043911 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

光のかけ橋 心と癒しの世界

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ruseei

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Herschel@ QbKPqBrJrchSdvG There's a three month trial period…
Leandro@ KsihaMiDeUuYT Lost credit card <a href=" http…
Terrance@ iMIhRWfNLBKDeq We need someone with experience <a h…
Jessica@ ARJRwRbwqYkLkJlqRZD In a meeting <a href=" http://w…
Vanessa@ hjOeoRPpth Very funny pictures <a href=" h…

Freepage List

Headline News

2020.08.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
自分はほとんど紅茶は飲まない。
カップにお湯をいれて、ティーパックを入れ蓋をし
そのティーパックからにじみ出ている色を見て
それを見て、この色を変えるものはないのか?

人間に例えると人生を歩んでいて、人それぞれ
だから例えるとティーパックから出ているような、その方の色の薄さや濃いさは違うのは当然
そして人によっても紅茶の香りのように違うし、色の違いもあるのは当たり前
それを眺めて、このティーパックからにじみ出ている色を変えて行くのには、真水をつぎ込み
そして少しずつ色が薄くなっていく以外はないのか?

潜在意識に例えると、催眠などは暗示やもう一度再現して解放して行く
でも暗示だけでは抑え込むから良くないと、ある師からむかし聞いた事があります。
軽いものならば、少しずつ改善していく速度が速いし、それで癒えたと思うかもしれない。
それは異熟されて、中和されて行くからだと思う

やはりティーパックの話しするよりも、炭酸の入ったものを言うのが一番伝えやすい
実は想念帯の中にあるデターには、そのエネルギーがあるのです。

深く沈んで残存していて、そして抑圧されているエネルギーはいつかは異塾されて行くと思っているのです。
潜在意識の中に デターは決して無くなりはしない
そのデターも積もり重なって、今現在も続いています。
デターを消除しない限り、そのエネルギーはなくなりはしない。
でも現実的にデターを消除する事は出来ない

これをいっちゃあいけないかもしれないけど、
再構築して行くのには、ネガティヴのボタンからポジティヴなボタンに切り替えたり、
またブロック解除して再構築して行くのは良く解ります。

でも自分の持論はデターは消えたり無くなりはしない。
ペンキに例えると、サビた鉄の上にペンキを塗るようなもの
でも本当ならそのサビを落として、その上でもう一度ペンキを塗る
そのサビを落とす事を例えるとそのデターに付着しているエネルギーを取り除く
デターにはエネルギーがあるけど、そのエネルギーを抜いてしまう
また例えを言うと、炭酸の入っているサイダーやコーラのように、
炭酸がぬけ、俗に言ういきが抜けるようにしてあげる事
ほんと古い物から今現在までのエネルギーが積もり重なっているように
そのデータにはエネルギーがあるですね
もしかしたらネガティヴなものが多い方は、心身に現象として現れている方もいるのでは?

新たに人生を再構築したい
もしそんな事に気づいて再構築して行くのは、ボタンの切り替えように、
またブロック解除とか
今現在ではそれが一番適していると思うし、それが最善なのでしょうね
ただ自分としては心身に現象として現れていて、そんな絶望の中にいる方に
伝えたい思いを強く持っています。
希望や夢を失っても、光を見続ける限り光を見出していける
でも集めたものを滅する道はなかなか難しい。
でもそれでも自分は言わなければならないと思っています。
苦を滅する道がある(苦集滅道)
それはブッタが解いておられる八正道だと思っています。
そうやって自分は今までやってきました。
でも、人はそれは宗教や空想とか?
自分の周りと言わず誰もそう思っています。

でもね、自分が悟り(見性)体験する前に、
自分は宇宙に反する事をすれば、自分に返って来る
やっとその事に気が付いた時に思い出しました
それは幼少の頃に神仏と決別し、別の人生を歩むと
決して立ち戻らない、その思いが湧き上がって来てもすぐかき消していました。
でも。どん底に付き落とされ、絶望の中でやったと気がついた
ハッと気が付いた
そして苦を滅する道がある
それは八正道だとやっと辿りついたのです

でも殆どの方は、現実に流され、そんな事もつい知らず
この世を終えてしまうようです。
順調に行っている時は、誰も自分と向き合おうとはしない
ほんと追い詰められ、逃げ道が無くなった時に、その時初めて自分に向き合え
魂が目覚めるようです。
だから平凡無事では、なかなか魂は目覚めないかもしれませんね。


自分は思うけど、祝福された世界に還った時に 総決算する事でしかないのか?
現象として色濃く現れている心身に影響が現れて
絶望の中で、誤魔化して人生を諦めていくしかないのか?
そして、祝福されている世界に還った時に、もしかしたらまた新たな次の人生が始まって行くのか
まっさらな自分からスタートするのか?
もしかしたら課題をクリヤする為に、生を受けたのに、その事を忘れてしまう
本人の癖として、課題をクリアするまで回り続けるのか

ほんともどかしい
自分が言うのは、烏滸がましいと思います。
自画自賛や自慢しか思われないかもしれない。
でも伝えたい。
どうにもならない。
現象として、現れて絶望の中にいる方に、なんとかしてあげたいと言う思いを強く持っています
ほんとうは生きている時に、死んでも死なない命を生きる
その為には自分が良く言っているように、自分が自分になる
自分が自分をして自分になるとか
ほんとあの生まれたばかりの赤ちゃんのオンギャーの純粋なるものはない。
こんな事を言ってもどうにかなるものでもないかもしれないけど、二つ別れる以前に立ち返る事がいかに重要で大切な事か
そうは言っても誰もができるわけじゃあないかもしれません。
でも伝えたい。
深層意識に残存している抑圧エネルギーの開放がいかに重要で、幸せに至るものなのです。
出来るものであるならば、生きている時に抑圧されているエネルギーを生起させて、解放していく
それは今まで培ったすべてのものを、土台から崩して、その上で新たに再構築して行く
そして調和や安らぎの人生を歩んで行く
良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。
良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。
あなた方は、実によって彼らを見分けることができるのです。」  
 新改訳聖書  マタイの福音書 7章17、18、20節






Last updated  2020.08.15 19:47:55
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.