズ

メタハラを導入し、オープンアクアリウムに移行してはや1ヵ月。

オープンアクアリウムの功罪。

功…餌やり、液肥追加、その他メンテナンスが簡単!そして開放感たっぷり!
罪…水位減少が早い、魚の飛び出し注意!

今朝、罪の洗礼を思いっきり受けてしまった…。
メタハラキューブガーデンに三願の礼でお迎えしたエンドラーズ1期生ですが、今朝、ダイブにより3匹が☆となりました…。

メタハラを導入し、憧れのオープンアクアリウムを開始してすぐの頃、ヘテロモルファとミナミの1匹ずつが外ダイブにより☆となって発見…。
これを教訓に、ガラスフタを取り付けました。

でも、フィルターの給水、排水口等を設置するためどうしても隙間が開いてしまいます(ガラスフタも両端がうまらない設計)。

隙間.jpg
↑わずかなこの隙間が…

一応、気をつけていたつもりでしたが、ガラスフタ取り付け後、ダイブ☆がなくなったことをいいことに、水位への配慮が欠落していました。
昨日、水換えを行い、「ちょっと水位が高いかな~」と感じつつ、「まあ、大丈夫か」とタカをくくっていたのですが、それが今朝の悲劇を引き起こしてしまうとは…。

☆となった3匹を丁寧に拾いながら、心の中で「ごめんね…至らない飼い主で」とつぶやいていました。

水位.jpg
↑現在の水位。昨日はもっと高かった。

君たちの死は無駄にしないよ。
君たちの弟、妹たち、そして仲間達が安心してメタハラキューブガーデンを乱舞できるよう、ガラスフタ、水位に充分気をつけて、これ以上の悲劇を起こさないように頑張るからね…。







Last updated  2007年03月12日 23時44分02秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年03月11日
カテゴリ:エンドラーズ

昨日まで娘がタチの悪い腸風邪をもらってきて寝込んでいたのですが、私と奥さんも少しもらったようで、体調が今ひとつすぐれず、土曜日だというのに家族全員夜8時に就寝。

今日起きたら、ぐっすり寝たおかげかみんな体調が回復傾向。ここ最近どこにも出かけてないから外に出たい、という奥さんのリクエストでドライブへ。

ドライブついでに、家族を連れてスモールアクアリュームさんに立ち寄りました。調子のいまいちなフォックス君の補佐役として2代目フォックス君を購入。補充用ブリクサと、出たばかりのアクアジャーナル138号を合わせて購入し、帰宅(お借りしている本、今日忘れてすいません、今度返しにいきますね^^;)。

帰ってきたら…エンドラーズのメスの1匹が出産中。
いつもの通り稚魚を別水槽に移しましたが…先日の20匹を軽く超える数の稚魚が…恐らく、30匹以上。

稚魚0311.jpg

先日の20匹と合わせて約50匹ですか…。
第3クール、とんでもない数の稚魚が産まれましたね。
っていうか産み過ぎ!!

第4クールからは自然淘汰スタイルですな…。







Last updated  2007年03月11日 21時48分15秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年03月07日
カテゴリ:エンドラーズ
昨日の続き。本日は写真付き。

稚魚0307.jpg

いや~圧巻ですね。稚魚が20匹ともなると。
みんな元気に育って、メタハラキューブガーデンに乱舞したら相当きれいな水景ができるんだろうなーとしばし遠い目をして恍惚。
世界水草コンテストまであと3ヶ月弱か…この子達がギリギリ間に合うかな?

でも、コンテストに向けて心配事が。

コケキューバ.jpg

キューバパールグラスが糸状コケに侵食され始めております…。
他にもブリクサの一部でも糸状コケがチラホラ。
今まで全く出てこなかったのに…考えられる理由は2つ。

メタハラの点け過ぎ、そしてフォックス君の体調不良。

特に、フォックス君の体調不良の影響が大きいかもしれません。
どうもマツカサ病に侵されているような気配。ウロコが逆立ち気味で、目が飛び出そうな感じでぎょろっとしてきてます。
一応泳ぎ回っていますが、心なしか石の上で横たわって休んでいる時間が長くなったような。薬浴または塩治療してあげようかとも思うのですが、予備水槽、スペースがないんですよね…何とか自然治癒しないものか。

人口餌に飛びついて、「おいおい、仕事してくれよ」といつも思っていましたが、糸状コケ対策の生物兵器として貴重な役割を果たしてくれてたんだなあ、と今更ながらに実感。メタハラ点灯時間を抑えつつ、しばらく様子を見てみます。







Last updated  2007年03月08日 00時10分52秒
コメント(2) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.